-そのころ澪は-

紬「それじゃあ澪ちゃん…死んで?」

澪「く…」

ザッ…!


???「ここね…祭りの場所は…」


ゾルダ[紬]「誰?」

ナイト[澪]「新たな…ライダー?」

オルタナティブ・03「ぐわぁあああああ!」ドシャッ!

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「03ィヤ!貴様…一体何者だ…」

王蛇[?]「私も仲間に入れて?イライラするのよ…」

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「く…ッ!01、02は陣形A!近接戦闘を行え!04、05は陣形B!01達を援護!乱入者、紫のライダーを駆逐せよ!」

オルタナティブ部隊「了解!」

王蛇[?]「ハハッ!遊び相手がたくさんいて嬉しいわ、さあ私を楽しませてぇ…」

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「お嬢様、ここはオルタナティブ部隊に任せ我々は離脱しましょう…ブランク体のままでは充分に戦えない…」

ゾルダ[紬]「そうね…斎藤、例のモノはもう完成しているのかしら?」

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「ええ…95%完成しています、今夜には100%になるでしょう」

ゾルダ[紬]「楽しみだわ、では…家に戻りましょうか」

スッ

ナイト[澪](私もここは一度退いた方がよさそうだな…早く唯を捜さないと…)スッ…

オルタナティブ05「馬鹿な…元傭兵である俺達…オルタナティブ部隊が…全滅…!?ぐほぉつ!」ドサッ!

王蛇[?]「あら…?もう終わっちゃった…ほかの奴等は全員逃げちゃったみたいだし…」

シュウウウ…

さわ子「つまらないわ…」


-仮面ライダー王蛇-
山中さわ子が変身する蛇のモンスター、ベノスネーカーと契約した仮面ライダー。3体のモンスターと契約している



-その日の夕方・平沢家-

澪(唯の奴…無事かな。ちゃんと家に帰ってるといいんだけれども…)

ピンポーン!

憂「はーい!あ…澪さん…」

澪「憂ちゃん…あの、唯帰って来てる?」

憂「ええ、いますよ」

澪「本当か!」

澪(よかった!無事だった!)

澪「唯に…会わせてくれないか…?話がしたいんだ」

憂「駄目です」

澪「唯が…会いたくないって…?」

憂「そう言ってました、すいませんけど帰ってくれませんか?」

澪「分かった、ごめんね…邪魔をして」

ドンッ!

澪(やっぱり…まだ怒ってるのか…でも、私の予想通り本当にムギが緑のライダーだった。この事実を知ったら…唯は……)



唯「うぃ…今のお客さん…?」ムニャムニャ

憂「あ、起きたんだねお姉ちゃん!今のは宗教の勧誘だよ」

唯「そう…」

憂「……お姉ちゃん…さっきはごめんね、急に殴ったりして…」

唯「私こそごめんだよ…憂が私のために頑張ってるのに、憂の気持ちを知ろうともせず自分の意見だけぶちまけて…」

憂(お姉ちゃん…わかってくれたんだね!)

唯(でも、やっぱり止めなきゃ…憂には憂の信念があるんだろうけど…私は…!)

唯(澪ちゃんならこんなときなんて言ってくれるかな…会いたいよ…澪ちゃん!)



-ムギの家-

紬「斎藤…これがそうなのね?」

斎藤「ええ…これが我が琴吹重工が誇る最強の人工モンスター…マグナテラでございます」

マグナテラ「ンモ゛ォオオオオオオ!」

紬「マグナテラ…強そうな名前。でも外見は…ただ赤くなっただけみたい。さほど変わってないような…」

斎藤「しかし中身は大幅にパワーアップしています。火力、装甲はマグナギガの3倍です」

紬「まぁ…!」キラキラ

紬「でも色は前みたいに緑がよかったわ…赤ってあんまり好きじゃない…」

斎藤「まあ別に緑色でもよかったんですけど…赤と3倍の組み合わせには男の子の夢が詰まっていますから…」

紬「…?そうなの?というか私、女の子なんだけど…」

斎藤(美少女とロボットの組み合わせには…童貞の夢が詰まっていますから…それはそれでいいんですよ)

斎藤「さ、お嬢様。マグナテラと契約を」

紬「そうね…」ピカァアアア一!

紬「す、凄いわ!力がみなぎってくる!これがマグナテラの…力!」



-夜-


キィン…キィイイイイン……

かきふら士郎「ライダーの諸君…聞こえるか…?順調に潰し会っているようで何よりだ…」

士郎「しかし…タイムリミットが近づいてきている…お前達がライダーでいられる時間がな…」

士郎「明日だ…明日までに最後の一人を決めなければ…お前達は願いを叶えることができなくなる……」

士郎「明日の午後一時までにきらら公園までこい……そこで全ての決着をつける……戦え…」

----



唯「憂…!今の…!?」

憂「お姉ちゃんも聞こえた?どうやら…明日が最後の戦いになるみたいだね?」

憂「お姉ちゃん…怖い?」

唯「当たり前じゃん!明日…死ぬかもしれないんだよ?」

憂「大丈夫だよ…?お姉ちゃんは死なない…私が守るから。だから…安心して眠って?」

唯(憂の目に迷いはない…本当に全てのライダーを倒して、最後は自分が死ぬつもりなんだ。全部…私のために…)

----



キィン…キィイイイイン……

士郎「今…戻ったよ?」

???「お帰り、お父さん。全ライダーに伝えてきたんだね?明日が最後だってこと」

士郎「ああ、遂に明日…お前の願いが叶うんだ!ってまた和と純の首で遊んでたのかい…」

???「うれしいなぁ…う…ゲホッ!ゴホッ!ハァッ…!また発作が!」

士郎「大丈夫かい?」

???「ええ…この発作とも明日でお別れだから…ねえ…お父さん……?私、勝てるかしら…?」

士郎「勝てるとも…お前に渡したデッキは全ライダーの中でも最強のオーディンのものだ…オーディンに敗北の文字はない。お父さんを信じなさい…茜」

茜「うん!」


7