ブーンブンシャカブブンブーン♪

聞き慣れたフレーズを耳にして、梓ちゃんはキョロキョロと辺りを見回した。
もっとも、スピーカーは壁に埋め込まれているから、見つけられないと思うけど。

「目立った変化は無いようだが?」

「えぇ、お父様。だってターゲットは『まだ』呪いにかけられていないから」

「……なるほど。こちらの2人が、今から呪いをかけてくれるのか」

「そういう事よ。じゃあ、お願いしていいかしら?」

オカルト研の2人が、スッと立ち上がった。
けれども、その表情には、まだ若干の躊躇いがあった。

「……最後に確認したい」

「本当に、三種の呪いを複合させてもいいのか」

思わず私は微笑んでしまった。
無感情な人たちだと思っていたけれど、意外に人間らしいところがある。
でも、その覚悟の壁を越えて来てくれないと、琴吹グループの戦力にはなれないの。

「……構わないわ。あなた達の、ベストパフォーマンスを見せて!」



儀式が始まった。3種類分だから、とても時間がかかる。
意味不明な呪文を唱えるオカルト研の2人を、お父様は真剣な表情で眺めていた。
私はリビングの椅子に座って、紅茶に口を付けた。少しだけ、ぬるい。

ブーンブンシャカブブンブーン♪

「ふにゃぁっ、ひゃぁぁぁぁっ!?」

……どうやら、一つ目の呪いが発動し始めたらしい。
梓ちゃんの様子から察するに『快楽天』かしら。

ブーンブンシャカブブンブンブーン♪

「きゃはははっ、ひゃっ、きゃははははははっっ!?」

……続いて『エンゼルフェザー』も。
二つ目の呪いが、一つ目の呪いを上書きする事はないらしい。
つまり今、梓ちゃんの身体には『悪魔の快楽』と『天使の愛撫』が共存している。

ブーリブリチャカビガッビガッ♪

「ぎゃはああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

……最後は『囚われのロキ』。
しばらく痛いかもしれないけど、すぐに慣れると思うから頑張ってね、梓ちゃん!



「……終わった」

「中野梓には、三種の呪いがかけられた」

オカルト研の2人は、かなり消耗した様子だった。
呪いを1つかけるだけでも、たぶん相当な体力と精神力を使うはず。
本当に、頑張ってくれた2人に、拍手を送りたい。

「明らかにターゲットの様子が変わったようだね」

「えぇ、お父様。それぞれの呪いについては、そちらの書類に詳しくまとめてあるわ」

「ふふっ。手際が良くなったね、紬。
 では申し訳ないが、そろそろ私は行かなければならないので、失礼させてもらうよ」

お父様はこれから泊まりがけで仕事に出掛ける。
帰宅するのは、明日、日曜の夜だ。

「2人とも、本当に素晴らしい才能をお持ちのようだ。
 今後ともお付き合いをさせて頂きたい。どうぞ、よろしく」

「……ありがとう」

「こちらこそ、よろしく」

「では、明日の夜に結果を確認させてくれ。頼んだぞ、紬」



お父様が出掛けた後、役目を終えたオカルト研の2人も帰ってしまった。
帰り際に見た2人の表情から、迷いは消えていた。
依頼された仕事に対する、冷酷なまでの責任感。
琴吹グループに貢献するために、最も必要なものを、わかってくれたんだと思う。

「……さて、梓ちゃんの様子はどうかな?」

モニターを覗き込むと、梓ちゃんは小部屋の真ん中でのたうち回っていた。
エンドレスリピートの『ミツバチ』は、着実に梓ちゃんにダメージを与えているみたい。

特に『囚われのロキ』の痛さは、なかなか耐え難いものかもしれない。
でもね、安心して。その痛さは単独じゃないから。
『快楽天』の気持ちよさと、『エンゼルフェザー』のくすぐったさと、セットなの。
次第に、痛さを感じれば、同時に気持ちよさを感じるような回路が出来上がる。
そうすれば、ずっとずっと気持ちいい、最高の状態になっちゃうわ!

……本音を言うとね。
それくらい壊れてくれないと、困っちゃうの。

お父様は、まだ完全には満足していない様子だった。
お父様は、もっと強烈な効果を呪いに求めているみたい。
だから明日の夜、お父様が帰って来るまでに、もっとグチャグチャになってほしいの。
私も全力で梓ちゃんを壊してあげるから、よろしくね♪



携帯電話の着信音が鳴った。相手は澪ちゃんだ。

「いや~、ムギ。順調みたいだな!」

「うん、バッチリよ! オカルト研の2人には感謝しなきゃ」

「律なんか興奮しちゃって、呪いも発動してないのに笑いが止まらないみたい」

「あははっ、りっちゃんも喜んでくれてるのね」

澪ちゃんとりっちゃんは、別の場所でモニターの映像を見ている。
音声を流すと大変な事になっちゃうから、もちろんミュートでね。

「ところでムギ、梓の様子を見て、ひとつ気付いた事があるんだ。
 ビクンビクン跳ね上がってる時と、わりと落ち着いてる時と、両極端じゃないか?」

指摘を受けて改めてモニターを見ると、確かにその通り。
曲のサビの部分には言霊が多く含まれているから、呪いも多く発動する。
でも、それ以外の部分には言霊がほとんど無いから、何も起こらない。
私は澪ちゃんにお礼を言って、すぐに斉藤を呼んだ。

