コナン「学祭ライブ?」

蘭「うん。私の友達が桜高の生徒なんだけどね、その子の友達がライブするから見に来ないかって誘われて」

コナン(友達の友達…。要は他人じゃねーか…)

蘭「お父さんもそのバンドのファンなんだよ」

コナン「え?」

小五郎「あぁ!今から澪ちゃんのベース捌きを見るのが楽しみだぜ」

蘭「コナンくんも行こうよ」

コナン「え、え~?いやぁ~ぼくは…」

小五郎「へっ!このガキにロックのなんたるかなんてわかるわけねーだろ。お前は留守番してろ」

コナン「」ピク

コナン「ぼくもいく!ライブ行きたい!」

小五郎「あぁ?女子高の文化祭に行くなんて100年早いわ!」

蘭「もう、お父さんとコナンくんを一緒にしないで」

コナン「蘭姉ちゃん!ぼくも行きたい!」

蘭「もちろんコナンくんも一緒よ」

コナン「わーい!」

コナン(おっちゃんめ…俺が実は最近ボンジョヴィを聴き始めた生粋のロック好きと知らずに偉そうに言いやがって…。本物のオーディエンスってやつを見せてやるぜ)

小五郎「ちっ、しょーがねーな。あんまはしゃぐんじゃねーぞ?」


学祭当日 桜高

蘭「えーと、このへんで待ち合わせのはずなんだけど…」

コナン「ねーねーおじさん。おじさんはどうしてそのバンドの事知ってるの?」

小五郎「あん?去年たまたまこの辺通りかかった時が学祭の日でな。なんとなく立ち寄ってなんとなく講堂に入ったんだ」

小五郎「そこでたまたまライブを見てファンになったんだ」

コナン「へ~」

蘭「あっ、いたいた。おーい」

純「久しぶりー。あれ?お父さんも一緒なの?」

小五郎「どーも」

蘭「うん。えーと…放課後ティータイムだっけ?なんかそのバンドのファンなんだって」

純「へー、けっこう有名だったんだねー…ってこの子誰?弟いたっけ?」

蘭「この子は居候の江戸川コナン君。ほら、コナンくん挨拶して」

コナン「江戸川コナンです」

純「よろしくー」

純「あ、そろそろ始まるから講堂行こ!」


講堂

純「うわ…もう席ほとんど埋まっちゃってるし…」

コナン「ここ空いてるよー?」

純「三人分か…。いいよ、私後ろで見てるから、三人とも座りなよ」

蘭「え?でも…」

純「いいっていいって。んじゃ、楽しんでってねー」スタスタ

小五郎「じゃ、お言葉に甘えますか」スチャ


『次は、軽音楽部によるバンド演奏です』


ワーワー

小五郎「うおおおおお!」ガタン

コナン(うるせっ)

パチパチパチ

律「……」

コナン(……園子?)

律「ワンツー!」

チャーラーラーララーラーララララー♪

澪「ふでぺーんふっふー♪」

小五郎「うおおおおおおおお!!澪ちゃあああああん!!」

蘭「お、お父さん!恥かしいからやめてよ!」

小五郎「ふおおおおおおおおおおおおおおお!!」

澪「待っててふでぺーんごーめんねボールペンはー♪」

コナン(こ、こいつはロックだぜ…!)ゴクリ


ジャーン♪

小五郎「ぬぅおおおおおおおおおお!さいっこおおおおおおおお!!」

蘭「はぁ……」

コナン(すげぇ…。こんなに心躍らされたのはボンジョヴィのイッツマイライフ以来だぜ…)

コナン「…ん?」

唯「はぁ、はぁ」タタタ

澪律紬梓「…」

小五郎「お、おい!ステージに不審者が!くんんのやろ!とっつかまえてやる!」

蘭「もう!お父さん静かにしてて!」


唯「今思えば…いつもいつもご迷惑を…」グスッ

唯「こんな…大事な時まで…」ヒグッ

澪「…タイくらい結べ」

律「みんな唯が大好きだよ」

唯「……!」

ユイー!ガンバッテー!

小五郎「くぅぅ…泣かせるじゃねぇか…」ポロポロ

コナン(態度変わりすぎだろおっちゃん…)

蘭「あの子、バンドのメンバーみたいね」

唯「それじゃあ聴いて下さい!ふわふわタイム!!」

小五郎「っしゃああああああああ!!ふわふわきたぁぁぁぁぁ!!」

ジャカジャカジャッジャジャカジャカジャカジャカ♪

唯「きみをみてるとーいつもハートどきどき~♪」

小五郎「うおおおおおおお!!」

唯「あーあー!カーミサーマおねーがいーふたりーだーけーの♪」

コナン(うおおお…こ、こいつは…ボンジョヴィのリビンオンアプレイヤー以来の…!)

