・・・

ミラモン「おっ、おっ、おっ、おっおっ」ブーン

ライア「こいつら…何匹いるんだよ! 倒しても倒してもキリがない!」

ナイト「律! 油断しないで!」ザシュッ

フリーズベント

カチコチ…

ミラモン「おっ…おおっ…お…」カチーン

タイガ「これで少しは…」

ミラモン「きょおおおおお~おおぉぉ」ダダンッ

タイガ「うっ!?」

ライア「ああぁ!? …っぐ」

ナイト「律っ、梓ぁ! くそ、なんとかしなきゃ…」

ナイト「曽我部先輩…先輩はこないのか…!?」


インペラー「あら、今私のこと呼んでくれたのかしら!」

ナイト「曽我部先輩!」

インペラー「嬉しいわ。秋山さんが私を必要としてくれたなんて」

ナイト「先輩! 早くこのミラモンたちを…律と梓が!」

インペラー「そのまま続けて! その二人を殺しなさい」

ミラモン「きょおおおおお~おおぉぉ」

ミラモン「おおっ、お~!」

ドカンッ

ライア・タイガ「ああああぁぁあっ!!?」

ナイト「先輩!? なに言ってるんですか!? それよりあのミラモンたち…」

インペラー「ええ、私の命令に忠実な部下たちよ」

ナイト「そんな……う、裏切ったんですか…?」

インペラー「裏切る!? とんでもないっ、私があなたを裏切るはずがないじゃない! 私はいつでもあなたの味方よ?!」

ナイト「だ、だったら攻撃を止めさせてください! このままじゃ二人が」

インペラー「…いいえ、秋山さん。これでいいの。これでいいのよ」

ミラモン「うももももも~!!」ガガッ、ザンッッ

タイガ「はぁ…はぁ…うぐっ…そ、曽我部…先輩…?」

ライア「どういう…ことだ…!?」

インペラー「ごめんなさい。私、あなたたちに嘘をついていたの…私、叶えたい願い事があるのよ。秋山さんが私だけの物になるようにって…」

ライア(ま、まだこの人、澪のことを!)

インペラー「秋山さんに会えたとき、私とっても嬉しかったわ…ライダーとして再会したことはちょっぴり悲しいけれど…」

ナイト「先輩…」

インペラー「でもね、秋山さん! 私考えたの! 秋山さん以外のライダーを殺しちゃえばこの世界で私たちは二人っきり…思いっきり愛しあえるのよ」ニコニコ

タイガ「それじゃあ…なんであの時、私たちを助けたんですか!」

インペラー「あなたたちを助けることで秋山さんの笑顔を見られると思ったから…」

インペラー「だから手を貸し続けたのよ。でももういいの、全部面倒になっちゃった」

ライア「狂ってやがる…くそ…っ」フラフラ

インペラー「あなたたち…邪魔なのよ。秋山さんの周りをウロウロウロウロ…」

インペラー「ウロウロウロウロウロウロウロ!! ほんとに邪魔、目ざわり」

ナイト「先輩っ、いい加減にしてください! じゃないと…」ス…

インペラー「! わ、私に剣を向けるの? 嬉しい! 秋山さんが私を見てくれてる!」

ナイト「う…」ゾク…

ライア「先輩…あんた自分で願いが叶うか怪しいって疑ってたじゃんかよ…あれは何だったんだ!」

インペラー「疑ってるわよ。でも信じてみてもいいじゃない、ふふ……まぁ、もうそんなことどうでもいいのだけれど…さぁ、やって」

ミラモン「きょきょおおおお~!!!」バッ

インペラー「願いなんて自分で叶えちゃえばいいんですもの」

ライア「くそ…梓! やるぞ!」ズンッ

タイガ「はい! 来て、デスにゃん!」アドベント

デスにゃん「ぐるるるる!!」ブン、ブォンッ、ガンッ

インペラー「案外粘るのね…秋山さん、待ってて。もう少しかかりそうだから」

ナイト「たあああぁあああっ!!」ザシュッ

インペラー「あんっ!」

ソードベント

ナイト「はっ!」ズンッ

インペラー「ああぁ! いい! 秋山さん! …でも」シュッ…ガガッ、ドン!

ナイト「ふぐっ!?」ズサァー…

ナイト(すごい威力の蹴り…前に戦った時より確実に強くなってる!)

