和(…私の知っている限り、脱落したライダーは3名…残りは後どれくらいなのかしら)

和「! ごほっ…ごほ…」

和「っはぁ…はぁ…わ、わたしも…無茶はできないわね…」

スタスタ…ピタ

唯「ふふふ」ニコニコ

和「唯? …こう言うのもあれだけど…あんた、大丈夫?」

唯「戦おう」

和「今何て言ったのかしら」

唯「戦おうって言ったんだよ。和ちゃん」

和「…どういうつもり? 冗談かしらね」

唯「大マジだよ。和ちゃん」ス

和「…何のマネかしらないけど、冗談じゃないのなら」ス

和「後で後悔しないで頂戴ね、唯」ス

唯「そうこなくっちゃ、ふふふ…へんしん」

リュウガ(唯)「あはっ」スゥゥ…

和(! 赤いライダーじゃない…? 黒いライダー…どういうこと?)

和「そんなことはどうでもいいわ…! へんしん!」

ゾルダ「唯、覚悟して」



・・・

ゾルダ「……」

リュウガ「遠慮はいらないよ。ほら、どうぞ。撃って?」

ゾルダ「……」カシャ、ズガガッ

ソードベント

カンッ、キィン

リュウガ「どうしたの? 手加減してくれてるの? 和ちゃん」

ゾルダ(…ばか!)

シュートベント

ゾルダ「どうなっても知らないんだから!!」ズガァンッ

リュウガ「ふふふふふ!」ダダダッ

ゾルダ「!」キィンッ…ドンッ

リュウガ「へぇ! 銃が武器のくせに接近戦にも慣れてるんだ?!」ザシッ

ゾルダ「だてに周りが剣ばかり振り回している連中ばかりじゃないからかしらね」

ゾルダ(この距離なら!)

リュウガ「! ふんっ」バッ、ゲシ

ゾルダ(っ!? 足もとをすくわれた!)

クルッ…ササ

ガキィンッッ

リュウガ「…あー、おしいよぉ! もうちょっとで和ちゃん突き刺せたのに」

ゾルダ「……」

ゾルダ(躊躇いの一つもない…こいつ、本当にあの唯…?)カチャ


ザンッ、サッ、キキィッ…ダン!

ゾルダ「く…!」

リュウガ「所詮遠距離型のライダー…近寄っちゃえばどうってことないや」

ゾルダ「…私が対策を練ってないとでも思ってたのかしら?」ストライクベント

ズンッ

リュウガ「おっとぉ!」ギィンッ

リュウガ「びっくりだよ」

ゾルダ「奥の手は最後まで取っておくものよ…」ファイナルベント

ゾルダ(ごめんなさい…唯。倒すわ)

マグナギガ「ずもももももも」ゴゴゴ…

リュウガ「あはっ」

リュウガ「もうケリつけちゃうの? もぉ…」ファイナルベント

ドラグブラッカー「ギャオオオオオオオオオ!!」ボォゥ…

フワ…

リュウガ「ふふふ…」

ゾルダ「…唯っ!! ああああああああ!!」

マグナギガ「ぐももももも!」ガチャコンッ

ドォォォドドドカァァァァァンンンンンッッッッ!!!

ドラグブラッカー「ギャアアオオオオオ!!!」ボァァッッ、ゴオオォォォ

リュウガ「はぁっ!!」ズガガガガガガガ

ゾルダ・リュウガ「はああああぁぁぁあぁああああああ!!!!」

ドカーン…



・・・

憂「お姉ちゃん…遅いなぁ」

憂(まさか、お姉ちゃんも行方不明になったりとか…)ゾワ

ガチャ、ドンッ

憂「お姉ちゃ~ん! お姉ちゃんどこ~!?」

憂(嫌だよ…お姉ちゃんまで純ちゃんみたいに私の前から消えちゃったら…)

憂「おねえ…ちゃあ゛…ふぇ…っ…」グスッ

コツン

憂「え…?」

憂(何か蹴っ飛ばしちゃった…)

憂「これは、カードデッキ?」ス

憂「おもちゃかな…ってそんなことよりお姉ちゃん…」

憂(これは後で交番に届けておこう)

