ガイ「なんだよ! 不意打ちは卑怯だろ!」

ナイト「……」ス

ガイ「や、やるってのかよ」

ナイト「……」

ガイ「ちっ、やーめた! 興が冷めちゃったよ! なんだよ…せっかくいいトコだったのにさぁ…」スタスタ

ライア「さ、聡…! っ、くそ!」

ナイト(聡…?)

龍騎「…もしかして、助けに来てくれたの?」

ナイト「…勘違いしないで。言ったろ? ライダー同士は…」

龍騎「ち、違うっ」

ナイト「……」

龍騎「違うよぉ…そんなのおかしい、間違ってる」

龍騎「私たちが戦い合う意味なんてないよ! 絶対に!」

ナイト「……」

ライア「そいつの言うこと、滅茶苦茶かもしんないけどさ…私もそう思う! こんなの馬鹿げてる」

ナイト「…あまいよ」ス…スタスタ

龍騎「ま、待って!」

龍騎「あなたも一緒に戦おう!? このライダーバトルを止めるためにも!」

ナイト「……」スタスタ

龍騎「行っちゃった…」

ライア「仕方がないよ。みんながみんな、話を聞くような奴じゃないし」

ライア(でも、あいつ…何か雰囲気が…気のせいかな?)



・・・

澪「……」

?「澪」

澪「!」

澪「の、和…」

和「どうして奴らに手を出したの?」

澪「あ、あんまりにも酷い戦いだったから見てられなかったんだよ!」

和「そう…まぁ、深くは聞きはしないけども」

和「あなたにはあなたのやり方があるものね」

澪「……」



唯「ごめんね、りっちゃん…」

律「ううん、唯は悪くないよ。私が弱かったから…」

律「聡…ばか」

唯「りっちゃん…」

唯「やっぱりこんなの間違ってる!」

唯「りっちゃん!」

律「お、おう?」

唯「私、戦いを止めるよ! ライダーバトルを!」

律「しょ、正気か!? ライダーは私らを除いて後、11人もいるんだぞ!」

律「さっきも言ったけど、全員が話を聞いてくれるような奴かもわからないっ、それってすんごく危ないんだぞ!?」

唯「わかってるよ。でも…ライダー同士が戦い合ってるところ…私、見たくないもん」

唯「だから、止めるの。絶対に」

律「唯…」

律「…わかった。それ、私も手伝うよ」

唯「ほ、ほんと!? りっちゃん!?」

律「私は嘘はつかん!」

唯「…り、りっちゃぁ~ん!」ギュゥ

律「あいたた!? いたいって! いたいっ」



平沢家

憂「おかえりなさ…お、お姉ちゃん!? どうしたの…その傷と痣!」

唯「え、えへへ…転んじゃって」

憂「本当!? そんな…お姉ちゃぁぁん」グスッ…ポロポロ

唯「う、憂っ!?」

憂「こんなに痛々しい怪我を…お姉ちゃんが可哀想だよぉっ」

憂「うえぇぇん、えーん…」

唯「憂ぃー…大丈夫だよ。ごめんね? 心配かけさせちゃって」ナデナデ

憂「うえーん…ぐすっ…ひっく…」グスンッ



唯「落ち着いた?」

憂「ぐすっ…う、うん」

憂「もう…こんな怪我しちゃやだよ? お姉ちゃん…」

唯「うん、もうしないよ」

憂「…約束…してね?」

唯「うんっ」ニコ

憂「わぁ…す、すぐにご飯作っちゃうね! 楽しみに待ってて!」タタタ…

唯「楽しみだよぉ~♪」ニコニコ



梓「へー、唯先輩が…」

憂「うん…本当に痛そうで」

梓「そっかぁ」

純「……」

梓「あ、そういえば純」

純「……」

梓「純?」

純「え? あー、ごめん! ちょっと教室に忘れ物してきたみたい! 取ってくるね~」タタタ

梓「ちょ、純? …行っちゃった。さき、行ってる?」

憂「少し待っててあげよ?」



純「はぁはぁ…鏡、鏡……あった!」ス

バッ

純「へんしん!」

シザース(純)「蟹さんだよー…なんちって」

スゥゥ…



…スタスタ

澪「…よし」

和「待って」

澪「ん?」

和「今日は私がいくわ。たまには澪も休まないと」

澪「そうか、わかったよ」

和「ふふ、それじゃあ…へんしん!」



・・・

シザース(純)「いっくよ~…」ファイナルベント

ボルキャンサー「かにかに~」

シュッ…ポン!

ミラモン「けけぇーっ!」

シザース「とぉー!!」クルクル…ドン!

ミラモン「け~!?」ドカーン

シザース「ふぅ…やったね!」

ボルキャンサー「かに~」


シュートベント


ドカーン!!

ボルキャンサー「がににっ!?」ヨロ…

シザース「カニちゃん!? こ、攻撃! どこから…!」



?「……」カチャ

ドカーン!!

ボルキャンサー「がにぃーっっっ!!?」

シザース「また!? もぉー、隠れてないででてこいコラー!」ジダンダ

?(思ったより防御が堅い…ここはランチャーよりキャノンか)シュートベント

シザース「! そこかぁっ」ザザッ…ザンッ

?「!」

シザース「さっきからこそこそと…」

?「……」ササッ

シザース「ありゃ、いない…?」


アドベント


シザース「なっ!?」

マグナギガ「……」

シザース「なにこのでっけぇ牛…って!?」

ズガガ

シザース「う、牛に隠れて撃ってきた! せこいぞチクショー!」ダダダ

?「面倒だわ」ファイナルベント

マグナギガ「ぐもももも…」ガチャコンッ

?(全て吹き飛ばす…!)

ドドドドカァァァァァンンンッッッッ!!!! グゴゴゴゴゴ…



シザース「…へ……へ?」



シザース「あ…あ……」シュゥゥ…

純「負けちゃったの…私? き、消えちゃうの…?」

ザッザッ

?「……」

?「思ったより悪くなかったわ。いいセンスだったわよ」

純「だ…だれ…ぇ……?」

ゾルダ(和)「見て分からないかしら? ライダーよ」

純「で…です…よねぇ…えへ、へ…」シュゥ…

純「あぁあ…消えてる…消えてるよおおお…嫌だなぁ…あああ…」

ゾルダ「悪く思わないでね。鈴木さん」ス…スタスタ

純「ま…って…いか、ない…で…さ、み…し――――――」

サァァ…



・・・

和「……」スゥ…

澪「お疲れ様」

和「…やめて」

澪「……」

和「紛いなりにもこれは人殺し…やっぱり気分がいいものじゃないわね」

澪「ああ…」

和「さぁ、帰りましょう」



梓「純ー、じゅーん! どこにいるの~?」

憂「純ちゃーん! おーい!」

梓「純、どこに行っちゃったんだろ?」

憂「うん…心配だね」

憂「純ちゃーん」

梓「純ー!」



仮面ライダーシザース 鈴木 純 死亡


3