…………………………
…………………
…………

澪「ぅう、取り乱してごめん」

唯「いーよ澪ちゃん!」

梓「安心してください。私たちはずっと一緒ですよ?」

澪「唯、梓。ありがとう(…急に梓は何言い出してんだ?)」

紬「うふふふ、澪ちゃんとりっちゃんの関係うらやましいなぁ」

律「べ、別にそんなんじゃねえやいっ////」

唯「あーりっちゃん照れてるー」

律「うるへぇ!!」

紬「あらあら」

梓(こんな先輩たちの笑顔、久しぶりです……)

澪(なんでこいつら急に元気になってんだ?)



律「そ、そんなことより!!さっき澪が言ってたんだけど」

梓「なんですか?」

律「昨日唯が言ってた『和ちゃんの喉ガチャーン』って一体何なんだ?」

澪(い、言ったーーーーー!?)

紬「……」

梓「……」

澪(終わった、終わった……みんなに笑われる。これで私が情弱だとばれてしまう…!!)

梓「…そういえばなんなんでしょうね?」

紬「…私もわかんないわー」

澪「…え?」

梓「私も昨日スルーしてましたけど、一体なんなんですかそれ?」

律「私もだ」

紬「私も、一生懸命喋る唯ちゃんに見とれて聞き流しちゃってたわ」

澪「みんな…」

唯「えー、みんな知らないの?」

律「あぁ、想像出来なくもないがよくわからんぞ」

梓「その『和ちゃんの喉ガチャーン』をした後和先輩が寝たんですよね?」

紬「もしかしたら、その『和ちゃんの喉ガチャーン』が事件の鍵を握っているのかもしれないわ」

唯「そーかな?関係無いと思うけど…」

澪「関係なくても知りたい!私なんて昨日ずっと『和ちゃんの喉ガチャーン』のこと調べてて寝不足だったんだぞ!?」

梓「そ、そうなんですか(そこまで気になったなら)」

律(なんで昨日…)

紬(聞かなかったのかしら?)

唯「なんだー、そこまで気になるんなら」

唯「澪ちゃんにもしてあげよっかー?」

澪「わ、私にしてくれるのか!?」

唯「うん、別にいいよー」

澪「してくれ頼む!!(やっとこれで知れる!また一つ情弱との差を開ける!!)」

律「じゃあ澪にしてやれよ唯ー」

唯「わかりました、りっちゃん隊長!!」

唯「じゃあ澪ちゃんそこに立って」

澪「わかった」ドキドキ

梓「い、一体これから何が起きるのでしょう…」

律「全くわからん」

紬「なんだかドキドキしてきたわ」wktk

唯「準備いい?澪ちゃん」

澪「ああ!来い、唯!!」

唯「じゃあいくよー」

すぅー はぁー

唯「……」

澪「……」




唯 「 和 ち ゃ ん の 喉 ガ チ ャ ー ン ! ! ! ! ! 」


澪「ぇぉぅっ!!!」




澪「」

唯「…」

律「…」

紬「…」

梓「…」

澪「」

律「…?」

梓「これは…」

紬「もしかして…」

澪「」

唯「終わったよー澪ちゃーん」

澪「」

唯「あれー?澪ちゃーん?」

律「み、澪?」

梓「…澪先輩?」

紬「…え?」

澪「」

律「み、澪!?終わったぞ!?どうしたんだ澪!?!?」

梓「澪先輩…!?」

紬「大変!息をしてないわ!!」

唯「あれー澪ちゃん寝ちゃった。せっかく『和ちゃんの喉ガチャーン』してあげたのに」ムスッ

澪「」

律「おい澪!!大丈夫か!?目を覚ませ!!」

唯「大丈夫だよりっちゃーん。たぶん寝ちゃったんだよ。昨日寝不足だったって言ってたし」

梓「でも息をしてません!これはただ事じゃないですよ!?」

律「澪ぉぉぉぉぉぉおおおお!!!!」

紬「す、すぐに保健室の先生呼んでくるわ!!」

唯「!?駄目だよムギちゃん!!!!!!!!」

紬「!?」

梓「な、なんで先生呼んだら駄目なんですか!?!?」

唯「だって澪ちゃんはどう見ても寝てるだけだよ。気持ちよく寝てるのに起こしたら可哀そうだよ!!」

律「どう見ても寝てるだと!?どう見ても死にかけじゃねーか!!」

律はそう言って唯に飛びかかった。

唯「や、やめてよりっちゃん!」

紬「りっちゃん落ちついて!」

律「大事な友達を殺されて落ちついていられるか!ムギ、お前は先生呼んで来い!!」

紬「で、でも!!」

律「行け!!」

紬「…わかったわ」ガチャ タッタッタ

唯「い、痛いよりっちゃん…」

律「澪は痛いなんてもんじゃねぇぞ!!」グギギギギ

梓「っていうか、さっきのクロスチョップみたいなのなんなんですか!?どこであんなのおぼえたんですか?」

唯「あぁ、あれ?…いたいよ。…あれは憂が教えてくれたの。何か危ない時があったら使えって」

律「憂ちゃんの技だと!?」

梓「だ、だとしたら…」

律「み、澪ーーーーー!!頼む無事でいてくれぇぇぇぇぇぇええええ!!!!」

梓(澪先輩RIP)



梓「っていうか、さっき澪先輩に技仕掛けた時にも『和ちゃんの喉ガチャーン』って言ってましたけど、せめて名前のところは変えましょうよ」

唯「あ、そうだね」えへへへへ

律「笑ってんじゃねぇよ!みおが…澪が死にかけてるんだぞ!?」グギギギギギ

唯「い、痛いよりっちゃん!話して、痛いよぉ!!!」

律「てめぇが逮捕されるまで話さないぞ!!」グギギギギ

唯「いたいいたいいたい」

唯(…あれ?もしかして今危ない時?もしかして今こそ『喉ガチャーン』を使うとき!?そうだよね!?憂!!!)

唯「り、りっちゃん…」

律「なんだ?」グギギギギギギ

唯「ごめんね。ちょっと寝てて」

律「え?」




唯 「 り っ ち ゃ ん の 喉 ガ チ ャ ー ン ! ! ! ! ! 」


梓「え?」

律「ぇ」



ごめんなさい、りっちゃん隊長。
ホントにごめんね。
りっちゃんに床に押しつけられて、私結構痛かったんだ。骨おれちゃうかと思ったよ。
だから、申し訳ないけど『喉ガチャーン』をさせてもらったよ。
それも、和ちゃんと澪ちゃんにやったような喰らっても平気で寝れるようなお遊びではなく、本気で。
憂に教えてもらったやり方そのままで。

ズシャァァァァァァァアアアアアアアア!!!

律「」

梓「え?(室内なのに、雨が降ってる)」

梓(え、雨なのに赤い?)

梓(どうしたんだろ、あれ?もしかしてこれも夢?)

ドカッ

梓(いてっ。なんかが頭にあたった。痛いってことは夢じゃないんだね)

梓(それより、頭に当たったのは一体なんだろ…)

梓(なんだか丸い。そしてなんか生えてる…これは、髪?)


律「」

梓「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああ!律先輩の生首ぃぃぃぃぃっぃいいいいいいいいいいいいいいいいいい!?!?!?!?!?!?!?!?!?」



4