-そのころ澪と紬は-

ズドォオオン!

ナイト[澪](くッ!一体どうなっているんだ…ムギの奴昨日より強くなっている!より強力なモンスターと契約したのか?)

ゾルダ[紬]「どうしたの澪ちゃん?貴方…そこまで弱かった?…それとも私が強くなりすぎたのかしら?」

ナイト[澪](正面から戦っても勝ち目は無さそうだ…ならば…!)ビョオン

『アドベント!』

ナイト[澪]「ダークウイング!土煙を巻き起こせ!」

ダークウイング「キィイイッ!キィイイッ!」バッサバッサ

ゾルダ[紬]「くっ…視界が!小細工を!」

ナイト[澪]「はぁあああ!」ザッ!

ゾルダ[紬]「そこね!」ドキュゥン!ドキュゥン!

ナイト[澪]「うわぁあああ!」シュウウウ…

ゾルダ[紬](やっ…いや手応えがない!今のは分身なの?)

ザザッ…ザザッ!

ゾルダ[紬](他にも分身が…?……土煙が邪魔で何が起きているのかわからない!くっ!)

ドキュゥン!ドキュゥン!

ナイト[澪](土煙と分身による撹乱…!無駄に発砲している所を見ると今のムギは明らかに集中力を欠いている!これはいける!)

ゾルダ[紬](いつの間にか追い詰められている!完全に澪ちゃんのペース…)

ゾルダ[紬](このままじゃやられるのも時間の問題ね…落ち着きなさい琴吹紬…まずは今の状況を打破しなくちゃ!)

ドキュゥン!ドキュゥン!ドキュゥン!

ゾルダ[紬]「どこ?どこにいるの澪ちゃん!出てきなさい!」ドキュゥン!ドキュゥン!

ナイト[澪](土煙でよくは確認できないが…間違いない…今のムギは相当混乱しているようだな、よし…接近して気絶させるか?)

『ガードベント!』

ナイト[澪](防御のカードを発動させた…?カウンターでも狙うつもりか?)

ゾルダ[紬](今までのは全部演技…混乱しているフリをしただけ!貴方を近くまで誘き寄せるための…ね!)ビョオン

『アドベント!』

マグナテラ「ンモォオオオオオ゛オ゛!」

ゾルダ[紬]「マグナテラ!今すぐ私の周りを攻撃しなさい!最大火力でよ!」

マグナテラ「ンモ?ンモォオオオオ゛オ゛オ゛オ゛!」カチャッ!

ドムッ!ドムッ!ドムッ!ドムッ!

ナイト[澪](自分の周りだと…?馬鹿な…巻き込まれるぞ…?いや…?ガードベントを発動したのはこれを防御するためか!)

ドガァアアアアン!

ゾルダ[紬]「土煙も…分身も…邪魔なモノ全部吹き飛ばしてあげたわ!小細工なんかじゃ絶対的な力の差は埋まらないのよ…」

ゾルダ[紬]「さて…トドメを……!?いない…?澪ちゃんが…」

ゾルダ[紬](跡形もなく吹き飛んだ?ファイナルベントならともかくモンスターの通常攻撃にそこまでの威力はない)

ゾルダ[紬](逃げたの?…いや攻撃をくらっていれば遠くには逃げられない…それとも射程外にいたの?)

ゾルダ[紬](…マグナテラはかなりの広範囲に攻撃した筈よ…届かない筈が……いや、届かない場所があるとしたら…!)

ゾルダ[紬]「空中!上ね!」バッ!

シーン……

ゾルダ[紬]「いな…い……?」



ズガッ!

ゾルダ[紬]「っ!??」

ナイト[澪]「残念だったな…下だ……」ザッ!

ゾルダ[紬]「地中に隠れていただなんて…?どうやっ…」

ゾルダ[紬](迎撃が間に合わない!)

ナイト[澪]「少しの間寝ていてもらうぞムギ。なに、目を覚ました時は全て終わっているから!」

ボガッ…!

ゾルダ[紬]「あ…………」ドサッ!

ナイト[澪](攻撃が来る直前に飛翔斬を使い穴を掘って地中に身を潜んだのは正解だったな…空は前の戦いで警戒されていたからな…)

ナイト[澪]「感じる…この気配…近くで戦いが行われている!手遅れになる前に急いで止めにいかなくちゃ!」

テク…テク…

ナイト[澪]「!?……お前は?」

リュウガ「……」

ナイト[澪]「黒い龍騎だと……唯?…なのか…?」

リュウガ「ウガァアアアアア!!」ザッ!

ガギィイイイン!

ナイト「その声は…唯じゃない…!?お前は一体…何者なんだ?そして何故龍騎と似た姿をしているんだ!」



-コアミラー内部-

茜「お父さん、あの赤いライダーどうしちゃったの?なんか黒くなって暴走しちゃってるけど」

士郎「平沢唯…どうやら妹を目の前で殺されてしまったショックでモンスターとの契約が不安定になってしまったようだな」

茜「ふうん、そんなこともあるんだね」

士郎「それにより平沢唯の精神はドラグレッダーによって食われてしまった…契約者を食らったドラグレッダーは成長しドラグブラッカー、仮面ライダーリュウガとして生まれ変わったんだ」

茜「ちょっと待って!?食われたってことは…平沢唯は…」

士郎「ああ…脱落だ。しかしリュウガもライダーの一人としてカウントされる…最後の一人になるにはアレも倒す必要がある」

茜「嫌な展開になっちゃった。龍騎なら倒すの簡単そうだったけど…リュウガはちょっと苦戦しそうだね。最後の戦いでは当たりたくないなぁ」

士郎「すまない茜…お前を戦わせることになってしまって」

茜「いや、しょうがないよ。戦わなければ私に残された道はないんだから」

士郎「本当は私が変身して戦えればいいんだが、どういうわけか男は変身できない…」

士郎(私がミラーワールドの研究中に見つけたこのコアミラー、そこで発見したカードデッキ…未だ解明されていない謎は多い)

士郎(カードデッキを使いライダーに変身した女性が戦い、最後に残った者の願いが叶う…そうコアミラーに記されていた。確証はないがこれを信じなければ茜に未来はない)

茜「残ったライダーは…リュウガ、ナイト、ゾルダ、王蛇…そして私オーディン。タイガは脱落したみたいだね」

士郎「ああ…王蛇にやられたようだ。王蛇のデッキはオーディンに次ぐ強さ、それに変身者山中さわ子の抜群の戦闘センス…」

茜「その王蛇は…ゾルダの側近の紛い物のライダーと交戦中か…」


9