対決当日  会場(日本武道館の近くのホテル)


唐山陶人「…」

京極「やはり唐山先生、難しい顔してはるな…」

審査員A「高弟の海原先生がああいったことになってしまわれては…」

審査員B「嶺山社長、海原先生はなぜあのような…」

嶺山社長「い、いや、私も最初、ロックを始められたと耳にしたのですが…
     まさか、あのように性格異常者のごとく…」

山岡「…」

憂「いいんでしょうか、私がお料理対決に参加したりして…」

ゆう子「謙遜する必要はないのよ。山岡さんはあなたの腕を
    高く評価してるんだから。」

律「…マジ場違いだわこりゃ…」

三河編集長「海原先生が会場内に入られました!」


※三河編集長…週間タイムの編集長、究極vs至高対決においては
司会、進行を務める。ヒゲメガネ。



♪ズンズンズンズン!!!!!ズンズンズンズン!!!!

大原社主「なんだ!?この喧しい音は!!」

ガラッ!!

U斬「…」ヌッ…

小泉局長「ヒッ…ば…化け物ぉっ!!」

秀山局長(帝都新聞)「こ、小泉さん…海原先生を指して化け物などと…」

N.riv.「…」

ryozo「///」

CHIYO「LICK MA CUMMMMMMMMMMMMMMMMMMM!!!!!!」



唯「りっくまかむってどーゆー意味なのぉ?」

さわ子「CUMってのは、女の人がお股を弄られると出てくる液体のことね。」

澪「唯に変なこと教えないでください…////」



団社長(厚手の皮製上下に、歌舞伎の隈取のようなメイク…
    髪も、整えずにぼさぼさと流したまま…)

団社長(まさにへヴィメタルやハードロックの…)

団社長(海原先生に一体何が…)

陶人「…」

陶人「雄山。」

U斬「はっ…」

陶人「お前のやることだ。わしゃ何も言わん。」

陶人「今回の勝負、期待しとるぞ。」

U斬「はっ。」



三河編集長「そ、それでは…」

三河編集長「究極vs至高の対決、番外編としまして…」

三河編集長「『ロックと美食』という題で行うことといたします。」

三河編集長「進行といたしましては、従来のそれを一新し…」

三河編集長「究極側と至高側、それぞれ二品ずつのメニューを用い、」

三河編集長「この二品の間に楽曲演奏による対決(バトル)を挟みたいと思います。」



そして、究極のメニュー…

山岡「今回のメニューを考えるにあたって、
   我々究極のメニュー側は京都は桜ヶ丘高校の皆さん、」

山岡「特に、この平沢憂さんに協力していただきました。」

憂「よ、よろしくお願いします…////」

板橋社長「まだわかいのにえらいねぇ…」

陶人「うひょーー!!かわいいのぉぉぉ!!!
   あっちの、髪を二つに縛っとる子もばっちりたいぷじゃぁぁぁ!!」

梓「ヒッ…」

ゆう子(はぁ…陶人先生のロリコン癖がまた…)



山岡「とりあえず、まずは椀を運ばせるので…」

山岡「早速賞味していただきたいと思います。」

~そーれから♪~

U斬「ほう…」

陶人「おっ!?こりゃぁ!!」

板山社長「『ねこまんま』か!三日と置かずに食べるてるよ!!
     これが好きなのは小さいころから変わってないなあ…」

団社長「私もお恥ずかしながら大好物でして…//」

京極「山岡はん…これは…
   ね、ねこやいぬに食わせるもんやないか…」

唯「えっ…」

陶人「えっ…」

板山社長「えっ…」

団社長「えっ…」

梓「考えた憂がかわいそう…」

京極「えろぉすんまへん…」



陶人「…だがな、士郎、ここに居られる方々に
   コレを出すということはじゃ…」

陶人 「一般に持て囃されるモノに少し工夫を加えて出し、まあの…
    意表をついて奇を衒うとでもいうか…ちと子供だましのような気も…」

山岡「陶人先生のお言葉も最もです。しかし…」ヒラヒラ…

つ 憂と梓のメアドを書いた紙を分かるようにちらつかせる。

陶人「!!」

陶人「…の、ような気がしたが士郎は
   そ、そんな手など絶対に使わん…じゃろうからのぉ…」

山岡「ゴホン!変な横槍が入りましたが…」

さわ子(やるわねぇ…)

紬(あのおじいちゃん………潰す♪)

陶人「ブルッ…」



山岡「みなさん、さっそく、賞味のほうよろしくお願いします。」

京極「豆腐…となんや青菜みたいな…はあ…
(畜生の食いモンか…)パクッ…」

京極「!!」

京極「こ、こりゃああ!!うまいっ!!」

板橋「うんうん!うまい!!この域まで来ると、
   煮詰めてはないけど、雑炊みたいだよねぇ…」

澪「雑炊か…、軽快な苦味と絡みがマッチしたハーモニーの中に
  豆腐の存在感がかもし出されて…まるで不思議の国のアリスの
  トランプの女王をやり過ごすアリスのような…」

律(プッ…澪もここまでくるとビョーキだなwww)

唯「モグモグ…おいしーー!!でも、
  憂がいつも作るのとはちょっと違うような…」

梓(やっぱりおいしい…憂と私の差がまた開いた…)

団社長(いや、この野菜は青菜いうより一種類のものではなくて
    何種類かの野菜をまぜた…しかしこの味はあまり口にしたことのない…
    少々辛味が引き立つような…)


9