澪「ほら、唯、ご飯だよ」

唯「マンマー、マンマー!」ボトボトボト…

澪「ああ、もうそんな零して…、ほら、私が食べさせてあげるから…」

唯「あ~んんん。グッチャクッチャ…ガチガチ…」

澪「こらこら、スプーンかじっちゃダメだって」

澪「おいしい?」

唯「んま~!!」

澪「そう…、よかった……」

澪「またこぼして!……ほら、私が食べさせてあげるから……」

唯「んあー?」

澪「んっ……」ブッチュー モグモグ

唯「!」

澪「んっ……んっ……プハッ」

唯「…………ぷにぷに……」

澪「えっ」

唯「澪ちゃんのべろ、ぷにぷにだぁ~」

澪「唯……!」

唯「澪ちゃん!」ヒシッ

律「おっはよ~!」

澪「あ、律…」

律「お、相変わらず献身的だねぇ」

唯「あうあうあー」

律「なにいってんのかわかんねえよ」 ゴツン!

唯「びゃあああああん!」

澪「ちょ、律! 唯を叩かないで!」


澪「律、なんのよう…?」

律「ひゃ~、冷たい質問だねえ、《親友》の見舞いに来たってのに」

澪「………」

律「疑惑の目で見るなよ。ほら、おみやげも持ってきたんだし」

唯「おみや~おみや~!」

律「あはは、バカは現金だな!」

律「そういや先生から伝言頼まれてたんだ」

律「なんか話があるから来てくれって」

澪「話…?」

律「うん、行ってきなよ。こいつのことは見といてやるから」

澪「………」

律「安心しなよ、べつにいじめたりしないから」

澪「ほんと?」

律「ああ、二人で仲良くシュークリーム食べとくよ。
  唯はシュークリーム好きだよな?」

唯「しゅき~、しゅくりむしゅき~」

律「ほら、心配しないでいってきな」

澪「……わかった、いってくる…」

唯「りつ~、しゅくりむ~」

律「おーおー、食欲旺盛だな」

律「ほら、口あけろよ」

唯「あ~」

律は唯の口のなかにシュークリームを押し込んだ

唯「むぐむぐ………ぶひゃぁ!!!」

律「あっははは! それ劇辛マスタードだよ!」 

律「勝手に吐き出してんじゃねえ、全部食え」

唯「もがががが……ごっくん」

唯「ひーひー!!!」

律「wwwwww!!!」

唯「みじゅー!!! みじゅー!!!」


……

唯「もじもじもじ」

律「なんだよもじもじして、気持ちわりぃな」

唯「……しーしーしたい」

律「さっきあんなに水飲んだからだろ、勝手に行ってこいよ」

唯「………」

律「なに? おまえまさか一人でトイレできないの?」



トイレ

律「ったく、なんであたしが池沼の便所の世話なんか…」

唯「もぞもぞ」

律「……そうだ!」

律「おい、ちょっとこっちむいて股広げろよ」

唯「?」

律「池沼のわりには綺麗なマンコだな。
  どうせ澪にいつも洗ってもらってるんだろ?」

唯「あう~」モジモジ

律「まだ出すんじゃねえぞ、出したらこのスティック突っ込むからな」

律はシュークリームを一個取り出した。

律「クリちゃんにこの唐辛子クリームを塗りこんで……」

唯「?」

ヌリヌリヌリ



唯「ぎゃああああああああ!」

唯「うきゃっはあああああああ!!!」


ぴぴっ
ぷしゃぁあああああぁあああああ!!!!

律「わぶっ!」

唯の恥部から勢いよくほとばしった小水が律の顔に降りかかる。

しょおおおおお………

律「げほっ、げほっ………あははw 漏らしやがったwww」

律「なに勝手に出してんだよ。その上あたしにぶっかけやがって………」

律「これは《おしおき》しなきゃいけないな」

唯「あうあ……」チョロロ

律はドラムスティックの先端を舐めると、唯の秘部にあてがった

律「おまえって処女だっけ?」

唯「…?」

律「当たり前か……じゃあちょっと痛いかもなw」



診察室

澪「それじゃあ唯は――」

医者「あの子の場合は脳の損傷というよりも、精神的なものなの」

澪「精神的……」

医者「失語症とか記憶喪失に近いわね。強大なショックとストレスで……」

澪(ショック……やっぱりあの事件のことが……)

医者「でも、これなら回復する見込みもあるわ」

澪「! 本当ですか!」



廊下

澪(治る……、唯、治るかもしれないんだ!)

澪(唯…あの頃みたいに……)


唯「ひぎぃぃぃいぃぃぃぃぃ!!!!!」

澪「!?」

唯「ぎゃああああああ!!!」

澪「唯の悲鳴……、トイレからだ……」

律「あははは! やっぱ処女だったか!wwww」

唯「いだいだいだいだいだいだいだい!!!!」

律「うるせぇよ! ちょっとはガマンしろ!!!」

律「二本目投入しま~す」ズブズブズブ!!

