オーディン「次はあなたよ。澪ちゃん」

ナイト「あ…あ…」ガクッ

オーディン「澪ちゃん。あなたに…いいえ、あなたたちに恨みはないわ。友達だから…協力してもらっただけ。ごめんなさいね」ス…カチャリ

オーディン「せめて、楽に死なせてあげるから…」

ナイト「……」

ドドドドド

オーディン「ん…?」

ゲラスたん「ふんもっふ!」ドォンッ

オーディン・ナイト「ああぁっ!?」ズガガガ…



「なーに、これ?」



王蛇「フィナーレも近いっていうのにこんなに辛気臭くていいと思ってるの?」

オーディン「ぐっ…さわ子…先生」

ナイト「え……さわ子先生?」

王蛇(さわ子)「そっちの金ピカがムギちゃん…んで、そっちの地味なのが澪ちゃんね?」

ナイト(もしかしてとは思ってはいたけど…まさか先生まで…)

王蛇「残りのライダーも少ないし、ここでもうケリつけちゃいましょー?」

王蛇「誰が、一番、強いのか…」

スウィングベント

王蛇「あっははははっはは!! はぁっ、はぁっ!」パァンッ、スパァンッ

オーディン「くっ…!?」

ナイト「はぁ…はぁ…うぐっ」ドカッ…ゴロン

オーディン「なんて力なの…っ」

王蛇「なぁによ…何が私より強い、よ…あの子、嘘ついてたんじゃないのかしら」

王蛇「それじゃあ、もう飽きたし…そろそろ終わらせましょうか」ファイナルベント

ベノスネーカー「きしゃあああぁあああああ!!」ブオォッ…ンベッ

ダダダダ…シュッ

オーディン「く…」


ドンッ


オーディン「え!?」

王蛇「あらぁ!? …んまぁ、どっちでもいいわ…くたばっちゃいなさあぁぁぁあああい!!!」ガガガガガ…ドォンッッ

ナイト「っく、きゃああああ!!」



ナイト「あ…うっ…」

ナイト(体が…もう……た、立てない…っ)グググ…バタッ

オーディン「……」

オーディン「…どうして、どうして私を庇ったの? 澪ちゃん」

ナイト「…なんでだろうな」

ナイト「ムギのことが…憎くて堪らないのに…なのに…あははは」

オーディン「…お人好しなのね。まるでりっちゃんみたいよ、あなた」

ナイト(律…ははは…そっか、律か……ごめんな、みんな…私にはムギを倒せそうにない…)

王蛇「まだ生きてるなんて…あなたも結構しぶといのねぇ。澪ちゃん」

王蛇「悪いけど最後に立っているのは私なの。だから…」ユナイトベント

ジェノサイダー『おおおぉおおぉおおぉおおおおおおお!!!』

王蛇「消えて無くなりなさいよぉっ!」ファイナルベント


ゴゴゴゴゴゴ…

ジェノサイダー『おぉおおぉおおおお…』

ナイト「く…そっ」

オーディン「……」

オーディン「先生。私も…私も負けられないの。これは負けられない戦いなの!!」

ダダダ…

王蛇「はああぁあああああ!!」

オーディン「私がやらなきゃ…あの子を自由にさせなきゃいけないのっ! だから、負けないっ!!」ファイナルベント

ゴルドフェニックス「かあぁああぁああーーー!!」ボッ…ゴオオオオオ

オーディン「いやあああああぁぁぁああぁああ!!!」ガッ

ジェノサイダー『おぉおおお…おぉお!?』


ドカーン


王蛇「ジェノサイダー!? しまった!」

シュゥ…

ナイト(王蛇のスーツの色が…褪せていく…?)

王蛇ブランク「くそっ、まずいわぁ!! マジでまずいっ」

オーディン「力は…もう無いわね。終わりよ!」ドスッ

王蛇ブランク「かはぁ…っげ………う、そ…」シュゥゥ…

王蛇ブランク「わたしが…このわたしが……あ、あははは…」

ナイト「さわ子先生…」

王蛇ブランク「あははははははっあっははっは――――――――」

シュゥゥ…



仮面ライダー王蛇 山中 さわ子 死亡



ナイト「ムギ…」

カチャ…ス

オーディン「あなたを倒して…終わりみたい」

オーディン「ようやく…唯ちゃんを…ああ…」

ナイト「お前が自由にしようとしている唯は…」

オーディン「わかってる。こんなことはいけないって」

オーディン「でもね…あの子を生み出してしまったのですもの…それなら」

オーディン「あの子が平沢唯として…生きるべきなのよ! それじゃあね、澪ちゃん。ありがとう!」シュッ…

ナイト(…終わった―――――)


