唯「どうしたの、澪ちゃん? 突然大きな声で」

澪「い、いや、何でもない……」

澪(ななな、何が起こったんだ?)

唯「ふーん、変なの~」

唯「ブーンブンシャカブブンブンブーン♪」

澪「ひゃはぁぁっ!!///」ピクピクッ

澪(この感覚、自分の部屋でオn……あ、あんな事してる時と同じだ!)



律「ほほう……」ニヤリ



唯「もうっ、澪ちゃん!」

澪「うぅ……」

唯「人が気持ちよく歌ってる時に邪魔するのはマナー違反だよ!」プンスカ

澪「す、すまん、唯……」

紬「唯ちゃん、さっきから歌ってるその曲は何なの?」

唯「『ミツバチ』って曲だよ、私のなかで最近のベストヒット!」

紬「なんだか口ずさむだけで楽しくなっちゃう素敵な曲ね!」

梓「……唯先輩、ムギ先輩、それ皮肉じゃなくて本気ですか?」

紬「もちろんよ、ブーンブンシャカブブンブーン♪」

澪「はうんんんんん!!///」ピ-ンッ

澪(とうとう、イってしまった……)ハァハァ

唯「んもうっっ!!」プンスカ

澪「あ、ご、ごめん……」ハァハァ

梓「澪先輩……?」

紬「澪ちゃん……?」

澪「……ちょっと、トイレに行って来る」ガタッ

律「あっ、私も行く~」ガタッ

スタスタ



律「それで、さっきからどうしたんだ、澪?」ニヤニヤ

澪「くそっ、律……」ハァハァ

律「まさかとは思うけど、さっきの呪いが本当に……」ニヤニヤ

澪「そ、そんな訳ないだろっ!」



昼休み!

律「……あそこにいるの、オカルト研の人じゃないか?」

澪「あっ、本当だ」

律「どーもどーも、学園祭の時はありがとう」

オカ研1「……こんにちは」

律「今は何してんだ?」

オカ研2「世界各地の呪いについての考察、まとめていたところ」

澪「の、呪い!?」ビクッ

律「おー、どうした澪。怖いのか?」

澪「そそそ、そんな訳ないだろ。呪いなんてないさ、呪いなんてうそさ」

律「『おばけなんてないさ』ってか……。さっそく逃避に入ったな」

オカ研1「……嘘、じゃない」

律「あー、ごめんな。気を悪くしないでくれ。澪は幼稚園児並みの怖がりだからさ」

澪「何だよ、その言い方! わ、私は別に怖いんじゃなくて、そんなもの信じてないだけで」

オカ研1「……呪いは実在する」

オカ研2「どうしても信じないと言うならば、その存在を証明してみせる」

律「証明するって、どうやって?」

オカ研1「……秋山澪、あなたを呪う」

オカ研2「実際に呪いをかけて、その効力を身をもって知ってもらう」

澪「えぇっ!?」

律「おいおい、大丈夫なのか!?」

オカ研1「……大丈夫」

オカ研2「あなたにかけるのは、一番軽い効力の呪い。魂も穢れないし、すぐに解ける」

律「うーん。よくわからないけど、お試し感覚のかる~い呪いなんだな」

オカ研1「……そう」コクリ

律「それならいいんじゃないか、澪。かけてもらおうぜ」

澪「へっ!?」

律「呪いなんて信じないんだから、かけられても平気だろ?」ニヤニヤ

澪「ももも、もちろん! 呪いなんて迷信に決まってる!」

律(こいつはどうしてオカルト研の前でそういう事を言っちゃうかな……)

オカ研1「……そう」ムスッ

オカ研2「わかった。これから実際に呪いをかける」

律「イェーイ、やっちゃってください!」パチパチ

澪(もう、後には引けなくなっちゃったーーー!)



オカ研1「汝、悦楽に溺れし弱き者の……」ブツブツ

オカ研2「愚かなる人間の魂を喰らいて……」ブツブツ

律(なんか呪文のようなものを詠唱していらっしゃる……)

澪(さっき髪の毛を抜かれて、ちょっと痛い……)

オカ研1「……ふぅ」

オカ研2「終わった。秋山澪には呪いがかけられた」

澪「ひぇっ!」ビクビク

律「お疲れ様、どんな呪いなんだ~?」

オカ研1「……快楽天と呼ばれる呪い」

オカ研2「言霊によって、秋山澪は悪魔の快楽に身体を蝕まれる」

律「ふむふむ、その言霊ってのは何だ?」

オカ研1「……呪文のようなもの」

オカ研2「ある種の言葉には霊力が宿る。鍵となる言霊は、」



再び放課後!

