姫子「…やっぱり、結局信じられるのは自分自身ってことだよね」

姫子「あいつらを使って何かしようとしてた私がばかだったんだ、きっと」

―ほんとに!? やったぁあああ! 姫子ちゃんやったよぉ!―

姫子「…にしてもあんなに騙されやすいというか、お人好しというか…」

姫子「平沢さん、あれでこの先ちゃんと生き残れるのかな」

―ありがとう! ありがとねっ、姫子ちゃん! 私嬉しいよ!―

姫子「……」

姫子「な、なに考えてんだろ私…さっき自分からあいつら見限ってきたばっかじゃんか…」

姫子「あー…なんなのよっ、もう!」



・・・

ドォン、ガキィンッ、ズガガガガ

ナイト「やああああ!」

ファム「はぁっ!」ギリギリ…

ゾルダ「狙い撃つわ。相手をその場に捕えておいて」ガチャン

ナイト「言われなくても!」

ベルデ(…こっそり仕留めてやりましょう!)クリアーベント…スゥ…

ゾルダ(二対一…余裕ね)ドォン

ファム「くっ…!」ガードベント

ファァ…

ナイト(! 羽毛で前が見えないっ)



タタタ…

龍騎「あれは…!」

ライア「問答無用だ! 武力には武力で介入だぞ! 唯!」


ゾルダ「辺りが羽毛で隠れていて射撃できないわ! 澪!」

ナイト「なら吹き飛ばせばいい!」アドベント

ダークウイング「きいいいい!」バサッバサッ

ファム「ちっ、面倒! 相性悪すぎ!」タタタ…


スパァンッ

ファム・ナイト「!」

ライア「邪魔するよ、っと!」スパパァンッ

ナイト「律っ…邪魔する気なのか、そうなのか…和!」ス…カチャ

ゾルダ「…ええ」カチャリ


パンッ

ゾルダ「っ! 唯…」

龍騎「さ、させないよ!」ス

ゾルダ「そう…あなた達、考えを曲げるつもりはないのね」

龍騎「…もう止めて、和ちゃん。こんなの間違ってるよ」

ゾルダ「私は間違ってるだなんて思ってない。これが私が正しいと思って貫き通している道…だから」

カチャ

ゾルダ「倒すわ。唯」

龍騎「!」ソードベント


ベルデ(…そろーり、そろーり)


ファム「邪魔! 邪魔だよ! 私の前に立たないでよぉっ!」ファイナルベント

ブランウイング「けー!」バサバサ

ライア「す、すごい風だ…!」

ナイト「っ」シュル…

サバイブ!

ナイトサバイブ「ああああっ!!」シュートベント!

ダダダンッ

ファム「っっ!?」

ナイトサバイブ「今だ! えぇええーい!!」ドンッ

ファム「うぐぅっ…(ファイナルベントが崩された!? うそ!?)」

ナイトサバイブ「…とどめだ」ス

ライア(まずいっ)


龍騎「はぁ、はぁ…!!」

龍騎「姫子ちゃんっ!」バッ、ダダダ

ゾルダ「戦ってる最中に背中を見せるのは感心しないわね!」


ブンッ…ガンッ

タイガ「不意打ちでごめんなさいっ、やあっ!」ザンッ

ゾルダ「!? くっ…!」


龍騎「姫子ちゃん! っ、ごめん! 澪ちゃん!」ドンッ

ナイトサバイブ「!」ヨロ…

ファム「え!?」

龍騎「だ、大丈夫だった…?」

ファム(自分を見捨てた相手を助けた? こ、この子…ほんとに…)


ブワン

ベルデ「射程範囲距離内ですね!」ファイナルベント

シュッ、ブラーン…

龍騎・ファム・ライア「!?」

ベルデ(狙いは…)シュ

龍騎「わ、私!?」

ベルデ(主人公の座です!)ゴォォ

ライア「唯っ!」

龍騎(も、もう…避けきれないよ…!)



