若頭「姐さん…こういうものが…」

紬母「…へぇ…カチコミの予告かい。随分となめられたもんだね。」

紬「お母さん…」

紬母「紬、心配させちまったね。お前は何にも気に病むことはないんだから…」



カチコミの予定日まで三日

紬「お父さん、お帰り…」

組員「「「お帰りなさいやし!!」」」

紬父「すまねえ…心配かけたな…」



カチコミの予定日まで二日



唯「」




カチコミの予定日まで二日

斎藤「平沢のお嬢さん、いったい…?」

唯「ズバリ、明後日に山中組のカチコミがありますよね~?」

斎藤「え…なぜに…」

唯「実はね…」



カチコミの予定日まで一日

さわ子「準備はどうだい?」

若頭「兵隊の訓練もモノの整備も万全です。」

さわ子「そうかい…」








さわ子「ムギちゃん、ごめんね。これが終わったらわたしも…」




~そしてカチコミの日~

律「今日はムギ学校にこなかったな…」

澪「お父さんの怪我が予断許さないんだろう。」

唯「ならさ、これからさ、ムギちゃんち遊びに行かない?」

梓「え?いきなりで大丈夫ですかね?」

唯「大丈夫大丈夫!あ、和ちゃんも誘っていーよねー?」



さわ子「ただいま。」

若い衆「「「お帰りなさいやし!!」」」

若頭「お嬢さん…いえ、姐さんお帰りなさい!」

さわ子「用意は?」

若頭「もう万端でさあ…」


さわ子(お父ちゃん…)


さわ子の父『…』スーハー

さわ子『…』

医師『モルヒネの投与ももうあまり意味がありません…』

さわ子『そう…ですか…』



さわ子「お父ちゃん…」





ピンポーン

唯「こんにちは~!」

律(まだ慣れないな…)

澪「 」

梓「澪先輩しっかり!」

若い衆「へーい…これは紬お嬢さんの…」

唯「遊びに来ました~。」

若い衆「あ、いや、今日日は誰も通すなとカシラから…」

斎藤「お嬢さん方、ようこそ。」

若い衆「カシラ!」

斎藤「お通ししろ。」

若い衆「へ、へぇ…」



唯「失礼しまーす。」

紬母「!?」

紬「み…んな…」

紬母「斎藤!?カタギのお嬢さん方をこんな日に!」

紬父「母さん、オレも了解済みだ。」

紬「あんた…」

紬父「お嬢さん、本当にいいんですかい?」

唯「いいんです!だって大好きなムギちゃんのタメなんだもん!」

唯「とりあえず…」

和「私を監視カメラを統制してる部屋に連れていって下さいますか?」

斎藤「へぇ…お連れしろ!」

若い衆「はいっ!」

唯「後は…」

律「後は?」

唯「ムギちゃんち借りて練習でもしようか!?」



澪『君を見てると~♪いつもハートdokidoki~♪』

唯「♪~」

律(何かおかしいな…)♪♪♪~

梓「…」♪~

紬「…」♪~

紬(久しぶりにみんなと合わせて…)♪~

紬(やっぱりみんなと音楽するのが…一番楽しい!)♪~

澪(なんかいやに調和(あっ)てるな…)♪~

梓「♪~♪~」



ジャーン♪

律「いえーい!」

紬「楽しかった…」

澪「やはりこうで無くちゃな!」

唯「ここで重大発表があります!」

律「んー?」

唯「ここ琴吹組本部事務所は、今から一時間後きっかりに襲撃されます~」

律「は?」

澪「へ?」

梓「え?」

紬「本当ですか!?」

斎藤「はい、事実です。」

律「はぁ!?」

澪「え、せんそう……バタ…」

梓「澪先輩!!しっかりして下さい!」

唯「あれ~こんなはずじゃ~」

『お姉ちゃん!お姉ちゃん!』

唯「あ、うぃ~!」

律「この声は…憂ちゃん!?」

憂『皆さんすいません!手短に話しますと、私達のお父さんの権限を勝手に使ってまして…』

律「権限!?」

唯「さいぼうにしにっぽり…」

憂『お姉ちゃん!?違うでしょ!?警視庁西部方面統括管理官、それがうちのお父さんの職名です!』

斎藤「鬼の平沢警視監、略して、鬼監といえば、あっしら極道も泣いて黙りやす…」

律「なんか色々えらそうだな…」

唯「ということでムギちゃんを守るため、一緒に頑張ってみない?」

律「もちろん!」

澪「の、の、望む所!」

梓「ウッ…」ビクン!ビクン…!

梓「は、はい(唯先輩…2度もイッちゃった…)」

紬「唯ちゃん…」

唯「おーっと、もう後戻りはできませんよ~!」


4