~しばらく後~

紬「落ち着いた?」

澪「うん…。」

律「…でさ。その人の連絡先とか…知らないよな?」

唯「んー、分からない…。」

律「だよなー…。…ムギ、そういうのを調べたりとかは…」

紬「ええ任せて!調べさせるわ!」

律「(調べられるんだ…。)」

唯「(さすがムギちゃん…。)」

律「やっぱり、まずは本人に謝罪だよな。」

澪「うん…。」

律「あとさ、無実の証言は…。」

紬「…裁判まで待った方がいいと思うわ。」

唯「裁判…!」

紬「本人が認めてしまった以上、起訴はされると思うの。
だから、法廷で全てを話すのよ。その方が、効果が高いはず。」

紬「でも…澪ちゃんにはそれだけ、泥を被ってもらうことになるわ…。」

澪「…やるよ、あたし。」

澪「みんなを信じて…いいんだよな。」

律「何度も言わせんな!見捨てたりなんかしないよ!」

唯「そうだよ!澪ちゃん!」

紬「澪ちゃん…!頑張りましょう…!」



~翌日の放課後、男宅前~

律「ムギはさすがだな。」

唯「まさか一晩で調べてくるなんてねー。」

紬「ふふ、調べたのは私じゃないけどね。」

澪「…。」

律「さ、澪。行こうぜ」

澪「…いや、一人で行くよ。」

紬「大丈夫?」

澪「ああ。みんなでいけば怖くない…なんて言うしな。」

澪「一人でいかないと、誠意が伝わらないと思うんだ。」

律「分かった。行ってこい。」



澪「………。」ドキドキ

澪「…っ!」

ピンポーン

澪「………。」ドクッドクッ

男「………。」ガチャ

男「!」

男「な、何しにき…え?」

澪「っ!」ダンッ

男「土下座…?」

澪「…申し訳ありませんでした。」

男「………。」



唯「どうだった?澪ちゃん。」

澪「…ムギ、あの人の…勤め先、分かるか?」

紬「ええ、分かるけど…。」

澪「…痴漢の件が会社に知れて、クビになりそうなんだって…。」

澪「他にも、家族、友達、…色々失った。」

澪「だから、ゴメンで済ますことはできないって…。」

唯「そっか…。」

澪「…ムギ、あの人の会社はどこだ?」

紬「…ふふっ、ここからは近いわよ?行く?」



~会社~

紬「このオフィスね…。」

澪「………。」

澪「…行ってくる!」



律「どうだった?」

澪「クビ、考え直してくれるって。
あの人の人生を狂わせた元凶として、責任を持ってあの人の無実を証明します、って言ったんだ。」

紬「その言葉を、信じてくれたのね。
会社としても、疑惑のある人を残すのは、リスクのあることのはずだから…。」

律「よし、いい手土産ができたことだし、もう一回あの人に会いに行こうぜ!」



~夜、男宅~

ピンポーン

ガチャ

男「君か…。」

澪「あ、あのっ!」

男「いや、もう会社から連絡きたから、報告はいいよ。」

澪「そ、そうですか…。」

男「………。」

澪「………。」

男「…俺はね、やっぱり君を許すことはできないよ。こんなことをされてもね…。」

澪「っ…。」

男「…でも、俺の無実を証明する…その言葉は、信じるよ。」

男「裁判、1週間後に決まったから。…頼んだよ。」

澪「…は、はいっ!」パァァ



澪「裁判、1週間後だってさ。」

律「そうか…。」

唯「それで、許してはもらえた…?」

澪「…考えてみたら、ゴメンで済まそうなんて考え方が図々しいんだよな。いくら謝っても、許されるはずないよ。」

澪「だからまず、法廷で無実を証明してみせて、態度から示す。
…その後でまた、改めて頭を下げに行くよ。」

律「澪…。」

ギュッ

律「あんまり、無理すんなよ?」

澪「無理なんかしてないよ。…みんながいてくれるから、な。」



~裁判前日~

唯「いよいよ明日だね…澪ちゃん。」

澪「ああ…。」

律「明日、法廷で全てを話して…多分、お前は色々なものを失う…。」

紬「でも、私達の関係は、絶対になくならないから。」

唯「だから、澪ちゃん。思いっ切りぶつかってきて!」

澪「ああ…!」



課長「明日、だな。」

男「はい…。」

部長「大丈夫だ。被害者が味方についてる裁判なんか、デキレースみたいなものだからな。」

課長「あの子がそこまで泥を被ってくれると言っているんだ…。」

男「はい。必ず、無罪を勝ち取ってきます!」



~数日後、判決公判~

裁判長「………、以上の点から、被告人が犯行を行ったとは考えにくく、」

裁判長「被告人を、無罪とする!」



澪「こんにちは。」

男「やぁ。…これで晴れて、潔白の身だ。」

澪「よかったです。証言したかいがありました。」

澪「…今日は改めて、謝りに来たんです。
決めてたんです。あなたの潔白を証明できたら、また来るって。」

男「…いや。謝罪の言葉はもう、いらないよ。」

男「正直言って、ね。潔白を証明できても、取り戻せないものがいっぱいあるんだ。」

