澪「・・・・・・・・・・・・」

紬「・・・今から練習に来るってこと・・・?」

唯「やっぱりメール来てるんだ・・・」

澪「・・・・・・・・」

律「は・・・わっけわかんねえ・・・。確かに梓の携帯はここにあ・・・・・・。・・・・・・あれ・・・な、ないぞ・・・」

紬「え・・・?」

律「さっき触って、そこの机に置いといたのに・・・梓の携帯がないんだよ・・・」

紬「そ、それはどういう・・・?」

律「知るかよ!!」

唯「・・・・・・・・」

澪「は・・・はは・・・」

紬「どこかに落てるんじゃ・・・」

律「んな訳ないだろ!?」

唯「・・・・・あずにゃん・・・」

澪「わ、わ、私、帰る!!」

紬「澪ちゃん・・・」

澪「だってそうだろ!?なんかおかしいよ!ここ!!」

律「・・・そうだよな。さっきも帰ろうとしてたことだし・・・」

唯「でも・・・あずにゃんが来るって・・・」

紬「・・・・・・・・・・・・」

澪「そんなの・・・本当に梓かわからないじゃないか!」

唯「でも・・・・・」

澪「でももないよ!」

唯「・・・・・・・・・」

律「・・・・・わかった・・・。じゃあこうしよう。とりあえずこの部屋から出て、人の居るところに行くんだ。職員室とかさ。それなら澪もとりあえず安心だろ?足が痛いなら保健室行けばいいし・・・。」

澪「・・・・・・・・」

律「唯もさ、別の部屋で校門覗いてたらいいじゃないか。梓が来たらこの部屋に戻ってくればいい。・・・正直、私も今はこの部屋に居たくない・・・・・」

唯「・・・・・・・・わかったよ・・・」

律「・・・・・よし、じゃあ行こう」

紬「・・・澪ちゃん、私も一緒に保健室行っていいかしら・・・?なんだかさっきから腕が痒くて痒くて・・・・・・・・」

澪「あ、・・・ああ。じゃあ一緒に行こう」

唯「・・・・・・・・」

ガチャ・・・

律「・・・」

ガチャ・・・

律「・・・あれ?」

澪「・・・・・・・・どうした?」

律「え・・・いや・・・はは・・・」

ガチャガチャ

律「・・・・・・・・」

紬「どうしたの・・・?」ポリポリ

律「・・・・・・・・」

ガチャ!ガチャ!

律「・・・・・・・・・・・」

澪「・・・おい。・・・律、早く開けてくれよ・・・」

紬「痒い・・・」ポリポリ

律「い、いやあ・・・この扉ちょっと建てつけ悪いみたいで・・・なかなか開かないんだよ・・・このっ」

ガチャ!ガチャガチャ!!ガチャ!ガチャガチャガチャ!!!



律「・・・おっかしいなあ・・・はは・・・」

澪「何やってんだよ・・・私にやらせてみろよ」

ガチャ!ガチャ!!ガチャガチャ!

澪「・・・はあ・・・?」

律「な?開かないだ

ピロリロリン♪・・・ピロリロリン♪・・・

澪「あ・・・?」

澪「・・・・・メールだ・・・」

唯「・・・・・・・・」

律「・・・え?」

澪「・・・いや・・メール・・・・・・来た・・って・・」

律「・・・へえ」

紬「・・・・・」ポリポリ

澪「・・・・・・・・」カチカチ

澪「・・・・・・・・・・。・・・は・・・・・はははは・・・」

律「・・・・・・・・・おい・・・・?澪?」

澪「・・・・・・・・・・」

律「おい、どうしたんだよ」

澪「・・・・・・・・・・・・」ポイッ

律「お、おい!携帯投げんなよ!」

澪「は、ははははは・・・・」

律「・・・・・・?あ、唯、それ拾ってくれ」

唯「・・・・・・」ヒョイ

唯「・・・・・」

律「あ、ありがとう・・・」チラッ

澪「・・・・・・・」

律「・・・おい澪、どうしたんだよ?」

澪「・・・・・・・」

澪「・・・・・・・メール、見てみろよ」

律「は・・・?」

澪「・・・」

律「・・・。ゆ、唯、見てくれ」

唯「・・・・・・・・・・・・・・」カチカチ

唯「・・・・・・」

唯「・・・・・・メール、あずにゃんからだよ・・・」

律「・・・え?」

澪「・・・ははははは・・もうなにがなんだか・・・」

律「・・・」

唯「・・・」

律「・・・・な、なんて書いてある?」

唯「・・・・・・」



唯「・・・・・・もう着きました・・・・って」



律「・・・・・・へぇ・・・」

唯「・・・・・・うん」

律「・・・ど、どうすればいいのかな?私たちは・・・?」

唯「待ってればいいんじゃないかな・・・?もう学校には着いてるらしいからさ・・・」

律「・・・そ、そうか・・・」

律「・・・・・・」

律「お、おい、お前ら!そういうことらしいぞ!」

澪「・・・・・・痛いよぉ・・・・・・」ズリズリ

紬「・・・・・・・・・」ポリポリポリポリ

律「・・・・・・・・・・」

律「わ、私は他の部屋にっ!」ダッ

ガチャガチャ!ガチャガチャ!!

律「開けよ!さっさと開けよ!」

ガチャガチャ!ガチャガチャ!

唯「りっちゃん・・・」

律「おい!開けって!おい!このっ!」

ドン!ドンドン!ドンドンドン!!

律「唯も見てないで手伝えよ!おい!聞いてんのか!?おい!!」

唯「・・・」

律「開け!開け!開け!」

ドン!ドン!ドン!

唯「りっちゃん・・・もう無理だよ・・・」

律「うるさい!私は絶対逃げ

ガチャ

梓「・・・遅れてすいません。先輩」


4