律「退屈だなーなんか面白いことないかなー」

澪「そんなこと言ってる暇があったら練習しろ!」

梓「あんまりだらけてるとみんなから置いてきぼりですよ!」

律「置いてきぼり…そうだ!退屈しのぎに唯のやつからかってやるか」

紬「からかうって?」

律「いいか、ゴニョゴニョ…」


唯「おいすみんなー」ガラガラ

律「ひゅ~♪」

澪「……」

紬「……」

梓「……」

唯「あり?みんなどうしたの?」


唯「ねーねー澪ちゃん、なにかあったの?」

澪「…別に」

律「さあ練習しようぜ!あ、唯は一人でお茶してていいよ」

唯「え、みんなは?」

紬「私たちはもう済ませたから…」

梓(なんか心が痛むなあ…)


澪「…なあ律、やっぱやめないか?悪趣味だよ」

律「…あれでもか?」

唯「うう~ん、このバームクーヘンうんま~い!ミルクティーもまろやか~!」

澪「ぜ、全然気にしてないな…」
梓「むしろ一人の時間を満喫してますね」

律「な?もうちょっと続けてみようぜ!」


唯「ふう~お腹いっぱい…そろそろ私も混ざるよ!」

律「あ、ごめん唯、私らちょっとギター抜きで演奏してるからさ、一人でやってて!」

唯「え、そ、そうなの?」

紬「ええと、音のバランスを確認したいから…」

梓(さすがにそろそろ疑ってくるんじゃ…)

