ナイト(澪)「和…!」タタタ…

ナイト「!」

ナイト(ドラグレッダー…! ま、まさか!)

龍騎「やぁああ!」ブンッ

ライア「てぇい!」シュルルッ

ベルデ「っ! 二人がかりなんてずるいっ」

ライア「なら黙って私たちの話を聞いてくれよ!」

ベルデ「お断りです!」

ゾルダ「くっ…抜け出せられないっ…」


ナイト(あいつら…なんだかんだ言っておいてやっぱり…)

ナイト「所詮あいつらもライダーってことか…! くそ!」アドベント

ダークウイング「きいいいぃぃ」バサバサ

ライア「うおぅっ、あのでっかいコウモリ!」

龍騎「ってことはまさかあの人が!?」

ゾルダ(澪! 遅いわよっ…)

ナスティーベント

ダークウイング「きいいぃいいい!」キキーン

ドラ太「ぐおおおおお!?」パ

ゾルダ(抜け出せた! よしっ)バッ

龍騎「ああ! ドラ太ぁ!」

ナイト「はああぁあああ…!!」タタタッ

ザンッ

ライア「っぐ!?」

ナイト「やっぱりお前らも自分の願いの為にライダーを襲っているじゃないか!」

ライア「違う! 私たちは戦いを止めようとしているだけだ! …力づくだけど」

ナイト「信じられるか!」シュバッ

ライア「く…! なんだよ! そういうそっちこそなんだってんだよ! いつも私らがピンチのときに現れてさぁ!!」グッ

ナイト「それは……」

ベルデ「私を…私を無視しないでくださぁぁいっ!!」ファイナルベント

シュッ、ブラーン…

ベルデ「掴んだっ」ガシッ

ライア「!?」

ベルデ「必殺ぅ…」ヒュゥゥー…

ベルデ「パイルドライバー! デビちゃんスペシャル!」

ズガンッッ

ライア「うぎゃぁっ!!?」

龍騎「りっちゃん!?」

ライア「う…ぐ……かはっ」バタッ

龍騎「りっちゃん! りっちゃぁぁん!!」ユサユサ

ゾルダ(あれをくらっては一たまりもないわね…)シュートベント

ズドンッ

龍騎「わああぁあっ!?」ドンッ…シュー…

ゾルダ「チャンスよ。一気にやっちゃいましょう」カチャ

ナイト(なんだか…気がひけるな)ス

龍騎「りっ…ちゃん…」

ライア「…こ、このぉ…」アドベント

エビル「すぃー」スー…ガンッ

ナイト・ゾルダ「っ!」

ベルデ「ま、まだ息があるなんて…」

龍騎「りっちゃん…!」

ライア「…ゆ、ゆい…にげ…るぞっ…掴まれっ」パシッ

スゥゥ…

ベルダ「逃げたぁ!? ち、ちくしょー!」

ゾルダ(また逃してしまった…)

ナイト「……」



・・・

律「はぁ、はぁ…」

唯「り、りっちゃん。大丈夫…?」

律「おおぉ!! 大丈夫、全然大丈夫だって!」

律「うぐ」

律「おえぇ……」

唯「りっちゃん!? 無理しないでよぉー!」

律「き、気持ち悪い…吐き気がする…うぐっ…」

唯(あの攻撃で思いっきり、地面に頭打ち付けてたもんね…血も止まってないよぉ…)

