~休み時間、教室~

律「唯、休みか…。」

紬「珍しいわね。」

律「ああ。…なあムギ?やっぱりさ、…」

紬「…昨日様子がおかしかったのと…関係ありそうよね。」

憂「あの…。」

律「お、憂ちゃん!どうしたの?」

紬「唯ちゃんのこと?」

憂「はい…お姉ちゃん、部屋から出てきてくれなくて…。
何か悩んでるみたいなんですが…。」

憂「あたし、どうしたらいいか分からなくて…!」

律「やっぱり…何かあったんだな。」

紬「話してくれてありがとう、憂ちゃん。」

律「今日、行くから。」

憂「は、はい!お願いします!」

タッタッ

紬「…どうする?みんなも誘う?」

律「いや…澪は誘わない方がいいと思う。
あたしの気のせいかもしれないけどさ、なんか昨日の唯、澪にビクビクしてた気がするんだ。」

紬「それに、澪ちゃんも少し様子がおかしかったものね。」

律「お、ムギもやっぱりそう思うか?…あいつもあいつで何かあるのかもしれないけど…。」

律「とにかく、唯には会わせない方がいい。そんな気がする。」

紬「梓ちゃんも連れて行かない方がいいわよね。後輩がいると話しにくい、ってこともあるでしょうし。」

律「…だな。2人で行こう。澪達に勘付かれないように、部活終わってから。
…時間大丈夫だよな?」

紬「ええ。」



~夜~

律「おーい唯!」トントン

紬「唯ちゃん。」

唯「っ…!り、りっちゃん、むぎちゃん…!」

律「入っていいかー?」

唯「こないで…。」

律「…そっか。」

紬「唯ちゃん…。」

憂「…お姉ちゃん…。」

律「………。」

律「どりゃあああああ!!」

バーン!

