真鍋家

チーン…

澪「……」

澪(写真の中の和…すごく元気そうだ。まだ生きてるみたい)

澪「私ね、和」

澪「最初、和の後を追おうとして…死んじゃおっかなって思ってたんだ」

澪「戦っていても目的がない、剣を振りかざしても虚しいだけ…」

澪「だから死のうって…でもね、できなかったよ」

澪「死ぬのは…怖いよ…和ぁ…」グスッ


和母「…和に会いに来てくれてありがとうね。きっとこの子も喜んでるわ」

澪「あ…」

澪「わ、私はこれで…お邪魔しました」サ

和母「待って。あなた、秋山澪さんよね?」

澪「? はい…そうですけど」

和母「あの子の部屋を片付けていたらね、あなた宛ての手紙が机の上に置いてあったのよ」

澪「あ…そんな…」

和母「まだ封は開けてないから安心して。それじゃあ…はい」ス

澪「……こ、ここで読んでもいいですか…?」

和母「ええ」

澪(和…)ス



澪へ

この手紙をあなたが読んでいるということは、恐らく私は死んでいるということになるのかしら。

そう思いながら書いているとなんだか複雑な気分になるわ。

あのね、澪。私がライダーバトルで勝つ為に澪が手伝うって言ってくれた時、私とても驚いたのよ。

あの怖がり屋な澪が戦うって…私の為に。相当勇気を振り絞ってくれていたんでしょう?

それなのに私、そんなあなたを自分が勝ち進む為の道具のように扱って…私最低よね、あなたの思いを踏み躙っていたのよ。

今さらこんなこと書くのはあれだけど…澪、あなたには剣じゃなくて、あの頃のあなたのようにベースを持っていて欲しかった。

私、あなたの演奏するベースの音…大好きだったのよ?

途中でこの戦いがやめられないのはわかっている。

今さらやめろだなんて言いたくても言えない…それなら澪、いっそのこと。私の為に戦わないで、あなたの為…あなた自身の為に戦いぬいて。

…長くなっちゃいそうだからこれで終わりにするわね。

最後に…こんなこと書くのも私らしくないけど…もし、生まれ変われるのなら…澪、あなたにもう一度会いたい。…それじゃあね。


                                             真鍋 和より


澪「……あ…あ」

和母「たぶんね、あの子…もう自分の命が長くないってこと…分かってたのかしらね」

和母「あの子が最後に手紙を渡すぐらいなんだもの、あなたのことをとても大切に思ってたのよ。きっと」

澪「和ぁ…の゛ど…がぁ…っぐ…ああ…あぅ…」ペタン

澪「あああああああ…うわああああ…」

和母「あの子の分まで…生きてあげて。秋山さん」

澪「はい…はい…生きますっ…わ…わた…し…ぜったい…」

澪「うわあああああん」



平沢家

憂「……」


キィーン、キィーン


憂「! ……」

スゥゥ…

唯「よいしょっと」

唯「憂?」

憂「そ、そうだよ」

唯「あはっ、ホントに私たち瓜二つだね」

憂「……」

憂「お、お姉ちゃんを返して」

唯「ん~?」

唯「何言ってるの? 私、一応唯なんだけど」

憂「あなたはお姉ちゃんの姿をしてるけど…私のお姉ちゃんじゃない」

憂「ミラーワールドの平沢唯!」

唯「うん、そうだよ」

唯「いいじゃん! この際だし、私が憂のお姉ちゃんってことで」

憂「いや! そんなのいや!」

憂「私のお姉ちゃんはたった一人! のんびり屋さんだけど…優しくて、温かくて、可愛くて…世界でたった一人の大好きなお姉ちゃんだけ!」

唯「…そっか」

唯「残念だなぁ。憂のお姉ちゃんになれると思ってたのに」

唯「それで、どうして欲しいの? この体を返してほしいの?」

憂「返してくれるの!?」

唯「私と戦って勝てたらね」

憂「!」

唯「言っておくけど私、強いよ! めちゃくちゃ」フンス

憂(もう一人のお姉ちゃんと戦う…しかも、体は本物のお姉ちゃん…)