…キィンッ


オーディン「えっ!?」


?「……」ギリギリギリ…


ナイト(ライダー…? いや、でも…何か…)



オルタナティブ(?)「……」




数時間前・・・

唯「……憂」ス…ナデナデ

憂「 」

唯「ごめんね…ごめんね…憂…」ギュゥ…

唯「私、もう一人の私の中でずっと、全部見てきたの…」

唯「見てるだけで、何もできなくて…止められなくて…」

唯「うっ…ああ…あああ…っぁ…ぐ…」ポロポロ

斎藤『…平沢唯。目覚めたのか』

唯「…神崎士郎さんだね」

斎藤『……』

唯「私…あなたのことが憎くて、憎くて…堪らないよ」

唯「あなたさえいなければ…こんな悲しいことは起きなかった」

斎藤『……』

唯「ううん、違うかな…私さえいなければこんなことにならなかったんだね…」

唯「私がいたから、もう一人の私が生まれて…それで」

斎藤『……』

唯「神崎さん」

斎藤『なんだ』

唯「私に…戦う力をちょうだい」

唯「全部…全部終わらせるの。全部私が終わらせるの」

斎藤『……』シュッ…

唯「!」

パシッ

唯「カードデッキ…」

斎藤「最初に言っておこう。それはライダーになる為の道具ではない」

唯「え?」

斎藤「オルタナティブという疑似ライダーシステムを搭載した物だ。ライダーに変身するわけじゃない」

斎藤「過去に、私に対抗してある男が作り上げたものだ」

斎藤「性能こそオリジナルのライダーには劣る」

唯「そ、そんなの気合いで補うから大丈夫だよ」

唯「……」ゴクリ

斎藤『…オルタナティブはミラーワールドに滞在できる時間は少ない』

唯「うん…」

斎藤「…カードの使用には注意しろ。一度使用したカードは消滅して、二度と使えなくなる」

唯「え」

斎藤「……」

斎藤「それと…あらかじめ言っておく、どうやら俺の過去の記憶が戻ったようだ。ライダーバトルの目的も…優衣も…全て思い出した」

士郎(斎藤)「もうこんなこと、俺には何も関係はない。無意味だ。どうにでもなるがいい」

唯「そう…」ス


バッ


唯「へんしん!!」


オルタナティブ(唯)「いくよ!」スゥゥ…

士郎『……』スゥゥ…



・・・

オルタナティブ(唯)「もう終わりにしよう。ムギちゃん…」

オーディン「どういうことなの…なんで、なんで…あなたが」

オルタナティブ「……」

ナイト「お前…ゆ、唯なのか…?」

オルタナティブ「うん」

オーディン「み…認めない」

オーディン「認めない認めない認めなぁぁぁい!!」ザシュッ

オルタナティブ「っ!」キィンッ…ギリギリギリ…バチバチバチィ…

ナイト(憂ちゃんは…あの唯を倒したのか…! ということは…)

オーディン「いやあああぁぁ!!」

オーディン「どうして!? どうしてなのぉっ!! 唯ちゃん…唯ちゃぁあぁああん!」

ガンッ、ガァンッ!

オルタナティブ「あうっ…!?」

オルタナティブ(剣が壊れちゃった…!)

オーディン「認めないわぁっ!! 絶対に!!」

オーディン(認めてしまったら…私は、私は、私は……)

オーディン「ああぁっ!!」

オルタナティブ「はぁ…はぁ…うっ!?」ドカッ

ナイト「ゆ、唯…! くそ…体が…言うことを…!」

オーディン「消えて…消えてしまえ!! 消えてぇぇええっっ!!」ファイナルベント

ゴルドフェニックス「かあああぁぁぁあああーーーーーー!!!」バサバサ…ゴォォオオ

オオオオオオオォォォォ…

オルタナティブ「! し、しまったぁ…」

オーディン「はぁあああああああああああああ!!!」

ゴオオオォォォオオオオォォオオオオオオ!!


アドベント


ダークウイング「きいいいいいぃいい!」バッ

オルタナティブ「え!?」

オーディン「!!」ゴオオオォォオ…

ドカァァァンッッッ!!