澪「はい…。」

男「でも君は、自分で泥を被ってまで、俺の潔白を証明するために奮闘してくれた。」

男「それはね、土下座すりゃ許してくれんだろ、みたいな甘ったれた謝り方とは違う、本物の謝罪なんだと思うんだ。」

男「だから俺も、君を許さなくちゃならない。
全て取り戻せなければ許さない、なんていうのは間違ってるからね。」

澪「はい…!」



~学校~

澪「………。」


「聞いた?秋山さんの話…。」ヒソヒソ

「知ってる!あの人、痴漢をでっち上げてたんでしょ?」ヒソヒソ

「どうかしてるよねぇ。人の人生潰しておいて、平気な面して学校に来れるんだから。」ヒソヒソ

「厚顔無恥っていうか何ていうか…。」ヒソヒソ


澪「………。」

和「おはよ、澪。」

澪「和…!う、うん、おはよう。」


「ちょっとどうする?真鍋さん、あの子に話し掛けてるわ…!」ヒソヒソ

「まだ知らないんじゃないの、秋山さんがどんな人か…。」ヒソヒソ

「あの人、噂話とか疎そうだもんね…。」ヒソヒソ

「どうする…?教えてあげる…?」ヒソヒソ


和「澪、数学の宿題やってきた?
1つ分からないところがあって、教えて欲しいのだけれど…。」

澪「へ、へぇ…。和が数学で詰まるなんて、珍しいな…。」

澪「(和は…知らないのかな。あのこと。)」

澪「(知らないままでいて欲しい…。和には、嫌われたくない…。)」

「真鍋さん!」

澪「っ!!」

澪「(頼む…!和には言わないで…!)」

「秋山さんが何したか知ってる?」

「この人ね、電車で痴漢をでっち上げたんだってー。」

「真鍋さんも、あんまりこの人に近付かない方がいいよー?」

「真鍋さんも、犯罪者にされちゃうかもー!」

澪「………。」

澪「…のど…か…。」

和「………。」



和「…ああ、そのこと?」

澪「…和?知ってたのか?」

和「どうしてでっち上げなんてことになってるのかは、知らないけれどね。
…バカって怖いわ。」

「バッ…!な、何よ!あたし達は真鍋さんのために!」



澪「和…。」

和「大丈夫よ。私はバカじゃないから。」

和「…澪がどれだけかっこよかったか、理解できるわ。」

澪「和…!」パァァ



~放課後、部室~

律「澪、大丈夫だったか?」

紬「ここまで尾ひれがついて、噂が広がるなんてね…。」

唯「教室で、なんか言われなかった?」

澪「大丈夫だよ。和が味方についてくれた。」

唯「和ちゃんが?」

律「そっか!やっぱり、分かってくれる奴は分かってくれるんだな!」



梓「先輩…!」

律「よ、梓。」

梓「よ、じゃないですよ!私だって軽音部のメンバーなのに、どうして何も話してくれなかったんですかぁ!」

紬「ふふ。ごめんね、梓ちゃん。」

梓「…なんですか、たった1年早く生まれたくらいで。」

唯「ごめんねあずにゃーん!」ギュッ

梓「…唯先輩も他人事じゃないですよ。憂も怒ってましたから。」

唯「えっ!?」ガバ

澪「あはは…。」

律「お、久しぶりに見たな。澪の笑顔。」

澪「…え?そうだったか?」

唯「うん…。澪ちゃん、ずっと笑ってなかったんだよ?」

澪「そっ、か…。何だかんだ言っても、ヘコんでたのかもなぁ…。」

澪「でも、大丈夫。分かってくれる奴はどこにでもいるって、今日気付いたからな。」



律の言ってた通り、あたしは本当に色々なものを失った。
あたしから離れていった人も少なくない。

でも、後悔はしていない。

あたしの勘違いから、人一人の人生が潰れかけたんだ。
何を犠牲にしても、それは修正しないとな。

あたしは必死にかけずり回って、何とか償った、許してもらえた…。
だから、これからも堂々と生きていける。
少なくとも、痴漢冤罪で人の人生を破壊して、それでも平気で被害者面ができる人達なんかよりはな。

そして何より、一番大切なものは、そう簡単に壊れたりなんかしなかった。
それどころか、あたしを導いてくれた。
…それだけで、十分過ぎるくらいだ。

律、唯、ムギ…それに、梓や和も…。
みんな、本当にありがとうな…。

最後に。あたしに痴漢をした、真犯人。
もはや、そいつが誰かなんて調べようも無いことなんだけど…。

捕まらなくったって、やったことが無くなるわけじゃないんだ。

そいつにも何らかの形で裁きが下ることを、あたしは信じている。





乗客「あー、澪ちゃんの尻の感触…忘れらんね…。」

乗客「しっかし、あの子も…。痴漢から助けてやったってのに…恩知らずな奴だったよなぁ。」

乗客「ま、いいや。隠し撮りした写真が携帯に入ってるしぃ。」

カチャッ

乗客「へへ、よく撮れてる…。これなら澪ちゃんも、ヤらせてくれるでしょ。」

乗客「って、おっとっと!」

ポトッ

乗客「やべ、線路に落ちちゃったよ…。」

乗客「よいしょっと…ん?」




ゴォォォォォォォォォォ!!キキィィィィィ!!



~完~