・・・

澪「……」

和「澪、あなた本当に大丈夫なの? どこか変な感じだったりしない?」

澪「だ、大丈夫。ちょっと疲れただけ」

和「そう? でもあなたのあの力…いったい?」

澪「それよりも肝心なのは律がこのカードを持っていたことだよ」

澪「こんなに強力な物を…あいつ、どこで…なんのために」

和「…そうね」

澪「何はともあれ、このカードは私たちが手に入れた。これからは強い敵にあたっても大丈夫なはずだよ。和」

和「……」

和「そうね」



唯「澪ちゃん…大丈夫かなぁ」

律「うん…」

唯「やっぱりこのカード…危ないものだったんだよ」

律「そうだな…」

唯・律「……」

唯「今日はもう帰ろう? 私へとへとだよー」

律「あ、ああ。うん、そうだな」

律「……」

律(…ばか澪)



唯「……」トコトコ

スゥゥ…

唯「ひゃ!」

唯(だ、だれか…鏡の中から出てきた…)

唯「もしかしてライダー?」

?「ふぅ、疲れた」

唯「あ! 姫子ちゃん!」

姫子「げっ!? 見られてた!?」

姫子「こここ、これは手品で…えっと」

唯「姫子ちゃんも…ライダーなんだね?」

姫子「な、なんでそのことを…まさか平沢さんも!?」

唯「うん」

姫子「うんって…そんなに気安く教えちゃっていいの? かりにも私たち、敵同士なのよ?」

唯「ううん、そんなことないっ。私は姫子ちゃんとも他のライダーたちとも争う気はないよ!」

唯「私は戦いを止めたいだけなんだよ」

姫子「…へ、へー…そうなんだ。うん、平沢さんらしいね」

姫子(なに言ってんの…この子)



・・・

ミラモン「きぃゃああああ」ドカーン

デストワイルダー「ぐるるるる」バクッ

?「ふぅ…あ、あはは…」

?(や、やった…倒せちゃった)

?(本当に夢みたい…)

?「でも、これなら戦って願いが叶うってことも信じて悪くなさそう」

?「待ってて、純。かならず探し出してあげるから! 純がいて、憂がいての私たちだもん!」

タイガ(梓)「私が頑張らなきゃいけないんだ! うん!」



・・・

姫子「へー、そうだったんだ。大変だったんだね」

唯「うん。でもね、私…絶対にあきらめないよ!」

姫子「そんなことしても自分に何もメリットがないのに?」

唯「メリット?」

姫子「…自分にとっていいこととか、価値とか…さ」

唯「あるよ! みんながこんな戦いをやめてくれれば私は嬉しいもん」

姫子「あー、そう」

姫子(ばか!? そもそも戦いを始める理由はほとんどが自分の願望を叶えるため…それを止めろって言われた程度で簡単に受け入れられると思ってんの!?)

姫子「まぁ、頑張ってよ。それじゃあ…」

唯「待って!」

唯「姫子ちゃんも…私と一緒に戦いを止めてくれないかな」

姫子(ああ…予想通りだぁ…ふふ)

姫子「そうね…それもいいかもしれない。うん、そうだね! 私も手伝う」

唯「ほんとに!? やったぁあああ! 姫子ちゃんやったよぉ!」

唯「ありがとう! ありがとねっ、姫子ちゃん! 私嬉しいよ!」ギュゥ

姫子「えっと…あ、あははは…そっか、そっか」

姫子(ほんとばかな子…訊けること全部聞きだしたら…背中からバッサリ…ふふ!)

姫子「それじゃあ、よろしくね。平沢さん」

唯「うんっ」ニコ



唯「でねでね! 姫子ちゃんも私たちに協力してくれるんだって!」

律『……』

律『あんまりこういう事言いたくはないけどさ、唯』

唯「え?」

律『まだ本当に立花が協力してくれるって確証はない。ほいほいと信用しちゃうのもさ…ちょっとどうかと思うぞ。念のためにこっちが持ってる情報は明かさないように…』

唯「酷いよっ」

律『…唯?』

唯「姫子ちゃんは絶対に私たちの味方だよ! 絶対に! 信用もできるもん!」

律『だから今の時点じゃなんとも言えないから…立花だってなにを目的に戦ってるか私らはわかってないんだぞ!』

唯「そんなの、もう無駄な戦いを止めて私たちに協力してくれるから関係ない!」

律『だから…唯、お前なぁ……』

唯「とにかく大丈夫なのっ! もう…おやすみっ!」

律『あ、唯! ちょっ、ま…』ガチャ



ツーツー

唯「心配することなんて…ないよ! きっと」



次の日

キィーン、キィーン

姫子(ん、ミラモンかぁ…)

