----

ドガッ!

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「ぐわぁあああッ!」ズザザザ

王蛇[さわ子]「かっこよく登場した割にはたいしたことないわね…期待外れよ?貴方」

オルタナティブ・ゼロ[斎藤](まさかこれほどとは…しかし、絶対に負けられない!仲間の敵を討ち…見届けなくては。お嬢様が願いを叶える瞬間を…!)

王蛇[さわ子]「もう終わらせるわね、仲間の所へ送ってあげる!」ビョオン

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「させるかァ!」ビョオン

『アクセルベント!』

ズビュゥウウウン!

王蛇[さわ子]「速い!このスピードは!?」

ガシッ!

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「捕らえたぞ!これで必殺技は発動できまい!」

王蛇[さわ子]「チィッ!離せ!離しなさい!」ボガッ!ベギッ!

オルタナティブ・ゼロ[斎藤](予想以上にダメージが…もう立っているのもやっとだ…)クラッ

オルタナティブ・ゼロ「斎藤」(あれを…使うか……)

王蛇[さわ子]「無駄な抵抗を……ハハッ!力が抜けてきたようね、………!?」

ピッ…!ピッ…!ピッ…!

王蛇[さわ子]「何…?この音は!?まさか…自爆する気!?」

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「お嬢様…どうやら私はここまでのようです…」

ピッ!ピッ!ピッ!ピッ!………………カッ!!



-そのころ澪は-

ナイト[澪](向こうのライダーの反応が消えた…?間に合わなかったのか…)

リュウガ「ウガァ!ウガァアアアアア!」ドガァ!

ナイト[澪](なんだこいつ、戦い方が無茶苦茶だ…まるで獣のような…)

ナイト[澪]「おいやめろ!こんな戦いは!?虚しいと思わないのか?」

リュウガ「ウガァアアアアア!」

ナイト[澪](聞く耳持たず…いや言葉が通じていないみたい………!?)

ナイト[澪]「……!ムギがいない!さっきまであそこに倒れていた筈なのに!?」



ゾルダ[紬](今更気づいても遅いわ、澪ちゃん。貴方が黒いライダーと戦っているスキに安全地帯まで逃げることができた…)

ゾルダ[紬](気絶しているフリをしてて正解だったわ…こうして二人のライダーを一気に葬るチャンスができたんだもの)

ゾルダ[紬](さ、仲良くあの世に行きなさい…フフフ)チャッ!

リュウガ「ガッ?」チラリ…

ゾルダ[紬]「気づかれた……?」

リュウガ「ウガァアアアアア!」ダッ!

ゾルダ[紬](こっちに来る!必殺技を撃ってる時間はなさそうね…!)

ゾルダ[紬]「蜂の巣にしてあげるわ!」バキュウンバキュウン!

リュウガ「ウガァ!」ビョオン

『ガードベント!』

バキュンバキュゥンバキュン!

ゾルダ[紬]「シールド?……っ!盾を破壊するには火力が足りない!かといって別の武器を出す時間も…!まず…」

リュウガ「ウガァア!」ビョオン

『ソードベント!』

ナイト[澪]「よせぇええええええ!」


グサリ……


ゾルダ[紬]「あ……ぁ……ゲホッ!」ポタ…ポタ…

シュウウウ…

紬「やっぱり貴方…唯ちゃんだったのね?仮面の奥から顔が見える……」

リュウガ「……」

紬「…ありがとう唯ちゃん……私の願いを叶えてくれて……剣で貫かれる瞬間…私と貴方は一つになれた………」

紬「最期に…女の子と繋ることができた……それだけで……私は………」

ドサッ!

