律「んー…とりあえずムギの事は置いといてこの後どうするか考えようぜ」

澪「律にしてはまともなこと言ったな」

信長「しかし今後の事と言うと?」

律「お前!天下統一したいんだろ!?」

信長「うーん…キツそうな事なら別に……ワシ、現状に満足してるし」

梓「このひげ本当に織田信長なんですか?昆虫とかじゃないですか?」

唯「あっ!でもでも、天下統一しちゃえば戦争とかもなくなるんじゃないかな!」

憂「そうですよ。戦争が無くなれば平和に暮らせますよ」

信長「唯ちゃんと憂ちゃんがそう言うなら…」

律「マジでぶん殴ってやろうか……」

澪「やめとけ。一応偉い人なんだか」

信長「いたっ!いたたっ!!ひげ、ひげ引っ張らないで!!」

梓「このひげ。マジでむかつくんで引きちぎっていいですか」

澪「とりあえず整理してみると、私たちが来たせいか大幅に時代が変わっちゃってるんだよな」

律「まぁまず本能寺の変でコイツが生きてたからな」

信長「りっちゃん、最近ちょっと冷たくなったのう…」

梓「いっその事本能寺で殺して時代を元に戻すってのはどうでしょう?」

信長「……」

澪「私もそれは考えたんだけどな。変わってるのはココだけじゃないんだよ」

梓「じゃあとりあえず本能寺でこのひげ無しを焼いてしまいましょうか。できることからやっていきましょう」

澪「それが他にも死んでるはずの人間が生きてるんだよ。あちこちで」

信長「なんだか物騒な話しじゃな…」

澪「まずお隣の武田信玄。まだ元気で現役らしい」

律「上杉謙信も病気で死んだとか言われてたけど、最近また表舞台に出てきたらしいな」

澪「あとは毛利とか島津とか朝倉……その他諸々」

信長「渡る世間は鬼ばかりじゃのう」

唯「ねぇねぇ、澪ちゃん。「毘」ってなんて読むの?」

澪「ん?ああ、これはビだよ。毘沙門天の毘」

律「上杉謙信の大好きな毘沙門天だな」

唯「なんだかいっぱい来るよ。ほらあっち」

信長「うちの旗印も作ってみたんだけど」

『HTT』

唯「うわぁ~♪かっこいいよ、うん!」

梓「ひ、ひげの割にはなかなか良いセンスですね…」

信長「おお、なんか楽しくなってきたのう!」

律「そうだ、ムギもいないしコレをこうして……」

信長「なになに、コレワシが貰ってもいいの?」

律「いいからいいから。大事にしろよ?」

信長「りっちゃんからの贈り物、大事にふんどしにくくりつけておくぞ!」

律「よーし、じゃあみんな行き渡ったな!」

唯「おっけー♪せーの♪」


律「け!」

澪「い!」

信長「お!」

唯「ん!」

梓「…ぶ」

憂「」


信長「みんな同じで仲間意識がより一層強くなったきがするのう!」


兵「殿、一大事にございます!上杉軍が攻めてまいりました!!」

信長「馬鹿者!!いま大切な話の途中じゃ!後にせい!!」

兵「は…、申し訳ありません!!」


信長「りっちゃん、さっきのきめポーズの話なんだけど」

律「だから足はこう伸ばして…」

澪「え?ここは曲げるんだろ?」

律「ちがうちがう!澪はどんくさいんだから私の言うこと聞いてればいいんだって!」

澪「なっ!だ、誰がどんくさいだと!!」

信長「まぁまぁ、喧嘩はいかんよ。ワシが全部悪いんじゃ」

兵「殿!!お見方はほぼ壊滅状態!!敵が我が本陣に迫っております!!」


信長「えっ?」


敵兵「謙信様!織田信長を見つけました!!」

和「えーっと、織田信長の首を取りに来たんだけれど」

信長「……謹んでお断り申し上げます」

唯「あれ?和ちゃん?」

和「あら、唯。どうしてこんな所に?」

唯「今HTTin戦国を結成してたところなの!」

和「そうなんだ。じゃあ私、信長の首とるから先行くわね」

唯「えぇー!ダメダメ!!信ちゃんは『お!』なんだから!!」

律「そうだぞ!こいつがいなくなったら、けいんぶになっちゃうだろ!」

憂「お!…お!!」

唯「うい、どうしたの?」

澪「それにしても和が上杉謙信ってどういうことなんだ?」

和「ああ、コレね。気がついたら周りがそう呼んでたのよ。なんだか似てたらしくって」

律「そういえば上杉謙信って実は女だった説とかもあったよな」

和「ううん。もっさもっさのおじさんだったわ」

澪「そうなんだ……」

和「それで私は信長さんの首を取りに着たんだけどいいかしら?」

梓「あっ、はい。どうぞ」

信長「あずにゃーん…」

和「……?」

梓「どうかしたんですか?」

和「この人、全然覇気がないけど本当に織田信長なの?」

梓「えっ?」

和「なるほど。確かに本物みたいね」

信長「まさか家系全部調べるまで信じてもらえないなんて…」

和「だとしたら、コレは織田信長であって織田信長でない者ね」

信長「これ…?」

律「どういうことなんだ??」

