金上のアパート

金上「5畳一間フロトイレ共同…」

金上「汚いところで悪いが…」

ぐ~~

さわ子(カーバンクル?)

金「す、すまん、昼飯がまだでな。すぐ適当なもの掻き込むから…」

憂「なら私が何か作りますよ!」

金上「いや、客にやらせるのも…」

憂「いいんです!さっきの歌のお礼ってことで♪」

金上「すまん…」

憂「冷蔵庫のなか失礼しますね~」

憂「えっと、材料は卵とお葱だけかぁ…あ!麺汁もある…」

憂「卵を溶いて…お葱をみじん切りに…」

トントン…

憂「あっ!今朝もらった山椒を使お!」



さわ子(憂ちゃんイイ尻(ケツ)してるわぁ…)

紬(ああ…汚いボロアパートで台所に立つ憂ちゃん…
  これで後は裸エプロンだったらどんなに…ハァハァ)



憂「山椒をほんの少しだけ煎って…そのあと…」

憂「すり鉢のかわりに包丁の腹で、粗めにすって…」

ぐりぐり…

憂「麺汁を沸騰させて…」

憂「これをお醤油のかわりに、溶いた卵とまぜて…」

憂「とんぶりのご飯にかける…」

憂「最後にお葱と山椒をかけて…」

憂「できた!」



山岡「へぇ…麺の汁と山椒をねぇ…」

憂「辛味が強いお醤油よりはと…、本当はだしから作るといいんですけど…」

金上「いや…十分過ぎる。ありがとう。」

ゆう子「山椒の香りがなんとも言えないわね…」

唯「おいしそう…ジュル」



金上「パクっ…」

金上「!!」

金上「う…うまい…!!」

金上「モグモグガツガツ…」

金上「う…うまい……う…うう…」

金上「うっ…ううう…うう…」

憂「どっ…どうしたんですか!?」

ゆう子(あの冷血な獣みたいだった金上さんが…
    こんな年若い女の子の作った卵かけご飯に感動して涙を流している…)

さわ子(こういうシーンだと、美味しんぼopがスローテンポで流れてるところかしらね…)

山岡「いやぁ…さすがだ、憂ちゃん!これなら男子もほっとかないだろう…」

憂「そんなことないですよっ!?私は身も心もお姉ちゃんのモノですから…」

唯「えへへ~照れるなぁ~」

紬「キマシタワ~☆」



ゆう子「えっ…なにそれこわい」



山岡「そうだ、金上さん、折り入って頼みが…」

金上「なんでも言ってくれ!できる限り協力したい!」

山岡「実は…」



数日後 都内某所のライブハウス

山岡「お邪魔しまーす…」

ゆう子「こういう所は…はじめてだから緊張するわね…」

澪「あっ!ここあのバンドがここでライブやってる…」

山岡「えーと、金上さんの紹介で…」

ライブハウスのマスター「お話は聞いてますよ、どうぞどうぞ!」

唯「ど…どきどきする…」

律「こういうとこでライブ開くにはいくらぐらいかかるんんかなぁ…」

マスター「うちはポップスからハードなのまで広いジャンルでやってましてね…」

山岡「ほ~」

マスター「今日も今赤丸急上昇中の、いわゆるメタルバンドのライブがあるんですよ。」

マスター「よかったら是非観ていって下さい。」

ゆう子「ありがとうございます。」

山岡「さっそくですけど、こちらで出される飲食物について…」



唯「わぁ…すごいなあ…」

紬「武道館を目指す前に、まずこういうライブハウスで人気をとらないとね…」

梓「やっぱり私たちも、学園祭や新歓以外でライブをやったほうがいいと思うんです!」

律「っていってもさぁ…学校の外でわたしらがやっても結局恥かくだけじゃないか~…」

梓「先輩たちがそんなだから何時までたっても…」



ガラッ!

「邪魔をするぞ!」


マスター「あっ!さっそくお見えになりましたよ!」


ゆう子「といいますと?」

マスター「今日、ライブを開くメタルバンドの方々です!」

山岡「へ~…え?」

山岡「!」



唯「あーーー!!!」

唯「げいばらゆうざん!!!」

雄山「かいばらだっ!!!」

唯山「第一わしはれっきとした異性愛者だ!」

雄山「!」

雄山「きっ貴様は…この間……桜ヶ丘高校の大馬鹿娘ではないか!?」

唯「わたしがバカっ…!?バカって言ったほうがバカなんだよっ!!」

雄山「ぐぬぬぬぬ…」

中川「せ、せんせい…穏便に…」



山岡「親父…」

雄山「士郎!?なぜお前もここに…」

山岡「今回の勝負は、桜ヶ丘高校軽音部の面々に協力してもらうことになった…」

雄山「!」

雄山「そうか…そういうことか…その馬鹿娘の…」

唯「だーかーらー馬鹿って…むぐっ…」

律「唯、それ以上しゃべるな…」

紬「海原さんにお願いがあります!」

雄山「お前は…」

雄山「!」

雄山「その沢庵眉毛!琴吹家の…」

紬「その節は父がご無礼を。海原さん、お願いというのは…」

紬「どうか理事長先生の美食倶楽部出入り禁止を解いていただきたいのです。」

雄山「がっはっはっはっ!!」

紬「!」

雄山「それに応じたとして、わしになんの利点がある?」

紬「くっ…」

雄山「まあいい。一応斟酌はしておこう。」

紬「本当ですか!?」

雄山「うむ。今日は、U斬×B.SHOCK CLUBの初らいぶだ。」

雄山「わしも高揚していて気分が良いのでな。」

雄山「士郎、ゆう子ちゃん、よく見ておくがいい。」

雄山「ロックの真髄にして進化した形、我がU斬×B.SHOCK CLUBのメタルをな…」

山岡「親父…」

ゆう子「お義父さん…」

ゆう子「良三君、おチヨさん…」

良三「若…ゆう子さん…」

おチヨ「は…恥ずかしい…」

山岡「お…おチヨ?」

おチヨ「はずかしいいいい!!!士郎さまとゆう子ちゃんにぃぃぃ…」

おチヨ「天国の奥様に申し訳がぁぁぁぁ!!!」

ドタドタドタ…

律「行っちゃった…」

山岡・ゆう子「「…」」


7