唯「わかったよ!さあギー太、二人で頑張ろう!」

梓「あっさり受け入れちゃった!しかも心なしか楽しそうです!」

律「うーんつまらないなあ…そうだ!」


律「ごめん唯、私ら皆でミーティングするから先帰るよ!」

唯「…え?私も行くよ!」

律「いやー曲の重要な問題だからさ、集中してやりたいんだ!
唯は技術を磨いてくれないか?」

唯「わかった…」

澪「じ、じゃあな唯、また」

紬「ごめんね唯ちゃん…さよなら」

梓「お先に失礼します…」

唯「うん…バイバイ…」


澪「おい律、いくらなんでもひどくないか?」

律「だーいじょうぶだって!唯ならけろっと練習してるだろ?
しばらくしたらメールして呼ぶつもりだし」

紬「でも唯ちゃん、一人で大丈夫かしら…」

梓「先生も今日は出張だし…早めに呼んであげてくださいよ?」

律「おけおけ!さあケーキ食べようぜ~」


唯「えーとCがこうで、Eがこう…なんか寂しいな…」

唯「…もう帰ろうかな…」

ガチャ

和「律いる?って唯、なんで一人なの?」

唯「和ちゃん…みんなミーティングがあるって先帰っちゃって…私一人で練習なの」

和「そう…じゃあ久々に一緒に帰らない?待ってるから」

唯「…うん!」


律「…ふう食った食った!ってもう17時半か…そろそろ唯呼ぶか」

澪「唯に何かおごってやれよ?」

律「わかってるわかってる…あれ?おかしいな送信できない…」

紬「アドレス変えたとは言ってなかったけど…」

梓「もしかして携帯の料金払ってないとか?」

澪「唯ならありそうだな…どうするんだよ?このままじゃ…」

律「後で家に掛けて…いや待てよ?時間置いたほうがサプライズってのは効果的だよなー
明日まで続けてみようぜ?ちゃんと謝ってケーキあげれば機嫌直るだろ」

澪「唯…大丈夫かな」

……

和「でも唯一人にするなんて…みんなちょっとひどいんじゃない?」

唯「いやー私作曲とかわかんないし、行ってもしょうがないよー」

和「だからって…あら?あれ律たちじゃない?」

唯「みんな…」

和「どう見てもミーティングって雰囲気じゃないわよ!唯、行かなくていいの?」

唯「…いいよ和ちゃん、きっと私がいないほうが盛り上がるんだよー」

和「でも…」

唯「いいよいいよ、さ、帰ってご飯ご飯!」

和「唯…」



唯「ただいまー」

憂「お姉ちゃんお帰りー!あれ?和さんも一緒なんですね?」

和「あのね憂ちゃん、実は…」

唯「あ、憂、携帯のお金用意してくれた?ちょっと払ってくるね!」ダッ

憂「お姉ちゃん…?和さん、何かあったんですか?」

和「実は今日…」


唯「はぁ…今日の皆、楽しそうだったな…
私、皆に嫌われちゃったのかな…最近練習マジメにしてなかったし…」

唯「うっ…うぅ…グスッ…うぇぇ…みんなぁ…」

―――――
憂「そんなことがあったんですか…」

和「明日澪たちに詳しいことは聞いてみるけど…憂ちゃんも梓ちゃんに話聞いてみてね?」

憂「……はい」



次の日
律「おはよう唯!その、昨日は悪かったな…実はさ」

唯「…うん、大丈夫だよ!私わかってるから」

律「へ?もう知ってたのか?なんだ、澪が言ったのか?ならいいんだよ
いやーなかなか気にする様子がなかったからさ、一人にしてみたんだけど、やっぱ寂しかった?」

唯「う、うん…」

律「あはは、まあホント悪かったよ!…あ、チャイムだ…またな」

唯「うん…」(やっぱり私嫌われちゃったんだ…)


一年の教室
梓「おはよう憂!今日も蒸し暑いねー」

憂「……」

梓「憂?あ、そういえば昨日唯先輩の様子どうだった?」

憂「…どうしてそんなこと聞くの?」

梓「実は昨日、律先輩が唯先輩をからかったっていうか…
唯先輩にかわいそうな思いさせちゃったかもしれなくて…どうだった?」

憂「……みんなでお姉ちゃんのことからかってたんだ…」

梓「え?…あ、チャイム鳴っちゃった、またね」

憂「……」



昼休み

澪「和、昼一緒に食べない?」

和「うん…ねえ澪、昨日のことだけど」

澪「昨日?ああ、唯?悪いことしちゃったな…」

和「どういうことなの?」

澪「実は律がさ…」

紬「澪ちゃーん、先生が職員室に来なさいだって!」

澪「あ、忘れてた!和ごめん、私軽音部の用事あるから…
唯には悪気はなかったって言っとくから」

和「う、うん…」


和「結局みんなで唯のこと疎外してただけじゃない…」

憂「梓ちゃん、からかったって言ってました…」

和「からかったって…澪も悪気はなかったって言ってたけど、ちょっとひどいわ
唯がどんな思いしたか…」

憂「許せない…」

和「とにかくみんなでしっかり話し合いしなきゃね」

憂「許せない…」




放課後

律「ゴクゴク…はあ~生き返る~」

澪「唯、遅いな…」

紬「今日一日中突っ伏してたし、お昼もどこか行っちゃったし、やっぱり昨日のこと…」

梓「律先輩、ちゃんと謝ったんですか?」

律「当たり前だろ?それに誰か先にからかってただけって言ってくれてたんだよな?
わかってるって言ってたし」

澪「私は知らないぞ?ムギ?」

紬「ううん、今日は一言声かけただけよ?」

梓「私も今日はまだ話してません」

律「え…」

ガチャ

唯「……」

律「唯!」

澪「それ、なんだ?」

唯「…えへへ、退部届書いてきたんだー」

紬「ど、どうして!?」

唯「私がいるとみんなに迷惑かけちゃうから…私がいないほうがみんな楽しそうだから…」

梓「それは違います!」

唯「違わないよあずにゃん、私みんなに嫌われちゃったから…」

律「唯、だからそれは違うんだよ!」

唯「今まで楽しかったよ…さよなら」

澪「唯!」


律「唯…とにかく追いかけないと…」

和「ちょっと待ってみんな」

憂「……」

澪「和に憂ちゃん…ごめん今は…」

和「昨日、どうして唯にあんなことしたの?」

律「どうしてって…ちょっとからかっただけで…」

和「あなたたちはからかっただけだろうけど、唯にとってはとても傷つくことだったのよ?
あんなに楽しそうに軽音部で過ごしてた唯が退部届書くなんて…」

律「…やっぱり謝らなきゃ…」

憂「別に謝らなくていいですよ律さん」

律「え?」

憂「お姉ちゃんが軽音部辞めれば皆さんとは無関係になるんですから」

澪「憂ちゃん?なにいって…」

和「ちょっと憂ちゃん?そういうこと言いにきたんじゃないでしょ?」

憂「いいんです
それに私、律さんにお仕置きしなきゃいけないと思うんです」

ガバッ

律「きゃっ…」

紬「りっちゃん!」

ギュウウウウ
律「ぐっ…あっ…」

憂「律さん苦しいですか?
お姉ちゃんはもっと苦しかったんですよ?皆さんに裏切られて…」

律「ちっ…が…」

澪「憂ちゃんやめて!私が悪いの!ちゃんと律を止めなかったから…」

梓「私が悪いの!先輩をすぐ呼びに行かなかったから…」

紬「わ、私も…ええと、とにかく悪いの!」

憂「じゃあ皆でお姉ちゃんのために死んでよ…」ギュウウ

律「かっ…あ…」(唯…ご…め…)