和「第六天魔王・織田信長……の代わりが他にいる」

信長「ワシの偽者が!?」

梓「アンタが偽者みたいなものでしょ」

和「きっと私たちが来たからry…ですべてがおかしくなったのよ」

唯「でも他の織田信長って……あっ」

澪「ああっ」

律「まさか…」

梓「ありえますね」

憂「?」


『わたし、一度天下統一してみたかったの~♪』


律「そういえばココに来たのもムギが原因だったよな」

澪「確か変な箱に乗せられて、気がついたらこの時代に……」

梓「ムギ先輩…暇つぶしで歴史まで変えちゃったんですか……?」

唯「ムギちゃんならありえるよね」

信長「ムギちゃんって子は怖いんじゃのう……」


和「盛り上がってるところ悪いけど、彼女は違うわよ?」

唯「へ?」

和「だって彼女、私の暮らしてる村で農民をやってるもの」

律「そうきたか!!」


紬「フフフッ♪私一度農民やってみたかったの~♪」


律「う~ん…そうなるとますます誰か気になってきたなぁ……」

澪「きっと私たちが知らない人間なんだろ?」

村人A「うわあぁぁぁ!!魔王だ!魔王がでたー!!」

村人B「助けてくれ、助けてくれー!!」

梓「魔王ってアレですか……?」

唯「あんなに大きかったの…?」

律「でもあれってまさか…」

澪「私も昔少しだけテレビで見たことがある…」

和「汎用人型決戦兵器……エヴァンゲリオン初号機…」

梓「ボーっとしてないであそこの村の人たちを助けないと!」

律「でもいったい誰が…」

信長「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ……」

初号機「ウヲオオオオォォォォ!!!」

唯「わわっ!凄い叫び声」

澪「うるさ…ぃ……」

初号機「ウヲオォォ……純ジュワーщ(゚д゚щ) 」

梓「えっ?」

憂「あれ?今の声…」


律「とにかく考えてるヒマは無い!こうなったら実力行使だ!!」

澪「そうだな!行くぞ!律!!」

律・澪「デュアル・オーロラウェーブ!!」


律「光の使者!キュアブラック!!」

澪「光の使者!キュアホワイト!!」

梓「私も…!あずさ、いきまーす!!」



初号機「純ジュワーщ(゚д゚щ) 」

律「そうか、エヴァンゲリオンってたしか14歳以下の母親のいない子供限定だから」

澪「高校生でリア充な子が乗ったから暴走したんだな」

梓「先輩、がんばってください!」

律「梓…」

澪「言ってみたけどガンダムなんて乗れなかったんだな…」

量産型「ウラアアァァァ!!!」

量産型「テメーラアアッァ!!」

量産型「キシャアアァァァ!!」


和「まさか…!量産型さわこ先生……完成していたのね…」


信長「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ…逃げちゃ……」

量産型「あなたタチ、逃さナイワヨ~!!」

唯「うい、危ない!後ろに隠れてて!!」

憂「で、でもお姉ちゃんが!」

唯「ムーンプリズムパワーメイクアップ!!」


憂「!!そんな…お姉ちゃんが美少女戦士セーラームーンだったなんて…っ!」

唯「いままで黙っててごめんね、うい。えへへ…自分で美少女なんて引くよね…」

憂「ううん、私うれしい。お姉ちゃんが正義の味方でうれしい!」

唯「うい…っ!」

憂「あっ!!お姉ちゃん!後ろ!!」

量産型「キシャアアァァァ!!」

和「シャボン・スプレー!」

量産型「!!」

和「話は後!行くわよ、唯!!」


3時間後

純「ジュワー……」

律「良かった。なんとか無事みたいだ」

澪「まったく、世話の焼ける後輩だ」

梓「でも先輩たちかっこよかったです!唯先輩たちはパンツ丸見えでしたけど」

和「!」

唯「もう♪あずにゃんのエッチ♪」

憂「でもコレで一件落着だね♪」

信長「ファ……、ファック、ファーック!!」

律「こ、これは…!魔王!!」

澪「気がふれてへたれ信長に魔王が降り立ったんだ。魔王、クラウザーさんが!!」

信長「俺は地獄のテロリースト!!昨日は母さん犯したぜー!!」

律「ヒュワヒュワ!!」

澪「DMC!!DMC!!」

ギャイギャイギャイギャイギャイ!!!

唯「で、出ました!信ちゃんの歯ギターだよ!!」

澪「家康さんのベースも凄いぞ!」

律「バカ!武田さんのドラムが最高なんだろ!!」

梓「みんな最高なのには変わりないからいいじゃないですか!!DMC!!DMC!!」

信長「SATUGAI!!SATUGAIせよ!!」






いちご「って夢を見たんだけど」

憂「そ…そうなんだ」

梓「けっこう見た目と違ってハードな夢見るんだ…」

純「純ジュワー…」



終わり

一つ言えることは、こんなはずじゃなかった