和「」

唯「?あれ?和ちゃんどーしたの?」

和「」

唯「…和ちゃん?」

和「」

唯「寝ちゃったの?おーい」

和「」

唯「もー!せっかく一緒に帰ってる途中で寝るなんて信じられないよ!!起きてー和ちゃーん!!」

和「」

唯「もう…風邪引いても知らないよ和ちゃん!じゃあね!!!!」すたすたすた

和「」



唯「もぉ…せっかく部活無いから久しぶりに一緒に帰ってたのに」ガチャッ

憂「お姉ちゃんおかえり。早かったね?」

唯「ただいま憂。今日部活お休みだったからね」

憂「ご飯もうちょっとしたら出来るから待っててね」

唯「ほーい」



-翌日

ガラガラ

唯「おはよーみんな!」

澪「おはよう唯」

律「おいーっす!」

紬「唯ちゃんおはよう」

唯「…和ちゃんは?」

澪「まだ来てないぞ。何か用あるのか?」

唯「いーやべつにー(昨日のこと謝ってもらわないとね!)」

ガラガラ

さわ子「…」

律「お、さわちゃん来た。和は珍しく遅刻かー」

澪「珍しいっていうか初めてじゃないか?」



起立!礼! おはよーございます

さわ子「…」



律「…なあ、なんかさわちゃんの様子おかしくないか?」

澪「あぁ」

さわ子「今日は、一つ残念なお知らせがあります……」

唯「なんだろー?」

澪「な、なんか怖いな」ブルブル

さわ子「実は昨夜…」



さわ子「我がクラスの真鍋和さんがお亡くなりになりました」

唯「…え?」



澪「嘘だろ…」

律「や、やだなーさわちゃん!冗談きついぜー」ハハハ

さわ子「…」

律「…ぅぅう」

さわ子「皆さんの信じられないという気持ちは痛いほどわかります。私も最初はそうでした」

………………………………………………
・・・・・・・・・・・・・・・………
・・・・・・・・…
……

さわ子「これから体育館で全校集会が開かれます。もし、今の話を聞いて体調の悪くなった方は遠慮なく先生に知らせてくださいね」

唯「和ちゃんが……死んだ?」



その後、体育館で緊急の全校集会が開かれ、校長の口から桜丘高校の生徒会長でもある和ちゃんが亡くなったことが全校生徒に知らされた。
体育館にはすすり泣きの音がこだまし、何人かの生徒は校長の話の途中で保健室へ行ってしまった。何を隠そう澪ちゃんも、保健室へ運ばれた一人だ。

それにしても…和ちゃん。
なんで、なんで死んじゃったの?
ずっと友達だって約束したよね?
なんで先に逝っちゃうの?

昨日の帰り道では、『和ちゃんの喉ガチャーン』をされて寝ちゃうくらい元気だったのに…
一体あの後和ちゃんに何があったのだろうか?