憂(そんなの…戦えないよ…)

唯「…戦わないの? 憂」

憂(ムギさんを止めることができれば…お姉ちゃんを取り戻せるかもしれない…)

憂(でも実際のところ、あの人をどうにかできるかすら怪しい…)

憂「…少し、考えさせて」

唯「ふふ」

唯「三日後にまたここに来るね。それまで憂、ちゃんと生き残っててよ?」

スゥゥ…



憂「…お姉ちゃん」



数時間前

憂「止めてくれって…そんな」

斎藤「無茶は承知の上で頼んでいる。元はといえば、私がお嬢様にこのライダーバトルのことを教え、手伝わなければよかったこと」

さわ子「ほんと、無責任な男…」

斎藤「過去に私がこの戦いに何を求めていたかは分からない…だが、紬お嬢様には…私と同じような道を辿ってほしくない」

斎藤「彼女には…幸せでいてもらいたいのだ」

憂「神崎さん…」

憂「…言われなくても、お姉ちゃんの為です。私はムギさんを止めますよ」

さわ子「ていうか…そもそもなんで唯ちゃんがこの戦いに参加する必要があったわけ? ライダーバトルを完遂させるだけの為なら…」

斎藤「ミラーワールドの平沢唯はリュウガ…つまり龍騎と相反する存在。現実世界の平沢唯と融合する為には、完全に表と裏の存在にならなければならない」

斎藤「これは最初から仕組まれていたことだ。平沢唯が龍騎になるようにな」

さわ子「つまり…ミラーワールドの唯ちゃん一方だけがライダーなのはダメで、ライダーとしても表裏が成り立ってなきゃダメだったってことね? 面倒臭い」

斎藤「…後は、現実世界の平沢唯の精神状態が不安定な時に、ミラーワールドの平沢唯がその体を乗っ取る、ということだ」

憂「そんな…」

憂(絶対に…絶対にお姉ちゃんを取り戻すよ! 絶対に!)



さわ子「さて、と……大体の話も分かったことだし…」

さわ子「戦いましょーか? 憂ちゃん」ス

憂「!」

さわ子「難しい話にもそろそろ飽きてきて、体を動かしくなってきたころでしょ?」

憂「い、いやですっ! そんな…」

さわ子「あら、ムギちゃんを止めるにはどのみちあなたもライダーになって戦わなきゃいけないのよぉ? 今のウチに慣れておいても損はないんじゃないかしらねぇ?」

憂「うう…そんな…先生…」

さわ子「ほら、さっさと準備なさい。先生が手とり足とり…戦い方を教えてあげる。ふふ!」

憂「あ、あ、あ…くっ、ごめんなさい!」タタタ…

さわ子「ちょ!? …あーあ、逃げちゃった…つまらないの」

斎藤「……」



律「たまにはこうやって部室でのんびりしてるのもいいな」

梓「ふふ、そうですね」

梓「…唯先輩がいませんけどね」

紬「……」

紬「お茶が入ったわ。はい、みんな」

澪「ありがとう、ムギ。…うん、ムギのお茶はいつも美味しいな!」

律「なぁ」ボソ

梓「はい?」

律「最近、澪…元気になったな」

梓「そういえば…そうですね。何はともあれよかったです」クス

律「そうだな」


キィーン、キィーン…


キィーン、キィーン


律・澪・梓「!」

澪(最近、ミラモンがあきらかに多くなってきてる…)

律(一般人への被害もこれじゃあ大きくなるばかりだ…)

梓(やらせません! 私たちがいる限り…!)


紬「あら…みんな、どこへ行くの?」

律・澪・梓「トイレ!!!」

ガチャ…タタタ



紬「…ふふ」


紬「戦え…潰しあえ…もっと…もっと…!」


「戦え…戦え…!」



15