憂「お姉ちゃ~ん…お姉ちゃ~ん…」

『…これは』



スタスタ

和「……」

スタスタス…ヨロ

ドサ…

和「こんなところで…倒れら…れ…ない、わ」グググ…ヨロヨロ…

和「死ねないのよ…私は…生きたいの…生きたいっ…ぐ…」

和「かはっ…ごほ、ごほっ!」

和「生きて…生きて…私は…私は…!」

和「……!!」パタリ

和「生きて…何するってのかしら…私……ふ、ふふふ…」

和「……」

和「  」



仮面ライダーゾルダ 真鍋 和 死亡



スゥゥ…

唯「ふふ、あはは!」

唯「ねぇ! あの頃の私! 心配しなくていいよ!」

唯「今の私はとっても楽しいよ! だから心配しないで私の中でおやすみしてて!」

唯「あははははは!」


キィーン、キィーン


唯「ん?」

『唯ちゃん…やっと、やっと…』

唯「ああ…うん、そうだね。やっと会えたね。…ねぇ、鏡の中から出てきたよ」



スゥゥ…

?「ああ…ああ…私、この時をどれだけ待ち望んだのかしら…」

唯「うん、そうだね。私もね、やっと鏡の中から出られてとっても嬉しい」

?「ええ、ええ、ええ! そうよね。そうに決まっているわ…うふふ」

唯「でもね…まだ私は完全な存在じゃないみたい」

?「…わかっているわ。だからその為にも…ライダーバトルに勝ちましょうね」

唯「うん。私、頑張るね」スゥゥ…

?「残るライダーはあと………」

?「あと少し、あと少しで…」



数日後

ポクポク…チーン

「真鍋さん…」「ううっ、ぐす…どうしてぇ…?」

「彼女、もともと心臓に病気を患ってたらしいわよ」

「無理してたんだね…どうして、こんな…突然…」

澪(和が…死んだ)

澪「っ…」スタスタ…

律「澪! どこ行くんだよ」

澪「決まってるだろ…和を殺したライダーを殺してやるんだ」

律「おい、何も和がライダーにやられただなんて…」

澪「そうに決まってるだろ!? くそ…」

律「あのばか…」

憂「あ…律さん」

律「憂ちゃん! …あれからどうだ、唯…見つかった?」

憂「……」

律「そっか…あの時、私が唯の異変にすぐ気付いてりゃ…」

憂「律さんのせいじゃありません…」

紬「元気だして? 憂ちゃん」ス

憂「ムギさん…うっ…どうして、どうして?」

憂「純ちゃんも…和さんも……お姉ちゃんも…どうして私の大切な人たちが…」

律・紬「……」



・・・

ザシュ…

ナイト「和! 和!」

ズバッ…

ナイト(どうして? どうして私をおいて死んじゃったの!?)

ザクッ

?「はぁ…はぁ…つ、強すぎる…」

ナイト「和ぁ…のど…かぁ…」ス…ピタ

?「! ど、どうしたの? 止めを刺さないの…?」

ナイト「う…く……あああ…」

?「な、泣いているの?」



?「―――そう、大切な人が…」

ナイト「うう…和ぁ…」

?「…? 和? も、もしかしてだけど…真鍋和…だったりする?」

ナイト「うわああぁあんっ」

?「そんな…真鍋さんもライダーだったなんて…」

?「真鍋さんを知っているということは、あなた桜高の生徒かしら」

ナイト「ぐすっ…」

?「…私ね、前に桜高で生徒会長やってたのよ。元会長ってやつ」

?「真鍋さんには色々とお世話にもなったし、何度も助けてもらったわ…ふふ、懐かしい」

ナイト「…え」

ナイト「ま、まさか…あなた…曽我部、先輩?」

インペラー(曽我部 恵)「え! 私を知っているの!? というかこの声…ああ、もしかして…あなた…ああ…」



一方…

タイガ(次々とライダーが減り始めている…私も気を抜けないよ)

タイガ「今日のところはこれで終わりに…ん?」

スタスタ、ピタ

リュウガ「やっほー」

タイガ「ら、ライダー!」シュッ

リュウガ「…いきなり切りかかるなんて、ワクワクさせるね!」ス

タイガ「覚悟…!」

リュウガ「ふふ、やっぱりあずにゃんは可愛いなぁ」

タイガ「う、うるさい!!! って、え!?」

タイガ(今、こいつ…なんて!?)

リュウガ「あ、動揺してる。もぉ、可愛い」ス

タイガ「ちっ…ち、近づかないでください!」

タイガ「あなた誰なんですか!? それに何で…」

リュウガ「あずにゃん」

タイガ「その呼び方を…なんで!」

リュウガ「こうやってあなたを呼ぶ人は他に誰がいるのかな」

タイガ「ま…まさか…唯…先輩…?」

リュウガ「くすくす」

タイガ(う、嘘だ! なんで…そんな…それになんで私って分かったの!?)

リュウガ「よし、いっぱいお話もしたし、そろそろ戦おうよ。あずにゃん」

タイガ「ちょ…ちょっと待ってくださいよ! そんな急に…」

リュウガ「あれれ、あずにゃんは願いを叶える為に戦ってるんじゃないの?」

リュウガ「私が相手だとその為に戦ってた信念も揺らいじゃうんだ? その程度の覚悟だったんだ?」

タイガ「! ち、違う…!」

リュウガ「じゃあ、戦おうよ。さぁ、はやく――――」



ライア「ゆ、唯!!!」

タイガ「え?」

リュウガ「わぁ…またライダーが増えたよ。嬉しいな」


11