律『Bu~n』

澪「ひぃっ!?///」ピクンッ

律「……って聞くと、全身を快感が駆け巡る。そんな呪い、ある訳ないよな?」ニヤニヤ

澪「……そ、そんなもの、ある訳ないだろっ!」

律『Bu~n』

澪「はぁっ!?///」ピクピク

律「あはははは。澪の反応、面白いなぁ~」ニヤニヤ

澪「く、くそっ……」ハァハァ

律「安心しろよ、10日も経てば自然に呪いが解けるって言ってたし」

澪「10日って、結構長い……」

律「さて、トイレに着いた」

澪「……」

律「どうした、早く済ませてこいよ?」

澪「へ、変な事するなよ」

律「何もしないって、さぁさぁ」

澪「うぅ……。大体なんで、トイレまでついて来るんだよ」

バタン

律「……」

澪「……」

律「ガンバンベ! 踊れミツバチ、Hey♪」

ガチャ

澪「やめろぉっ、その先を歌うなぁっ!!」

律「きゃはっ、冗談だよ、冗談!」



紬「……あっ、2人とも帰って来た」

唯「トイレタイムが長すぎだよ~」

律「悪い悪い、澪がすっごい便秘でさ~」

澪「そうやって根も葉もない話ばっかりするな!」ゴチン

律「はべっ!」

梓「それより澪先輩、律先輩。どうか唯先輩とムギ先輩を止めてください」

澪「ん、何かあったのか?」

梓「次のライブで『ミツバチ』を演奏するって言い出して……」

澪「なにぃっ!?」

唯「いいじゃん、やってみようよ~」

紬「他のアーティストの曲をカバーするのも楽しいわよ?」

梓「カバーはいいですけど、よりによってあんな酷い曲じゃなくても!」

律「いいんじゃないか、私は賛成~」ニヤニヤ

澪「り、律っ!」

律「実は私もあの曲が大好きなんだよね~」ニヤニヤ

澪「お前、昨日まで『糞曲だ』ってボロクソに批判してたじゃないか!」

唯「りっちゃん隊員もわかってくれますか、この素晴らしさを!」

紬「それじゃあ早速、今日から練習してみましょうか!」

梓「そ、そんな……」

澪「だ……」

律「だ?」

澪「ダメぇぇぇぇぇぇっっっ!!!」バンッ

律「うわっ、澪がキレた!」

澪「ヤダ、ヤダ、ヤダ! 私は絶対に認めない!」ウルウル

律(目に涙を浮かべて、どんだけ必死なんだ……。って、当然か)

唯「えー、いーじゃん、やろうよー。ブーブー」

澪「あふぅ!!///」ピクンッ

律(あっ、唯のブーイングに反応した。不完全でも言霊に認識されるんだな)

紬「私も、ブーブー!」

澪「はぁん!!///」ピクッピクッ

律(ムギ、えらい楽しそうだけど、本当にブーイングの意味わかってるのかな?)

梓「澪先輩、さっきから様子がおかしいですけど、大丈夫ですか?」

澪「と、とにかく、私は反対だからな……」ハァハァ

律(涙目で顔を真っ赤にした澪の表情、エロいなぁ)

唯「澪ちゃんがそういう態度なら、私だって意地を張っちゃうよ!」

梓「唯先輩、何をする気ですか?」

唯「これから何の曲をやっても『ミツバチ』の詞で歌うからね、私!」

梓「……はぁ?」

唯「スタンバイOK、行くよギー太!」

澪「……な、何を?」

唯「ブーンブンシャカ、ブーンブンシャカ、ブンブン♪」ジャンカジャンカ
 (キミを見てると、いつもハート、DOKI☆DOKI)

澪「あふあぁっ!!///」ピクンピクンッ

唯「ブーリブリチャカ、ブーリブリチャカ、ビガッビガッ♪」ジャンカジャンカ
 (揺れる思いは、 マシュマロみたいに、ふわ☆ふわ)