唯「退部届の中身入れ忘れちゃったよ…ってりっちゃん!?憂!?」

憂「あ、お姉ちゃん…ちょうど皆さんにお仕置きするとこだったの!お姉ちゃんもやる?」

律「はぁ…はぁ…ゲホッ…ゆい…ごめん…」

澪「ごめん唯!私たち…ひどいこと…」

紬「ごめんなさい!」

梓「ごめんなさい!」

唯「みんな…」


唯「…憂、りっちゃんから離れてよ」

憂「どうして?お姉ちゃんみんなのせいで苦しい思いしたでしょ?だったら…」

唯「いいから!」

憂「お姉ちゃん…なんで…」

唯「りっちゃん大丈夫?」

律「うん…ゲホ…」

澪「唯、ごめんな…皆でハブるようなことして」

紬「ホントにごめんなさい」

梓「ごめんなさい…」

唯「ううん、いいの、それに」

憂「やっぱりダメだよ…お仕置きしなきゃ…」

和「律危ない!」

律「え…」

グサッ

唯「いっ…」

律「唯!!」

憂「お…おね…わたし…あ、あ…」

唯「大丈夫…だよ…憂」

澪「大丈夫じゃないだろ!誰か救急車!」

和「わ、私が呼ぶわ!唯!大丈夫だからね!」

唯「ありがと和ちゃん…
あの…ね…皆、私…みんなに…嫌われても…私は…みんなのこと…大好き…だ…か…」

律「唯!!」

ガラッ
さわ子「ちょりーす!唯ちゃんいる?」

澪「こ、こんな時にまでとことん…」

律「唯が、唯が…」

さわ子「唯ちゃん?寝てるだけじゃない」

梓「だって血が…」

さわ子「ちょっと唯ちゃん、さっき持っていったトマトジュースこぼれてるわよ?」

紬「トマト…」

和「ジュース…?」

唯「……」

律「どういうことか説明しなさい!」

唯「…あのあと退部するって職員室行ったんだけどお…」

―――――

唯「さわちゃん、私退部するね!お世話になりました!」

さわ子「あらどうして?」

唯「かくかくしかじかで…」

さわ子「なーんだそんなことで?私だってしょっちゅうハブいたりハブられたりだったわよ!
女同士でそういうことないほうがおかしいわ!」

唯「はぁ…」

さわ子「このトマトジュースあげるからいつもみたいに明るく仲直りしなさい!わかった?」

唯「はい…」

唯「ていうことだったのです」

律「なんだよそれ…」

澪「なんていうか…唯だなあ…」

さわ子「あと憂ちゃん!」

憂「はい!?」

さわ子「ナイフは人刺すために使うんじゃありません!脅すためにあるんです!わかった?」

憂「は、はい…え?」

梓「先生なに言ってるんですか!」

さわ子「いろいろあったのよ…いろいろ…」

紬「なるほど…」


和「それで律!」

律「は、はい」

和「元はといえばあんたが悪いんじゃないの!ちゃんと謝りなさい!」

律「和こええ…ええと…唯、その、ごめんな
私、唯なら気にしないと思ってひどいことした…」

唯「もういいんだよーりっちゃん!
ところで私抜きでおいしいもの食べてたみたいですな?」

律「あ…食べたいですか唯隊員?」

唯「食べたいですぞりっちゃん隊員!」


紬「あ、あのみんな!」


紬「お菓子…持ってきたから食べない?」

唯「食べる~」

和「あんたって子は…」

梓「たい焼きもあるんですね…」

律「ほら憂ちゃんもおいで!」

憂「でも私…」

律「あんなん屁でもないって!澪のゲンコツの方がよっぽど」ゴツン

澪「いいからさ、憂ちゃんも食べよう?」

憂「…はい!」



終わり