唯「ふわふわターイム♪」

小五郎「ふわっふわっターーイム♪」

蘭「うぅ…周りの視線が痛い…」

ジャジャッジャジャッジャーン♪

唯「ふぅ…」

ジャージャージャージャージャージャージャージャー♪

唯「えっ?」

紬「」ドヤ

律澪梓「」ドヤ

唯「…!もう一回!」

小五郎「あーあーカーミサーマおねーがいー!!」

コナン「ふたりーだーけーの!」

蘭「コ、コナンくん…?」

小五郎コナン「ふわふわっタァァアイム!!」

唯「けいおん大好きー!!」



ライブ終了後

小五郎「いやー最高のライブだったな」

蘭「もう…お父さんのせいで本当に恥かしかったんだからね!」

コナン(マジで最高だった…。あれはボンジョヴィの…えーと……とにかくボンジョヴィ以来のロックだったぜ…)

小五郎「よし、楽屋に挨拶しに行くか!」

蘭「ええっ?迷惑よそんなの!それに高校なんだから楽屋なんてあるわけないでしょ」

小五郎「カタい事言うなよ。お前の友達の友達なんだろ?ちょっとくらいいいじゃねーか」

蘭「ダメよ」

コナン「蘭姉ちゃん!ぼくも挨拶に行きたい!」

小五郎「おっ?お前話がわかるじゃねーか」

蘭「ええ…?まぁコナンくんが言うなら…。ちょっと純に連絡してみるね」ピポパ


蘭「うん、うん。わかった、ありがとう。うん。じゃあね」ピッ

蘭「今は音楽室にいるんじゃないかって」

小五郎「おーし!音楽室に行くぞ!」

コナン「わーい!」

蘭「本当にちょっとだけだからね!私だってあの人達に面識があるわけじゃないんだから」

小五郎「わーかってるって。ほら、行くぞ!」


……

小五郎「えーと、音楽室はこのへんか?」

コナン「さっきのお姉さんはこの階段の上って言ってたよ~」

小五郎「よーし…じゃあいっちょ澪ちゃんに挨拶してくるか!」

小五郎「ってまずいぞ!俺達手ぶらじゃねーか!これじゃ澪ちゃんに失礼だ!」

蘭「出店で買ったクレープじゃダメかな?」

小五郎「ダメに決まってんだろ!ちっきしょ、どーする?おいどーする?」

コナン「う~ん…」


キャアアアアアアア!!