ナイト[澪]「ム…ムギィーーーーーー!」

リュウガ「グルルルルル!」クルリ

ナイト[澪]「ムギが最期に言ってた…お前は唯だって……本当なのか!?」



茜「違うよ、それはもう平沢唯じゃない…平沢唯の魂を喰らい体を乗っ取ったモンスターよ」

ナイト[澪]「っ!?」

茜「だから安心して?手加減しないで戦って、早く決着つけてよ?残ったライダーは私と戦うの…これまで連戦続きで疲労してるだろうから簡単に倒せちゃうかな」

ナイト[澪]「…?………お前は…一体?」

茜「私は三浦茜……かきふら…いや、三浦士郎の娘であり最強の仮面ライダー…オーディンよ」

ナイト[澪]「士郎の娘…最強のライダーだって…!?」

茜「えぇ…新しい命を手に入れるために…仮面ライダーになったわ」

ナイト[澪]「それがお前の戦う理由…」

茜「そ、私生まれつき体が弱くてもう長く生きられないんだ…?だからさ、最後のライダーになった願いで手に入れるの…新しい命を!その為に犠牲になってよ…秋山み…!」


コキャッ!


茜「…………え?…………」ドシャッ!



王蛇[さわ子]「み~ぃつけ~た~わよ~唯ちゃぁ~~ぁん!」



ナイト[澪]「その声は……さわ子先生?……!………ない…!左手がない!」

王蛇[さわ子]「貴方は澪ちゃんね…悪いけど私が興味があるのは唯ちゃんだけ…邪魔よ、そこで寝てなさぁい!」ゴシュ!

ナイト[澪]「はぐぉっ!」

バタッ!



-コアミラー内部-

士郎「うわぁあああああ!茜の首が!コキャッ…!コキャッて!」

士郎「茜が…茜が死んでしまっては…私の目的が……!こんな戦いに…なんの意味もない!」

ゴキゼール「ゴキッ…!ゴキッ…!ゴキッ…!ゴキッ…!ゴキッ…!」

士郎「………!?な…なんだお前達は…いきなり!く…来るなぁッ!うわぁああああああ!」

グチャゴチャグチャァ……!



----

リュウガ「ウガァ!ウガァアアアアア!」

王蛇[さわ子]「随分と戦いに馴染んできたようね…!最高よ唯ちゃ~ぁん!さぁ…第二ラウンドの始まりよ!」

リュウガ・王蛇「ウォオオオオオ!!」



…………………

澪「……う……そうだ私はさわ子先生に気絶させられ……っ!これは…!?」

澪「唯、ムギ、さわ子先生、三浦茜…死んでる…みんな………残ったのは…私だけ…まさか…私が最後のライダー…」


キィン…キィイイイイン…!


キョウアーニ「そうだ…お前が最後の一人だ…仮面ライダーナイト、秋山澪」

澪「ね、ねじれたこんにゃくが…!喋ってる…!?」

キョウアーニ「私はこんにゃくではない…キョウアーニという。ミラーワールドの、ライダーバトルの統制者だ……さあ…願いを言え…どんな願いも叶えてやろう…お前には、その資格がある」

澪「そうだったな…誰よりもライダーの戦いに、願いに関心のなかった私が…よりによって最後の一人になってしまうなんてな」

モノリス「お前の欲しい物は金か?蟹か?力か?それともふたなりか?」

澪「そんなものはいらない…ただ私が欲しいのは……私の願い…それは……………」



唯「ムニャムニャ…蟹が…金色の蟹がぁ~来るなぁ~!」

律(唯の奴授業中になんて夢見てんだよ…)

紬(まあまあ…)

さわ子「平沢さぁん!」

ゴツン!

唯「いて!あ…さわちゃん!」

さわ子「授業中ですよ!居眠りしないの!また赤点になっちゃうわよ!」



-放課後-

律「おい唯~!お前授業中大分うなされてたけどどんな夢見てたんだ~?」

唯「えっとね~すごく怖い夢!りっちゃんが蟹の怪物になって私を食べようとしてくるんだよ~!」

唯「それとね~あずにゃんがゴキブリ…」

梓「誰がゴキブリですかっ!」

律(あのツインテールがゴキブリを連想させたんだろうな…)

唯「でも夢でよかった!やっぱし平和が一番!」

律「お前は平和ボケしすぎなんだよ!」

一同「ははははは」



終わり




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/07/15(木) 23:14:17.31 ID:9qkhU61DO
澪…最後喋らせるの忘れた。普通にけいおん部にいる


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/07/15(木) 23:16:12.44 ID:IZNfqDko0
澪には戦いの記憶残ってる?


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/07/15(木) 23:19:47.80 ID:9qkhU61DO
187
残ってるってことで