山岡「さて、本題です。ロック音楽家の詩やメッセージには、
   雑草、野生といったものが比喩的に多々用いられます。」

山岡「自分たちを、野生や雑草に、重ね合わせてです。」

山岡「一方、『里菜』にしろ、山菜にしろ、一般的には雑草、というイメージがつよい。」

山岡「考え方を変えてみますと、野菜は人間が農耕文化を生み出して以降、
   改良を加えられ、栽培されている草です。」

山岡「しかし、野に生えているため、
   山菜や里菜に対しては偏見を持っている…」

山岡「そして事実、我々は、そのような多くの偏見や矛盾の中に生きています。」

山岡「しかし…それを音楽で打破、昇華しようとしているのが、
   ロッカーという人たちなのです。」

山岡「そのようなロッカーたちに捧げるために、
   『里菜』を使ったねこまんまを出した次第です。」



京極「野草か…」

板橋「雑草根性は忘れちゃいかんよ!」

紬「その通りね…雑草根性は忘れちゃダメだわ!」

澪「ムギ…お前に言う資格はない…」

山岡「前半はここまで、以降は後半に…」



至高側のターン

U斬「さて、至高の…」

CHIYO「leader!!」

U斬「ん?なんだ、CHIYO?」

CHIYO「performanceサセテクレヨ!!」

U斬「対決(バトル)まで待て、もう少しだ。」

CHIYO「SHIT!!!」

CHIYO「Dicks!!Chow down!hurryyy!!!」
(ちんぽ野郎ども!さっさと食っちまえよ!!)

澪「ひぃっ!!…こ…こわ…怖いぃぃ!!」

唯「ガクガク…」
\
律(これじゃ板尾のヨメだって…)

ゆう子「ああ…おチヨさんが…」

山岡「おチヨは、親父に命ぜられたことに…トコトン忠実なんだ、良くも悪くも…」

N.riv.「フッ…」



U斬「さて、では、さっそく運ばせましょう。」

京極「なんや洗い…か?」

大原「鯉と…もう一つは、フグ刺しを薄い桃色で染めたような…」

U斬「二種類の魚を洗いにしました。酢味噌と山葵醤油を用意しています。
  とりあえず賞味下さい。」



もぐ…もぐ…

京極「!!!」

京極「鯉の洗いかと思ったが、こりゃ鯉でない、鯉よりも歯切れも淡泊味も格段に上や!!」

唯「おっおおおぃすぃぃ!!」

谷村「フグ刺しに似たほうも、あっさりしていて、歯応えも心地良い。しかし…」

谷村「鯉でないとすると…」

山岡「これは…」

ゆう子「山岡さん…?」

律「フグみてぇだぁ!」

紬「うふふ、フグはこんな味しないわよりっちゃん♪」

陶人(この味は…ひょっとすると…)

雄山「今度は同じ魚を、洗いでなく、刺身にしたものを運ばせます。」

京極「さ、さしみぃ?これ淡水の魚やろ?大丈夫かいな…」

U斬「安心して召し上がって下さい。」

唯「どーゆーこと?」

澪「湖や川の魚には寄生虫がいるから、ナマで食べないんだよ。」

唯「へぇー」

大原「よ、養殖ならある程度寄生虫の数も少なくなるそうですし、
  綺麗な水のなかで数日間泥を吐かせれば…」

陶人「ゆ、ゆうざん、まさか…」

山岡「親父…」

U斬「安心して御召し上り下さい。」

陶人「…」

山岡「親父!」

U斬「士郎、食べてみろ。」

山岡「…」

京極「ほぅ…洗いにせず刺身で食うても、うまいな!ほどよい脂や。」

板橋「フグみたいな奴も洗いのときはあっさりしてたけど、これはちょうど良い!
   でも心配だぁ、小さいころ寄生虫で酷い目にあってねぇ…」

律「うめぇー!こんなおいしいもの食べたのはずめてだぁー!」

梓「ポワワーン☆」

澪「まるで雪国のなかを舞う妖精(ry」

さわ子「これは精がつくわねぇ~夜が淋しくなるわぁ」



雄山「さて、皆さんに食べて頂いた魚は…」

雄山「マブナとライギョです。」

京極「は…そ、そんな阿呆な…わしはアタルのが怖くて淡水漁はナマでくわん…
 鯉ももちろん洗いで食う…」

板橋社長「フナはまだしも…ら…ライギョ…」

大原「よ、養殖の…」

U斬「天然物です。泥抜きもしていません。」

嶺山社長「か、海原先生!!」

京極「な、なんてもん食わせてくれんのやぁぁ!!医者よべぇぇ!!」

陶人「雄山、お前…」

律「そんなに大変なことなの?」

澪「うっ…」

梓「澪先輩!?」

紬「澪ちゃん!今ビニール袋を持ってくるから…!」



大原「海原さん!魯三人を敬愛するあなたなら
   寄生虫で苦しむのも厭わないでしょうけれど…我々は命を張ってまで…」

板橋「うっ…は、はらがいたくなってきた…」

山岡「親父…アニサキスの件、忘れたわけじゃ…」

U斬「まあ待て、士郎。」

U斬「ふむ。やはりあなたたちは、食を愛好するといっても…上辺だけだったようだ」

団社長「か、海原先生…」

U斬「真に食を愛するのなら…食のために死ね!!」



「「「「な、なんたる美食ビースト!!!」」」」



U斬「まあいい。」

U斬「皆さんにお出しした品に寄生虫は存在しません。」

京極「ほ、ほんまでっか…」

澪「うぅ…」

唯「落ち着いてぇ~澪ちゃん!」

梓(あの似非メタルちょい白髪オヤジ…澪先輩を怖がらせやがって…)

U斬「寄生虫については以前、鮭の問題がありましたが、
   臨席されていた方は、それを思い浮かべながら聞いていただきたい。」

U斬「なぜ、寄生虫が魚の体内に存在するのか…」

U斬「それは、魚の生態に因があります。」

U斬「これは生活環と呼ばれるものです。」

U斬「簡潔に言えば、寄生虫は、魚が体外から取り入れる。」

嶺山社長「ごく…当たり前の話ですな…」

U斬「生物学的に言えば、重層的に寄生虫の宿主が構成されているということです。」

山岡「最初の宿主から二番目の宿主、二番目の宿主から…以下同と、最終的な寄生虫へと…」

唯「じゅ、じゅーそー?」

律「いかん!唯の脳みそがっ!」

U斬「そこでです。つまり、魚が取り入れる以前の宿主から、
   寄生虫を取り去ってやればいいのです。」

大原「ふむ、確かに…」

陶人「筋は通っとるな。」

団社長「海原先生!」

団社長「それは、果たして可能性でしょうか?」

U斬「といいますと?」

団社長「仮に、寄生虫のいない湖沼を作るとしましても、それならば、その湖沼に手を加えることになるのではないでしょうか?」

団社長「明確に言えば、その湖沼で養殖の状態作り出すことになるのでは?」

団社長「そしてそれを仮に維持できましても、莫大な費用がかかるのでは?」

雄山「ふむ、そうですな…」

雄山「団社長」

団社長「はい…」

雄山「団社長は、漁礁も養殖と考えられますか?」

団社長「それは養殖などではないでしょう?」

雄山「では団社長、あなたの先ほどの質問は矛盾を生ずることになる。」

団社長「…」

雄山「まあいい、あとは、私の話をお聞きください。」


11