澪「ひゃうんんんっ!!///」ピ-ンッ

律(あっ、澪がまたイったみたいだな)

梓「唯先輩、本当にやめてください。私たちの思い出を汚されたみたいで悲しいです」

唯「だってみんなが賛成してくれないんだもん~」

紬「これ、なんだか斬新で面白いかも!」

唯「でしょでしょ!?」

律「……なぁ、澪」

澪「あ、うー?」ハァハァ

律「まともに喋れないほどイきまくったか」

澪「そ、そんにゃこと」ハァハァ

律「いいか、お前が助かるには、唯たちに本当の事を話すしかないと思うぞ?」

澪「……」ハァハァ

唯「えーと、曲名は『ふわふわ時間 ~ミツバチver.~』かな」

紬「あと『わたしの恋はホッチキス ~ミツバチver.~』もいい感じね」

梓「唯先輩、ムギ先輩、私の話を聞いてましたか!?」

律「……あの調子だと、これから毎日のようにブンシャカ地獄になるぜ」

澪「はうっ」ピクッ

律「素直に呪いの存在を認めて、正直にお願いした方がいいんじゃないか?」

澪「わ、わかったよ……」

律「よしよし、いい子だ」ナデナデ

澪「うぅっ……」

律「さぁさぁ、みんな注目! ちょっと聞いてほしい事があるんだ!」

唯「ほえ?」



律「……という訳で、澪には今、呪いがかけられてるんだ」

澪「だからお願いだ、本当に『ミツバチ』だけは勘弁してほしい」グスッ

紬「そういう理由があるなら、無理にとは言えないわね」

唯「えー、でも……」

紬「唯ちゃん!」

唯「……わかったよ。澪ちゃんの呪いが解けるまで我慢する」

澪「ありがとう、みんな……」ホッ

律「これで快感地獄から救われたな、澪」

梓「でも律先輩、澪先輩が悶絶するのを見て楽しんでたんじゃないんですか?」

律「いやー、なんか澪が苦しそうだからさぁ。かわいそうに思えてきちゃって」

梓「……律先輩、手ぬるいです」ボソッ

律「……えっ、何か言った?」

梓「いえ、何も」ニコッ



澪「じゃあ練習しようか。『ミツバチ』じゃない、普通の曲な」

律「えーっ、もうちょっと休憩しようぜ。学園祭も終わったんだし」

澪「学園祭が終わっても、卒業しても、このバンドは続いていくんだぞ」

律「……何だよ、そんな普通にいい話しやがって」

澪「こういう時こそ、ちゃんと練習する事が大切なんだ」

紬「うん、わかった。食器を片付けたら練習に入るわ」

澪「ありがとう。私は先に始めてるよ、今日はまだ一度も弾いてないんだ」

ブォ-ン

澪「ひゃぁっ!!///」ピクンッ

紬「澪ちゃん、どうしたの?」

澪「い、いや、何でもない……」

律「今の反応、まさか……」

澪「も、もう一回、弾いてみよう……」オソルオソル

ブォ-ン

澪「きゃふぅっ!!///」ピクピク

律「やっぱり、そういう事か」

紬「りっちゃん、何が起こってるの?」

律「どうやらベースの音が『Bu~n』の言霊として認識されちゃうみたいだ」

紬「つ、つまり?」

律「澪がベースを弾くと、澪は限界までイき続けるって事だ!」

澪「そ、そんなぁ……」ヘナヘナ

唯「自分で自分をイかせるなんて、まるでオn」

律「唯、その先は言わない方がいいと思うぞ」

澪「これじゃ、練習なんてとても出来ないよ」

梓「えっ、練習しないんですか? 澪先輩らしくない」

澪「……梓、一連の流れを踏まえてそれ言ってる?」

律「そうだな、今日はなんか凄くみんなで練習したい気分だ!」ニヤニヤ

澪「律、お前は普段そんな態度じゃないだろ!」

紬「キーボード、準備できました」

唯「こっちもOKだよ、あとは澪ちゃんだけ!」

澪「……う、」

律「……う?」

澪「うわああああああああん!!」ダッ

律「あっ、逃げた」

梓「今日はもう澪先輩で遊べませんね」

律「梓、今『で』って言った?」

梓「いえ、別に」ニコッ


2