唯「姫子ちゃん!」シュ

姫子「…うん」ス

唯・姫子「へんしん!」

龍騎「よぉし!」

ファム(姫子)「ふぅ」

スゥゥ…

律「あの白いライダーは立花だったのか!」

律(なんか嫌な予感がする…)

律(唯!)ス


・・・

ファイナルベント

ファム「はああああ…」

ファイナルベント

龍騎「ふんすっ…」

シュッ!

ファム・龍騎「やああああああぁぁああぁああ!!!」ドオオオォォンッ

ミラモン「けぇえぇ~!?」ドカーン

龍騎「やったね! 姫子ちゃん! でも、姫子ちゃんがあの時のライダーだったなんて思いもしなかったよぉ」

ファム(私こそ…あの時乱入してきたライダーが平沢さんだったなんて思いもしなかったっての)

ファム「…ねぇ、平沢さん。他に知ってるライダーっているかな? 身近にいたりとか…」



ライア「はい、ストップ」

ファム「!」

龍騎「りっちゃん!」

ライア「立花、だよな?」

ファム「う、うん…(りっちゃん…ってことは田井中さんか)」

ファム「田井中さんもライダーだったんだね。驚いちゃった」

ライア「ああ、私も」

龍騎「そういえば言うの忘れてたもんね。りっちゃんもライダーだったこと」

ライア(…これだから天然キャラは怖えぇよ……)

ファム「…それで、他のライダーは」

ライア「だからストップ」

ファム「何で?」

ライア「そんなこと、私たちが協力する上で必要な情報か? 仲間のライダーだけ知っていればそれで十分なんじゃないか?」

ファム「なんでそう言い切れるわけ?」

龍騎「ちょ、ちょっと二人とも…ケンカはよくないよ…?」アタフタ

ファム「何、私はまだ信用できないってこと?」

ライア「そうだな。まだ信用できない」

ライア「信用されたいならさ、立花が戦う目的…私たちに教えてくれよ」

ライア「考えなしに戦いを止めるなんてばかなことに手を貸すなんてことないだろ?」

ファム(こいつ…ただのばかかと思っていたら…)

龍騎「りっちゃ…」

ライア「唯、これは私たちの命にも関わることだ。油断はできない…さぁ、立花」

ファム(あー…面倒なことに…ん?)


シュッ…ドォン!

デストワイルダー「ぐるるる…ぐおおおおぉぉ!!」

ファム「!」

ライア「な、なんだこいつ!? ミラモンか!?」

龍騎「普通じゃないっぽいよ!?」

ブンブンッ

デストワイルダー「おおおおおおぉぉ」ブンブンッ

龍騎「うわわ!」

ザッ、ザッ、ザッ、カチャン

タイガ「…お、大人しく…私にやられてくださいっ」

ライア「また新しいライダーか!」スウィングベント

タイガ「え、えいっ!」ブォンッ

ライア「うおっ」ヒュン

タイガ「デスにゃん! 挟み込んで!」

デスにゃん(デストワイルダー)「おおおおお!」

龍騎「り、りっちゃん!」アドベント

ドラ太「ぎゃあおおおおお~!!」ヒュゥゥ

タイガ「さ、させない!」フリーズベント

カチン…カチコチ…

ドラ太「ぎゃああおおお…おお…お…?」ピキーン…ドスンッ

ファム「モンスターを凍らせた!?」

龍騎「ドラ太ぁ!?」

タイガ「デスにゃん!」

デスにゃん「おおおお! おっ!」ガツンッ

龍騎「やあぁあ!?」

ライア「まずい! このっ」スパァンッ

タイガ「あうっ」

ズドドドド…ドンッッ

ライア「しまっ…うぐっ!!」

ゲラスたん「ふんもっふ」フンス

ファム「またミラモン!?」

王蛇「ふぅ…今日はね、私めちゃくちゃイライラしてるの。だから…ストレス晴らさせてちょうだいな」ソードベント

ライア(よりにもよってこいつかよ…)

