シザース[律]「さぁて、いくぜ!」ビョオン

『ストライクベント!』

シザース[律](ビビりで泣き虫の澪に私が負けるハズがないだろ!)

シザース[律]「でりゃああああ!」

ナイト[澪]「…」ビョオン

『ソードベント!』

ナイト[澪]「はぁっ!」ガキィ!

シザース[律]「ぐぅっ、何だっ!?このパワーは!?」

シザース[律](私が力負けした?あの澪に…?ありえない…!)

シザース[律]「調子にのんなよ澪ォ!」ブゥン!

ナイト[澪]「でりぁあああ!」ガギャアア!

シザース[律]「ぐわわぁああああ!くぅっ…」

シザース[律](どうなってんだ、まるでかなわない。私が知る限りケンカ一つしたことのない澪に…)

ナイト[澪]「降参しろ律!そしてまたいつものように…」

ナイト[澪](いつも律を殴っているから体が自然に鍛えられているんだよ…)

シザース[律](戦い慣れている…きっと澪は私より以前から、ライダーだったんじゃないのか…だとしたら不利だな…どうする?)

シザース[律]「わ、わかったよ澪…降参だ!許してくれ!ほんの出来心だったんだ…!今までの私…どうかしてたよな?」

ナイト[澪]「律…よかった…いつもの律に…うグッ!?」ガギッ!

シザース[律]「んなわけね~だろ!体は強くなっても、心はかわんね~な!」

ナイト[澪]「そん…な……騙したの…り…つ…?」

シザース[律]「どれだけ場数を踏んでいようと…私の方がライダーの素質があるってわけだな!それそれぇ~!」ガシッ!ボカッ!

ナイト[澪]「ぐはぁつ!や…やめて!やめてよ!律っ!ぁああああ!」

唯「た…大変だよ!このままじゃ澪ちゃんがりっちゃんに殺されちゃう!私にも何かできることは…」

唯「そうだ、二人はこのカードデッキを鏡に向けてたっけ」チャッ!


キィイイイイン!


龍騎[唯]「わ、わ!私の体が!鉄仮面の騎士に変わって…!これが…変身!これが…仮面ライダー!っしや!」



ナイト[澪]「う、ぐぐっ…」ガクッ

シザース[律]「もう戦う力は残っていないようだな。今楽にしてやんよ」ビョオン

シザース[律]「この必殺技、ファイナルベントのカードでなぁ!」

ナイト[澪]「く…っ!」

龍騎[唯]「ちょ~~っと待つんだよぉ!りっちゃん!」ダダッ

シザース[律]「その声は…唯!ち、私らの真似て変身しやがったか!」



-仮面ライダー龍騎-
平沢 唯が変身するドラゴン型モンスタードラグレッダーと契約した仮面ライダー。契約モンスターと相まって基本能力が高い



シザース[律](厄介だな、あのドラゴンのカードデッキ、能力値が私のデッキと比べものにならないほど強かったはず…だから唯が何も知らないうちに葬っておきたかったんだが…)

シザース[律](いくら中身が唯でも正面からやり合うのは避けた方がいいか…な~らw)

ナイト[澪]「ぐ…ぅ?」クイッ

龍騎[唯]「あぁっ!」

シザース[律]「おーっと唯!そこを動くなよ!澪がどうなってもいいのか!?」

龍騎[唯]「澪ちゃんを人質に?ひ…卑怯だよりっちゃん!」

シザース[律]「卑怯もラッキョウも大好物だぜぇえ!」

シザース[律]「さあ唯、澪を助けたければ…ってあれ?」シュウウウ…

シザース[律]「仮面ライダーナイトが…澪が消えていく…どうなってんだ?」

ザッ…!

ナイト[澪]「ハァ…ハァッ……律…さっきお前が人質に取ったのはこのトリックベントのカードで作り出した分身だ…」

シザース[律]「なん…だと…!?いつの間に…!」

ナイト[澪]「お前が龍騎、唯に夢中になっているときにすかさずカードを発動していたのさ…」

龍騎[唯]「すごいよ澪ちゃん、たいした子だよ!」

シザース[律]「くそぉ!まだ…まだだ!…ん?あれは…」


『ファイナルベント!』


唯・澪・律「!」

龍騎[唯]「…澪ちゃん!隣の校舎に!」

ナイト[澪]「緑のライダー?律!お前の仲間か!?」

シザース[律]「し、知るかよ!あんなん」

ナイト[澪]「く…奴は必殺技、ファイナルベントを発動させた…攻撃が来るぞ…みんな急いでこのミラーワールドを脱出するんだ!」

龍騎[唯]「う、うん!」

ゾルダ[?]「もう遅いわ…ファイナルベント、エンドオブワールド!!」


ス″カ″カ″カ″カ″カ″カ″カ″!


ドォオオオオオオオン!


唯・澪・律「うわぁああああああ!」



-現実世界・桜高屋上-

澪「みんな…生きてるか……」

唯「う…うん、なんとか」

澪「………律?」

律「…………」カクッ

澪「り…つ?」

唯「死んでる…」

澪「り…つ……うわぁああああああ!どうして…こんな最期って………」

唯「……これが…ライダーの戦い」ガクガク

澪「そうだ…こんな戦いがあってはいけないんだ…止めなくては、絶対に!」グッ

唯「澪ちゃん…」

澪「だから唯…力を貸して欲しい、このふざけた戦いをぶち壊すために…!」



-夜・平沢家-

唯「ただいま、ういー」

澪「お邪魔します…」

憂「おかえり!お姉ちゃ…ってどうしたのその傷!澪先輩まで?」

唯「ちょっと…転んじゃって…澪ちゃんも巻き込んじゃった…へへヘ」

憂「転んだにしては傷が…?と、とにかく手当てしなきゃね!」

憂(嘘だッ!この傷、転んでできるようなものじゃない。きっと何か裏があるに違いない…)



-唯の部屋-

唯「うん、だいぶよくなったよ」

澪「ありがとう…憂ちゃん…」

憂「それじゃあ私は自分の部屋に戻るね、何かあったら呼んでねお姉ちゃん」

唯「うん…ありがと」

ガタン



憂(そ…そんな、お姉ちゃんと澪先輩のポケットに…カードデッキが、見てしまった…見えてしまった…あの二人が私と同じ、仮面ライダー?)ガタガタ…

憂(でも誰だ…私のお姉ちゃんをあんな目に会わせたのは…絶対に許さない!見つけ出して殺す…殺す…殺す殺す殺すッ!)


3