梓「にゃんまげもビックリしてましたよ」

 「かわいそうに」

唯「だってフツー、時代村にトラックが

  突っ込んでくるなんて思わないよ~」

律「あまいあまい」

 「今や全国のトラック野郎にとって

  唯を撥ねたかどうかはステータスだからな」

唯「いやな世の中になったね」


紬「イヤならイヤってハッキリ言った方がいいわよ」

唯「えっ、誰に?」

梓「トラックが走るのは道路なんだから

  道路に訴えを書いておくとか」

唯「よーし!!このチョークで……」

  「トラックさん。お願いだから これ以上 私を撥ねないでくださいっ…」カキカキ

キキキキキィィーッ ドオオォォオオン

澪「ゆ、唯いいいいいいいいい!!」

律「またトラックに撥ねられちゃったなー」

梓「夢中で道路にラクガキなんかしてるからですよ」




第1話 「はじまりはいつも血の雨」 完



律「最近、部室が汚くなってきたなぁ」

梓「まるで律センパイの心のように」

律「よし、今日は中野のギターをバラバラにして遊ぼうぜ」

紬「そうね!」

梓「冗談は顔だけにしろよな」

澪「まぁでも確かにゴチャッとしてきたな」

 「今日は 部室の整理でもしようか」

唯「なんのために?」

澪「話聞いてんのかこのクソ野郎クソ野郎クソ野郎ッ!!!!」ガシャーン

唯「ご、ごめんなさいやります!!」

紬「澪ちゃんカリカリしてるわね」

律「今日、生理なんだ」

梓「だから整理しようなんて言い出したんですね」

紬「生理と整理……梓ちゃん、それでいいの?」

梓「す、すいません…」


澪「とりあえず いらなさそうなモノがいっぱい出てきたぞ」

唯「私のカエルちゃんはいらないモノじゃないよ!!」

  「いらない子なんて いないんだよ!!」

律「じゃあ持って帰れよ」

唯「え~、邪魔だよ~」

澪「いらない子なんていないんじゃなかったのか」

唯「いらない子はいるよ!!」

梓「いるのかいらないのかどっちなんですか」

唯「ぇあ?」

紬「いらない子は存在するということなのか

  いらない子は必要だということなのか」

唯「みんな なに言ってんの?」

律「お前がなに言ってんだ?」

澪「ややこしいなぁ。みんな入院すればいいのに」


紬「いらないと言えば、ベースって必要なのかしら」

澪「マ?」

律「まぁギターにドラムにキーボードがあれば必要な音は出るしな」

唯「っていうかベースってなんなの?木馬なの?」

澪「なに言ってんだこのうすらバカ!!クズ!!」

 「ベースがいなきゃ お前らの演奏なんて

 マヌケなサウンドになっちゃうらしいよ!!」

梓「らしいって なんなんですか」

澪「インターネットで調べた」

律「お前も知らないのかよ」


澪「それより いらないと言えば 梓だろ」

梓「にゃ?」

律「まぁ実際、1年のころは私達4人で成立してたワケだしな」

梓「なに言ってんですかこのバカ!!クズ!!クソ虫ウンコ!!死ね前律腺ガン!!」  律「…死のう」

  「私がいない放課後ティータイムなんて

  生クリームとイチゴののってないショートケーキみたいなもんですよ」

唯「じゃあ私達が1年生のころは ただのスポンジだったんだね」

律「よし、今日は中野のギターをバラバラにして遊ぼうぜ」

紬「そうね!」

梓「やめろ!!」


澪「ふぅ、なんとか整理が終わったぞ」

唯「床も机もピカピカだねぇ」

澪「うんうん、唯がんばってたもんなぁ」

 「偉いぞ~」ナデナデ

唯「わぁい、えへへ~」

梓「なんだか澪センパイ、機嫌がいいですね」

律「整理が終わったので生理も終わったのだろう」

紬「それでいいの?りっちゃん。 もう一回よ」

梓「なんだか澪センパイ、機嫌がいいですね」

律「へへ、あのキレイな顔をグシャグシャにしてやるぜ」ズルッ

