タイガ「す、すごすぎです! あの紫のライダーを…」

ナイト(…どうする気だ)

龍騎サバイブ「……」ス…

王蛇「? …どうしたのよ、止め刺さないの?」

王蛇「情けかけられんのが一番腹立つんですけどぉ?!」

龍騎サバイブ「違います。そんなのじゃありません」

龍騎サバイブ「命を助ける代わりに、私の協力をしてください。先生」

龍騎サバイブ「事情は…知ってますよね。聞いてたんですから」

タイガ「あの二人、何の話を?」

ナイト「わからない。ここからじゃ声が小さすぎて聞こえない…」

王蛇「……」

王蛇「私が…そんなお願い素直に聞くと思ってるわけぇ?」

龍騎サバイブ「思ってません」

王蛇「舐めてるのかしらぁ!?」

龍騎サバイブ「いいえ、ですけど…先生はもっと強い相手と戦いたいと思わないんですか?」

王蛇「そりゃあ…雑魚相手に戦うなら強い奴の方が楽しいけど」

龍騎サバイブ「私がこれから戦おうとしている相手は…私以上に遥かに強いです」

王蛇「……」

龍騎サバイブ「もちろん、先生…あなたよりも」

王蛇「あ゛…」ピク

龍騎サバイブ「その先は、どう考えるかはあなた次第です」


王蛇「…へぇ」

王蛇「やっぱり…あなた、ちょっと違うわ」

王蛇「わかった。いいわ…協力してあげる。でも勘違いしないで」

王蛇「仲間になったわけじゃあないの。隙を見せたらすぐに倒させてもらうわよぉ」

龍騎サバイブ「…それで構いません」

王蛇「今日のところはこれで勘弁してあげる。じゃあね」スゥゥ…

龍騎サバイブ「……」ペタン…シュゥ

龍騎「…や、やった。上手くいった…あ、あははは…」

ナイト「憂…ちゃん? 憂ちゃんなのか? 本当に」

タイガ「……」

龍騎「あ…えっと、その…まずは…外に出ましょう? 全部お話しますから…」



・・・

憂「…ふぅ」

澪・梓「……」

憂「やっぱり…澪さん、梓ちゃん」

梓「憂! 憂はいつからライダーに!?」

憂「今さっきだよ」

梓「え」

澪「何で…憂ちゃんが龍騎になったんだ? それは元々、唯が持っていたんだぞ」

憂「…お姉ちゃんが龍騎……本当だったんだ」

憂「全部話させてください。私が知っていること…全て―――――」



憂「―――…というわけなんです」

梓「そ、そんな…ムギ先輩が…うそ…」

澪「やっぱり、ライダーバトルには裏があったんだな」

憂「私はムギさんの計画を止めて、お姉ちゃんを取り戻します」

澪「つまりこの戦いを終わらせるってことか…それなら、私も協力するよ。憂ちゃん」

憂「澪さん!」

梓「私も…私も唯先輩を助けたい! 少しでも可能性があるっていうのなら…それに」

梓「ムギ先輩も…助ける。憂!」

憂「うんっ」

梓「私も憂と一緒に戦うよ」

憂「ありがとう…梓ちゃん」

憂(4人もいればムギさんを抑えることができるかもしれない…後は…)



約束の日 平沢家


キィーン、キィーン


憂「……」

唯『ちゃんと生き残ってたね。憂』

スゥゥ…

唯「やっほー」

憂「……」

唯「あれ? なんか乗り悪いよぉ、憂」

憂「…約束、したよね」ス

唯「あは、覚悟は決まったんだ?」ス

憂・唯「へんしん!」

龍騎・リュウガ「……」

スゥゥ…



・・・

ドォンッ…ガガガガ…

龍騎「きゃああっ」ズサー…

リュウガ「その程度なんだ。憂ぃ?」

リュウガ「もっと、もっと…私を楽しませてよ! 笑顔にさせてよ!」ストライクベント…ドォン!

ガードベント

龍騎「やっ…ぐ…」タタタ…バンッ

リュウガ「!」

ソードベント

龍騎「てやぁっ!」グ…シュルルル…ッ

バキッ

リュウガ「あうっ!?」

ググッ…

リュウガ「あはははっ」バキィ

龍騎「かはっ…う、うわああああ!!」バキィッ

リュウガ「があ…うぐっ…ふっふふふ! あははは!」バキッ、ドンッ

龍騎「い…やぁ…はぁ、はぁ……おねえ…ちゃんっ!!」バキィィッ

リュウガ「あはは! こ、こうやって…殴り合ってるだけでも…楽しいね! うぐっ…」

龍騎「う…うわあああ…わあああああああ!!!!」グ…

アドベント

龍騎「!」

ドラグブラッカー「ギャオオオオオオ!!」バンッ…ドガァ

龍騎「う…ぐ………!」ヨロヨロ…

アドベント

ドラグレッダー「ぎゃおおおおおお!!」ボォォ…

リュウガ「あはははは…いひひっ! うぎゃぁっ!?」ドカンッ



・・・

澪「今日でいよいよ決着か」

梓「大丈夫…なんですかね」

澪「不安? 梓」

梓「不安なんてもんじゃないですっ」

梓「今度こそ…下手を打ったら死んでしまいますよ…」

梓「それにもう一人の協力者があの紫のライダーだなんて…」

澪「…もう、私たちは後に引けない。行こう! 梓!」

梓「や、やってやるです!!」

澪・梓「へんしん!」

ナイト・タイガ「よしっ!」

スゥゥ…



スタスタスタ…

さわ子「ふふ…」

さわ子「いい加減、決着を着けましょうか」


さわ子(全てのライダーを倒すのはこの私)

