・・・

タイガ「ふんっ!」ブンッ

オーディン『!』

タイガ「今です! 澪先輩!」

ナイトサバイブ「やああああぁぁあぁ!!」

ザンッッ!!

オーディン『う…ぐ…あ…あぁ…』シュゥゥ…

サァァ…

ライア「…た、倒しちゃったのか?」

タイガ「なんか…それにしては呆気ない気が」

インペラー「…まぁ、結果オーライよ。外にでましょう…」

ナイトサバイブ(手ごたえはあった…でも、何か違和感が)



・・・

ドンッ

さわ子「さぁ! 知ってること全部吐いてもらうわよぉ?!」

斎藤「仮面ライダー王蛇か…いつの時もこのライダーの適正者は凶暴だな…」

憂「ど、どうして先生がここに…」

さわ子「憂ちゃんを着けてきたのよっ、カードデッキを持ってるところをちょうど見かけて、ね!」

憂「それは…」

さわ子「興味あるわねぇ、ライダーバトルを誰が始めたのか…その目的は何か」

さわ子「ただ戦うだけってのも飽き飽きしてたところだったのよぉ、ふふふ」

斎藤「…では話そう。真実を」



唯「……」

サァァ…ス

紬「…鏡の外はどう?」

唯「うん…何だろう、何かね」

唯「すっごく嬉しい」

紬「嬉しい?」

唯「こう…胸のあたりがね、ウキウキしてドキドキしてね」

唯「気分が良くなるの」

紬「そう…ふふ」

唯「いつまでもこうやって、この世界にいたいなぁ」

紬「…できるわ。かならず…」

紬「あなたを作りだしたのは私だもの…ちゃんと責任を取って完全な存在にする」

紬「そう約束したでしょう? 子供のときに」

唯「そう…だったね。紬ちゃん」

紬「ふふ、ムギでいいって言ってるじゃない」

唯「ううん、紬ちゃんは紬ちゃん…あはは」

紬「ふふ、ふふふふ…(この時を永遠にする為にも…ライダーバトルを完遂するのよ。かならず…どんな手を使ってでも…!)」



憂「そんな…うそ…」

斎藤「全て事実だ」

憂「で、でも…だって! ムギさんがそんなこと…」

さわ子「…はっ」

さわ子「ムギちゃんが何企んでるかは知らないけど、むしろ感謝したいところだわ」

さわ子「だって、おかげで私の好きに戦えて、暴れられるんですもの! あははははは」

憂・斎藤「……」

さわ子「それより…私にはあんたが何者なのか教えてもらいところねぇ? あんた、ただのおっさんじゃないんでしょお?」



斎藤「……そうだな、言っておこうか」

斎藤「私は数年前にライダーシステムを独自で開発した。そして…」

斎藤「ライダーバトルの創始者は…この俺」

斎藤「神崎 士郎だ」

さわ子「…あんたが? はぁ? 神崎? 斎藤ってのは?」

斎藤「斎藤の名はこの屋敷で働くことになったときに私が決めた偽名だ」

さわ子「なぁにそれ」

憂「…ということは、全ての元凶は…」

斎藤「ああ、私だろうな…」

斎藤「数十年も前のことだ…私はライダーバトルを始めた」

斎藤「自身が作り上げたライダーシステムを全くの他人に与え、争わせた」

さわ子「勝てばー…願いが叶うって? ふふ」

斎藤「……あれは戦いに乗せる為の私の狂言の一つにすぎない」

さわ子「何それ、詐欺じゃない。詐欺!」

憂「それじゃあ斎藤さ…神崎さんはそこまでしてライダーバトルで何を得ようとしたんですか?」

斎藤「…わからない、思い出せない」

憂「え?」

斎藤「私は何の為に…そこまでライダーバトルに固執し続けたのか思い出せない…ずっと…長い間…」

さわ子「随分と都合いいのね、あんた」

斎藤「何も思い出せない私が路頭に迷っていた時、ここの主人が私に救いの手を伸ばしてくれた…それからは自らを斎藤と名乗り、紬お嬢様のお世話をさせていただいている」

憂「…そうだったんですか」

斎藤「しかし、私は…紬お嬢様がミラーワールドへ関与することができることをすぐに知った…ここまで来てもまだ゛アレ゛は私に纏わりつくのかと…まさに皮肉だな」

さわ子「はっ、自業自得じゃない」

斎藤「…お嬢様は空想の生き物を絵に描いて遊ばれることを何よりも気にいられていた。しかし、お嬢様が描かれた生き物はミラーワールドへ現れ、ミラーモンスターとして存在するようになった」

憂「描いた絵が…本物の生き物にってことですか!?」

さわ子「あははははは!! ばっかみたい!! 続けて、続けて!」

斎藤「…ある日、紬お嬢様がそこの窓から外の景色を眺めていた時だ」

斎藤「ある少女の姿を見つけたのだ。歳の頃はお嬢様とちょうど同じぐらい…一目でお嬢様はその少女を気にいり、少女を絵に描いた」

斎藤「それが平沢唯…平沢憂、お前の姉だ」

憂「お姉ちゃん…」

斎藤「例外なく絵に描かれた平沢唯はミラーワールドに実体化し、存在した」

斎藤「紬お嬢様は友人ができた、と毎日のようにミラーワールドへ入り、平沢唯と遊んでいた…しかし」



・・・

紬「どうして唯ちゃんはここから出られないの?」

唯「えっとねー…きっと、私がかんぜんなそんざいじゃないからだよ!」

紬「かんぜん?」

唯「うん。私は平沢唯だけど平沢唯じゃないんだもん」

唯「鏡の外には本物の平沢唯がいるから…」

紬「ち、ちがうもん! 本物はこっちの唯ちゃんだもん!」ギュッ

唯「紬ちゃぁん」

紬「私がね、私が唯ちゃんをかんぜんなそんざいにしてあげるからね…ぜったいに」

・・・



憂「もう一人の…お姉ちゃん」

さわ子「あの黒いやつか…へー」

憂「つまり、ムギさんは…」

憂「このライダーバトルを完遂させて、ミラーワールド側のお姉ちゃんを現実のものにしてしまおうとしている…ってことですよね」

斎藤「…そういうことになるか」

さわ子「あらあら! 随分自分勝手な話だとこと…それじゃあ、何?」

さわ子「私らライダーはムギちゃんの手の上で踊らされていただけってこと?」

斎藤「……」

さわ子「くくく…くくっ、あはははは…あー、超お腹痛いわぁ…くぷぷぷ…」

憂「こんなこと…許されません! ううん、許さない!」

斎藤「…本当にそう思うか」

憂「はいっ」

斎藤「ならば平沢憂…お嬢様を…紬お嬢様を…」

斎藤「…止めてくれ」



梓「あの黄金のライダー…」

律「ん、やっぱり梓も何か引っかかるか?」

梓「ええ、あのライダーの動き…どこか無機質な感じがしてて」

梓「ロボットと戦っているみたいな感覚でした」

恵「やっぱりみんな感じてたのね。私もあのライダー…まるで中に誰も着ている人がいない様に思えた」

澪「うん…」

律「装着者がいないライダー…本当にそんなのいるのか?」

澪「何が何だか…」

澪(こんなときに和がいてくれれば、どんなに頼りになってくれただろう)

澪(和…私、どうすればいいのかな。何をしなきゃいけないのかな)

澪(私、分からないよ…)



14