~トイレ~

澪「…唯。」

唯「はっ、はいっ!」

澪「…ふふっ。」ニコッ

澪「やっぱり唯は、あたしの大事な友達だよ。」

唯「…え?」

澪「…みんなには悪いけど、今日は唯を試してたんだ。」

澪「もし律やムギにまでおかしなことを吹き込むようなら、絶対に許さないつもりだったんだけど…。」

澪「あの様子じゃ、何も言わなかったんだろ?」

唯「う、うん…。」

澪「昨日ね、あの後家に帰ってよく考えたんだ。」

唯「考えた?」

澪「うん…。やっぱりあたしには、あの人の言うように、唯が嘘をついてるなんてどうしても思えなくてさ。」

唯「澪ちゃん…!分かってくれたんだ…!」

澪「ああ。だから、あれはきっと、唯の見間違いだったんだよ。」

唯「…え?」

澪「唯もそう気付いたから、律達に言わないでおいてくれたんだろ?」

澪「あたしもね、自分が痴漢されたなんて周りの人に知られたくないしさ。」

澪「だから、このことは二人だけの秘密にしよう。」

唯「み、澪ちゃん…。」

澪「…唯。今朝さ、学校に来る前に連絡があったんだ。」

澪「あいつ、自供したって。」

唯「!!!!」

澪「…昨日の態度は謝るよ。でもさ、唯が味方してくれなくて、あたし本当に悲しかったんだからな?」

澪「だから、おあいこってことで…。」

澪「仲直り。」スッ

唯「………。」

澪「唯?」

唯「………うん。」

ギュッ

澪「………。」

唯「………。」

澪「よし、それじゃあ、ケーキ食べに戻ろう!」

唯「う、うん…。」



律「う!戻ってきちゃったか…!」

澪「なんだよ、戻ってきちゃダメなのか?」

律「もう少し遅かったら、ケーキ半分いただこうかと…。」

澪「まったく…!」

紬「はい、唯ちゃん澪ちゃん。お茶。」

唯「うん…。ありがとムギちゃん…。」

梓「先輩、ほんとに美味しかったですよ、今日のケーキ!どうぞ食べてみて下さい!」

唯「うん…。」パク

澪「…。」パク

澪「ほんとだ、美味いな!」

唯「………。」

律「唯?」

紬「どうしたの、唯ちゃん?お口に合わなかった…?」

唯「………。」

澪「(唯………。)」

唯「…ううん………。」

唯「………。」

唯「…すごく、美味しいよ。」ニコッ

澪「(唯…!)」パァァ



憂「あ、お姉ちゃん、おかえりー。」

唯「ただいまー…。」

憂「…お姉ちゃん?」

唯「今日も…もう寝る…。」タッタッ

バタン

唯「………。」

唯「どうしよう…。」

唯「あの人、認めたってことは、本当はやったのかな…?」

唯「でも、鼻をいじってたのは、見間違いなんかじゃ絶対になかったし…。」

唯「やっぱり、警察に行ってちゃんと言わないと…。」

唯「でも澪ちゃん…せっかく仲直りしてくれたのに、そんなことしたらまた怒らせちゃう…。」

唯「もう、澪ちゃんに嫌われたくないよぉ…。」

憂「お姉ちゃん?」トントン

唯「…なに?」

憂「入っても…いい?」

唯「…こないで…。」

憂「お姉ちゃん…。」

唯「…ごめん………。」

憂「うん…。あのね、お姉ちゃん?」

憂「あたしは、どんなことがあっても、お姉ちゃんの味方だからね?」

憂「だから、辛いことがあったら…何でも話してね。」

唯「憂…ありがと…。」



~秋山宅~

澪「もし…もしもだ。」

澪「唯の言ってることが正しくて、犯人があいつじゃないとしたら…?」

澪「………。」

澪「いやいや、大体あいつは罪を認めたじゃないか…!」

澪「でも…今思うと…間違いなくあいつだっていう証拠は…。」

澪「違う!絶対あいつなんだ!」

澪「だって!そうじゃなきゃあたしは!」

澪「あたし…は…。」



男『君の勘違いのせいで、俺は…俺は…!』



澪「っ!!」

澪「違う!あいつだったんだ!絶対あいつなんだ!あいつだ!あいつだ!あいつだ!…」



~翌日~

憂「お姉ちゃーん?」トントン

唯「………今日は、学校行きたくない…。」

憂「そう…。」

憂「じゃあ、行くね?」

唯「行ってらっしゃい…。」



唯「………。」

唯「澪ちゃん、仲直りしてくれたのに…。」

唯「澪ちゃんに会うのが、怖い…。」

唯「今、授業中かな?」

唯「ふふ、学校サボっちゃった…。」

唯「…もう、学校行きたくないなぁ。」

唯「なんでだろう…みんな普通に接してくれるのに…」

唯「みんなに嫌われてるんじゃないかって思ってた時より…」

唯「みんなが怖い…。」



唯「…そっか。」

唯「わたし、嘘つきになっちゃったからだね。」

唯「澪ちゃんに嫌われたくないから…。」

唯「………。」

唯「………ぐすっ…。」ポロポロ



4