紬「練習の前に少し確認しときたいことがあるの」

唯「なになに?なにかあった?」

紬「ううん、大したことじゃないの。ただ、この歌詞のところなんだけどね」

澪「…………!」ピコーン!

澪(ふ、これだ。歌詞の話題になれば必然的に私の話題になるじゃないか!)

澪(よし。今のうちに心の準備をしておこう)

律「U&Iだな。唯のこの歌詞は本当にいいよな」

澪(そんな曲もあったなあ……じゃなくて!違うぞ!違うぞ律!)

梓「はい、私もそう思います」

唯「もうやめてよー、二人とも。えへへへ」

キャッキャッアハハ

澪「…………」うるうる

澪(……私をさらってマンドリル……私の彼はマンドリル似……マンドリルダリルハンナ……)

澪(そういえばダリル・ハンナってマンドリルに似てるかも……ふふふ)

律「よっしゃあ!そんじゃ今度こそ練習するぞ!パーティーの準備はいいかー!?」

唯「あいあいまむ!」

紬「どんと来いですっ」

梓「やってやるです!」

澪「…………」

澪「…………!」ピコーン!

澪(これだあ!今度こそこれだ!)

澪(私がここで完璧に演奏すれば、私の存在感をアピールできる上に、真面目に練習していることまでアピールできるぞっ!)

澪(よし、集中だ!集中するぞ!)

澪「す~は~」

律「よし、やるぞ!」

律「ワン、ツー、スリー!」


るーるーるーるるーるるーるる~るるるる~♪

るーるーるーるるーるるーるる~るるるる~♪

ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズド~ン~♪

澪(今の演奏は我ながら完璧だ!よしよし、どうだ!どうだ!?)

唯「今のけっこうよかったんじゃんないかな?」

律「おう!なかなかイイ演奏ができたな!」

紬「うん。息も合ってたしね」

梓「うーん、でも律先輩は先走るクセがまた出てますし、唯先輩もソロはよかったんですけどリズムキープがちょっと……」

律「相変わらず梓は厳しいな」

梓「すみません。でも律先輩ならもっとよくなるはずですよ」

紬「私もそう思う。りっちゃん、一緒にガンバリましょ」

唯「よーし!私もガンバルよ!」

梓「まああとは全然問題ないですし、もう一回やりましょう」

澪「…………」ブンブン、ブン、ブン

澪(……ふふ、完璧に演奏できたらツッコミどころがなくて完璧にスルーされちゃった……)


梓「部活終了時刻になりましたね」

唯「今日はいっぱい練習できたね!」

律「おうよ!……おかげですごいしんどいけど」

紬「りっちゃん大丈夫?」

キャッキャッアハハ

澪「…………」

澪(結局私、一言もしゃべらなかったな……)

キャッキャッアハハ

律「よし、お腹も減ったし帰るぞー」

唯「お腹が鳴ったらか~えろ~」

梓「それを言うならカラスです、先輩」

紬「私はお腹もなかなか素敵だと思うわ」

澪「…………」

澪(このまま帰っていいかな?ていうか還りたい)

澪(このままでは私の存在は消えてしまうんじゃないか?)

澪(いや、たとえそうじゃなくてもこのままではモブ扱い)

澪(いやいや、もしかしたら背景かもしれない)

澪(いやいやいや、もう弁当に入っているバランみたいなものかもしれない)

澪(ベースとバランって扱い的には似てるかも……ふふ、似てないか)

澪(私、今までエンディング歌ってから目立たなくなったと思ってた)

澪(でもこれは逆なのかもしれない)

澪(出番が無いから、存在感が希薄だから、エンディングだけでも歌わせてもらってるのかも)

澪(……いや、私はなにをエンディングとか意味不明なことを言ってるんだ)

澪(アニメじゃあるまいし)

澪(現実逃避……あはは……モグラになれたら穴に入りたい……コウノトリさん私を連れてって……)

律「電気消したし、戸締まりオッケー。さあ帰るぞー」

澪(……逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!)

澪(なにか言わなきゃ!自分を、存在を主張しなきゃ!このままじゃダメだ!)

澪「す~は~」

澪「み、みんな!」

















唯律紬梓「え?」

澪「わ、私、その……」

律「……………………………どうしたんだよ澪?なにかあったか?」

唯「澪ちゃん、顔赤いよ?」

澪「違う、そうじゃなくて……」

紬「澪ちゃんもしかして体調悪いの?大丈夫?」

澪「い、いや、えーと……」

梓「りんご病みたいに顔がなってますよ?」

澪「あ、あの……」

律「もしかして本当に体調が悪いのか!?」

澪「り、律……」

澪(みんな、私のことこんなにも心配してくれて……てっきりみんな私のことなんて忘れているのかと思ってた……)

唯「澪ちゃん泣いてるの?」

紬「どうしたの澪ちゃん?」

梓「保険の先生呼んできたほうがいいですか?」

澪「ううん、なんでもない……なんでもないんだ」

澪(こんなに優しいみんなに囲まれておいて、私ったら馬鹿だなあ……)

澪「……ごめん、ちょっと五月病が遅れてやってきただけなんだ」

律「遅れて来すぎだろ」

澪「ふふふ、そうだな」

紬「よかった、澪ちゃんに笑顔が戻って」

澪「私……」

梓「?」

澪「私、ここにいてもいいのかな?」

唯「当たり前だよ。澪ちゃんは私たち軽音部のメンバーだよ」

梓「そうですよ。澪先輩は私たちの演奏をしっかり支えてくれる縁の下の力持ちなんですから」

紬「私の曲に歌詞を初めてつけてくれたのは澪ちゃんなのよ」

律「だいたい澪がいなかったら誰が私にツッコミを入れるんだよ?」

澪「ありがとう……ありがとうみんな!」

紬「澪ちゃん、なにか吹っ切れたみたいね」

澪「うん。もう大丈夫」

律「澪、おめでとう」

唯「おめでとう」

紬「おめでとう」

梓「おめでとうございます」

澪「ありがとうみんな!」

澪(おめでとう!私!)

澪「ウミガメの目に浮かぶ涙!」

澪「次の曲のタイトルはこれにするよ」

律「そ、そうか……楽しみにしてるよ、ハハハハ」

唯「楽しみにしてるよ澪ちゃん!」

紬「私もまた新しい曲作ってくるわね」

梓「明日からまた練習ガンバリしましょうね!」


唯律紬梓「おー!!!!」

澪「おー!」


次の日

唯「やっぱりプリクラ取るときは美白だよね?」

梓「私は目パッチリにしますけど」

律「それよりみんなこれを見るんだ、みんな!」

紬「わあ!すごーい、女の人の黄色い水着の中にりっちゃんが入っちゃってる!」

唯「ほほー、これはなかなか」

梓「隣は弟さんですか?」

律「うん、前に聡と一緒にとったんだよ」

紬「二人とも仲がいいのね」

キャッキャッアハハ

澪「…………」ズズズ

澪(ふふ、みんな楽しそうだな。楽しそうなみんなを見てると私まで楽しいなあ)

澪(…………楽しいなあ)

澪(みんなは私にここに居ていいって言ってくれた)

澪(ここに居ていい、か。よく考えたら、私空気だから居ても居なくても……いやいや、なにを考えてるんだか)

澪(ふふふふ、みんな楽しそうだなあ…………)

キャッキャッアハハ フフフフ

キャッキャッアハハ フフフ

キャッキャッアハハ フフフ
キャッキャッアハハ フフ

キャッキャッアハハ フ

キャッキャッアハハ ……

キャッキャッアハハ …

キャッキャッアハハ