紬(お茶の準備中)

唯「ん~っ、あずにゃぁ~ん♪」スリスリ

梓「もう……ゆ、唯先輩//」

 ガチャ

律「うーっす!」

澪「よお、みんな」

律「ドーン☆」

唯「ぎゃっ」バタッ

律「あーずさっ」ギュッ

梓「あ、あああやめ、あ……ぅ//」ポワーン

唯「!! あ、あずあっああずにゃん?」ガーン

律「ん? 梓、どうした? ん? 私にナデナデされて良い気持ちなのか?」ナデクリ

梓「…………」ポワワーン

唯「ちょ……ちょいとりっちゃんや!」

律「なんだい平沢くん、今私は後輩を愛でるのに忙しいのだ。手短に頼む」ナデクリ

唯「あずにゃんは私のだよぅ!」

律「んー? そんなこと誰がきめたんだ?」ニヤリ

唯「それと体当たりしたでしょー!」プンプン

律「ああ、アタシは受験を終えた今非常ーに気分がいいのだよ」

唯「だってだって! あずにゃんはずーっと私がっ!」

律「だ・か・ら、だーれが決めたんだっつーの。唯の思い過ごしじゃないのか?」ニヤリ

唯「ちーがーうーもーんっ! もう、あずにゃん返してよっ!」

律「……はぁ、私もコレを使うのはちぃと心が痛むが」

梓「…………」ポワーン

律「りっちゃんミサイル1号発射!! しゅごごごごごごっ」



律「きぃーーーーーん」

唯「あ、ああわあ」ダッ

律「逃がすかっ!」ダダッ


律「目標地点着弾まで3・2・1……それ、ぐーりぐりぐりぐり!」

唯「GYAAAAAAAAAA!!!!」被グリグリ


唯「」ドタ

律「ふん。どーだわかったか」フフン

律「さてさて、待たせてすまないな あ・ず・さ」ガバッ

梓「にゃ、にゃー」ポワワン


唯「う、ううっ。こうなったら私も唯ミサイルの開発に着手せねば」

紬「力に力で対抗していいんの? 唯ちゃん」

唯「だーってだって!」

紬「りっちゃんも!」

律「な……なんだよ、ムギまで」チェ

紬「どうしたの? りっちゃんらしくないわ?」

律「あーん? アタシは今、た・い・へ・ん 気分がいいのだっ」フフフ

紬「ヒドいわ! 唯ちゃんにグリグリするなんて」ウラヤマシー

紬「唯ちゃんはずっと梓ちゃんと仲良しだったのに、その二人を引き裂くなんて」

律「なーんだよー! ムギは唯の見方だってゆーのかよ?」

紬「もちろんよ?」

律「あーあ、せっかく今度のお休みはムギと駄菓子やデートって思ってたのに」ヤレヤレ

紬「うっ…………」

律「ん? どしたームギ?」ニヤリ 

澪「ちょ、ちょーっと待てよ律! それ何? 何で私を誘わないんだよ!」

澪「ムギもムギだ! そこは、澪ちゃんと一緒にいってらっしゃいとかさ」

澪「べっ別に私はその……なあ? こう言う機会だしさ、その……あっと」

律「ほー、澪はアタシの見方ってことだ」ニヤリ

澪「あ……ああ//」ポ


澪「だいたいムギはいつもそうでしゃばって」

紬「うるせーあずにゃんぶつけんぞ!」


唯「あ、あぅ……私がいけなかったんだよね?」アセアセ

唯「その、りっちゃんゴメン」

律「ははーん、じゃあ梓はアタシのモノって認めるんだなー?」ニヤッ
                  澪「梓は律のものだよな?」
唯「そっそれとこれとは! あんまりじゃ」ガビーン
                  澪「だいたいあずにゃんぶつけるとか」
紬「そうよりっちゃん?」
                  澪「ならコッチはトンちゃんぶつけるぞ!」フン
律「ん? 駄菓子やは諦めるのか?」
                  澪(言ってやった! 私、言えたよ!)


紬「仕方ないわ……」

紬「仲良く出来ないのなら、今日のケーキは無しね?」


唯・律・澪・梓「!!?」


   *   *   *

 唯:日 律:中 澪:露 紬:米 梓:尖閣


唯「和ちゃん。今回の日中外交緊張、尖閣・船長開放問題ってこんな感じかなぁ?」

和「…………」

 おわりっ みてくれてありがと!