「『ミツバチ』のCDを10枚と、CDプレーヤーを10個用意して!」

解決策は、至極単純だ。
タイミングをズラして、何重にも曲を流せばいい。



ブーンブンシャカブブンブーン♪

          超マニアック 特攻隊長 本日も絶好調♪

     ブーンブンシャカブブンブンブーン♪

               胸ドキドキワクワク体ノリノリ♪

ガンバンベ! 踊れミツバチ♪

          ブーリブリチャカビガッビガッ♪

     ダッセー飛び方でもいいから上へ飛べデッケー夢持って♪

ブーリブリチャカビガッビガッ♪

          ブーンブンシャカブブンブーン♪

     草食系とかマジ勘弁♪

「ぎにゃあああっっっ、ぎにゃあああっっっ!!!
 あふぅ、あひゃぅぅ、たしゅけてぇぇぇっっっ!!!
 やっ、やすみぃ、なしぃ、わっ、むりぃぃぃっっっ!!!」



10個の音源から『ミツバチ』を流し始めてから、梓ちゃんは一切の休憩なく、
気持ちよさと、くすぐったさと、痛さを感じ続ける事になった。
でも、この状態があんまり長く続くと、ショックで本当に死んでしまうかもしれない。

「……そろそろ、いいかしらね。音楽を全部止めて!」

私の合図から数秒と経たずに、すべての音源のスイッチが落とされた。
私はメイドを一人携えて、地下の小部屋へと向かう。

「梓ちゃん、調子はどう?」

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」

梓ちゃんの身体は軽い痙攣を続けていた。
医者を呼ぶような症状でない事を確認して、メイドに水分と糖分を補給させる。
口の中に押し込まれたものを飲み込むくらいの力は、まだまだ残っている。

「ごめんなさい、遅くなっちゃって。そろそろ練習を始めましょうか?」

「はぁっ、はぁっ、……えっ?」

メイドが梓ちゃんのギターケースからムスタングを取り出した。
放心状態の梓ちゃんを立ち上がらせ、ストラップを肩に掛けさせる。

「どうしてキョトンとした顔をしてるの、梓ちゃん?
 今日は元々、練習するために、私の家に来たんでしょ?」

「えっ、あっ、はい……」

「実は梓ちゃんのために、用意しておいたものがあるの。
 純ちゃんのベースと、憂ちゃんのドラムを録音した、練習用テープ!」

「あっ、えーと、ありがとう、ございます……」

梓ちゃんの思考は、まともに働かなくなっているみたい。
それだけ『ミツバチ』10重奏は過酷だったのね。

「今からこのテープを流すから、梓ちゃんはギターとボーカルで合わせるのよ?」

「わ、わかりました……」

「それじゃ、始めるわね。曲は『ミツバチ』よ!」

「……えっ?」



カンッカンッカンッカンッ

憂ちゃんがスティックを鳴らす音。
この曲は出だしからボーカルが入るから、梓ちゃんは最初から歌わないといけない。

「梓ちゃん、ボーッとしてる間に曲が始まっちゃったわよ?」

「あっ、すみません……」

そうこうしている間にイントロ部分が終わり、ベースとドラムの音がテープから流れた。
この音だけでも呪いが発動して、梓ちゃんの身体はピクピクと反応する。
でも今は練習なんだから。梓ちゃんはギターを弾いて、歌わなきゃ、ダメだよ?

「ほら、ギターボーカル、しっかり頑張って!」

「うぅ……、行き先イケメン、ハイビスカス♪ うぅ……」

「ちゃんと全部の歌詞を言わなきゃ!」

「ブ……、ブーリブリチャカビガッビガッ!!」

自分で発した言霊によって、梓ちゃんの身体はピクンと跳ね上がった。
これに耐えるのも練習のうちだから、仕方ないわね。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」

「情けないわね、梓ちゃん。たった一回、通しで練習しただけじゃない」

「だっ、だって、ムギ先輩……」

「言い訳をするような子は、武道館に行けないよ?
 さぁ、もう一回、通しでいきましょうか?」

梓ちゃんの表情は、次第に絶望的なものに変わっていた。
私はそれに気付かないふりをして、練習用テープを再生した。

「38℃の真夏日、うぅっ……。夏祭り、ぐすっ……。こんな日は♪」

「ほらほら、明るい曲なんだから、泣きながら歌っちゃダメよ」

「ひぐっ、ガンバンベ! 踊れミツバチ♪」

「そうそう、その調子よ!」

「ブーンブンシャカ、はぐぅ、ブブンブーン♪」

「もっと笑顔で歌って!」



およそ30分の練習を終えて、私はリビングに戻って来た。
5分ほど休憩を与えられた梓ちゃんは、床に寝転がって、微動だにしない。
せっかくだからベッドの上で寝ればいいのに。

そして再び、10個の音源から『ミツバチ』が流れ始めた。
梓ちゃんの絶叫が、マイク越しに聞こえる。
大体30分くらいこのまま放置しておいて、その後また練習にしよう。

……30分練習、30分鑑賞。
『ミツバチ』尽くしの素敵なサイクルが完成した。
よし、日曜の夜まで、このサイクルを延々と繰り返す事にしよう。
そうすればお父様が帰って来る頃には、梓ちゃんもすっかり素敵な状態になっているはず。
きっとお父様も喜んでくれるわね!

次の日は月曜だから、学校か。
澪ちゃんとりっちゃんに、イタズラしてごめんなさい、って謝ってもらわないと。
その後、純ちゃんと憂ちゃんと一緒に演奏して、練習の成果を見せてもらおう。
耳栓をするから音は聞こえないだろうけど、澪ちゃんとりっちゃんも喜んでくれるわ!

「だから、頑張ってね、梓ちゃん♪」

「にゃああああぁぁぁぁっっっっ!!!!」



おわり!



これで本当に終わり!
本編、番外編ともに支援ありがと!

ドM和ちゃんまで書いて終わらせる筈だったのに、みんな梓に仕返ししろって言うから続けてみたら、えらい鬼畜になってしまった