律「暇だしな」

紬「賛成~」

澪「練習しろよ」

梓「そうですよ」

律「暑くてやってらんないんだよ」

唯「そーだそーだ」

紬「そーだそーだ」

澪「なんだよムギまで」

梓「そーだそーだ」

澪「お前なんなんだよ」

梓「すいません。でも暑いんですもん」

律「今日最高気温36℃だぞ」

唯「ギター弾く気温じゃないよ」

紬「36℃もあるなら、しりとりしかできないでしょ」

澪「それはどうなんだ」

唯「じゃ、始めるね」

澪「聞いてる?」

梓「最初の字決めましょう」

律「しりとりの『り』でいいだろ」

唯「それじゃつまんないよー」

唯「澪ちゃん何がいい?」

澪「『り』でいいよ」

唯「ダメだよー」

澪「え、なんで?」

唯「ムギちゃんは何がいい?」

紬「んー……あ!けいおん、で始めたらどうかしら?」

唯「ムギちゃん」

紬「?」

律「ムギ。まあ、うん。んんっ。そっかー…『ん』かぁ。ん……何があるかな~…『ん』難しいなぁ」

紬「りっちゃん弱ーい」

律「いやいや、違う違う」

梓「わ、ノリツッコミ」

唯「ムギちゃん、しりとりのルール知ってる?」

紬「前の人が言った言葉のお尻の文字から始まる言葉を言っていくのよね?私、1度やってみたかったのー」

澪「しりとり初めてやる人、初めて見た」

唯「うん。だからね、『ん』で終わる言葉は使っちゃダメなの。『ん』から始まる言葉が無いから」

紬「ンジャメナ」

唯「ンジャメナしか無いから」

律「ま、まあ初めてなら、うん、しょうがないって」

紬「ごめんなさい……ショボン」

梓「わ、かわいい」

澪「じゃあ、もう1回最初からだな」

梓「最初の文字はどうします?」

唯「んーとね、じゃあ『あずにゃん』の『ん』から始めよっか」

紬「ンジャメナ」

律「おい」

澪「もう、しりとりの『り』からでいいだろ」

律「よっしゃあ、りんご」

澪「ゴジラ」

梓「えっ?」

唯「え?」

律「ちょっ…澪」

澪「え、なんだよ」

梓「『り』から始まったら、普通は…」

律「りんご」

唯「ゴリラ」

梓「これが一般的なしりとりの流れです」

紬「勉強になります!」

澪「ゴジラ!!」

梓「ら、ら…雷魚」

律「…?」

澪「なに?」

紬「…?これもしりとりの定番なの?」

唯「あずにゃん、らいぎょって何?」

梓「えっと、台湾ドジョウの俗称です」

唯「最初の『ら』でそれ?最初の『ら』で?」

梓「い、いいじゃないですか。『よ』ですよ」

唯「ん、もうしりとり飽きちゃった」

澪「お前が言い出しっぺだろ。1巡もしてないぞ」

紬「でも、テンポもあんまり良くなかったし別にいいんじゃないかしら」

律「いちいち詰まってたしな」

梓「次、何します?」

澪「練習は?」

律「なんかゲームあるか?」

紬「ポ…ポッキーゲーム!!」

唯「えー、それじゃゲームになんないよ。普通にキスまでできるもん、ほら」チュッ

梓「ん、ちょっと……もう、先輩」

律「私だって」ムチウ

澪「んむ……やめろって、恥ずかしいやつだな」

紬「ねえ、これ正式に名前つけてゲームにしない?ずっとこのゲームしましょう?」


………


律「結局こうなるんだなー」

唯「お茶もお菓子も美味しいからいいけどね」

紬「うーん。でもちょっとマンネリね」

澪「練習すりゃいいだろ」

律「まだ言うか。……そうだ!普段言わない話でもするか」

唯「でも、けっこういつもなんでも話してるよー」

梓「そういえば、この5人で下ネタとか話しませんよね」

澪「しもっ」

梓「あ、もしかしてクラスでは話してるんですか?」

律「ん……まあ、なんだ。その…はは」

唯「全然話さないよー」

紬「(いいわ、梓ちゃん。いいわ)」

梓「憂はあんまりのってきませんけど、純なんかは1日中そんな話ばっかりしてゲラゲラ笑ってますよ」

澪「しもっ」

