翌朝!

澪「うぅ、昨日は酷い目にあった……」

唯「澪ちゃん、おはよ~」

澪「唯か、おはよう。今朝は遅刻ギリギリじゃないんだな」

唯「その言い方、まるで私がいつも遅刻ギリギリみたいな!」

澪「事実だろ……」

ガラッ

姫子「おはよう」

唯「あっ、姫ちゃんだ。おはよ~」

澪「立花さん、おは……」

唯「朝の掛け声は!?」

姫子「ブーンブンシャカ!!」

唯「ブブンブーン!!」

澪「よおぉぉっっ!?///」ピクンピクンッ

姫子「澪ちゃん、どうしたの?」

唯「……そっか、澪ちゃんの前でブンシャカしちゃいけないんだった」

澪「はうっ」ピクピク

唯「ごめんね、澪ちゃん」

澪「あぁ、次から気を付けてくれると助かる……」

和「……何なのよ、今の一連のやり取りは」

唯「あっ、和ちゃん!」

和「まず唯と姫子の掛け声は何なのよ」

姫子「えーと、あれは、その」

唯「私と姫ちゃんは『ミツバチ』の絆で結ばれているんだよ!」

姫子「うん、まぁそんな感じ。ハハッ」

和「……もういいわ。姫子も今さら恥ずかしがらないでよ」

姫子「てへへ……」

和「それと、澪はどうしたのよ。いきなり変な声を出して」

澪「うん、実は昨日……」

カクカクシカジカ



澪「……という訳なんだ」

和「随分とふざけた話ね」

唯「和ちゃんは呪いって信じないの?」

和「まぁ、存在は認めるわ。ただし正体は別のものよ」

澪「別のものって?」

和「霊的な力じゃなくて、一種の催眠術よ。だから安心していいわ」

澪「そうなのか?」

和「澪は思い込みが激しいタイプだから、暗示にかかっちゃったのね」クスッ

唯「ふーん……」

姫子(あっ、唯ちゃんが何か企んでる)



昼休み!

「○月×日△曜日、お昼の校内放送を始めます」

澪「さて、お腹が空いちゃったな。お弁当を食べよう」

「今日の1曲目は、3年2組田井中律さんからのリクエスト」

澪「へぇ、律が何かリクエストを出したんだ。海外のロックバンドかな?」

「遊助の新曲『ミツバチ』です。どうぞお聞きください」

澪「……」ガタッ

「38℃の真夏日、夏祭り。こんな日は♪」ワチャカナドゥ

唯「あれ、澪ちゃん。どこに行くの?」

澪「何処か、できるだけ遠く! この放送の届かない場所へ!」

「ガンバンベ! 踊れミツバチ、Hey♪」

澪「いやあぁぁぁ、ばあぁかあぁりいぃつうぅ!!!」



律「あれ、澪がいない。一緒に弁当を食べようと思ったのに。いちご、知らないか?」

いちご「さっき奇声をあげて教室を出て行ったわよ」

律「……はぁ、何だそりゃ?」

いちご「こっちが聞きたいわよ、異様な慌てぶりだったし」

律(例の呪い関連かな?)

いちご「それより、律。軽音部のくせにアンタ、音楽の趣味悪いわね」

律「いきなり失礼な事を言うな、おい!」

いちご「お昼の校内放送に、あんな糞みたいな曲のリクエストを出すなんて……」

律「……んっ、それ何の話?」

いちご「だから、今日の校内放送。律が『ミツバチ』のリクエスト出したんでしょ」

律「いや、私そんなの知らないぞ?」

いちご「……えっ?」



その頃!

憂「梓ちゃん、一緒にお昼を食べようか」

梓「うん、いいよ~」

憂「さっき校内放送で流れた曲、最近お姉ちゃんが大好きなんだ~」

梓「あぁ、遊助の『ミツバチ』ね」

憂「そうそう。ちょっと私は歌詞の意味がわからないんだけどね」テヘッ

梓「あの曲、私がリクエスト出したんだ」

憂「えっ、そうなの? でも確か、律さんのリクエストって言ってたような」

梓「私が律先輩の名前でリクエストしたの」

憂「なんでわざわざそんな事を?」

梓「んー、ちょっとしたイタズラ心だよ」

憂「そうなんだ。梓ちゃんがイタズラするなんて、意外かも」

梓「……」ニヤリ



澪「はぁ、はぁ、はぁ……」

澪「息が苦しい、校庭まで全力で走って来たからな……」

澪「まぁ、それだけじゃないけど……///」

「次の曲は、3年2組琴吹紬さんからのリクエスト」

「ベートーヴェン、ピアノソナタ第8番『悲愴』より、第一楽章」

澪「スーッ、ハーッ。スーッ、ハーッ」

澪「よし、深呼吸したら落ち着いた」

澪「……落ち着いたら、怒りがこみ上げてきた」

澪「律、絶対に許さないからな。キッチリ仕返ししてやる!」イライラ

澪「そうと決まれば、あの人たちに協力してもらおう!」



律「もうすぐ昼休みも終わりだというのに、澪が帰って来ない……」

紬「さすがに怒ったんじゃないかな、『ミツバチ』のリクエストは……」

律「だから、あれは私じゃないってば!」

ガラッ

律「あっ、澪!」

澪「おぉ、律か」ニッコリ

律「さっきの校内放送だけど、あれ……」

澪「あぁ、律のリクエストした曲が採用されて良かったな」ニッコリ

律「え、あ、うん……」

ポンポン

律(ひっ、頭!)

澪「おかげで楽しい昼休みを過ごせたよ、ありがとう」ナデナデ

律(……その笑顔が怖すぎます、澪さん)



放課後!

澪「あっ、唯」

唯「澪ちゃん、どうしたの?」

澪「私、今日はちょっと部室に行くのが遅くなるから」

唯「うん、わかった」

澪「だからそれまで、好きなだけ『ミツバチ』を歌ってていいからな」

唯「……えっ?」

澪「唯は歌いたくて仕方ないのに、私に気を遣って歌えないだろ?」

唯「う、うん」

澪「私がいない間は、何の遠慮も要らないからな」

唯「……よくわかんないけど、ありがとう澪ちゃん!」


3