律「唯さんと一緒か~どうしましょう?」

唯「ギターは二人おっても平気やで!GLAYとかも二人おるしな!!」


律「わたしが部長の田井中律で向こうにいるのが澪とムギだ!!」


律「そしてこちらにおられるのがギター兼ボーカルにして軽音部の大黒柱的存在の平沢唯さんだ!!」


唯「部長ォ部長ォ、持ち上げすぎやがな~なんもでーへんで」


梓「あの…平沢先輩は3年生なんですか?」


唯「なんでやねん!うちも部長ォたちとおんなじ2年やで!」


梓「すいません、みなさん、平沢先輩には敬語で話されてたのでてっきり…」


澪「とりあえず何か弾いてみてもらいません?」

唯「そやな、うちのギー太使わしたる!弾いてみ」


梓「わ、わかりました」
ジャカジャーンキュイーンピレピレプロジャーン…


澪律紬「…………」


梓「やっぱり聞き苦しかったですよね……」


澪「あ、いやそういうわけじゃ…」


唯「惜しいな~、なかなかやるようやけどうちには及ばんみたいやな!」

梓「平沢先輩のギター聞きたいです!!」


唯「……………ギー太をよう見てみ!疲れとるで、休ましたらんかい」


律「とにかく入部してくれるってことでいいかな?」

梓「はい!!新歓ライブでのみなさんの演奏聞いて感動しました!これからよろしくお願いします!!」

澪紬「……………」


唯「ほな、明日からよろしゅうたのむわ!」


梓「それじゃ失礼します」



―――――翌日


梓「こんにちわ!!」


澪「元気いっぱいだな!!」

梓「放課後が待ち遠しかったです!」


律「それじゃさっそく……お茶にしますか?唯さん」


唯「そうやな!!金髪はよ用意したらんかい」


紬「はい、どうぞ梓ちゃん!」


梓「部室でこんなことして大丈夫なんですか?」
ガラガラ
さわ子「あ!!」

梓「わ、先生が……」


唯「なんやオバハンまた来たんかい」


さわ子「わたしミルクティーね」


さわ子「あら?新入部員ね!わたし顧問だからよろしく」


梓「は、はい」


梓(ううぅー…練習しないのかなー!きっと私の自主性を試されてるんだ)

