ライア「唯…なんだその姿…」

リュウガ「えへへ、かっこいいでしょ。りっちゃん」

タイガ「りっちゃん…? !! り、律先輩!?」

ライア「氷のライダー! お前…!」

タイガ「あなたっ、律先輩なんですか!? 律先輩!?」

ライア(私を知っている…? 律先輩…?)

リュウガ「ねぇねぇ、早く戦おうよ! はーやーくー」

ライア「お前、ほんとに唯かよ? やっぱり様子がおかしい…」

リュウガ「そうだよ。私が唯だよ」

リュウガ「なんでもいいから早く!」

ライア「戦い、戦いって…お前、戦いを止めるってのはどうした」

リュウガ「なにそれ? あ、そっか…あの頃の私か」

タイガ(あの頃…? ていうかあれは本当に唯先輩なの?)

リュウガ「ねぇ、お話は飽きた! もう…」ソードベント

タイガ「危ない!」

ライア「!」スウィングベント

キィンッ…ギリギリ

リュウガ「二対一でいいよ」

ライア「唯…お前っ、何があったんだ…ぐっ」



?『いや、二対二だ』スゥゥ

タイガ「っ!?」ドカァ…ゴロン

リュウガ「なーんだ、来ちゃったの?」

?『ふんっ』ガッ…ドス

タイガ「きゃあっ、このライダーは…?」

ライア「黄金の…ライダー!」

オーディン(?)『……』ゴゴゴゴゴ

リュウガ「じゃあ、一緒にやろっか」

ライア(これは…なにか、まずい…)

ライア(確実に私たちじゃ勝てない…そんな気がする)

ライア(氷のライダーを連れてここから逃げるか? …に、逃げられるのか?)

リュウガ「ふふ」ザッ、ザッ

オーディン『……』オオオオオ…



「なんか楽しそうなことしてるじゃなぁい?」

リュウガ「? だれ」

ライア(こ、この声…げげっ)

王蛇「私も混ぜなさいよぉ…ねぇ?!」ザンッ

リュウガ「うん! いいよ! 戦おう!」ギィンッ、ガガガ

ライア「不幸中の幸いか…てぇいっ」ブンッ

オーディン『!』シュッ

ライア「おい、死にたくなかったら逃げるぞ!」

タイガ「え!? あ、は…はい!」

タタタ…



ライア・タイガ「はぁ…はぁ…」

ライア「こ、ここまで来れば…さぁ、出口を…」

オーディン『ふんっ』ザンッ

ライア「あぁっ!? 何!?」

タイガ「そんな…さっきまで追われていなかったのに!」

オーディン『終わらせよう…』ファイナルベント

ライア(ば、万事休すか…お終いだ…)


??「うきゃああ! うきゃきゃああああ!!」

ワラワラワラワラ…ドドンッ

オーディン「!」


タイガ「なに…!? ミラモン? しかもあんなにいっぱい…」

インペラー「はやくこっちへ! 急いで!」

ライア「なんだあのライダー! …え!? 隣にいるのって…澪!」

ナイト「はやくしろ!」

タイガ「し、信用していいんですかね?」

オーディン『小癪な…』ブンッ…ズガガガガガ

ミラモン「うきゃあああ!?」

インペラー「っ…ほら、ぐずぐずしないで! なにもとって食べたりなんかしないわ!」

ライア「…ああ! くそぉっ、いくぞ!」ガシッ

タイガ「え、え…きゃあっ」

ナイト「よし! 外に出るぞ!」

タタタ…バッ、スゥゥ…

ドカーン

オーディン『……』




律・梓「はぁ…はぁ…」

恵「よかった…なんとかなったわ」

澪「ええ…って、梓! お前…」

律「や、やっぱりそうだったのか!」

梓「律先輩…そ、それに澪先輩、曽我部先輩まで!?」

梓「そ、そんな…なんなの…一体…?」

律「助けてくれたことには礼を言うけど、どうしてだ?」

恵「私もね、ライダー同士の戦いには反対なの」

恵「だから田井中さん。あなた達と同じように私も他のライダーたちの戦いを止めるために戦っていたのよ」

恵「話は全部、秋山さんに教えてもらったわ」

澪「勝手に喋ってごめん…」

律「…いや、済んだことだしもういいよ。それより」

律「澪、お前この先何の為に戦うつもりだよ?」

梓(そういえば…みんなそれぞれの目的があって戦ってたんだもんね…私も)

澪「…分からない」

澪「この戦いを今まで頑張ってこれたのは和のおかげ…和の存在だけが私の糧だった」

澪「和が死んじゃった今…私にもう戦う理由はないよ」

律「お前…そこまで和のことを」

梓「え、和さん…和さんもライダーだったんですか?」

律「ああ。…お前も知ってるとは思うけど…もう…」

恵「くっ…」

梓「…あ」

梓「……?」

澪「どうした? 梓」

梓「いえ…なんだか、ライダーって私たちの身近な人ばかりでなんか…」

律「…あらためて考えてみるとそうだな」

澪「私が知っているうちでは、唯、律、梓、和、曽我部先輩、じゅ…いや、それだけ」

律「あとは…聡、姫子」

梓「ほら、知っているメンバーだけでも7人はいる」

梓「偶然にしてはできすぎてませんか…?」

恵「確かに…ライダーバトルってそんなに狭い範囲で行われていることなのかしら?」

律「…何か、臭いな」

澪「…うん」

梓「ライダーバトルの裏になにかあるってことですか?」

律「確証はないけど…どうだかな、ここまでくると怪しく思えてきた」



「……」

律「…分かんないこと考えてても仕方がないな。そういえば、梓が戦ってた目的ってなんだ?」

梓「え、わ、私ですか」

律「如何わしいことじゃないよなぁ…?」

梓「ち、違いますっ!」

梓「友達の…純が行方不明になったことは知ってますよね…? だからライダーバトルに勝って純が見つかるようにお願いしようと思って…」

澪「……」

律「そうだったのか…ごめんな、疑っちゃって」

梓「い、いえ…気にしないでください!」

恵「秋山さん?」

澪「…え? あ、は、はいっ」

恵「ボーっとして…もしかして、疲れてるのかしら」

澪「そ、そうですかね…はは…」

澪(やっぱり…純ちゃんが目的だったのか、梓は…)

恵「それは大変! それじゃあ、そろそろどこかで休憩しない?」

律「そうですね。梓もいいか?」

梓「ええ、積もる話もあるでしょうし」

澪「そうだな…(純ちゃんのことは…黙っておいた方がいいな)」


12