唯「あっ!!」

唯「りっ!りりりりりりっちゃん!開けないでって言ったのにっ!」

紬「ちょっとりっちゃん!」

律「いやぁ~、あはははは…つい手が滑って…」

律「…唯、大丈夫だから。」

唯「え…?」

律「ほら、唯が怖がってたあたしの顔だよ~。見てみたら、別に怖くもなんともないだろ?」プクーッ

唯「べっ、別にりっちゃんなんか怖がってないもん…。」ムッスー

律「はは、どうだか。」

律「唯が怖がってるほど、あたしら軽音部の関係は脆くないから。」

律「壊れたりなんか…させないから、絶対に。」

唯「りっちゃん…。」

律「だから、話してみなよ。大丈夫だから。」

律「…なにがあったの?」

紬「(りっちゃん…。)」

憂「(律さん…!)」

唯「う………。」

唯「うわぁぁぁん!りっちゃあああああん…!」ポロポロ

だきっ

律「おー、よしよし…。」



律「…落ち着いた?」

唯「ひっく…ひっく…。うん…。」

唯「あのね…ひっく…話すから…憂は…聞かないで…ぐすっ…。」

憂「…あたしが聞いちゃ、いけない話なのね?」

唯「うん…ぐすっ…。」

憂「分かった。…律さん、紬さん。お姉ちゃんをお願いしますね。」

律「うん。ごめんね…。」

バタン

紬「じゃあ、唯ちゃん…。」

唯「うん…。」



律「そっか。澪が…。」

紬「そんなことが…。」

唯「うん…。」

律「なんつーか…。」

紬「ええ。」

律「澪には悪いけど…。多分、冤罪だな。」

唯「えんざい?」

律「濡れ衣ってこと。」

紬「どうして唯ちゃんの話、聞いてもらえなかったのかしら…。」

律「あー、なんかテレビで見た気がする。
駅員って、めんどいからとりあえず警察に突き出しちゃおう!みたいな奴が多いんだって。」

唯「あ!あの人、確かにそんな感じだった。」

律「やっぱりか。」

律「…しかし警察に行ったが最後。
そこでも話なんか聞いてもらえなくて、罪を認めるまで取り調べが続くんだってさ。」

紬「それは私も聞いたことがある気がするわ。確か、早く認めちゃった方が得なのよね?」

唯「え…?どういうこと?」

律「罪を認めれば、その場で釈放されるんだよ。」

紬「だから、その人もそれを知って、罪を認めてしまったんじゃないかしら。」

唯「じゃあ、自供したから、っていうのは…。」

律「ああ。全く信用できない。」

唯「やっぱり、濡れ衣なんだね。…それを証明しないと…。」

紬「でも…。」

律「ああ。それをすれば、澪が完全に悪者にされる。」

律「あいつだって、痴漢されたことには間違いないのにな…。」

律「…唯、ムギ。どんなことがあっても、あたしらは澪の味方でいような。」

唯「うん!」

紬「………。」

律「…ムギ?」

紬「私は、約束はできないわ。」

唯「ムギちゃん…。」

律「…はは、もしこのまま澪が逃げたら…って言いたいんだろ?ムギは。」

紬「そうよ。だから…」

律「言うな言うな。あたしも唯も、同じ気持ちだよ。」

律「…やるべきことはやらせる。絶対に逃がさない。
あいつのためにな!」

紬「…うん!」



唯「あのね!りっちゃん、むぎちゃん!」

律「ん?」

唯「やっぱり、二人に話してよかったよ!」ニコッ

紬「ふふっ、こんなことで、澪ちゃんを見捨てたりしないわ。」

律「…それが怖くて、ずっと澪をかばってたんだろ?」

唯「うん…。」

唯「でも、大丈夫だって分かったから。りっちゃんとムギちゃんを信じて…。」

唯「………。」

唯「明日!澪ちゃんともう一回話し合うよ!わたしももう逃げない!」

唯「だから、…一緒に澪ちゃんを説得してくれる?」

律「ああ。」

紬「もちろんよ!」



~翌日の放課後、部室~

律「みんな揃ったな。」

澪「梓がまだだぞ。…珍しいな。」

律「あー、梓には帰ってもらった。今日はこの4人でしなくちゃならない、大事な話があるからな。」

澪「っ!」

澪「…唯!話したのか!」

唯「ごめんね澪ちゃん。でもね、やっぱり…。」

澪「あいつが犯人じゃないって!?まだそんなことを!」

唯「だって、あれは絶対に見間違いなんかじゃなかったから…!」

澪「…律とムギはどう思ってるんだ?」

律「お前の話を聞かないと何とも言えないけど…。」

紬「唯ちゃんの話が事実だとしたら、その人がやったとは考えにくいと思っているわ。」

澪「…あたしは。」

澪「ドアの近くで、ドアに向かって立っていて…。」

澪「そう、電車が揺れて、その拍子に誰かの手がお尻に当たってると思って…。」

澪「そしたら…。」

澪「………。」

紬「澪ちゃん、辛いかもしれないけど、話して…。」

澪「…やっぱり嫌だ!」

澪「大体、あのことはもう終わったことなんだ!思い出させないでくれよ!」

律「終わってない!」

澪「!」

律「ここで終わらせちゃいけないんだよ…!」

律「澪、…痴漢した経歴を持つ人が、その後どういう扱いを受けるか…分かるだろ?」

澪「そ、それは…実際に痴漢をしたんだから仕方ないだろ…。」

律「本当にやったんならな。」

律「でも、もしもそれが冤罪だったら…。」

律「お前は一生、人一人の人生を潰した奴として生きていくんだ。」

澪「っ!」

律「だから、話してくれよ。
もちろん、そいつが犯人だと確信できれば、それにこしたことはないんだ。」

律「でも、ここで逃げるなら…。」

律「あたしらは忘れないからな。澪が、人の人生を潰したかもしれない奴、ってことは。」

澪「…っ。」

澪「…分かったよ。」

澪「その手が、あたしの尻を揉んで…。」

澪「そして、パンツの中に入ってきて…。」

律「どこから?」

澪「左の、足通す穴から…。」

澪「そこで、その腕を掴んで引っ張り上げたら、」

澪「やっぱりパンツの中から腕が抜けたから、その腕が痴漢の腕だって確信して…」

澪「あとは多分、唯から聞いた通りだよ。」

紬「その人と澪ちゃんの位置関係って覚えてる?」

澪「うん…。」

律「唯を澪とすると…その男はどう立ってた?ちょっと移動してみて。」

唯「えっ、わたしはどう動けばいい?」ウロウロ

律「…お前は動くな!微動だにするな!」

唯「はっ、はい!」

澪「んー…」

澪「こう…だった。」

紬「………っ!」

律「ま、間違いないのか…?」

澪「ああ。満員でぎゅうぎゅうだったし、途中で体をよじったということもないと思う。」

律「そう…か…。ありがとう…。」

律「…澪、戻ってきて。代わりに、ムギ。そこに立って。」

澪「…?ああ…。」

紬「…ええ、分かったわ。」

唯「りっちゃん、わたしは…?」ダラー

律「気をつけ!」

唯「はっ、はい!」



律「澪………。」

だきっ

澪「な、なんだよ急に!」

律「…痴漢されて、怖かったな?」ギュウ

澪「い、今さらかよ…。」

律「お前が辛かったのはよく分かってる…。澪はそういうの、人一倍嫌いだもんな。」

律「あたしらは、澪の味方だから…。見捨てたりしないから…。」

律「…一緒に、戦うから!」ギュウウ

澪「律…?」



律「だから、あれを見ろ…。」

澪「………?」

澪「…!!!!」



紬「…そう。この位置からでは、右手を、その穴からパンツの中に入れることは、できないの…。」

唯「澪、ちゃん…。」

律「澪…。」



澪「………。」

澪「………。」

澪「………。」

澪「………。」

澪「………。」

澪「………。」

澪「………。」

澪「………。」

澪「…っ!!」ポロポロ

律「澪…。」

澪「あっ…!あたしは…っ!どっ、どうしたら…!」ガクガク

澪「怖い、怖い、怖い、怖いよっ!律…!」ガクガク

律「澪…。」ギュウウ

唯「澪ちゃん…。」

澪「あたし本当は、ずっと自信がなかった…!あの人が犯人だって…!」

澪「でも怖くて…!それが認められなくて…!」

澪「あの時、唯の言うことを聞いておけば…!」ポロポロ

澪「…律、どうしよう!今さら…。あたし、どうしたら償える?」

律「…澪、大丈夫。今からでもできることは、いくらでもあるよ。」

律「あたしらも付き合うから。最後まで。」


5