ナイト[澪]「何故だ!何故お前までこんな馬鹿げた戦いに参加する?」

ゾルダ[紬]「いいわ、澪ちゃん。どうせ死ぬのだし教えてあげる…世の中にはね、どれだけお金を出しても手に入らないものがあるの…」

ナイト[澪]「……愛…とか…?」

ゾルダ[紬]「ふふ…相変わらずね…澪ちゃん。まあ似たようなものかしら……私ね、実は……女の子が大好きなの。友情とかじゃなく、そう…女の子に恋愛感情を抱いているの」

ナイト[澪](ムギってレズだったの…?)

ゾルダ[紬]「でも…女の子同士の恋は絶対に実らない、交わることは出来ない!」

ゾルダ[紬]「私はこの戦いに勝ち残って手に入れるの…女の子と交わる、一つになることのできるモノを!」

オルタナティブ・ゼロ「おちんぽですね、お嬢様」

ゾルダ[紬]「黙りなさい。斎藤…下品な言葉を使うのはやめなさい」

オルタナティブ・ゼロ[斎藤]「は、すみません」

ゾルダ[紬]「だからね、澪ちゃん…」

ナイト[澪]「く…!」

ゾルダ[紬]「死んで?」



-そのころ唯は-

タイガ[憂]「なに…?なんだかあっちの方角が騒がしい…この感じ…戦っている…?仮面ライダーが」

龍騎[唯](きっと澪ちゃんだ!澪ちゃんが戦っているんだ!私も行かなきゃ!澪ちゃんを助けに…)ダッ!

タイガ[憂]「お姉ちゃん、どこに行こうとしているの?駄目だよ、行かせない…」

龍騎[唯]「どいてよ憂、澪ちゃんがピンチかもしれないんだよ!」

タイガ[憂]「ならなおさら行かせない。私達以外のライダーは勝手に潰し会って死ねばいい…私も澪先輩殺すのは嫌だから他のライダーに殺ってもらおう」

龍騎[唯]「っ!」ビョオン

『ソードベント!』

龍騎[唯]「なら力づくでも、そこを通るよ!」

タイガ[憂]「え?じ、冗談だよねお姉ちゃん!?妹の私に刃を向けるの…?」

龍騎[唯]「ちょっと寝ててもらうだけだよ…えいゃあ!」ビュン!

ガシッ!

タイガ[憂]「やめてよ…さっきの戦いで疲れが溜まってるでしょ?」ビョオン

『ストライクベント』

タイガ[憂]「だから…お姉ちゃんが寝ててよ?ゆっくり休んでね」グサッ

龍騎[唯]「あ……ぅ…うぃい…」バタッ!」



タイガ[憂]「さて…と、向こうで行われてる戦いの見学でも行こうっと。いずれ戦うことになる相手がいるかもしれないしね、情報収集も大事かな」テクテク

インペラー[?](嘘?憂ったら唯先輩を置いて行っちゃった?まあ…ラッキー!そのスキに唯先輩の息の根を止めるとしますかぁ!)ザッ!


『アドベント!』


インペラー[?]「え?」

デストワイルダー「ガァアアッ!」ドシャ!

タイガ[憂]「餌にかかったね…ゴキブリライダーさん♪お姉ちゃんを襲うチャンスを伺っているのは最初からわかっていたよ」

タイガ[憂]「デストワイルダー、それをこっちにつれてきて?」

デストワイルダー「ガウッ」コクリ

タイガ[憂]「私の命よりも大切なお姉ちゃんに手を出したんだ…絶対に許さない。簡単には殺さない!」

インペラー[?](く…そ…この状況は不味い…カードを使っ……)

ザクッ!

インペラー[?]「ひぃぎゃああ″あ″あ″あ″!!」

タイガ[憂]「カードを引こうとしたね?変な気を起こしても駄目だよ?これで右腕は使い物にならなくなった♪」

タイガ[憂]「さあ、どう殺してあげようかな?ただミンチにするのもつまらないし、両手両足引きちぎってダルマみたいにするのも…小説で読んだばかりだしなぁ…」

インペラー[?](ひ!憂…こんなに狂っている奴だったなんて……嫌だ…死にたくない)

インペラー[?]「憂……たす…けて?」

タイガ[憂]「…!?その声は!梓…ちゃん?」

インペラー[梓]「そうだよ…私達友達…だよね?だから…!」



-仮面ライダーインペラー-
中野 梓がゴキブリ型モンスター、ゴキゼールと契約した仮面ライダー。素早い動きで敵を翻弄する



タイガ[憂]「ふふっ♪……命乞いすれば助かるとでも思ったの…?友達なら見逃してくれるとでも思ったの?」

インペラー[梓]「憂…まだ死にたくないよ…私!」

タイガ[憂]「かわいい声でおねだりするんだね?もっと聞かせてよ梓ちゃんの声♪」

インペラー[梓]「ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!憂さまごめんなさい!な…何でも言うこと聞きます!!だから命だけは!!」

タイガ[憂]「なんか…飽きちゃった♪漫画や映画で聞いたことのある台詞ばかり…つまらないからもう殺しちゃおっ♪」

ガギィッ!

インペラー[梓]「あ…あ…カード……デッキが!壊れ…」

タイガ[憂]「カードデッキが破壊されたライダーはどうなるか知ってる?」

シュウウウ…

梓「変身が……!?」

タイガ[憂]「そう、変身が解除されるのと…それだけじゃない…モンスターとの契約も解除される」

タイガ[憂]「梓ちゃんの契約モンスターって、あっちで凍ってるゴキブリ達でしょ。集団で行動するモンスターと契約したんだね」

梓「憂!たすけてにょぉ…おねがい…!にゃん!にゃん!」

タイガ[憂]「そろそろね、このモンスターを凍らせて無力化するカード…フリーズベントの効果が切れそうなんだ♪」

タイガ[憂]「そしたらね、いっせいにモンスター達は梓ちゃんを襲ってくるよ?楽しい鬼ごっこがはじまるよ!?」

梓「にゃ…!にゃにゃぁあ!!」

タイガ[憂]「カードデッキを破壊しちゃったからミラーワールドから出ることができないね♪どうしよう~♪」

梓「ぁ………」

ゴキゼール「ゴ…キ………」

タイガ[憂]「さ?準備はいいかな…と…その前に、梓ちゃん脚速いからハンデが必要だね♪」

グサリッ!

梓「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!」

タイガ[憂]「左足ぐらいなくても楽勝だよね?ささ、カサカサ地面を這いつくばって逃げないと?ほらぁ!」

タイガ[憂]「観客の私はそろそろ退散するね。最後までちゃんと見ていてあげる…?それじゃ行こうかお姉ちゃん♪」

梓「あ゛っあ゛っぁ…!待って…待ってよぉ…!」

ゴキゼール「ゴキッ…!ゴキッ…!ゴキッ…!ゴキッ…!ゴキッ…!」

梓「う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

ゴキゼール「ゴキャアアアアア!」

憂「あははははははははははははははははは!」


6