ジャカジャカジャーン…

唯「やかましいわ!!いきなりなにやってんねん!!」


梓「ううう…ぅぅ……」

澪「ごめんな、あの人口調は強いけど多分いいひとだから」


梓「こ、こんなんじゃダメですーっ!!」


唯「な、なんやこいつ…」


梓「みなさんやる気が感じられないです!!」


唯「ほォ…なかなか言うやないけ」

律「いやー新歓終わったばっかだし…」


梓「そんなの関係ないです!!音楽室を私物化するのもダメです!ティーセットは全部撤去すべきです!!」


唯「と、とにかく落ち着かんかい…」


梓「これが落ちついていられますかーっ!!」


律「お、おまえ!唯さんにむかってそんな――」

唯「ええって、部長ォ!……ほらアメちゃんや」

律「そんなものでおさまるはず………おさまったーっ!!」


律「唯さん、すげえぇーっっ!!!!」

梓「取り乱してすいませんでした……」


律「唯さんの言うことには絶対遵守だぞ!!」


唯「待て待て部長ォ!このにゃん厨が言うことも一理あるで!」


澪「てことは…?」


唯「そうや…やるで!!ティータイムの続き」


梓「な、ななな……なんでやねんーっ!!!!」


――――――

律「唯さんと梓、ギターが二人になったから演奏の幅が広がりますね!」

律「どっちがリードギターやります?」

唯「そんなんうちに決まっとるやん~」

――――――

ジャンジャカジャカ…

唯「お、なんや!にゃん厨、ええ音出しとるやん!うちにギター教えてくれへん~?」


梓「もちろんです!!」

ジャカジャカ…

梓「あ!そこはミューっとして…あとさっきのフレーズはビブラートきかせたほうが……」


唯「ミューっと?びぶらーと?なんやねんそれ?」


梓「えっ……?!」


チャカチャカ…ミューッミューッチャカ…

梓「あれ?ちゃんとミューってできてる…」


唯「なんやこれがミューっとかいな!!」


律「唯さん、すげえぇーっっ!!!!」


――――――

律「失礼しまーす!!」

唯「おったで!!」


さわ子「あらどうしたの?」


唯「いや、な!軽音部で合宿するねんけどオバハンも来んかなー思おてな!」


さわ子「合宿ねぇ……」

律「面倒くさそうな顔……唯さん、こいつに声かけたの失敗だったんじゃないスか?」


唯「まぁ無理にとは言わんけどな……」



―――――別荘

律「唯さん、遊びいきましょーっ!!」


唯「ダッシュや!海までダッシュや!!」


澪「待ってください!練習は?」


唯「なんや今年も邪魔する気かいな!しゃーないな多数決とったるわ!!」


澪「ほんとうですか?ありがとうございます」


唯「まぁうちは遊びやから!部長ォ!!おまえも当然遊びやな!?」


律「もちろんっス!!!!」


唯「金髪ねーちゃん、おまえも海行きたいやろ?」

紬「は、はい!!」


唯「にゃん厨!!おまえは?!」


梓「わ、わたしは……れんSy―――」


唯「海やな?!」


梓「遊びたいです!!」

唯「これで4対1やな!!ねーちゃんはどうするんや?」


澪「遊びます」


――――――――

唯「にゃん厨も一緒に遊ぼうや!!」


梓「結構です!!」


唯「なに言っとんねん!なんや泳げへんのかい…」

梓「やってやるです!!」


紬「梓ちゃんもすっかりみんなと仲良くなったわね……」


澪「そうか……?」


律「あー遊んだ遊んだ…もうご飯食べて寝ましょうよ!唯さん!!」


澪「練習はどうした?」

唯「なにいっとんねん、部長ォ!!練習や練習やー!!」


律「唯さん、すげえぇーっっ!!!!あんなに遊んだのに!!!!」


唯「まぁにゃん厨がいちばんハシャいどったみたいやけどな!」


梓「はやく練習するです!!」


―――――――

唯「にゃん厨!!なんやねんそれ?」


梓「これですか?ただのチューナーですけど…」

唯「なんやめずらしいもん持っとんな~」

梓「えっ?いままでどうやって………え?適当に?……で、できてる!!」


律「唯さん、すげえぇーーっっ!!!!絶対音感じゃないっスか!!!!」

――――――

梓「おーい!!ごめーん、遅れちゃった」


憂「遅いわーアホー…って誰やねん!!」


梓「わたしだよー!!」

―――――

憂「ほんま誰かわからへんかったで!!お前なんでそんな日焼けしてんねん!」

梓「合宿行ったの!軽音部の」


憂「あねさんはそないに焼けてへんかったけどな…」

梓「…………」


憂「どうせおまえがいちばんハシャいどったんやろ」


――――――


唯「にゃん厨!にゃん厨!」

梓「なんですか?」


唯「最近音の調子わるーてなー!かなわんわー」

梓「うわ!弦さびてるじゃないですか!いつ交換したんですか?」


唯「なんや!弦って交換するもんなんか!!先に言っとかんかい、部長ォォ!!!!」


律「ああ!すいませんでしたー!!」


唯「まぁええわ!今日は楽器やに行くで!!」

―――――――


梓「さっそくメンテしてもらいましょう」


唯「にーちゃんにーちゃん!このギターの調整したったれや」


店員「いらっしゃいませ!」

唯「ほんなら頼むわ」


店員「かしこまりました」


――――――

店員「お待たせしましたー」


唯「おおきにー!ほな」

店員「お代の方5000円になります」


唯「なんや金かかるんかいな!!部長ォォ!!」

律「すいません、唯さん!わたしも持ち合わせが…」


唯「なんやねん……金髪ねーちゃん、なんとかならんかいな?」


紬「タダでいいですよね?」

店員「わ、わかりました」

唯「できるんかいっ!!ほんまなにもんやねん、おまえ」


――――――――


梓「卒業しないでよぅ…」

唯「おおきに…にゃん厨!ええ子やから泣きやまんかい…」


梓「こ…子供扱いしないで下さい…」


律「ほら泣いてる場合じゃないぞ!今度は梓が部長なんだから」


唯「どんな軽音部になるんやろな、にゃん厨の軽音部!!頼むで、部長ォォォォォ!!!!」


――――完―――




番外編―――――――――最後の学園祭


唯「ロミオ……じぶんなんでロミオなん~?」


澪「ああジュリエット…どうして君はこんなに美しいんだーい…………?」

律「唯さん、すげえぇーーっっ!!!!!!ジュリエット役ぴったりっすよ!!」


紬「カット~!!りっちゃん邪魔しちゃだめよ~」


唯「おまえはにゃん厨の相手したらんかい」



―――――学園祭


憂「なにしとんねん!!はよせなあねさんの劇始まるやんけ」


梓「あ、うん!!」


―――――

唯「にゃん厨やんけー!!どうやった?うちらの劇」


梓「みなさんあんまり音楽室に来なかったからライブのことあんまり大切に思ってないのかもって……」


唯「にゃん厨……うちは劇の感想を聞いとんねん!!」


梓「すみません……」


唯「まぁええわ、今日は泊まり込みで練習すんで!!」


唯「ええやろ、部長ォォ!!!」


律「もちろんっス!!!!」


――――――


澪「よーし準備万端だな!」


紬「このTシャツかわいいですね」


唯「そやな、あのオバハンもたまには役にたつわ」


和「次は軽音部による演奏です」


――――――――

ワーワーキャーキャー
唯「な、なんやこれは………?!」


梓「みんな私たちと同じTシャツ着てる…」



唯「えー…軽音部ですけどもォ…思いがけずうちらの方がおまえらにいろいろしてもらってもーて……泣きそうやわァ…」

律「唯さんすげえぇーーっっ!!もう泣いてる!!!」


唯「ほな、聞いてもらおうか…うちらの曲!!」


唯澪律紬梓「『たこ焼きはおかず』!!!!」


―――完―――