唯「だから、残しといてあげて」

律「じゃあ、ピンローも~らい」

さわ子「極太バイブ、極太バイブ♪」

紬「唯ちゃんは私と一緒にこの双頭ディルドで楽しみましょ?」

唯「いいね~♪」

澪「私は・・・自分の手でいいや・・・」







梓「・・・・・・」




唯「あずにゃんのためにこのバナナ剥いといてあげよっと」ムキムキ

澪「おい、唯。下の口で食べるんだから剥いちゃだめだろ」

唯「あっ・・・そっか」

紬「皮のままじゃないと大変なことになっちゃうわよ」

律「中で折れちゃったら取り出すのに一苦労だぞ~」

唯「だ、大丈夫だよ!あずにゃんガバガバだしっ!!」


さわ子「あ゛あ゛っ//// これいいっ////」クチュクチュ












梓「・・・・・・」



ドア「ガチャ」

梓「・・・・・・」

唯律澪紬「!?」

唯「ゴメンゴメン! すぐ新入部員勧誘のために私のビラビラ見せに行くから・・・」


さわ子「らめっ////」ビクビク・・・


梓「ムギ先輩、私特濃ザーメンください」

唯「えっ?」

梓「あと、その剥いたバナナも」

梓「私、今年まではこの5人だけでヤリたくなりました」

唯「あずにゃん・・・」

唯「あずにゃん!」

梓「唯先輩。これからはもっと厳しくいきますからね」

唯「へっ?」

梓「はい、アナル出して」

唯「へっ!?」





澪(ガバガバ言ったの怒ってる・・・)

律(ガバガバ言ったの怒ってる・・・)

紬(ガバにゃん・・・)


……

紬「ここがアダルトショップ!」

唯「ムギちゃん?」

紬「アダルトグッズがいっぱいあるのよね!」

紬「大小様々なバイブとか、七色のアナルパールとか!」

澪「まぁ、そうだけど・・・」

律「ム~ギ、アダルトショップ来るの初めて?」

紬「うん、一度来たいって思っていたの!」

紬「イキましょう!」

唯「あはっ、私もイク~」


紬「まぁまぁまぁまぁ~、すごーい!」

紬「見て!これSM用のあんまり熱くないロウソクだって」

梓「はい」

紬「こっちは手を簡単に拘束するムートン付きの手錠」

梓「そんなに珍しいですか?」

紬「この薬を飲むと性感がビンビンに!?」

紬「本当になるのかしら?」

梓「あっ! ムギ先輩こんなのありますよ」

紬「おちんちんを勃たせることのできるバイアグラ・・・」

梓「魔法みたい」

紬「これでちゃんと勃起するのかしら?」



唯「ちょっとちょっと~」

唯「見て見て~! すごいコンドーム!」

梓「唯先輩もですか・・・」

唯「ここの棚ぜ~んぶゴムだよ」

梓「はぁ・・・」

唯「すごいパッケージ凝ってる」



唯「見て見て~!」

唯「なんかカックイ~!」

唯「ズッギュ~ン!!」ウィィィィィン

梓「なんですかそれ・・・?」

唯「電動ペニスバンド!」

唯「ズッコ~ン! バッコ~ン!」ウィィィィィン

澪「こら!うるさい!」

唯「はいっ!二人はイキました!!」

澪「いやいやいやいや・・・・・・」



澪「まったく・・・」

律「まっふぁふ・・・ゆふぃはこほもふぁふぁ~」(ギャグボール装着中)

澪「うおっ! 涎まみれ!!」

澪「外せ!バカッ!!」

律「いは~ん、おふぁふぇふぃなっふぇ~」

律「いふぁいいふぁい」

澪「店の物をかってに付けるな!」

梓「はぁ~~~・・・」


唯「あずにゃん!あずにゃん!」

梓「今度は何ですか」

唯「これセクシーだよ~」(ランジェリー)

梓「スケスケですよ」

唯「ライブの衣装にどうかな?」

唯「この辺に肉便器とか書いてさ」

梓「妄想族ですか・・・」

唯「クパァ」


梓「はぁ~」ジ~~~ッ

梓「亀・・・? 包茎?」

唯「あ~ずにゃん!」ダキッ

梓「にゃ!?」

唯「何見てるの~」

梓「やめてくださいこんな所で」

唯「あっ!」

唯「か、可愛いおちんちんだね」

梓「可愛い!? って言うかこれちゃんとしたおちんちんなんですか?」

唯「おちんちんの中でもとびきりのシャイボーイだね~」

梓「いやだから・・・おちんちんもどきですって。包茎ですよ、包茎」

唯「中に真珠埋め込んでみたくなる可愛さだよ」

梓「どんな可愛さなんですかそれ・・・」



梓「なんですこれ?」

唯「新入部員のチンちゃんだよ~」

紬「先生に頼んで買ってもらったの。梓ちゃんのセフレよ。よろしくね」

梓「へ~・・・」

唯「え・・・」

律「おいおい、なんかリアクション薄くね?」

澪「うん」



律「梓がこのチンコ好きだって言ったのは唯だぞ」

唯「だってあずにゃん欲しそうにずっと見つめていたんだもん」

梓「見つめていたのは唯先輩でしょ?」

梓「私はただ、すっごい皮余ってるなって見ていただけです」

唯「へぇ!?」

律「やっちまったな」


唯「へなへなへな~」

紬「唯ちゃん・・・」

梓「でも、なんで急に?」

律「いや~・・・」

澪「梓彼氏いなくて寂しいかなって思って」

紬「だから・・・」

唯「童貞さんなんだけど・・・」


梓「もう、こんな早とちりで飼われたら迷惑だよね」

梓「ちょんちょん」

おちんちん「ピクピク」

梓「あっ」

紬「頷いた!」

唯「可愛い~///」

梓「大丈夫、これからは私がちゃんと面倒見るからね」

唯「いやいや私もちゃんとシテあげるし~」

梓「無理でしょう、唯先輩には」

唯「そんな事ないも~ん」






おちんちん(ガバにゃん/////)



……

紬「あっ・・・あっ・・・」

紬「ああっ・・・終わっちゃった・・・」

紬「私、まだイッてないのに・・・・・・」

律「あはは、最後射精されるときってもうちょっとがんばれがんばれってなるよな~」

律「がんばれーがんばれー」パコパコ

唯「がんばれーがんばれー」パコパコ

紬「よ~し、もう一本!」

紬「がんばれっ! がんばれっ!」パコパコ

紬「ああんっ」

  ドピュッ

紬「・・・また先にイかれちゃった」


唯「ああっ、りっちゃん私も先にイかれちゃったよ~」

律「よーし!そんなときは女同士で合体して気持ちよくなるんだ!!」

唯律「合体!!貝合わせマン!!」

紬「ああっ!ずるいっ!!」


※貝合わせマンのマンはmanではなくてお〇んこのマンであることをここに明記しておく
  このスレを読んでくれている諸兄にはこんな説明などは不要だと思うが