憂「お姉ちゃん!?濡れてるよ!?」

唯「わ、わああ!?」

憂「お姉ちゃ~ん……おしっこ我慢しちゃだめだよ」

唯「我慢なんてしてな……あぁぁん……」

じょぼじょぼじょぼじょぼ

憂「お、お姉ちゃんってば」

唯「ごめんっ!!」たたっ

憂(どうしたんだろう……)


───風呂場

じょぼじょぼじょぼじょぼ……

唯「止まらない……」

がらっ

憂「お姉ちゃん?」

唯「うい……おしっこが止まらないの」

憂「ええ!?」

唯「なにこれ……」

じょぼじょぼじょぼじょぼ

憂「お、お姉ちゃん、このまま出してたら干からびちゃうよっ」

唯「えっ、えっ、どうしよう」

憂「私が塞ぐね」

唯「え!?うい!?何やってんの」

憂「私がお姉ちゃんのおしっこを飲んで、お姉ちゃんが私のおしっこ飲むの!」

唯「なんですって!?」

憂「そしたら私たち一生2人で生きていけるよ!」

唯「おぉ……さすがうい、やってみよう」

じょぼじょぼじょぼじょぼ……

憂「んっんっ……すごい、お姉ちゃん」ごくごく

唯「大丈夫?うい」

憂「お姉ちゃんのおしっこならへっちゃらだよ……」ごくごく

唯「わたしヒマ……ういのおまたから何も出てこないし」

憂「お姉ちゃん、舐めて」ごくごく

唯「舐める?ういのおまた舐めればいいの?」

憂「う、うん」ごくごく

唯「いくよ……ぺろ」

憂「ひゃぅ」

唯「ぺろぺろぺろ」

憂「んぁぁ……お姉ちゃ」

ちょろちょろちょろちょろ

唯「うい!ういのおまたから何か出てきた!」

憂「の、飲んでお姉ちゃん」

唯「えー」

憂「お姉ちゃん飲まないと、お姉ちゃん干からびちゃう」

唯「そお?じゃあもっとお汁だしてよぉ」

憂「分かったから、お願い……」ごくごく

唯「ほーい、ぺろぺろぺろぺろ」

憂「ぁ……」びくん

唯「出ないよー!ぺろぺろぺろぺろ」

憂「んっ……」

ちょろちょろちょろちょろ

唯「でたでた」ごくん

憂「うっぷ……んふぅ」ごく

ちょろちょろちょろちょろ

唯「ん~♪」ごくごく

憂「ごめん……んっ……お姉ちゃっ……もう飲めっ……ない」びくんびくん

唯「え~」ぺろぺろ

憂「んんっ……」

ちょろちょろちょろちょろ

唯「んー、このお汁おいし~」ごくごく

じょぼじょぼじょぼじょぼ

憂「ああっ……お姉ちゃんの聖水が排水溝に流れていっちゃう」

唯「じゃあさ、湯船に入ってやろうよ」ぺろぺろ

憂「んっ……そ、そうだね」

唯「私がういのおまたに顔つけたままで移動するの?」ぺろぺろ

憂「うんっ……こ、このまま」

唯「じゃあうい、私ういの足持つから、うい床に手ついて逆立ちして」ごくごく

憂「わかっ……たよっ……」

唯「いくよっ」ぺろぺろ

憂「ひ、ひゃ」びくん

よれっ

唯「あ、危ない、うい」ぺろぺろ

憂「も、もうだめ……」びくんびくん

唯「ういがんばれー!」ぺろぺろ

憂「お、お姉ちゃん一旦すとっぷ」

唯「おっけー!」ごくごく

憂「ふ、ふ~…」

唯「いい?」ぺろぺろ

憂「ぁぁぁ……」びくん

唯「……この体勢一旦やめない?」

憂「うん///」

唯「手離すよ」

憂「はい」

唯「じゃ、うい、さあさあ入って」

憂「うん……なんだかお湯溜まってない湯船に入るなんて変だね~」

唯「これから溜まっちゃうよ~」

じょぼじょぼじょぼじょぼ

憂「うんっ♪」

唯「じゃあ、うい、おまた貸して~」

憂「はい♪」

唯「ん~♪」ぺろぺろ

憂「んっんっ」

ちょろちょろちょろちょろ

唯「なんかういのは出が悪いなぁ」ぺろぺろ

憂「ごっ……めんね……んっ……お姉ちゃん」

ちょろちょろちょろちょろ

唯「でも、ういのお汁、んまい」ごくごく

憂「はぁ……はぁ……」

じょぼじょぼじょぼ

憂「お姉ちゃんの聖水、大分溜まってきたかも」

唯「おー」

憂「私も飲まないと……」たぷんたぷん

唯「う、うい、お腹たぷんたぷんいってるよ、無理しないで」

憂「でも……新鮮なうちに飲まないとっ」ごくごく