唯「うああああああああ!!!!!」


澪「唯!!! 律!! なにやってんだよっ!!!」

律「お、もう戻ってきたのか」

律「いまちょうどいい所なんだ、ほら」

律は唯の股間を開かせる。

澪「!」

バシン!!

澪は律の頬を打った。

律「っ! いってぇ……」


唯「ひっく…ぐすっ、ぐすっ……えぐ……」

澪「律……なんで、なんでこんなこと……」

律「………」

澪「律!」

律「………うるせえよ」

律「こんなのは当然の罰だ」

律「こいつは……こいつのせいでムギは……」


律「わりぃ………帰るわ」

澪「律……」

唯「うえっ、うぇ……ひぐ……」

澪「唯……泣かないで……、私が一緒にいるから……」

唯「りつ、おこてた……ゆいがわるいの?」

澪「ううん……唯は、唯はなにもわるくないよ……」



澪「今日は週に一度の外出日だね」

唯「あうあうあー!!」

澪「お弁当もって遊園地にいこうか」

唯「でずにー!! みきまう! どなっど!!」

澪「うんうん。楽しもうね」




遊園地

唯「みきまうwwww」

澪「ミッキーだね。写真とってもらおうか」

唯「みきまうwwwみっきまうwww」ガジガジ

ミッキー「………」

澪「わあ! だめだよ唯、ミッキーの耳かじっちゃ!!」


順番待ち

唯「ぴちゃぴちゃ」

子供「うわああああん!」

澪「だめだよ唯、他の子のキャンディー取ったら!」

親「ちょっとあなた!」

澪「す、すいません…」

唯「あうあうあうあ~!」

親「………仕方ないわね…気をつけて頂戴」

澪「はい、すいませんでした…」



ベンチ

澪(ふぅ……)

唯「キャッキャ♪」

澪(外で唯の面倒みるのはしんどいけど……)

唯「みお! どなっど! どなっどにふうせんもらた!」

澪「わあ、よかったねぇ! ちゃんとお礼言った?」

唯「いった! どなっどいった! どなっどだいすき!」

澪(この笑顔みると、疲れも吹き飛ぶな……)

澪「憂ちゃん、こんにちわ」

憂「あ、こんにちわ……」

唯「あうあー! ういうい! いしょにあそぼ!」

女「……憂? この人知り合い?」

憂「え、あ、……ううん……」

憂「澪さん……私いま友達と遊びに来てるんで……、それで…」

澪「ああ、……そうだね。ごめんね……」

澪「唯、ほら、あっちでアイスでも食べようか」

唯「あいす! あいすくう!」


澪「はあ……みんな、どんどん冷たくなっちゃうんだな……」

唯「ちべたい! ちべたい、あいす、んまい!」

澪「……そうだね、冷たいアイスがおいしいんだよね」

澪「よし、唯、何味がいい?」

唯「いちご! めろん!」

澪「二つもかw買ってくるから、ここで待ってな」


律「よお、唯」

唯「りつ!」

律「一人でなにやってんだ?」

唯「あいすくう 澪まってる」

律「アイスならあたしも買ってきたぜ。イチゴ味」

唯「ほんと!」

律「ああ、この箱に入ってる。食べるか?」

唯「たべる!」

律「じゃあ、あ~んしな」

唯「あ~ん」

ひょいパク………


唯「ぎにゃああああああああ!!!!!!」

律「wwwwドwwラwwイwwwアwwイwwwスwwwww」


唯「アフ! アフ!」

律「熱いの? おかしいなぁ~、これもアイスなのにwww」

澪「律! また唯に…!」

律「ちっ、帰ってきたか……」

澪「律……言いたいことがあるならはっきりいいなよ…唯にこんなことしても…」

律「フン、とくに用はないよ」

唯「あうぁ…りつ…どしていぢわるする?」

律「どうして……? おまえ、ムギのこと覚えてないのか?」

唯「む…ぎ…?」

律「はぁ……やっぱりな。都合の悪い記憶だけ失くして、
   てめぇ一人で幸せのお花畑か」

澪「律!!」

律「澪も、なんでこんなヤツの面倒見てんだ? あたしなら見捨てるか殺すかしてる」

澪「律……」

警備員「なにか揉め事かね?」


律「なんでもありません。そこの池沼が騒いでいただけです」

警備員「池……、この子、そうなのかね?」

澪「……はい」

警備員「困るよ、保護者ならしっかりしてもらわねば。他のお客さんもいるんだし」

澪「すいません」ペコリ

警備員「また騒ぎが起きたら出て行ってもらうからね」

澪「……はい」

律「あたしはもう帰るよ。じゃあね」



病院

唯「あうあー!」

澪「今日は楽しかった?」

唯「たのしかた! どなっど! ふうせん!」

澪「はいはい、風船、ここに結んでおくね」

唯「みお! だいすき!」

澪「私も唯が大好きだよ」

唯「りつも! りつもだいすき!」 

澪「唯…」

唯「さんにん、で、みっきまう! みっきまぅ………」

澪「唯?」

唯「………ぐ~、すピ~……」

澪「ふふっ、さすがの唯も今日は疲れたか……」

澪「おやすみ、唯……」ちゅ


2