――――――

律「そういや面白いもの見つけたんスよ!」

唯「ほんまにおもろいもんなんやろな」


律「これっス!!昔の軽音部の写真っス!!」


律「いつの時代のバンドだよって感じっスよね~!!」
アハハハ…


唯「軽音部ってぜんぶこんな感じやないんかい!!」


唯「そういや、金髪!さっきどこ行っとったんや?」


紬「学園祭の申請に行ったんですけど軽音部ってちゃんとしたクラブと認められてないみたいなんで断られました…」


唯「なんやと……?どういうことや部長ォー!!」


律「わかんないっス!!すいません」


唯「生徒会に文句を言いに行くで!!」


――――――

和「あら?唯じゃない??」

唯「和ちゃんやないか?!生徒会役員共やったんやな!!でどういうことなんや?」


和「部活申請用紙、提出していないんじゃないかしら?」


唯「部長ォォー!!どういうことや!!!!」


律「すいません!!すいません!!すいません!!」


和「なんていうか………………ほどほどにね、唯」


―――――

唯「なんや顧問必要なんか?」


律「そうみたいっス!!今から山中先生にお願いに行ってきます!!」


唯「おまえひとりやと不安でしゃーないから、うちもついてったるわ!」


律「ありがとうございます!!」


――――――

律「――――というわけなんでお願いします」


さわ子「ごめんなさい…」

律「…………」


唯「オバハン、ここの卒業生なんか?」


さわ子(オバハン……?なにこの子)

さわ子「そうだけど…どうして?」


唯「さっきアルバムにオバハンと似たよーなヤツがおっての~」


―――――

唯「ほれ!これ、オバハンやろ?」


さわ子「そうよ…わたしも軽音部だったの」


律「それじゃギター弾いてみてください!!唯さん、こいつにギター貸してやっていいっスか?」


唯「傷つけたらただじゃおかんで」


さわ子「しゃーねーな」

唯「な、なんや?!こいつ、豹変しおったで!」


早弾き!!タッピング!!!歯ギター!!!!
ピロピロリロリロギャイアアア!!!!


唯「ひとのギターで何やってくれとんねん…」


さわ子「お前ら音楽室好きに使いすぎなんだよー!!!!」


唯「な、なんや……こいつ」


さわ子「ううぅ………先生になったらおしとやかなキャラでって決めたのに…」


律「こ、顧問やらへんかった…ら…ば、ばらすでー」

律「こんな感じっスか?!唯さん!!」


唯「まだまだやな!もっと気張りや、部長ォ」


さわ子「顧問になります…」


―――――

さわ子「そういえば学祭でやる曲は決まったの?」

唯「こいつらオリジナル曲やろうとかアホなこと言っとんねん!!」


澪「よかったら見てくれませんか?」


さわ子「仕方ないわね」


――――――

唯「どうや?!」


さわ子「そうね、いろいろ気になることあるけど……ボーカルはいないの?」


唯「そんなもんうちがやるに決まっとるやろ!!こいつらに歌わしたらとんでもないことになるで」

さわ子「歌詞は考えてるの?」


唯「あたりまえやがな~!!ねーちゃん見せたらんかい!!…………なに?恥ずかしい?シバくぞ!!貸せ」

澪「あっ!!」

さわ子「どれどれ」

唯「うちにも見せんかい」


澪「私としてはいい感じに書けたと思うんだけど…だめかなぁ…」


唯「あたりまえやろ!こんな詩をうちに歌わすつもりかい!!なぁ?部長」

律「唯さんの言うとおりっス」


唯「もうええわ、うちが書いたる」


―――――
『たこ焼きはおかず』

たこやきすごいよ
なんでもあうよ アツアツ
金本 桧山に マートン 新井に 鳥谷
炭水化物と阪神タイガースの夢のコラボレーション
アツアツ ゲキアツ イッタレ イッタレ