放課後、部室

律「…」

澪「…」

紬「…」

梓「…」



ガチャッ

唯「やっほーみんなー!ごめんね掃除で遅れちゃってー」

律「…おう唯」

紬「唯ちゃんも来たし一応、お茶にする?」

澪「悪いムギ、今日はそんな気分じゃ 唯「ケーキ食べよう!!!!!!!!」 」

律「…てめぇ」ビキビキ

紬「まぁまぁりっちゃん。きっと唯ちゃんも悲しいの隠そうとしてるのよ…」

律「そうかな」

澪「…そうにきまってるさ。なんたって幼稚園からの幼馴染が死んだんだから…」

唯「ケーキぃ♪ケーキぃ♪」うんたん

律「……そう、なのか?」

澪「…た、たぶんな!」

紬「そ、そうよ!とりあえずお茶にしましょう!!今日はティラミス持ってきたのー」

唯「ティ、ティラミスですと!?お聞きしましたかりっちゃん隊長!?」

律「ぉ、おう!ティラミスと聞いて黙ってられるりっちゃん隊長じゃないぜ!!(気分のらねー)」



ガラガラ

さわ子「みんないるかしら?」

律「さ、さわちゃん…」

さわ子「…まぁ、こんな時こそお茶会して落ちつくのは必要よね」

唯「そうですぞ!腹が減っては戦が出来ぬのです!!」

梓「何と戦うんですか」

さわ子「それはそうと、みんなには言わなきゃいけないことがあるの」

唯「なーにー?」

さわ子「その……真鍋さんについてのことなんだけど」

律「和について…?」

梓「もしかして…遺言とかでしょうか?」

唯「遺言?……はっ!もしかして和ちゃん私に遺産でも残してくれたの!?」

律「唯、ちょっと黙ろうなー」ゴリゴリ

唯「い、いたいよりっちゃーん!!」

澪「先生!話してください!!」

さわ子「実は真鍋さんは…」

さわ子「何者かに殺害されたの」

律「さつ…」

梓「…がい…?」

紬「う、嘘…」

澪「キコエナイキコエナイキコエナイキコエナイ」ブルブル

唯「さつがい…?」

さわ子「そう…特に唯ちゃん。あなたにはショックだろうけ」

唯「ねぇさわちゃん」

さわ子「…なぁに?」

唯「さつがいって……日本語で言うと何?」

一同「…」



…………………

唯「つまり…和ちゃんが誰かに殺された?」

律「そういう…ことだ。さわちゃんによるとな」

紬「ぅぅぅ…」しくしく

さわ子「あなたたちにだけこれを知らせた理由はね。たぶんこの後あなたたちの家に警察が来て、真鍋さんについて色々聞かれるだろうと思ったからなの」

さわ子「知らない人に急に『真鍋和さんが殺害された件についてですが…』とか言われたら、澪ちゃんでなくてもショック受けるでしょ?」

律「まぁ確かに。…澪は誰から教えてもらっても意味無いみたいだけどな」

澪「アーアーアー ナニモキコエナーイ」

さわ子「一応、私の知っている話をすると…」



被害者・真鍋和は昨夜7時頃に、道路脇に倒れているのを近隣の住民により発見された。

すぐに救急車が呼ばれ、真鍋和は病院に運ばれたが、昨夜9時20分ごろ、医師により死亡が確認された。

検死の結果、死因は窒息死であることが判明し、心臓発作か何かを予想していた医師を困惑させた。

また、更に調べてみた結果、首の左右にひどい打撲が見つかり、また、気管と頸動脈が激しく損傷していることから
警察は「真鍋和は下校中に何者かに首を打撃され殺害された」と断定した。

首の左右に打撲があることから、二人組による犯行の線もあると言われている。



律「首を打撃…」

梓「ひどい」

紬「二人組の可能性もなんて…はっ!さ、さわ子先生!その、和ちゃんの体は…」

さわ子「安心してって言うのもあれだけど、強姦等にあった形跡は無いようよ」

さわ子「さっきも言ったけど、今後警察の捜査に協力してもらう場面もあると思うから、その点は覚悟しておいて。何よりも…真鍋さんのためだから!」

律「わかった!」

紬「わかりました!」

梓「協力してやるです!」

澪「ワ、ワカリマシータ」

律「おう澪、ちょっとたちなおったか」



その日の夜、私たちはみんなで和ちゃんの通夜に参加しました。
澪ちゃんはショックから立ち直ったものの、終始泣いてばっかりで、他のみんなもハンカチを目に当ててうつむいていました。

私はというと、なぜか泣くことが出来ず、というか悲しいという感情もあまり湧きませんでした。
実感が無いというかなんというか…エヘヘ


和ちゃんの遺体を見れば、実感がわくかもしれない

そう思い、和ちゃんと体面もしましたが、それでも信じられませんでした。
和ちゃんの姿は、昨夜私が『和ちゃんの喉ガチャーン』をした後に急に眠った時の寝顔、そのままでした。

ふっと起き上がって「あら、唯。来てたのね」なんて言いそうな…

和ちゃんの通夜から退散した後、私たちはすぐに解散しました。
みんな口数が少なく、笑顔はありませんでした。

憂もショックを受けていて、今夜の晩御飯は久しぶりにコンビニ弁当でした。

みんなと別れて、そして和ちゃんと分かれた後、私はしばらくぼーっと和ちゃんの事を考えていました。

唯「和ちゃん…なんで先に死んじゃったの?なんでこんな早く…」グスッ

唯「和ちゃんが発見されたのは7時過ぎ」

唯「ってことは和ちゃんが襲われたのはたぶん7時前。……私と別れた直後だよね」

唯「……もしかして」

唯「……もしかして」

唯「わ、私が和ちゃんを置いていかなければ、和ちゃんは襲われなかったのかなぁ」

唯「……」グスッ

唯「ぅ゛え゛mえ゛え゛えーーーーーーーーーん!えええええええええええええーーーーーーーーーーーーんんんn!」

唯「のーどーーーーーがーーじゃーーーーーーんんんんんん!!」

憂「お、お姉ちゃん大丈夫!?」ガチャッ

唯「う゛、う゛い゛--」ぎゅっ

憂「…お姉ちゃん」ぎゅっ

憂(私も悲しいけど、お姉ちゃんはもっと悲しいはずだよね……)

憂(私が、私がお姉ちゃんを支えなきゃ!!)

唯「ヴぇーーーーんぬ!ゴンビニ゛べんどうより、う゛い゛のごはんだべだいじょーーーー!!!!!!」

憂「わ、わかった!私もう大丈夫だから、ちゃんとした晩御飯作るね!?だから泣かないで!!」

唯「…ヴぁかっだ!」ふんすっ

私は憂のおいしいごはんでもう一度お腹をみたした後、すぐにベッドに入った。
だが、もちろん寝つけるはずが無い。

唯は無意識に最期の帰り道のことを思い出していた。

唯(私と和ちゃんの最期の思い出が、まさかけんか別れなんてね…)

唯(そりゃ、あれは和ちゃんが悪いんだけど、でも、それでも最後の思い出があんなのなんていやだよぉ…)

唯(和ちゃん?なんであの時寝ちゃったの?)

唯(私といても楽しくなかったのかなぁ…)

唯(和ちゃん、和ちゃん、和ちゃん…)

唯(なんで…)







唯(謝 る 前 に 死 ん だ の ? そ ん な の 許 さ れ な い よ ? )





2