梓「なんでパンツを脱ぐんですか」

律「ア、アタシにはもうこうするしか…」ググッ ミチミチミチ

澪「お前えええええ!?なにしてんだああああああああ!?」


第2話 「せいり!!」 完



唯「りっちゃん、私 放課後ティータイムに

  足りないものを見つけちゃったよ」

律「気のせいだろ」

澪「さぁ練習しような、唯」

唯「うん…」

ジャンジャンジャーン♪

澪「よし、なかなかの出来だったな!!」

唯「放課後ティータイムは最高だよ!!」


第3話  「あえ?」 完



唯「りっちゃん!! 私 放課後ティータイムに

  足りないものを思い出したよ!!」

律「気のせいだろ」

澪「さぁ練習しような、唯」

唯「うん…」

ギャオンギャオンギュィィィン♪

梓「いい感じでしたね」

唯「やっぱり放課後ティータイムは最高だよぉ!!」


第4話 「なんか忘れてる気がするなぁ」 完



唯「りっちゃん、放課後ティータイムには

  足りないものがあるんだってば!!」

律「わかったわかった、なんだよソレは」

唯「それは、『悪しき心』だよ!!」ジャジャーン!!

律「バカかコイツ」

澪「さぁ練習しような、唯」

唯「うん…」

ズツチャッ ズツチャッ ジュィアアアアア♪

唯「放課後ティータイム最高おおおー!!」


第5話 「不良っぽさが必要だと思ったけど気のせいだった」 完



エリ「ねぇ唯。悪いんだけど このプリント 信代に渡しておいてくれる?」

唯「ぇあっ?うん…」

エリ「じゃあ私、急いでるから!!お願いね!!」タッタッ

唯「……」

和「どうしたの唯、生まれたばかりで

  右も左も分からない子猫みたいな顔して」

 「誘ってるの?キスくらいしても 許されるわよね?」

唯「あっ、和ちゃん! 困ったことがあって」

和「どうしたの?」

唯「今、変態に迫られているの」

和「言うようになったじゃない」


唯「実は 知らない人にプリントを渡せって頼まれて…」

和「えっ、今 話してたのはエリでしょ。瀧エリ」

唯「誰それ」

和「瀧エリ」

唯「だれそれ♪」パンパン♪ ←手拍子

和「たきえり♪」パンパン♪

唯「だれ・それ♪」パンパン♪

和「たき・えり♪」パンパン♪

唯「だれ♪それ!!」パンパン♪

和「たき♪えり!!」パンパン♪

律「大丈夫かアイツら」

澪「そっとしておこう」


和「卒業間近なのにクラスメイトの顔と名前

  まだ覚えてないの?」

唯「当然だよ」

和「まぁ唯は私の事だけを覚えていればいいからね」

 「それで?」

唯「なにが?」

和「プリントをどうしろって言われたの?」

唯「あぁ…なんだっけ、燃やす…?」

和「誰かに渡せって言われたんでしょうが」

唯「そうだっけ」


唯「誰に渡すの?」

和「知らないわよ」

唯「う~ん」

和「渡す人の名前、少しでいいから覚えてないの?」

唯「う~ん」

和「あと2秒で思い出さなかったらキスするわよ」

唯「あっ、そういえば」

和「チッ」

唯「ぶよぶよ…」

和「ばよえ~ん!!」


唯「うん、なんか ぶよぶよっぽい事ゆってた」

和「ぶよぶよと言えば中島信代」

 「名前が信代なら腹もぶよぶよ」

 「人は彼女を歩くゴリラと呼ぶわ」

唯「普通のゴリラって歩かないの?」

和「とにかく昔の人には そう見えたらしいのよ」

唯「ふーん」

和「じゃあ 忘れないうちにプリント渡してきたら?」

唯「うん、ありがとうね! えっと、誰だっけ」

和「ウォワアアアアアアア!?」


唯「あのね、ゴリラさん」

信代「えっ」

唯「エリマキトカゲがゴリラさんにプリント渡しておいてって」

信代「エリ・・・???」

唯「あっ、今度 バナナ持ってくるね!!」

信代「はぁ…」

唯「ばいば~い!!」

信代「……?」


第6話 「……?」 完



2