ドン

龍騎「え――――」

ガシッ

ベルデ「ああぁ! 違うの掴んじゃった! …まぁ、いいや!」ヒュゥゥー…

ライア「ば、ばか! あいつ…!」

ベルデ「デビちゃんスペシャル~~!」クルクルクル…

ズガァァンンッッ!!

ファム「か………は…………」

ファム「うぐ……これは、ちょっと…げほっ」シュゥゥ…

龍騎「姫子ちゃん!!? な、なんで!?」

ファム「ほ、ほんとお人好し…ライダーが一人減るんだから普通は喜ぶよ…?」

龍騎「なに言ってるの!? しっかりしてよ! 姫子ちゃあぁん!!」

ライア「なんだよ…またなのかよ…」

龍騎「なんで私のこと助けたの!? ねぇ、なんで!?」ユサユサ

ファム「ぐ、偶然だって…助けるわけ…ないじゃん…この私が…」

ファム「あ…もう…だめ…そう……じゃあ、ね…ひらさわさ…ん。わたしのぶんまで…いき――――」

シュゥゥ…

龍騎「あ…あれ……え…」

ライア「……」



仮面ライダーファム 立花 姫子 死亡



ゾルダ(また一人減った…)

ナイトサバイブ「……」

ベルデ「…ま、まだ! こんなものじゃ終われませんよ!」ダダダ

ライア「おい、唯! くるぞ!」

龍騎「ひめ…こちゃん……わ、わたし…わたし…」ス

ベルデ「やああああ!」ズォッ

龍騎「わあぁぁあああぁぁぁぁああっっ!!!!」ガッ

ベルデ「!?」ビタン

シュル…

ライア「ゆ、唯!? それサバイブのカードだぞ…お、おい!!」

龍騎「とめないでっ!! わあぁあああ!!」ス…カシャン


サバイブ!


ゴォォォ…ォォォォ…

ライア「唯…お前…」

龍騎サバイブ「…っ!!」

ナイトサバイブ「な、何…サバイブのカードは一枚だけじゃなかったのか!?」

ゾルダ「少し…厄介なことになったわね」

龍騎サバイブ「…ひめこちゃん…私、仇をとるよ…」ザッ、ザッ

ベルデ「な、なんですかその姿は!? 何のつもり!?」

龍騎サバイブ「倒す!!」ソードベント!

ザシュッッ

ベルデ「きゃっ…!」

ライア「ば、ばか! よせ唯!!」

ライア(あいつ…あのライダーを倒す気だ! 唯っ…)


ナイトサバイブ「唯…早めに潰させてもらうぞ!!」バッ…ザザッ

キィン!

ナイトサバイブ「!」

龍騎サバイブ「うわああああああぁぁあぁぁ!!!」ブォォン…ガツンッ

ナイトサバイブ「っあぁ!」

ゾルダ「澪! 唯ぃっ!!」シュートベ―シュートベント!―ズガァンッ

ゾルダ「うぐっ!?」

シュー…ガチャコン

ドラ太(ドラグランザー)「こおおおお…ぎゃあおあおあおおおお!!!」ボオォォ…ズガンッ

龍騎サバイブ「邪魔…邪魔しないでよ!!」

ライア「唯! やめろ! ほんとに死んじまうぞ!?」ガシッ

龍騎サバイブ「うるさいうるさいうるさああぁぁぁあぁぁああぁあいいいい!!!」ザンッ

ライア「やぁっ…!」バタッ

龍騎サバイブ「ふー! ふー! ふーっっ!!」キッ

ベルデ「あ、あれ…なんか…やばいですか? これって…あ…ああ…」


ファイナルベント!


ドラグランザー「きゃあああおおおおおお!」ガシャ…ガチャ…ギギギ!

ナイトサバイブ「あいつのモンスターもバイクに変形できるのか!?」

龍騎サバイブ「は!」シュ…シュタッ

ブルン!ブルン!ブオオォォォ!!

ライア「お、おい! そこのライダー! はやくどっかに消えろ! はやくっ」

ベルデ「え、え…あ、あわわわわ…!?」

龍騎サバイブ「うわああああああああああ!!!!」ドォン!ドォン!ドォン!