唯「ふふ、ういが美味しそうに飲んでくれて良かった♪」

憂「お姉ちゃんもいっぱい飲んで」

ちょろちょろちょろちょろちょろちょろ

唯「うん……ならもっと出してよ」

憂「あのね……ちょっと下」

唯「ん?この辺?」

憂「そこ……そこの出っ張ってるとこ摘まんで?」

唯「これ?」ちゅぱちゅぱ

憂「あああ……」

じょぼー

唯「わ!いっぱい出てきた!」

憂「飲んでぇ……お姉ちゃん」

唯「うん!!」ごくごく

じょぼー

唯「す、すごい、飲みきれないよ」ごくごく

憂「お姉ちゃんのも……」ごくごく

ちゃぷちゃぷ

唯「うい!!お風呂溢れちゃうよ!」

憂「う、うん、どうしよう……」

唯「と、とりあえず一回上がろう?」

憂「そうだね…」

唯「ちょっと待ってて」たたっ

じょぼじょぼじょぼじょぼ

憂「ああ……お姉ちゃんが聖水を撒きながら出てっちゃった」

憂「お姉ちゃんが帰ってくるまでも飲んでよう」ごくごく

憂「うっぷ……」たぷんたぷん

憂「いくらお姉ちゃんの聖水とは言ってももう飲めないかも」

唯「ただいまー!」

憂「お姉ちゃん!?それって……」

唯「ホースだよ!私のおまたに接続して、先をういの口に繋ぐの」

憂「その手があった!お姉ちゃんさすがだよ!」

唯「えへへ~、飲んで飲んで~」

憂「うん!」くわえっ

憂「!?」ごくごく

憂「んんー!!」

唯「うい!?」

憂「ぷはぁっ!」

びょー!!

唯「ああ!私の水が」

憂「ごめんお姉ちゃん……もう飲めないの忘れてた」

唯「そっか……無理はしなくていいからね」くわえっ

憂「!?」

唯「ホースを自分の口に繋げれば、セルフ給水だよ、うい」

憂「す、すごいお姉ちゃん!!」

唯「ふふ、これエコじゃない!?」

憂「エコだねっ!お姉ちゃん!!」

唯「ふふ~、これで今日から飲み水いらずだ~!」

憂「えっ……」

唯「どしたの?」ごくごく

憂「私もお姉ちゃんの聖水飲みたいのに」

唯「あぁもちろんだようい、普段から繋げてるわけじゃないよ」

憂「えっ?」

唯「飲みきれない時はペットボトルに入れるの」

憂「あっ、それがいいね!」

唯「でしょお?で、出なくなったらペットボトルのを飲むの」

憂「完璧だよお姉ちゃん!」

唯「ふへへ~、ありがとううい」

憂「早速だけどお姉ちゃん、このペットボトルに汲んでいい?」

唯「いいよ~♪」

じょー

憂「わぁ……お姉ちゃんの聖水がペットボトルに溜まっていく」

唯「貯めたら冷蔵庫にいれておいた方がいいかも」

憂「えっ、冷やしたほうがいいの?」

唯「ん~、お好みでいいや」

憂「うん♪いただきまーす!」ごくごく

唯「お味はどお?」

憂「おいしい!!ペットボトルに汲んで飲むお姉ちゃんの聖水も粋だねぇ」ごくごく

唯「ふふ、良かったぁ」

憂「お姉ちゃん、湯船に溜まってる聖水もペットボトルに汲んでいい?」

唯「もちろんだよ~!!」

憂「やったぁ♪」


ぴんぽーん

憂「あ、和ちゃんだ!」

唯「え?」

憂「さっき呼んだんだ♪和ちゃんにもお姉ちゃんの聖水飲ませてあげよ?」

唯「うんっ!」

憂「和ちゃーんいらっしゃーい」がちゃ

和「あら唯……ってなんで2人とも裸なのよ!?」

唯「えへへ~、和ちゃんいらっしゃーい」

和「唯はなんで股間にホース挿してそのホースが口に繋がってるのよ」

唯「ずばりエコだよ!!」

和「はぁ?」

憂「そんなことより和ちゃん!これ飲んでみて!!」

和「なにこれ?すこし黄色いけど……リンゴジュース?」

憂「ふふ、飲んでからのお楽しみだよ~♪」

和「そうなの?まぁいいけど……」ごくごく

唯「……」わくわく

憂「……」どきどき

和「……なによこれ」

憂「……どう?」

和「あり得ないくらいおいしいわ」

唯憂「やったぁ!!」

唯「和ちゃん、和ちゃんと憂だけだよ、直で飲めるのは」

和「へ?」

唯「ホースに口付けて、はい」

和「い、いやよ、そんなの、馬鹿な真似してないで早くホース取りなさい」

唯「えっ……」


2