ライア「さ、と…し…」ガクッ

王蛇「うふふ、こんなにも楽しいことってあるかしらぁ…学生のとき以来…!」

ソードベント

龍騎「や、やああああ! …っ」ブンッ…スカッ

王蛇「あなたも…私に倒されたいわけ? うふっ」

龍騎「酷いよ…酷過ぎるよ…あんなのっ!」ブンブンッ

王蛇「仕方がないじゃない? これは戦いなのよぉ? やらなきゃこっちがやられちゃうの…だから」ス…

王蛇「やるしかないじゃなぁぁい?!!!」ザンッッ

龍騎「!」

ライア「唯っ!」

キンッ!

王蛇「…ん~?」

ナイト「……」ギリギリ…

龍騎「また…あなた?」

ナイト「そこにいられると邪魔だ! さっさとここから離れろ!」

龍騎「え…」

龍騎(もしかして、助けてくれたの?)

王蛇「次から次へと…あぁ、私を飽きさせてくれない為ね!? あっははは!」シュッ

ナイト「あう…っ」

ライア「唯! 今のうちだ! ミラーワールドからでるぞ!」

龍騎「りっちゃん!? だったらあの人は!?」

ライア「ミラーワールドにいられる時間は限られてんだよ!? もうすぐ限界だ! このままだとお前も私も消えちまうぞ!?」

龍騎「は、初耳だよ! そんなの!」

ライア「なんでもいいから早く脱出するんだ!」

龍騎「で、でも…」

ナイト「早く行って!」

龍騎「だったらあなたも一緒に!」

ナイト「うるさい! いけっ、唯!」

龍騎「!!」

ライア「ほら、いくぞ!」グイッ


スゥゥ…

王蛇「獲物を逃がしてくれた罪は大きいわよぉ…」

ナイト「……」ソードベント

カチャ…



・・・

律「なんとか、なったな…」

唯「……」

律「まだあのライダーのこと気にしてるのか?」

唯「あの人…私の名前呼んだ…唯って」

律「マジか! ってことは向こうはお前のこと知ってんのかな」

唯「わかんないよ。りっちゃん以外に現実世界で他のライダーの人と会ったこともないし」

律「…意外とお前の身近な奴だったりして」

唯「まさかぁ…」



澪「ううっ…」ボロボロ

和「大丈夫? 澪」

澪「痛いよぉ…すごく痛い…」

和「無茶するからよ」

澪「あいつ、強すぎる…」

和「…ええ、かなり厄介な相手になりそうね」

和「それより澪…あなたまたあのライダーを助けたわね。そんなに奴らが気になるの?」

澪「あ、うん…」

澪(…あの時、無意識にあの赤いライダーを唯って呼んでいた……)

澪(…まさか、ほんとに…唯?)

和「澪?」

澪「! あ、ああ…」



律「にしても、ライダーバトルか…」

律「…聡」

唯「りっちゃん…」

律「あいつ、ほんとに死んじゃったのかなぁ…なんでこんなことになっちまったんだよぉ…」グスッ

律「こんなことって…ないよ…」

唯「! そうだ! りっちゃん! ライダーバトルに勝って聡くんを蘇らせてもらえば…」

律「そんなのダメだ! もし本当にそんな願いが叶うとしても、それには他のライダー達を殺すっていう大きな犠牲がある…」

律「そんなんじゃ、あいつらと何も変わりないだろ…」

唯「あ…うん」

律「唯、お前が言ったんだぞ? 戦いを止めるって。言った本人がそんなこと言っててどうすんのさ」

唯「うん…ごめんね」



平沢家

唯「ただいまー」

憂「おかえり…」

唯「? なんか元気ないよ、憂」

憂「友達の純ちゃんがね、行方不明になっちゃって…」

唯「そうなんだ…心配だね」

憂「うん…」

唯「今日は疲れたからもう部屋で休んでるよ。おやすみ」

憂「あ、うん。おやすみ、お姉ちゃん」

唯「おやすみー憂」ニコ



ガチャリ

唯「ふぅ…」

グスン…

唯「聡くん…助けてあげられなかったよぉ…」

唯「こんな悲しいこと、二度と起きないように早く戦いを止めて…!」


キィーン、キィーン


?『……』

唯「だ、誰…って、また鏡の中?」

?『……』

唯「もしかして…この前、話しかけてきた人?」

?『……』

唯「暗くてよく見えないよぉ…」

唯「ちょっと待って。明りつけるから」

カチッ

唯「あれ、キィーンって鳴り止んだ?」

唯「なんだったんだろ」

唯「…ふぁああ」

唯「今日はもう寝なきゃ…」

唯「…あしたから…もっと…がんばら…」

唯「ぐぅ…すー、すー…」



?『…私の体』



・・・

?「覚悟してよ」

ゾルダ(まさか不意打ちをつかれてしまうなんて…!)

ゾルダ「くっ…!」ズガガ

?「! えいっ」ブンッ、ガン!

ゾルダ「あう!」

ゾルダ(澪は…まだなの!?)

ファム(?)「そろそろ止め!」ス…

ガンッ!!

ファム「いたっ!? 何!?」

?「……」

ファム「たしかに殴られたのに…! どこにいるの!?」

?「ふふふ」

ゾルダ(また新しいライダー…?)

スゥゥ

?「こっちですよ」

ファム「! 姿が…」

ベルデ(?)「丁度いい…二人まとめて始末します!」ホールドベント

ゾルダ(ちょっと…ピンチね)


ストライクベント


ベルデ「なっ!?」ドォンッ

龍騎「戦いはダメだよ!」

ライア「そのとーりっ!」

ファム「何、あいつら…」

ゾルダ(またあのライダー達…!)


ファム「ここは逃げた方がよさそう」

ガードベント

ベルデ「な、何この羽根はっ」ババッ

ライア「前が見えない!」

ファム「じゃあね!」スゥゥ…

ベルデ「ああーっ!? 逃げられちゃった! もぉ!」ブォォン

龍騎「うわっと! な、仲良くしようよ! ね!?」

ベルデ「いきなり攻撃しといてそれは調子良すぎませんか!?」ズッ

ベルデ「それに仲良くなんてしてられないっ、私の望みを叶える為にライダーは全て倒さなきゃいけないんですから!」

ベルデ(茜/デビちゃん)(公式キャラとして認められるという望みを!!)

ライア「妙に意気込んでるなこいつ…」

シュートベント

ゾルダ「ふんっ」ズガンッ

ライア・ベルデ「うわわっ!?」

龍騎「だからやめてってばぁっ!」

ゾルダ「何を馬鹿なことを…」ズガンッ

龍騎「ひゃあっ…も、もう!」アドベント

ドラ太「ぎゃおおおお~す!」グゴゴゴ…ビュンッ

ゾルダ「っ!」ダンッ

龍騎「ドラ太! そのままそのライダー捕まえててね!」

ライア「よし、強硬手段か!」スウィングベント

ベルデ「や、やらせませんよ!」


5