ドンッ、ズガンッ、バキィッ

王蛇「ふんっ、ふんっ、ふぅぅ!!」

タイガ「あなたたちに何も恨みはありませんが、やられてください!」

龍騎「…うぅ」ボロボロ

ライア「こいつら…ま、まずいぞ。マジでやられる…!」ボロボロ

ファム「……」

ライア「た、立花…なに見てるんだよっ、なんとかしてくれないのかよ…!」

龍騎「…ひ、姫子……ちゃ、ん…」

ファム(情報も聞き出せない、戦力としても成り立たない…こいつら)

ス…スタスタ

ライア「! ど、どこに行く気…あうっ!」ガンッ

王蛇「喋るな! あああ…腹立つっ!!」

ファム(使えなさすぎ)

龍騎「姫子ちゃん…! わ、私たち仲間じゃなかったの…?」

ピタ

ファム「ごめんね。それじゃ」ピッ

スゥゥ…

ライア「あ、あいつ…! うぐっ」

王蛇「きゃあああああああはははは」ザンッ、ザシュッ

タイガ「そろそろ終わりです!」ファイナルベ…


ガンッ

タイガ「ひゃあ!?」

ナイト「…ふん!」ザシュ

タイガ(う、く! ライダーも多くなってきたし…ここは逃げるしかない…!)タタタ…スゥゥ…

龍騎「み、澪ちゃん!」

ナイト「勘違いするなよ、唯。私はそこのうるさいライダーに用があるんだ」ス…サバイブ!

王蛇「あ゛? またあんた?! ちょっとボコらせなさいよぉ!」

ライア(澪…)



・・・

梓「……」

ペタン

梓「…なんていうのかな、その…」

梓「私、よく生きてたよね…」

ジワッ

梓「うぐ…ふぇ…っぁ…」

梓「怖かったよ…怖かったよぉ…」ポロポロ

梓(でも…勝たなきゃ、勝って、勝って…勝ち続けて…)

梓(…部室に行こう。先輩達の顔を見てほっとしたいよ)



澪「……」

律「澪」

澪「また逃がしちゃったよ。あのライダー」

澪「あいつさえいなければ…」

律「澪! 頼むからいい加減にしてよ…お前、どうしてそんなになっちゃったんだよ?」

澪「ふん…」スタスタ…

律「あいつ……唯、大丈夫か」

唯「うん…」

律(唯…本当に立花のこと信用してたんだな)

律「部室に行こうぜ、唯。たまには気分変えてこ?」

唯「そ、そうだね! ムギちゃん、今日は何か美味しいお菓子持ってきてくれたかなぁ」



ガチャリ

紬「あら、いらっしゃい。梓ちゃん」

梓「…あれ? ムギ先輩だけですか?」

紬「そうなのよぉ、寂しかったわー…すぐにお茶を用意するわね」

梓「は、はい。お願いします」

ガチャリ

唯・律「たのもー!」

梓「唯先輩! 律先輩!」

律「ん、何驚いたみたいな顔してんだ?」

梓「いや、だって…ボロボロじゃないですか!?」

律「オデノカラダハボドボドダ!」

唯「あははははは」

梓「…は?」

紬「はい、レモンティー。今日はお茶に合うようにって、マドレーヌ持ってきたの」

唯「わーい!」

律「腹も減ってるし、いただきまーす!」

パクパク

梓「む、無視しないでくださいよ! なんで先輩たちボロボロなんですか!」

ガチャリ

ヅカヅカ…ドスン

さわ子「……はぁ」

さわ子「ムギちゃん。私にもお茶もらえるかしら?」

紬「はぁーい、すぐにー」

唯「さわちゃーん」

律「なんか久しぶりだな!」

さわ子「は? い、いつも教室で顔合わせるでしょ…もぉ」

梓(さ、さわ子先生もボロボロ…)



さわ子「あー、肩こった…」

唯「さわちゃんおばちゃんくさーい」

律「よせ、唯…さわちゃんは」

さわ子「シャーーラァッププリィーズ?!」

唯・律「ひっ」

梓(いつもと変わりはないみたい…ふふ、でもなんか安心しちゃった)

紬「どうぞ、先生。…それから、澪ちゃん遅いわね」

律「…そ、そのうち来るんじゃないかな!」

唯「うん! そ、そうだね!」

さわ子「にしてもあいつ…何なのかしら。いきなり強くなっちゃって!」ブツクサ

梓「ふふふ…」


9