─翌日 学校─

唯「あー楽しかった」

澪「楽しかったじゃないよ!!」

「結局、夜中の3時までストIIやりっぱなしだったじゃないか!!」

律「負けまくったからって泣くなよ、今日は餓狼スペやるからさ」

紬「ダブゥ烈風拳ww」

澪「ダメだそ!!ギースは私だけの持ちキャラなんだよ!!」

和「あんた達、まったく勉強してないわね?」

唯「あっ、わちゃんねる」

和「人を便所の落書きみたいに呼ばないでちょうだい」


和「唯も律も来週の追試で結果を出さなきゃ留年だって?」

唯「でも留年が決まったら今年はもう勉強してもムダだし来年度まで遊びまくれるよ!!」

律「イヤッッホォォォオオォオウ!!」ガタン

澪「バカかお前ら」

和「バカだからこんな事態になったんでしょ」

澪「今日こそは必ず勉強するぞ!!」

律「便強ってなんか大便の最強バージョンみたいだよな」

澪「ひぃぃっ」ジョロジョロ

唯「いや、今のひぃぃは意味が分からないよ」

紬「まぁこんな感じなの」

和「わかった。わからないけど」


和「思うにこんなクズどもが集まっちゃ勉強会にならないんじゃない?」

律「ばっさりだあああ!!」

唯「私も入部当初、ここまでは言わなかったよ!!」

澪「うぅ…でも一理あるよ。私たち部活でも全然練習しないもんな…」ウゥゥ

律「めんどくせー、澪が鬱モードに入っちまった」

紬「はい澪ちゃん。りっちゃんのブラジャーあげるから元気だして」

澪「クンクンクンww」

紬「残念それは梓ちゃんのパンツです」

澪「オェッ!?ゲロ吐いちゃうよおおおおおお」ビシャビシャゲロゲボ

唯「澪ちゃん、しっかり!!」

律「ていうかまずブラジャーとパンツを間違えるのがおかしい」


和「やれやれ、こんな連中に唯をまかせてはおけないわね」

「とりあえず この子の勉強の面倒は私が見るわ」

唯「わーい、ありがとー♪」

紬「確かに大人数でやるより、分かれて勉強した方がいいかも」

澪「それに唯がいるとすぐ脱線しちゃうからな」

和「あら、それじゃ唯が悪いみたいじゃない」

「どうせ そこのオデコがサボリたいとか言い出すんでしょ?」

澪「バカ言うなよ、私の律がそんな愚かなワケないだろ?」

「部活の時も大抵そこのうんたんwが余計なこと言って横道に逸れていくんだ」

和「それはそこのオデコ丸出しだかオ●コ丸出しだか分かんないヤツの話じゃないの?」

澪「和…お前~…!!」

唯「りっちゃんって澪ちゃんのモノだったの?」

律「あいつの中の設定じゃ そうらしいぞ」

「それよりあのメガネ割っていいか」

唯「わたしも澪ちゃんのほっぺたをぎゅううってツネりたいよ!!」



─部室─

梓「おかしいですよカテジナさん!!」ガチャ

律「おかしいのはお前だ」

梓「あれっ、そこにいるのは赤い彗星の赤メガネ」

和「おだてたって何もあげないわよ」

紬「今のおだてられたの?」

澪「まぁシャアに例えられたらフツー嬉しいよな」

紬「しゃあ?」

唯「あっ、まさかムギちゃんガンダム知らないの?」

紬「ご、ごめんなさい…ガンダムが何かは分かるけど話はよく知らなくて」

澪「しょうがないなぁ。じゃあ今度DVD持ってくるよ」

唯「全部で100時間以上あるからがんばって観てね」

紬「うん、がんばる!」

梓「あっ、Xって書いてあるヤツは観なくてもいいですからね」

澪「梓、お前にはあとで話があるぞ」


和「また脱線して……勉強会の話をするんでしょ?」

「こんな調子じゃ留年は確定ね」

梓「本当ですよ」

澪「梓が楽しそうな話題を振るからだろ!!」

律「でも澪は確かに流されやす過ぎだな」

紬「昨日、途中でストIIの攻略本まで買いに行ってたものね」

唯「正直、一人で勉強した方がはかどるかも…」

澪「ちがうよ!私はそんなダメな子じゃないよ!!」



