唯「う~ん……どないしよ……」


和「どうしたの?唯」


唯「いや、な!部活どれにしよーって悩んどったとこなんや」


和「まだ決めてなかったの?」


唯「うち…運動ニガテやし、文化系ゆわれても、なんやそれーって…」


和「こうやってニートが出来上がっていくのね…」

唯「なんでやねん!!」


唯「まぁとりあえず軽音楽部っちゅーとこに入ってみたわ!」


和「へー…どんなことするの?」


唯「それがわからへんねん!」


和「え?」


唯「まぁ軽い音楽ってゆわれるさかいに簡単なことしかやらへんのとちゃうか?」


和「なにそのやる気のないクラブ…」



唯「入ったばっかやけど辞めるーゆうたろ!うちが病める少女なだけにな」


唯「ってひとりでボケとる場合やないがな!軽音部っちゅーんはどんなアホの集まりなんやろな…」

律「うちの部の前で何やってんの?」


律「もしかして入部希望の平沢唯さん?」


唯「ちゃうちゃう、うちはマツコデラックスや!」


律「…………?」


唯「ツッコまんかいっ!!」


律「みんなー入部希望者来たぞー!!」


澪紬「おお!!」


唯「なにゆうとんねん!うちは辞めるって言いに来たんや」


律「そうなんだ……」


唯「なんか他のちゃう楽器やると思っとったからな」


紬「何なら出来るの?」

唯「うちが得意なんはカスタネ……いや、ちゃうな…ハーモニカや!!」


律「ハーモニカあるから吹いてみてよ」


唯「ジョーダンやがな~本気にされたら困りまっせ、師匠」


唯「なんや!ぎょーさんお菓子あるやないか!腐られたらもったいないさかい協力したるわ」


紬「どーぞ~」


唯「ねぇちゃんもうちょい気ーきかせなあかんで!」

紬「え?」


唯「うちがお菓子食べるって言ったと同時にお茶くらい用意せんかい!」

紬「ご、ごめんなさい…」


唯「ジョーダン!!やがな~、ホンマ関東人はすぐ本気にするからやってられへんわ~」


澪「でも音楽には興味あるってことよね?」


唯「おっなんや、こっちのねーちゃんはえらいベッピンさんやな!」


紬「他に入りたい部活あるの?」


唯「いや、こーみえてもうち人付き合い苦手やからな」


律「それなら私たちの演奏聞いてから入部するか判断してよ!」


唯「なんや自信満々やな!そこまでゆうんやったら聞いたるわ!」


―――――――


律「どうだった?」


唯「全然ダメやないかい!!さっきの自信はなんやったんや!!」


唯「まぁおもろそうな雰囲気は感じとったわ…………うちの負けや!軽音部入ったるわ!」


澪「ありがとう!これから一緒にがんばろう」


唯「あぁ、でもうち楽器できへんからライブのMCはやらしてな」


紬「せっかくだからギターを始めてみたらどうかしら?」


律「それいいんじゃない?」


唯「そう言われてもな、人間できることとできへんことがあるんやで」


律「大丈夫!私たちも分かるところは教えてあげるし」


唯「お前、さっきドラム叩いとったやないかい!!」ビシッ!!