金本いないとやっぱ困るで
金本 不動の四番やで

関西人ならやっぱりたこ焼き片手に甲子園

―――――――

――――――

唯「どや?」


律「唯さん、すげえぇっっ!!!!心を撃ち抜かれましたよ!!!」


紬「わたしもいいと思います」


さわ子「そうね、いいんじゃないかしらこれで…」


澪「………………」



――――学園祭当日


澪「きんちょうしてきたよ…」

紬「唯さん遅いわね…あと一時間しかないわ」

ガラガラ

律「あっ唯さん!!!!ちゃーっっす!!!!」

唯「なんか喉いたいわ―」

律「大丈夫っスか?!」

唯「今日は歌えそうにないわ!!おい、黒髪ねーちゃんお前歌ったれや!」

澪「え……?」

澪「わたしが……?え?え?…………」


唯「なんや?いやなんか?!!」


律「唯さんのご指名だぞ!がんばれ澪!!!!」

紬「澪ちゃんならできるわ!!」


澪「わたしが…歌う?………あの歌詞を………」


――――ライブ開始


和「次は軽音楽部による演奏です」

ワーワーキャーキャー

唯「みなさん、いらっしゃーい!!軽音部ですけど、なにか?」


シーン…

唯「みなさん盛り上がっとるか―?」

シーン…


唯「よし!!ねーちゃん、曲紹介いったれ!!」

澪「えっ?!わたしが?えーと……」

澪「あのーこの曲は……その…」


唯「声ちいさいで!もっと腹から声出さんかい」

澪「この曲は…わたしたち軽音部が初めて作った曲で……」

ザワザワ…ザワザワ…

澪「あの…歌詞は…阪急…じゃなくて阪神タイガースをイメージして…」

ザワザワ…ザワザワ…

澪「き、聞いてください…た、たこやきはおかず……」

ジャカジャカジャーン


ジャカジャカジャカ

澪「たーこやーきすーごいーよ なんでもあうよ」

唯律「アツアツ!!!!!」

澪「金本、えと…桑田に…あれ?いちろー??…………」


唯律「とりたに!!!!」

ジャカジャガジャガ


――――ライブ終了


澪「……………」

紬「……………」


律「どうでした?唯さん!!」

唯「うちはやりきったで!!ノーミスや!!」


律「すげえぇっっ!!初ライブなのに!!さすが唯さん!!!!」


澪「…………ごめんなさい」


――――――

唯「お前ら、毎日がんばっとるからご褒美や!!」

律「なんスか、唯さん!!!!」


唯「うちの家でやるクリスマス会に招待したるわ!!どや嬉しいやろ?」


紬「わ、わーい…たのしみですー」

律「唯さんちでクリスマス会スか!!すげえぇっっ!!澪ももちろん行くよな?」


澪「あ、もちろん行くよ……」



―――――平沢家


澪律紬「こんにちわー」

憂「は~い!…………なんやお前らかい、あねさん待ってんで!はよせえよ!」


澪「おじゃまします」


憂「あ、ちょい待ち!お前らちゃんとあねさんにプレゼント用意しとるか?」

澪律紬「はい………」


――――――――

みんな「メリークリスマース!!!!」


律「いやー今年もあと少しですね、唯さん!!」

さわ子「やーね、親父くさい」

みんな「!!!!!」


唯「オバハン!!なにひとんちに勝手にあがりこんでんねん!!」


憂「あねさん、こいつは?」


唯「軽音部の顧問や!まぁええわ、今回だけやで」


―――――

唯「気をとりなおしてプレゼント授与の時間や!!お前ら、持ってきたもん出さんかい!!」


唯「まずはお前からや!金髪ねーちゃん」

紬「唯さん、これを…」ササッ


唯「なんやギターやないか!!なに?30万の?おおきに」


――――――

唯「みんな、ありがとな!うちのために集まってもろーて嬉しいわ」


律「唯さん、すげえぇっっ!!!!クリスマス会が唯さんの誕生日パーティみたいになってる!!」


澪「あの……」


唯「あぁお前まだやったな!はよ出し!もろーたるわ!!」


澪「どうぞ………」


唯「これは……!!!マンガやな…」


唯「……賭博…黙示録……カイジ……なんやこれは?」


憂「あねさん……」


唯「読むで…」




――――――部室

和「失礼します……」


唯「和ちゃん……今日は何の用や?」


和「実は…軽音部がなくなってしまうかもしれないの……」


唯「なんやと?!部長ォ!!今度はなにしたんや?!」


律「知らないっス!今回はマジで知らないっすよ!!」

澪「なんで軽音部がなくなるんですか?」


和「軽音部が活動してないからじゃないかしら?」

律「してるよ!学祭でライブしたし!!」

和「他には?」


律「…………」


唯「やるで!!新入生歓迎会でライブして部員増やせばいいんや!!」


律「なるほど!!さすが唯さんっス!!!!」


澪「よし!がんばりましょう!!」


紬「今日から練習いっぱいしましょう!!」


唯「いや、うちは今から帰ってカイジ読むさかいにお前らで勝手に練習しといてな!!」


律「唯さん、すげえぇっっ!!余裕だしまくり!!」



―――――新学期


唯「うちは2組やな…」


律「やった!!唯さんと一緒のクラス!!!!」

紬「私も一緒です」


澪「1組…………」


唯「なんや…お前だけ違うクラスかい!!まぁええわ」


唯「ともだちできるとええな……」



――――新歓ライブ1時間前


澪「やっぱりライブ前はきんちょうしますね…」


唯「そうやな…今回はちゃんと歌詞覚えてきたやろな?」


澪「またわたしですか?!」


唯「喉がイガイガすんねん」


澪「が、がんばります……」


――――ライブ

和「次は軽音部による演奏です」


ザワザワ…ザワザワ…


澪「ど、どうも…軽音部です…それでは……聞いてください………たこやきはおかず…」

ザワザワザワザワザワ…


ジャジャンジヤカシャカジヨカ



―――――放課後


律「誰も来ないっスねー!!」


唯「演奏も今まででいちばんよかったんやけどな―」

紬「みなさん、とりあえずお茶にしましょう」


唯「そうやな!!」


ガラガラガラ

梓「あのー……」

梓「軽音部ってここですか?入部希望なんですけど……」


律「ようこそ、軽音部へ」

唯「部長ォ、はよ案内したりーや、金髪はお茶の用意や」


紬「は、はい」

律「そこ座ってー!」


梓「ありがとうございます!」


唯「なんや、えらいちっこい子やな~」


律「じゃ自己紹介してくれる?」


梓「あっはい!!中野梓です。パートはギターを少し…」


3