唯「そういうワケで今日は私と和ちゃんコンビ、

澪ちゃんとりっちゃんコンビに分かれて勉強するんだ~」

梓「なるほど」

澪「というワケで梓は帰っていいぞ」

梓「そうですか」

紬「私は?」

和「律のところに行って澪の苦手科目をカバーしてあげたら?」

「私は全教科教えられるし」

澪「必要ないさ。私だって全教科教えられるんだから」

紬「むぎゅぅ…」

唯「ムギちゃんはもちろん唯ちゃんチームだよ!」

紬「むぎゅ?」

唯「むぎゅ!むぎゅむぎゅ!!」

紬「むぎゅううぅぅぅ♪」

律「日本語でしゃべろ」


紬「唯ちゃん好きー!!」ギュッ

唯「えへへ~♪」ナデナデ

和「おいクソうらやましいなちくしょう

いつまで抱き合ってるつもりかしら?」イラッ

紬「差し入れにケーキでも買っていこうかな~」

「勉強疲れには甘いものだものね!」

唯「げへへ」

律「唯のヤツ、差し入れ狙いか!!私も唯チームと合流するぜー!!」

澪「私はどうなるんだよ!?」

律「澪はアタマいいから一人でも勉強できるだろ?」

澪「お前のための勉強会なんだよ!!!」



─田井中邸─

澪「こうなったからにはお前には唯よりいい点とってもらうぞ律」

律「なんで?」

澪「唯の方が点数よかったら私の教え方が悪いみたいじゃないか」

律「みたいも何も、悪いんだろ実際」

澪「教えてもらうくせになんでそんなに偉そうなんだよ!?」

律「うるせー!!その教えてやろうって上から目線が気に喰わないんだ!!」

「アタシに謝れ!!そして勉強教えろ!!わかりやすくな?」

澪「なんなんだコイツは。わがままキングか…」


澪「じゃあまずは数学からいくか」

律「おっし、来い!!」

澪「3+7は?」

律「アタシのことバカにしてんの?」

「しかもそれは数学じゃなく算数だ」

澪「わかったよ、ひとつレベルアップだ」

律「おっし、来い!!」

澪「では問題です。ここにミカンが1つあります。

さて、このリンゴの生産地はどこでしょうか」

律「どのリンゴだよオオォオッ!!!?」ガシャアアッ ドガシャアッ

「しかもそれ、算数ですらねぇええよおおぉおおッ!!?」ゴシャアアッ

澪「わぁ、部屋がハチャメチャだ」


ガチャ

聡「姉ちゃん、うるさいよ!!」

澪「やぁ聡、なんで全裸なんだ?」

聡「あっ、澪さん。いやオレその、トイレ行くところでして」

澪「そうか」

聡「じゃあオレこれで失礼します」

バタン

澪「律、お前ん家ではトイレに行く時、服を脱ぐのが普通なのか?」

律「たぶんアタシと澪に男性器を見せることが犯行の動機だと思う」

澪「私は まぁ分かるが、姉にも見せたいもんなのか?」

律「澪はひとりっこだから知らないだろうけど

兄弟に異性がいる家ってどこもそんなもんなんだぜ」

澪「へ~」


澪「いいか、相似条件の証明のコツは…」

律「ふむふむ」

ガチャ

聡「あの、お茶もってきました」

澪「やぁ、ありがとう聡。ところでなんで全裸なんだ」

聡「暑いんで」

澪「そうか」

聡「じゃあオレこれで失礼します」

バタン

澪「律、お前ん家では暑いと、服を脱ぐのが普通なのか?」

律「そういえば暑いな、アタシも脱ぐかーー!!」スッポーン

澪「そうか」


律「やっぱ澪は教えるのうまいな~。証明問題はずいぶん分かってきたぞ」

澪「ふふっ、そういう律は肩甲骨キレイだな」

「わ、私、骨フェチだから鎖骨とかにもチラッチラッ目がいっちゃうよ」

律「あんまりガン見されるとさすがに照れるぞ」

澪「なぁ、ちょっとだけ舐めてみていいか?」ペロ…

律「あ」

ガチャ

聡「あばばばwwあばばbwwあばあww」

澪「そうか」

聡「じゃあオレここで失礼します」シコシコシコシコシコシコ

律「澪っ!!伏せろっ!!!」

聡「うおおおおおおおおおお!!!!!!」ピュ


4