唯「り゛っぢゃあぁあんっ」グスッ

律「な、なに…?」

唯「死んじゃいやだよぉぉ」

律「死なないよ…てか勝手に殺すな!」

唯「だってフラグびんびん立ててるんだもぉぉんっ、わあああぁああっ」

律「あ、あほ…」

律「でも…」

唯「え?」

律「こんな状態じゃ、私…これからも戦えそうにないかもな…」フラ…

唯「りっちゃん…そうだね。りっちゃんが無理して戦う意味なんてないもんね」

律「それ言えば唯だってそうだろ」

唯「あ、そっか。…でも、途中で戦いってリタイアできるのかな?」

律「ああ、どうなんだろ?」


キィーン、キィーン


律「…丁度いいところに」

律「おい、いるんだろ! ていうか今の私たちの話聞いてただろ? どうなんだよ」

唯「教えて!」

『……』

『戦え…戦え…』

律「ほんとにあんたそれの一点張りだな!?」

『お前たちは戦うしかない…それしか道はない…』

『途中でやめたところで、契約したモンスターが主であるお前らを食いにくるぞ』

唯「ドラ太に食べられちゃうの!?」

律「ちっ…面倒くせぇな」

『……』シュッ

律「ん?」パシッ

唯「なにこのカード?」パシッ

『…そのカードを使えばお前たちは強大な力を手に入れることができる。それを使いこなし、戦いを続けろ』

律「な、なんだよそれ! ふざけてんのか!?」

唯「こんなもの貰ったって、私たちは戦いを止めるんだからね!」

『…唯』

唯「! な、なに…?」

『……ふふ』スゥゥ…

唯「な、なんなのっ」

律「…いなくなったみたいだな」

唯「んー…」


梓「最近、部の集まりが悪くて」

憂「そうなんだ…ここのとこお姉ちゃんも忙しそうにしてるみたいだし、何かあったのかな?」

梓「うん…純もどっかに行っちゃうし…なんなんだろ、最近…」

紬「あら、二人とも」

憂「ムギさん! こんにちは」

梓「ムギ先輩…」

紬「ええ、どうかしたの? 暗い顔して…」ス

梓「…まぁ、はい」



澪「う、ぐ…」ボロボロ

和「ま、まさか…あそこであの紫のライダーが現れるなんて…」

澪「あいつの強さ…めちゃくちゃすぎるよ…」

和「ええ、それにあいつ…モンスターをもう一体従えていた…」

澪「あのサイのやつ…前にあいつが倒したライダーのモンスターだったんだ…それが」

和「まぁ、モンスターが多ければ強くもなるとは思うけれど、その分エサを与えるのに苦労するでしょうね」

和「モンスターに食われてくれないかしらあいつ…できれば戦いたくない相手だわ」

澪「うんっ」



「先生~、さわ子先生~」

さわ子「あ゛……じゃなくて、はーい」

さわ子「どうかしましたか?」

「実は…」

さわ子「…うふふ」

「先生? どうかしました?」

さわ子「いえ、なんでもないわよ」

さわ子(ああ…ライダーバトルに参加してからといい…とっても充実してるわぁ、私の毎日)

さわ子(お肌もツヤツヤになってきたし…ふふ! 最高ね)



中野家

梓「ただいまー」

梓母「おかえりなさい」

ガチャリ

梓「ふぅ…」

梓(ムギ先輩に色々愚痴ったら、なんかスッキリしちゃったな)

梓「ご飯までギターの練習でもしよっと…」

ポロッ

梓「ん、なんか鞄から…」

ヒョイ

梓「なにこれ…? あ、中にカード入ってる」


キィーン、キィーン


梓「!」

『中野梓…ライダーとして戦え』

梓「うわっ、か…鏡に誰か映ってる!? ていうか、らいだー…って」

梓「疲れてるのかな…私」

『すぐにモンスターと契約し、ライダーバトルに参加しろ』

梓「いでで…やっぱり夢じゃない…」

『ライダーバトルに勝利すれば、お前の願いが叶う』

梓「私の願い…? 純…純を見つけたい」

梓「友達の純が行方不明になっちゃったんです! だから私っ」

『その願いはかならず叶えられる…やれ、ライダーを潰せ。そして勝て。勝ち続けろ』

スゥゥ…

梓「…ここまできて夢だなんてこと、ないよね」

梓(本当なのか分からない…けど、純の為だもん。やれることはやってやる!)


6