ナイトブランク「っ…ぐ……ごめんね、ダークウイング…」シュゥ…

オーディン「くそっ、邪魔をしてぇっ…!!」

ガンッ

オーディン「っ!」

オルタナティブ「やああぁあっ!!」バキィッ

オーディン「ちくしょう…ちくしょう!! どうして! どうしてなのっ!?」

ナイトブランク「はぁ…はぁ…も、もう…これが限界、か」シュゥゥ…

澪「…これで、これで良かったんだよな…みんな…!」

オルタナティブ・オーディン「うわああああぁぁぁ!!」ガシッ、バキィッ

ドンッ

オーディン「消えてなくなれぇぇ!!」ダダダダ…

オルタナティブ「憂! りっちゃん! 姫子ちゃん! …みんなぁっ!!」シュル…


アクセルベント

ヒュゥゥゥンッッ

オーディン「!?」

バッ

オルタナティブ「やあああぁあぁあああああああああああああああ!!!」


ズンッ!


オーディン「ぐふっ…あぁああ…」…ピキッ…ピキピキピキ…

オーディン「あ、ああ…デッキが…デッキがぁ…あ…ああああ…」ピキッ、パリーン

シュゥゥ…

紬「ああああ…ああああ……ゆ…い、ゆい…ちゃ――――」

澪「みんな…私も、そっちに行くね…生き残れなかったな…はは…じゃあな、ゆ―――――――」


シュゥゥ……



仮面ライダーナイト 秋山 澪 死亡

仮面ライダーオーディン 琴吹 紬 死亡



オルタナティブ「…はぁ、はぁ、はぁ」

オルタナティブ(お、終わった…終わった…!)

オルタナティブ「終わったよ…全部…澪ちゃ…」

シーン…

オルタナティブ「澪…ちゃん?」

オルタナティブ「…うそ……そんな…」



スゥ…

斎藤(紬お嬢様…)シュル…

斎藤「…いや、もうやり直す必要はない。この結末もまた真実」

斎藤「このライダーバトルに勝者はいない」



シュゥ…

唯「あれ、変身が…」

斎藤「最後に立っていたのは平沢唯。お前だったか」

唯「神崎さん!」

斎藤「先程も言った通り、オルタナティブはライダーではない。よって、このライダーバトルの勝者は無くして終わりを迎えた」

唯「あ…あ…ああ…」

唯「みんなは…? 消えていっちゃったみんなは…どうなるの…? ねぇ!?」

斎藤「消滅した。何も元に戻ることはない。戦いは終わったのだ。平沢唯」

唯「いや…いやぁ…いやぁあああ…」

斎藤「もう二度とお前がミラーワールドに関与することはない…さらばだ」

スゥゥ…



唯「いやあぁああああああああああああ…――――――」





数年後

唯「よいしょっと…」

唯「それじゃあ、憂! 行ってくるね!」ビシッ…タタタ

ガチャリ

あれから何年か時間が経ちました。今では私もすっかり大人です!

仕事にも一生懸命で…あ、ちゃんとギー太も弾いてるよ! 休日は専ら路上でソロ活動してるんだ!

唯「おばあちゃんおはよぉ~」

一文字ばあちゃん「あぁら、唯ちゃん。おはよう。今日も元気いっぱいだねぇ」

唯「あはは…って、それどころじゃないよ! 仕事に遅れちゃう」

一文字ばあちゃん「それは大変ね! たしか…記者さんの仕事だったわねぇ?」

唯「うんっ、OREジャーナルだよ! 急がないとまた編集長に叱られちゃう!」

タタタ…

唯「ち、遅刻しちゃうよ…」タタタ…

子供A「なんだよ! お前が悪いんだろ!」

子供B「お前の方こそ! このやろうっ!」

唯「あ、あー! こらこらっ、ストップ! ストップ! ケンカはダメだよ~!」

子供A「うるせー! 部外者は出しゃばんなよー!」

唯「ダメったらダメ! めっ!」

みんな…私ね、みんなの分まで精一杯頑張ってるよ!

…生きてるよ!!



…キィーン、キィーン


終 わ り



やっと終わった。読んでくれた方、保守してくれた方、ありがとうございました。
物語の要所、要所は龍騎本編、SP、劇場版を参考にして考えてみたんだが、実際書くとかなり難しかった。
とにかく、楽しんで書くことができました。