ゾルダ「無差別に火球を飛ばして…! 澪、危険だわ! 逃げるわよ!」

ナイトサバイブ「だ、だけど!」

ゾルダ「ここでやられたいの!? 今の唯は何も見えてない! 私たちにも攻撃が飛んでくる! 危ないのよ!」

ナイトサバイブ「…くっ!」タタタ…

スゥゥ…



ライア「あいつら逃げやがった! くそ! 唯っ…」

ドカァン!ドォン!ブオオオォォォオオ…ブルン!ブルゥンッ!!

ベルデ「うきゃああああ!! こここ…このままじゃあ…ひ、轢かれちゃい―――」

龍騎サバイブ「いけえええぇえぇええええええ!!」ブォォオオオォォォォ…

ドグシャァァッ

…オォォォオン、キキーッ

ベルデ「あ…あ…あ…あ、あれぇ……?」シュゥゥ…

ベルデ「そ、そんなぁ…これで……おわり…? こ、こんなはずじゃ…――――」

シュゥゥ…

ライア「や、やりやがった……唯…」ペタン



仮面ライダーベルデ 三浦 茜 死亡



ゴォォォ…

龍騎サバイブ「……」

ライア「なんで、なんで…なんでお前…なんで…ライダー倒しちゃったんだよ…?」

龍騎サバイブ「……」

龍騎サバイブ「は、ははは…私……あ、あれれ…」

龍騎サバイブ「おお…おかしいな…こんなはずじゃ…こんな…こんな…あ…ああ…」フラ…

ライア「お、おい! どこ行くんだよ! 唯!」

龍騎サバイブ「あははは…ははは…」スタスタ…

「ははは……」

スゥゥ…



ライア「なんだよこれ…なんなんだよ…畜生っ」



・・・

和「澪、何度も言うようで悪いけど…無茶はしないで」

澪「でも私…和のためなら」

和「私のために動いているのならそれこそ無茶はだめ。やめて」

澪「和…わかったよ」

和「分かってもらえて嬉しいわ。澪」

和(それにしても…唯…)

和(あの様子…いくら今は敵だとはいえ、心配だわ)



スゥゥ…フラ

唯「……」

唯(とんでもないことしちゃった……)

唯「戦いを止めるなんて言ってた私はどこに行っちゃったのかな…」

唯「最低だよ…最悪だよ……」ペタン

唯「消えちゃえばいいんだ…こんな私なんて…」


キィーン、キィーン


?『いらないなら、私に頂戴。その体』

唯「…え?」

?『ううん、返して。私の体』スゥゥ…サァ…

唯(あれ…これは夢かなぁ…それとも私、頭もおかしく…)

サァ…

?『ずっと…寂しかった』

?「鏡の中でずーっと…一人ぼっちだったんだよ?」

?『あなたはもう十分生きたよね。それなら私がこれからのあなただとしても罰はあたらないよね?』サァ…

唯(目の前にいるのは…私…?)

?『じゃあね。もう一人の私』

唯「あ――――――」



律「唯のやつ…一体どこ行っちゃったんだ? とにかく探さなきゃ…!」

律「唯っ! お前、ここにいたのか!」バッ

唯「……」

律「お、おい! なんか言えって…お前がつらいのは私も分かるけどさ…」

唯「……」ス

律「…? どうしたんだ、デッキなんて出して。ミラモンはまだ現れてないぞ」

ヒュッ…カシャン

律「お、おまっ! なに捨ててんだよ!? ま、まさかライダーをやめるのか…?」

唯「くすくす…」

唯「違うよ、りっちゃん」

唯「デッキは二つもいらないから…いらない方を捨てただけだよ」

律「二つ…? いらない…? お前、さっきから何言って…」

唯「戦おう、りっちゃん」ス…チラ

律「! な、なんだよそのデッキ…いつのまにそんなの手に入れたんだ!」

唯「戦おう」

律「い、いやだ! なにふざけたこと言ってんだ!? …くそ、私はもう帰るからな」スタスタ…

唯「あーあ、帰っちゃった」

唯「寂しいなぁ…」



仮面ライダー龍騎 平沢 唯 リタイア




10