唯「まぁええわ!さっきのお前らのヘタクソな演奏聞いたらうちにできんわけないって思ってきたわ」

澪律紬「…………」


―――――――

和「あんな子つかまされて大丈夫かしら軽音部……」


―――――――

澪「そういえば唯さんはもうギター買ったんですか?」


唯「ぎたー?ああ!そうやったな!うちギターやるやったな!」


唯「でなんぼすんねん?」


澪「安いのは一万円代からありますけど安すぎるのもよくないから三万円くらいのがいいかもしれないですよ…」


唯「………そこツッコむところか?」


澪「高いのは10万以上しますよ」


唯「部長!!部費でなんとかせんかい!!」


律「すいません、無理です」



―――――楽器屋


唯「なんやぎょーさんあるやな~!おい、ねーちゃん選ぶ基準とかあったりするんか?」


澪「もちろんありますよ、ギターって音色はもちろん重さやネックの形や太さも――――」


唯「そないなウンチクはええねん!くりぃむしゅー上田か!!」


唯「なんやこのギターかわいいやないか!………………15万もすんのかいっ!!」


唯「これはさすがによー手がでんなー……なんて諦めるうちやないで!!」


唯「金髪ねーちゃん!!このギター10万ほど値切ってきてや!」


紬「わかりました……――――このギター5万で売ってくれるって!」


唯「できたんかいッッ!!!」



―――――平沢家


唯「こうしてギターってみたりして………なんやミュージシャンっぽいやないか!」


唯「いつサインせがまれるかわからへんから練習しとかなあかんな!!」

憂「あねさん!ちぃーとばかし声でかいんとちゃいますやろか?今何時や思ってはるんすか~」

憂「あねさん!!」


憂「はよぉ起きんと遅刻してまいますよー!」



憂「あねさん?!聞いてはるんすか?」


唯「だぁっとれ!!アホンダラぁ!!今、金本の打席なんや」


憂「また昨日のナイターの録画見てはるんすか~毎朝毎朝ええかげんにしてくださいよ~」


――――


和「唯ーっ!!」


唯「和ちゃんやないか?今日は帰るの遅いんやな?なんかあったか?」


和「中間テストの勉強してたから」


唯「なんやえらい優等生やな~」


和「唯はしなくていいの?」


唯「勉強なんかやってなんになんねん!!人間、大事なのは心意気やで」

和「そう…」


――――――


澪「唯さんテストどうでした?」


唯「ぜんーっぶ赤点や!!まっ赤文字はなかなか激アツやからな!!」


律「ま、まずいっすよ!!唯さん、赤点とった人は部活動禁止っすよ!!」

唯「かたいことゆうなや!!気にするやつおらんわ」


唯「おい、ねーちゃん!うちに勉強教えんかい!!」


澪「は、はい……」


唯「ものわかりいいやないか!よっしゃ、うちの家でやるで!お前らも来てええで!歓迎したる」


律紬「ありがとうございます……」


――――――


唯「帰ったでー!!」


唯「なにボヤボヤしとんねん!はよあがらんかい」

澪律紬「おじゃましまーす」


憂「あねさん!今日も一日ご苦労様でした!………あれ?こいつら、あねさんの知り合いですか?」

律「同じ軽音部です」


憂「ふーん…まぁよろしゅう」


―――――


律「いやー妹さん、唯さんとそっくりですね」


唯「そうやろ!まっうちのほうが美人やけどな!!」


コンコン…ガチャ
憂「あねさん、お茶入りました!…………なんやお前らまだおったんか!」


憂「そんなお前らにいいもんやるわ!!ほれ、アメちゃん」


澪律紬「ありがとうございます……」


澪「ここがこうなるから………」

唯「なるほどな、てことはこっちが……」



律「暇だ……」
ヒマーヒマー!!クルクル………オッ!マンガダ…………シャクガンノシャナ……


唯「じゃかましいわ!!部長!!!!そないに暇なら憂の相手でもしてやらんかい!!」


律「す、すいません」


憂「律とかゆっとったな…ちょっと着いてこいや!かわいがったるわ」


律「はい……」




――――追試返却日


澪「大丈夫かな、唯さん」

ガラガラ
澪「どうでした?!」


唯「再追試や」


澪「へ?」

唯「お前の教え方が悪かったんやな、次は金髪ねーちゃんが教えてや!!」


紬「は、はい…」


唯「とゆーわけで今日もうちの家で勉強会や!!」

澪律紬「えっ?!」


唯「何逃げようとしてんねん、部長!!行くで!!」


――――――

唯「やっぱ金髪ねーちゃんのほうが教え方上手かったな!はじめてやで100点とったの!!」


紬「ありがとうございます」


澪「…………合宿をします!!」


唯「なにをわけのわからんこといきなり言うとんねん、こいつは」


澪「あの…学園祭も近いことですし…その…どうでしょうか?」


唯「明日、お好み焼き屋の面接やねん…受かったら忙しくなるで!!」


――――――

唯「面接……落ちたわ……」


律「なんて人を見る目がない店なんすかね!逆に落とされてラッキーですよ!!」


唯「お前もたまには良いこと言うやないか!!ほれ、アメちゃんやるわ」

澪「ゆ、唯さん!!合宿の件どうでしょうか……?」

唯「まだ言うとったんかい…場所はどこでやるんや?」


澪「それは………まだ…」


唯「決めてないんかいっっ!!」


紬「唯さん唯さん、わたし別荘持ってます!!」


唯「おお!!さすが金髪ねーちゃんやな!!じゃそこでやろか!」


紬「ありがとうございます」


律「バーベキューしましょうよ!!」

唯「ええな!それ!うちがめちゃめちゃ上手いたこ焼いたるわ!!」


律「おぉっ!!唯さんやべぇぇっっ!!!!」






――――――別荘


唯「なかなかええとこやないか!!」


紬「もっと広い所に泊まりたかったんだけど…一番小さい所しか…」


唯「ええって!気にすんなや!来年楽しみにしとくで!」


律「唯さん、海ありますよ!遊びましょうよ!!」

唯「おーっ!行くでー!!」


澪「練習は?!!!」


唯「なんでやねん!!まずは遊んでその後練習や!!」



――――練習後


律「唯さん、すげぇぇっっ!!!!超上手いじゃないっすか!!」


唯「まぁうちにかかればこんなもんや!!」


澪「あとはチョーキングとかスライドとか細かいテクニックですね」


唯「なんやそれ?チョーキングゆうのはこういうやつか?!」
ガバッ!!


律「ぐぎぎぎ……唯さん、苦しいっす!!!!」



――――風呂


澪「まさか露天風呂まであるとは……」


澪「でもそんなに心配することなかったな」


紬「唯さんもすっごくうまくなってましたし」


唯「今日初めておまえらとあわせてみたけどな……なかなかおもろかったわ!やっぱ音楽ってええもんやな」


唯「こんなええ別荘使わしてくれた金髪ねーちゃんのおかげやな!おおきに」


紬「もったいなきお言葉です」


2