紬「はいっ!下ネタ話したいです!」

律「おいおい…ムギ…」

唯「わ、私もちょっと…みんなの聞きたいな」

澪「しもっ」

律「お前はもういいよ」

梓「じゃあ、テーマは何ですか?」

紬「下の毛の処理ってしてる?」

澪「毛っ」

律「毛かぁ」

紬「うん……私ね、下の毛がね、放っておくとお尻の穴の周りまできちゃうの」

澪「ぶっ」

唯「そうなんだー」

紬「でね?カミソリでお尻の周りを剃るんだけど、それが毎回怖くて怖くて……」

澪「ひいいい」

紬「全部抜こうと思った事もあるんだけど、とにかく痛いのね」

梓「デリケートな場所ですしね」

紬「だから、みんなは毛の処理で困った事無いのかなー、って思ってたの」

唯「私は元々薄いから特に無いよ。ワキもスネも普通に剃るけど、困るような事は無いかなー」

律「私も普通だからなぁ…。あ、澪。澪は濃いよな?」

澪「うっ…。まあ…うん」

紬「わ~、親近感わいちゃう」

澪「私のは…お尻までとかじゃないんだけど、とにかく、あの……剛毛なんだ」

梓「さあ、のってきましたね」

澪「ひどい時は縞パンからチクチク出ちゃうんだ」

唯「子供の頃、水泳帽からそんな感じで髪の毛出てる男の子いたよね」

紬「(はぁ…はぁ…パンツから毛…)」

澪「ま、まあ、私はこんな感じかな」

律「よくできました」

澪「うるさい!あ、梓はどうなんだ?」

梓「…………んです」

澪「ん?」

梓「はえないんです…」

唯「…」
律「…」
澪「…」
紬「あらあら」

梓「あの…」

律「梓」

梓「はい」

律「高2、だよな」

梓「…はい」

律「はえない?」

梓「ツルツルです…」

律「…」

梓「うぅ…」

唯律澪紬「(やばいかわいい)」


梓「次、次のテーマ!」

唯「あずにゃん決めていーよ」

梓「んー……あの、みなさん彼氏いませんよね」

律「喧嘩売ってんのかバカヤロー」

澪「全員今までいたこともないよな」

梓「ですよね。私もです。それで…あの……」

紬「なあに?いいのよ、ハッキリ言っ」
梓「オナニーってしますか!?」

唯「わーお」

律「はは…」
澪「…」

梓「ひかないでください!聞いてるこっちも恥ずかしいんです!勢いが大事なんです!はい、唯先輩!どうぞ!」

唯「はい!やってます!」

澪「ぶほお」

唯「あ、そんな、毎日とかじゃないよ!?たまー…に、ねっ?ムズムズしちゃう時とか……」

紬「(ああ、この唯ちゃんでオナニーしたい)」

紬「私も、よくするわ…」

律「よく!?」

紬「だって、手が伸びちゃうのっ。暇さえあれば…」

梓「えと…どのくらいの頻度で…?」

紬「え?夜は毎日…?」

澪「毎日!?」

紬「うー……。あの…梓ちゃんは?こんな事聞くってことは…その」

梓「はい…私も毎日やってて、これってやりすぎなのかなって心配で」

唯「へいへーい」

梓「最近はもっとひどくて」

澪「ま、まだあるのか?」

梓「はい。この間気付いたんですけど…私、足をピーンって伸ばしてグッて力を入れると、あの…それだけで……い、イケるんです…」

紬「あ、梓ちゃん…私もそこまでは…」

梓「それで、今日の日本史の授業中…あ、うちのクラス、午後の日本史の授業の時は半分ぐらい寝ちゃってるんですけど、……つい………あの、バレないかな、って…あの」

唯「足ピンしちゃったの?」

梓「はい…」

梓「しかも、ここ最近で1番興奮しちゃって、1番気持ち良くイケたんです」

紬「はぁはぁ」

唯「ムギちゃん」

梓「へ、変態なんですかね」

律「………私は、ちょっと…気持ちわかるかもな」

澪「ええっ!?ここにきて何!?」

律「…ひくなよ?私もさ、梓やムギほどじゃないけど、年頃だし…そりゃちょっとはそういう事もするんだよ」

唯「へー。りっちゃんにそんなイメージ無かったなー」

梓「私もです」


2