さわ子「極道の子に生まれた時から運命は決められているのよ…」

カキン!

紬「…」

澪「今~私の~ねがーいごとが~♪」

澪「叶うな~らば~翼が~ほしい」

さわ子「!」

紬「みお…ちゃん…」


♪この~背中に~鳥のように~♪


和「澪…おっぱいさらしてまで…モニターから丸見えよ…●RECと…」ポタ…(鼻血)

紬母「澪ちゃん…」



♪白い翼~つけてください


山中会若頭「この歌は…」

斎藤「綺麗な…綺麗な歌じゃ…」

紬父「ああ…綺麗な歌だ。抗争なんて馬鹿らしくなるような…な。」

斎藤「おやっさん…!」



澪「♪この大空に翼を広げ~飛んでゆきたいよ~」

さわ子「…はは…ははは…ホント…馬鹿らしくなっちゃうわ…」

カラン…コローン

紬「ええ…」

カラーン

律「澪…二人が刀を…」

唯「澪ちゃん…」

澪「♪かなしみのない自由な空へ~」

紬「せんせぇ…」

さわ子「ムギちゃん…ごめんね…」

紬「せんせい!」

紬父「終わったようだな…。」

紬「お父さん…?」

紬父「山中のカシラ…」

山中会若頭「へぃ…」

紬父「そっちが良ければ…これで手打ちにしてぇんだが…」

紬父「澪ちゃんの歌を酒代わりによ…どうかい?」

山中会若頭「へい、姐さんの一存で…。でも手打ちになりやしょう…」

澪「♪翼はためかせ~ゆきたい~」

さわ子「ムギちゃん…」ギュッ

紬「先生…」ギュ

山中会若頭「あんな姐さんの顔、見たの久しぶりですから…」

紬父「そうかい…それにしても…」

紬父「澪ちゃん…見事なおっぱいだ…」ポタ…(鼻血)

山中会若頭「へい…」ポタ…(鼻血)

斎藤「…」ポタ…(鼻血)

若い衆「「「おっぱい!おっぱい!」」」

澪「…」

律「澪…」ギュ…

唯「澪ちゃん…」

律唯「そろそろおっぱい隠せ(そうよ)」

澪「い…」


いやぁぁぁぁぁ!!!!!



こんにちは、平沢憂です。

あの一件のあと、お父さんの回線や盗聴システムを無断で使ったことがばれて、

お姉ちゃんと私はこってりと搾られました。

おこづかい三か月間無しだそうです…

さわ子先生たちを嵌めたなんとかっていう本部長さんは、今は隔離病棟に収容されてます。

なんでも、ポニーテール怖いツインテール怖い、ってひたすら呟く毎日だそうですよ♪

さわ子先生の組織と紬先輩のお父さんの組織は、仲直りというか、友好関係に入ったそうです。
人間、仲良しが一番ですよね。

そして軽音部の皆さんは…



さわ子「さあ!学園祭まで時間ないわよ!練習練習!」

律「おうよ!」

澪「おっぱい…おっ…ぱい…」

唯「澪ちゃん、過ぎたことを何時までも気にしてちゃ駄目だよ!」

澪「お前が…お前がぁぁ!!(泣)」

紬「うふふ…」

紬(軽音部に入って本当によかった…)

和「澪いるかしら?実はうちのパソコンがwinnyに感染してね、
  お父さんが悪いんだけど…」

澪「え?」

和「それであの時の画像が…」

紬(私の秘密を知っても、大変なことに巻き込んでも…)

紬(変わらずに、ううん、もっともっと近くにいてくれる。)

唯「お腹すいた~おやつにしようーよ~」

梓「先輩!はじめてまだ20分も経ってないですよ!」

唯「いーじゃんいーじゃん!ねー、さわちゃん?」

さわ子「そおね…ムギちゃんはどう?」パチッ…wink☆

紬「じゃあお茶にしましょうか!」ピッ…wink☆

和「本当にごめん!」

澪「え?」

律「いやー澪も晴れて女神の仲間入りだな~!」

紬「今日は○○屋のタイヤキですよ~」

梓「ピクッ…」

紬(うふふ…)

紬(お父さんの跡目を継ぐためにも、
  キーボードを使いこなせる女極道にならないと…)

紬(みんな、これからもよろしくね♪)

和「ほんとうーーーーーにごめん。」

澪「え?」


~おわり。~