さわ子「教え子が相手…? はっ、上等じゃないの」

さわ子「ここまで来て、いまさら引き返すなんてことできないの!」

さわ子「私はぁっ、…私の道を行くだけよ!!」

さわ子「へんしん!」

王蛇「あはぁ…」

スゥゥ…



紬「唯ちゃんが憂ちゃんと戦っている…? そんな! 勝手な行動はとらないと約束したのに…」

斎藤「……」

斎藤「お嬢様。複数のライダーがこちらへ向かっております」

紬「…私の計画がバレたようね。そして…このライダーバトルを終わらせる気だわ」

紬「そんなこと…させないっ!! 斎藤!」

斎藤「はい。紬お嬢様」

紬「もう紛いもののオーディンには任せられない…」

紬「…私がオーディンになるわ。奴らを迎撃するの」

斎藤「お嬢様…」

紬「大丈夫よ。きっと何とかなる…」ス

紬「へんしん!」

オーディン(紬)「…行くわ」

スゥゥ…



・・・

龍騎・リュウガ「やあああっ!!」

ガガガッ

リュウガ「すごい、すごい! すごいよ、憂!」

龍騎「もう…こんなの…いやぁ…ああぁあ…わああああ!!」

ガリガリガリッ…ギンッ

リュウガ「あっははははははは?! ぎゃはははははは!!」

ファイナルベント

ドラグブラッカー「ギャアアアオオオオオオ!!」ボォォ…ゴゴゴ

フワッ…

ファイナルベント

ドラグレッダー「ぎゃあああおおおおおお!!」ヒュゥンッ…ボォォ

龍騎「うっ、ぐ…ああああ…ああああああ!!!」

リュウガ・龍騎「わあああああぁぁぁぁぁぁっぁぁあぁぁあああああああ!!!!」ゴオオオオオオォォォォォ…

…ドカーン



オーディン「……」

ザッ、ザッ…ス

オーディン「大人しく私の言うとおりにしていればいいものを…」

オーディン「澪ちゃん、梓ちゃん」

ナイト「……」

タイガ「本当に、本当にあなたはムギ先輩なんですか!?」

オーディン「ええ、そうよ。梓ちゃん」

タイガ「…どうしてこんなことを!」

オーディン「私を止めに来たというのなら…もう私の目的は知っているはずでしょう?」

ナイト「唯か」

オーディン「そう。唯ちゃん…私のお友達を自由にしてあげる為にこのライダーバトルを始めたの」

オーディン「ライダーの選択には困らなかったわ。私の身の回りにはこんなにも個性豊かで…それこそライダーに相応しい人ばかりなんですもの」

タイガ「最初から私たちを自分の計画に巻き込むつもりだったんですか!」

ナイト「ムギっ、お前…」

オーディン「何とでも思ってくれていいわ。覚悟はしていたもの」

オーディン「さぁ、お話はここまでにしましょうか…」

ナイト・タイガ「…!」カチャ…

オーディン「私は唯ちゃんの為に戦う…ライダーバトルはあと少しで終わりを迎える…」

オーディン「この戦いを完遂させることができれば、唯ちゃんは完全な存在に! 待ってて…唯ちゃん! 私があなたを生み出してしまった責任…ちゃんととるから…!」

タイガ「来ますっ」

ナイト「うおおぉっ!!!」



シュゥー…

龍騎「…っ……かは…」

リュウガ「は、ははは…おえぇ…う…はぁ、はぁ…」

リュウガ「やるじゃーん…憂ぃ…」

龍騎「はぁ…はぁ…はぁ…!」

ピキ…ピキピキッ

龍騎「あぁ!? そ、そんな…」

リュウガ「…憂、デッキにヒビが入っちゃったねぇ」

龍騎(いやだ! こんなところで…こんなところで…お姉ちゃんっ…)ピキ…

リュウガ「でも…私の負けみたいだよ」シュゥゥ…

龍騎「え…!? はぁ…はぁ…!」

ヨロヨロ…

龍騎「はぁ、はぁ」

リュウガ「…わかってるよ。約束したもんね」シュゥゥ…

スゥ…バタッ

唯「……」

龍騎「お姉ちゃん!」

リュウガ「はやく…外の世界に出してあげた方がいいよ…あ、あははは…」

龍騎「……」

リュウガ「ど、どうしたの…はやくいきなよぉ…」

龍騎「…さようなら、もう一人の…私のお姉ちゃん。私、あなたのこと忘れない…」

リュウガ「…そ、そっかぁ…うれしいなぁ…私…憂のお姉ちゃんに…なれたんだね…」

リュウガ「…うん、満足だよ…ありがとう…ばいばい――――――」

シュゥゥ…


仮面ライダーリュウガ 平沢 唯(ミラー) 消滅


18