インペラー「しばらくそこで寝てて。後でいっぱい愛しあいましょう? ふふ」

ナイト「そういうわけにも…いかないっ!!」ダダダ…シュ

インペラー「あぁ…もうっ、欲しがり屋さん! うふふ!」

アドベント

エビルダイバー「すぃー」ドンッ

インペラー「っ! 何するのよ!? 早くやられちゃって!?」

ライア「ふ…ふざけんな…! うぐっ…!?」

インペラー「ええいっ」ズンッ

ライア「あぐっ…」ヨロ

タイガ「り、律せんぱ…あ…う…」

ギガゼール「ぎゃっ、ぎゃ、ぎゃ!」ガリガリガリガリ…

ナイト「ちくしょう! ちくしょう! 曽我部ぇっ!!」サバイ…

ドカンッ

ナイト「きゃああっ!!」

ミラモン「きょおおおお~」

インペラー「ちょ、ちょっと! 秋山さんに手荒なまねしないで!」

ミラモン「きょきょおおお…」シュン…

インペラー「秋山さんも大人しくしていてって言ってるじゃない。お願いだから言うこと聞いて? それから…」ス…ビリッ、ビリ…

ナイト「!! (しまった…サバイブのカードが…)」

インペラー「こんなものに頼っていてはすぐにダメになってしまうわよ」ポイ…

ライア・タイガ「はぁ…はぁ…ぐぐっ…」ドシャァァッ

ナイト「……っ!!」

ナイト「何が…何が愛しあおうだ…私の大切な仲間を傷つけておいて…許さない!」

インペラー「や、やだぁ…秋山さん怖い…そんなに怒らないで…ね?」

ナイト「うるさい! お前なんて…大っ嫌いだ!」

ミラモン「 」ピタ

ギガゼール「 」ピタ

タイガ「? …こ、攻撃が止まった?」

ライア「何が……とにかくチャンスだ。一気に…」

インペラー「あ……あ…あああ…あ…ああ…あ…」

ライア(曽我部の様子が…どうしたんだ?)

インペラー「あああ秋山さん…が……今、私に…だ、だだ…」

インペラー「だい…きき…きら…」

インペラー「…大っ嫌い?」

ミラモン「きょおおおおおおおお!!!!」

ギガゼール「ぎゃぎゃぎゃああああああ!!!!」

タイガ(ミラモンたちが! 何!?)

インペラー「いやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

ナイト・ライア・タイガ「!?」

インペラー「嫌われたぁあぁ!! 嫌われちゃったああぁあぁ!! いやぁああ!! いやあああああぁぁあっぁぁあ!!」

ライア「お、おい! どうしたんだよ! しっかりしろ!?」

インペラー「あああ…どうしよう……死にたい、消えてなくなりたい……」

インペラー「……」

インペラー「…もう、いっか。終わった恋にいつまでもウジウジ言って、未練がましいのはみっともないものね」

ナイト「ん…?」

インペラー「ふぅ…」

インペラー「それじゃあ、秋山さん。あなた…」

インペラー「死んでもらうかしら」スピンベント

カチャンッ! ダダダダ!

ナイト「!?」

ナイト(しま―――――)

タイガ「まずい! 澪先輩!!」

コピーベント

ライア「う…うわあああああああああああ!!!!」シュッ

ナイト「律!?」

インペラー「邪魔しないでええぇぇぇえええ!!!!」

ザクッ…ドスッ…


ライア「うぐっ!?」

ズシュ…


タイガ「り、律先輩っっ!!?」

ナイト「そんな…律っ!!」タタタ

ピキ…ピキピキッ、パリーン

インペラー「…そ、そんな……わ、私のデッキが…あ…あああ…い、いや…」シュゥゥ…

恵「き、きえt―――――――――――――」

シュゥゥ…

ライア「はは…ははは……」フラ…バタリ

ナイト「死ぬな! 死ぬなぁ!! 律ぅっ!!」ユサユサ

タイガ「うそ…いや…」

ライア「あ、やば……私…」シュゥゥ…

ナイト「いやだ! いやだあぁあ!! 死なないで!!」

タイガ「律せんぱぁいっっ」

シュゥゥ…

律「…こんなところで終わるなんて…思ってもなかったわ…あははは」

タイガ「変身が…」

ナイト「ああ…あああ…いやぁ…」


律「最後になりそうだから…言っておくぞ…」

ナイト「え…?」

律「お前らさ、私の分まで生きて…」

律「そしてさ…自分の為に戦え…お前らが信じたことなら…さ…きっと正しいよ…」

タイガ「やめてください! そんな、もうお別れみたいに…言わないでぇ……」

律「あず…さ、み…お………」

ナイト「いやぁ…いやぁ…」

タイガ「う…く…っ」

律「なく…な…泣くな!」ギュッ

ナイト・タイガ「!」

律「胸張って堂々としてろ! ウジウジしてんな!」

ナイト「り、律…」

タイガ「あ…」

律「よし! ……じゃあな…ばいばい」ニコ

スゥゥ…



仮面ライダーインペラー 曽我部 恵 死亡

仮面ライダーライア 田井中 律 死亡



16