コナン小五郎蘭「!?」


小五郎「悲鳴!?」

コナン「チッ!」タタタ

蘭「あっ!コナンくん!?」

コナン「」ガチャガチャ

小五郎「」ドンドン

小五郎「ちっ、カギがかかってやがる!」

小五郎「おーい!ここを開けてくれ!大丈夫か!?」

小五郎「…くそっ、返事がないぞ!」

蘭「二人ともちょっとどいてて!」

蘭「はぁっ!!」ドコーン

バコーーーン

コナン「開いたっ!」

小五郎「おい!一体何が……」

コナン小五郎「…~っ!?」

唯「え…」裸

律「ちょ…」裸

紬「えっ…?」裸

梓「な、なななな…」裸

小五郎「あ、いや…これは…その……」

澪「き…きゃああああああああっ!!」裸



二時間後

律「ったく、ドアを蹴破ってノゾキとはとんでもねーおっさんだな」

小五郎「ち、違うんだ!悲鳴が聞こえたからてっきり殺人事件かと…」縄

梓「言い訳は聞きたくないです。もうすぐ警察がくるんでここで大人しくしててください」

蘭「あ、あの…本当に違うんです」

律「おまけに子供二人連れての犯行とは…世も末だな」

小五郎「違うっつってんだろ!話を聞けこのデコ娘!」縄

律「なにぃ~…?」

唯「あっ、警察の人が来たよー」

目暮「ここか、暴漢の通報があったのは。……ん?」

小五郎「め、目暮警部殿…!?」

目暮「毛利くん!?一体なんだねその格好は!」

小五郎「いいところに来てくださった!いや、私痴漢」と間違われてしまいまして…」縄

律「間違いじゃねーし」

小五郎「警部殿!ここはひとつこいつらに説明してやってください!」縄

目暮「…はぁ。わかったわかった。それともうひとつ。私はもう警部じゃない」

小五郎「へ…?そ、そういえば、殺人課の目暮警部がどうして痴漢の現場に…」縄

目暮「先日、供述調書の改ざんをしているのが上にバレてしまってな。課を追いやられ、巡査に格下げになったんだ」

小五郎「な、なんと……」

目暮「まぁとにかく、この男は見た目は怪しいが、痴漢をするような男じゃない。縄をほどいてやってくれないかね?」

律「い、いや…でも思いっきりドア蹴破って着替えを…」

紬「りっちゃん、多分この人は本当に殺人があったと思って飛び込んできたんだと思うよ」

律「ムギ…?」

紬「眠りの小五郎……ですよね?」

小五郎「…!お、おお…。いかにも。私がかの有名な名探偵毛利小五郎である!」縄

紬「やっぱり!私、ファンなんです!」

澪「知ってるのか?ムギ」

紬「うん!私の憧れの探偵さんなの!」

唯「えっ?た、たたたたたたたたんたん探偵さん?」アセアセ

律「ふーん…。じゃあこのおっさん、マジで殺人があったと思って入ってきたんだな」

小五郎「だからさっきからそう言ってんだろが!」縄

梓「疑ってすみませんでした。今縄をほどきますね」スルリ

小五郎「ふぅ…ひどい目に合ったぜ…」

澪「でも探偵さんが来たんならもう安心だな」

唯「そ、そそそそそそそそそうだね~」アセアセアセ

コナン「そう言えばさっきの悲鳴はなんだったの~?」

律「あぁ、実は…」

梓「り、律先輩!」

律「ん?」

梓「いや…その…」モジモジ

律「恥かしがってても仕方ないだろ。せっかく警察と探偵さんがいるんだし、さっさと解決してもらおーぜ」

梓「…はい」

小五郎「ほう。何か事件でも?」

澪「はい。実は…梓の…あ、この子、梓っていうんですけど、梓のパンツが無くなったんです」

小五郎「パンツが?」

紬「はい!音楽室に置いてあったんですけど、私達がライブをしてる間になくなってしまったんです!」

唯「あ、あわ!あわわわわわわわわわ…」アセアセアセアセ

コナン(こいつ怪しすぎるだろjk)

小五郎「ふぅむ…」

梓「……ライブ前に衣装に着替えてたんですけど…その…下着が汚れてたので…」

律「梓はノーパンでライブをやってたってわけさ」

梓「うぅ…」モジモジ

目暮「その間、音楽室にカギは?」

澪「いえ…開けっ放しでした」

紬「ですから、外から入ろうと思えば誰でも入れたんです。特に今日は学祭で学校外の人も校舎内にたくさんいましたし…」

唯「が、がががががが外部の犯行だね!」アセアセアセアセアセ

コナン(いやどう考えてもこいつだろ)

目暮「ふ~む。どうかね毛利くん。何かわかったかね?」

毛利「こいつは自殺で決まりですなぁ」

蘭「なくしちゃったって事はないの?」

梓「ありえないです!ちゃんと袋に入れてしまってましたし」

律「まぁそういう事なんだ。私達もお手上げでさぁ」

紬「毛利さん!お願いです!梓ちゃんのパンツを盗んだ犯人を捕まえてください!」

毛利「うーん、そう言われても…」

唯「き、ききききききききっと風に飛ばされちゃったんだよ~」アセアセアセアセアセアセ

梓「いやここ室内ですから。風なんて吹いてないですから」

唯「あ、あわわわわわわわわわ」アセアセアセアセアセアセアセ

毛利「うぅむ。まぁ念には念をという事で校内を探してみますかな」

目暮「え?じょ…女子高の中でパンツを探すのかね…?」

毛利「ええ。まずはその線から探ってみましょう」

目暮「いや、でも女子高ということはそこらじゅうにパンツがあるからその中から見つけるのは大変じゃないかね?」

律「ねーよ」

紬「毛利さんが言うんなら間違いないわ。探してみましょう!」

澪「そうだな。まずは可能性をひとつずつ探っていくしかないな」

律「うーん…じゃあ手分けして探すか?梓、一緒に探そうぜ」

梓「すいません、私ちょっと具合悪いんでここで休んでます…」

澪「ん?唯の風邪がうつったか?」

梓「そういうわけじゃないんですけど…」

蘭「じゃあ私が園子…じゃなくて…えーと、律さんでしたっけ?一緒に探します」

唯「そ、そそそそそそそそうだね~。じゃあ私はムギちゃんとさがさがさが探すよ~」アセアセアセアセアセアセアセアセ

コナン(いやこいつだろ。犯人こいつだろ)

コナン(でも証拠がないな……)

コナン「……ん?あれは……」トトト

唯「ほ、ほらほらあずにゃん、横になってたほうがいいよ~」アセアセアセアセアセアセアセアセアセ

梓「はい…。すみません…」

唯「きょ、きょきょきょきょ今日はあずにゃん大変なんだから」アセアセアセアセアセアセアセアセアセアセ

律「今日は?どゆこと?」

唯「へっ?あ、いや、ライブあったしこんな事件もあったしあははははは…」アセアセアセアセアセアセアセアセアセアセアセ


2