梓「そろそろ準備は出来た?」

純「いいよ~」

憂「こっちも~」

梓「それじゃ、始めようか」

澪律「ちょっと待ってくれ!!」

梓「……澪先輩、律先輩、どうしたんですか?」

澪「その演奏、今日じゃなきゃダメかな?」

梓「えっ、どうして?」

澪「えーと、できれば10日後くらいにしてくれると嬉しいな、なんて」

律「そうそう、やっぱりこういうのは、3人で練習を積んでからの方が」

梓「今日は私たち3人にとって記念日なんです、今日じゃなきゃ……」ションボリ

純「これまでただの友達だった私たちが、一つのバンドになった日なんです」

憂「ご迷惑でなければ、今日、この日の私たちを、皆さんに聴いてほしいんです」

澪「いや、今日はちょっと、ね? 都合が悪いって言うか、ね?」

律「ちょっと色々あって忙しいかな~、みたいな、ね?」

梓「暇そうに紅茶を飲んでたじゃないですか」

澪「うっ!」

律「反論できないところを的確に……」

梓「わかった。きっと先輩たち、突然の事だから、照れちゃってるんだよ」

純「あっ、そういう訳ね」

憂「えへへ。照れなくていいんだよ、お姉ちゃん」

梓「だから私たちで勝手に始めちゃおう、ちゃんと聴いてくれるから」

純憂「おぉーっ!!」



梓「それでは聴いてください、『ミツバチ』です」


澪「選曲に悪意を感じるぞ!?」


梓「38℃の真夏日、夏祭り。こんな日は♪」ワチャカナドゥ


律「しかもお前が歌うのかよ、中野!?」


梓「ガンバンベ! 踊れミツバチ、Hey♪」

純「♪」ブォ-ンブォ-ン

憂「♪」ドコドコシャンシャ-ン

梓「ブーンブンシャカブブンブーン♪」


澪「あぐはふぁぁうんっ!!///」ピクピクッ

律「ふぁ、ひゃぎふぅぅっっ!!///」ジタバタ

紬「ベースとドラムの音だけでも呪いが発動しちゃうのに……」

唯「あずにゃんの歌まで加わったら、大変な事に……」


純「♪」ブォ-ンブォ-ン


澪(いっ、イったまま、収まらない、止まらない!?)ピクンピクンッ

澪(あたま、頭が、バカになっちゃう!?)ピクンピクンッ


憂「♪」ドコドコシャンシャ-ン


律(くすぐったい、気持ちいい、身体に、力が、入らない!?)ムズムズ

律(コーラとか、紅茶とか、色々飲んだから、漏れちゃう、かも!?)ムズムズ


梓「ブーンブンシャカブブンブンブーン♪」


澪「あへらああああぁぁぁぁっっっっ!!!!////」ピ-ンッ

律「出ちゃううううぅぅぅぅっっっっ!!!!////」ジョロロロロ




ジャジャ-ン

純「……ふぅ」

憂「……ほっ」

梓「どうでしたか、私たちの演奏は!?」

澪「あひゃ、しゅ、しゅごい……」ハァハァ

律「すごすぎて、漏らしちゃった……」ハァハァ

梓「ありがとうございます!!」

紬「いい笑顔ね、梓ちゃん……」

唯「あんなに満足そうなあずにゃん、初めて見たよ……」

梓「それじゃ、明日からもよろしくお願いしますね!!」

唯「……明日からも?」

純「これから毎日、先輩たちの前で『ミツバチ』を披露します!」

憂「私たちの成長を、日々見守ってください!」

澪「えっ?」

律「えっ?」

紬「純ちゃんと憂ちゃん、呪いの事は知ってるのかしら?」

唯「知らないんじゃないかな。つまり、容赦ない犯人はただ1人……」

律「……中野!」

澪「……梓!」

梓「という事です、よろしくお願いします!」ニッコリ

澪律「やめてくれぇぇっっ!!」



おわり?



以上で本編は終わりです、ありがとうございました
この後、番外編(大人向け)があるかもね!


6