テレビの前

山岡「ポカーン」

ゆう子「ポカーン」

澪「い、いや…これは…」

唯「あっ!U斬は 〈ユウザン〉じゃなくて
  <ユウキル>って読むんだって♪」

憂「へぇ~!さっすがお姉ちゃん!!物知りなんだぁぁ!!」

唯「えへへへ…////」

律「えっと…これ…一応録画放送…だよな?」

ゆう子「あなた、いったい何を送って差し上げたの…?」

山岡「いや…Led Zeppelinを…の…はず…なんだが…」

ゆう子「私は故忌野氏やGAKHT氏の音楽性も理解したいわ…」

ゆう子「けれど…」

ゆう子「同じことお義父さんがやったら、
    どうにかなっちゃった老年オヤジじゃないの!?」

梓「え、えっと、ゆう子さん…それはちょっと違うと思います…」

ゆう子「なんですって!?」

梓「ひっ!?(泣)」

紬「あ、あの ゆう子さん、ここは穏便に…」

ゆう子「はっ!?私ったら…」

ゆう子「梓ちゃん、ごめんなさい…私、ちょっと頭に血が上って…
    お話を続けて頂戴…」

律(そりゃ舅がとち狂っちゃなあ…)

梓「は、はい…」

梓「ね、年齢のお話をされているのなら、
  海原さんはメタルバンドのKISSのメンバーと、か、変わらないわけですし…」

梓「ローリング・ストーンズのキースは還暦を過ぎても…」

梓「いわゆる、その不良哲学に誇りをもっています…」

梓「海原さんぐらいの方なら、
  そのお年で音楽の路を追及するようになって…」

梓「一気にロックやメタルの真髄を理解されたのでは…ないかと…」

澪(梓…わかったようなこといって…ぜんぜんわかってないよな…)



澪「!」

澪「海原氏のバンド…明日のMステに出演するぞ!!」

律「えッ…」

山岡「なんだって!!!」

ゆう子「きょ…共演者の方は…」

澪「えっと…坂本教授、ダ○ンタウンの浜○さん、エ○ファントカシマシ、
  倖○來未、m○sono…」

律「やばいな…それは…」

紬「朝日は今度の衆院選、現野党の圧勝だと確信して
  調子に乗ってるのかしら…」

山岡(やべ…いつもどおりみたいに、伝説的なロッカーにまつわる食い物探して
   ついでに良い話みつけてうまくまとめようと思ったんだが…)

ゆう子「あなた…」

山岡「とりあえず、今日はいったん帰ることにするよ…」

律「…」



澪「ふぅ…どうなっちゃうんだろうな…」

律「まあ、ここまで漕ぎつけただけでもさあ~
  音楽ってことなら、わたしらも山岡さんに協力できるわけだし…」

唯「…」そぉ~っ…

澪「って唯!?こんな時間にどこ行く気だよ!?」

唯「え…えと…よっすぃーのパパの慎ちゃんに…会いに…」

澪「会えるわけないだろ!?」

紬「会いたいの?ちょっと待っててね…」

澪「会えるのかよぉっ…!」

こうして副都心の夜は更けていく…



翌日

律「ぐーぐー…」

唯「すいーーっ…くぅおっ…すぅう…」

澪「ZZZ…」

紬「うふう…みんなの寝顔かわいいわぁ…」●REC

梓「ふにゅ…う…」

憂「オ…ネエ…チャン…」

紬「こっちの二人なんて…もはや犯罪の域…」●REC

さわ子「ムギちゃん、何やってるのかなあ?」

紬「ヒッ…」



荒井「あらあら~これはいわゆる百合かしらねぇ!」

三谷「高校時代が懐かしいわぁ…」

荒井「そうそう!私もそういう思い出がさぁ…」

山岡「オエエ…」

荒井「聞こえてんのよ!ボンクラがっ!!」ドゴッ!

山岡「ギャッ!!!」

紬「皆さんこんな朝早くから…」

山岡「ぐえええ…」

ゆう子「みんなを案内してあげたいところがあるのよ。」

山岡「と、とにかく、この子達を起こして…」



-築地-

唯「すっごーーい!!」

澪「でもなんか、もうお終いみたいだな…」

山岡「競りを見たけりゃ、もっと早く起きないとね。」

山岡「今日用があるのは…あそこさ。」

梓「食堂ですか?」

唯「ごはんーーーーーー!!」



主人「いらっしゃい!あっこりゃ、山岡さん!」

山岡「お邪魔しますよ!」

唯「マグロにアナゴに…いっぱいあるなぁ…」

山岡「ここはマグロの山掛け丼が旨くてね」

律「しかも安っす!」

紬「え?安いの?」

律「ムギ…」

紬「ごめんなさい…私、一般的な金銭感覚がよくわからなくて…」

山岡「金持ちはこれだから…」

ゆう子「あなたっ!!」



富井「はぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐはぐ」

さわ子「がつがつがつがつがつがつがつがつがつ」

梓(うわぁ…この二人血は繋がってないのに…やっぱり…)

唯「おっおっおおぃすぃーー!!」

澪「京都ではこういうのは食べれないよな、舞鶴や大阪出れば別だけど…」

三谷「難波に安くておいしいマグロ料理を出すお店があったわねえ」

主人「お嬢さん!これもかけてみてよ!あっほんのちょっとだけだよ!」

つ小さいすり鉢

唯「へ?…つーんとする…けどさわやか~」

憂「山椒だね!」

律「ウナギにかけるのだろ?くんくん…」

律「ウチで食べたときは…ただツンとしたやつだったけど…」

山岡「辛味調味料はすべからく…
   採りたてをすぐ仕立てないと風味がおちる。」

山岡「その最もが山椒なんだ。」

律「へ~」

憂「それに結構、すり具合をうまく調節するのが大変で…」

山岡「…」

憂「えっ私なんか変なこと言いましたっ!?」

山岡「いやいやなんでもない、なんでもない…
   (憂ちゃん、これはひょっとすると…)」

唯「ぱらばら~」

唯「ばくっ…」

唯「これはっ!?」

澪「複雑で深みがあって…しっかりした…けれど優しい辛さ…」

山岡「おっ澪ちゃん謳うねぇ…」

律「こいつの詩作ノート読んでみます?
  下手なお笑い番組よりも面白いですよ!ニヤニヤ」

澪「こ…こら!!////」

憂「あっ…その瓶に活けてあるのが…」

主人「今日使う分を今朝一番でとってね、活けておくんだ」

憂「すごーい!いいなぁ…」

主人「お嬢さん欲しいのかい?」

憂「えっ…いいんですか!?」



このあと、出社する富井や荒川と分かれた唯たち一行は、
取材という山岡の口実のもと、都内を案内してもらった。
しかし…

唯「平日だけど…この辺は弾き語りの人がおおいねぇ~」

律「あたしらも今度やってみようぜ!」

澪(イヤだ人の視線怖い人ごみ怖い…)

梓「…」

ゆう子「どうしたの梓ちゃん」

梓「あの人の…ギターなんですけど…」

澪「あのアコースティック?」

梓「はい、多分マーティン社のそれも年代モノです。」

律「いくらぐらいすんの~?」

梓「多分なん百万円も…」

山岡「そりゃすごい…あの人、金もってるように…」

山岡「!!」

山岡「おっおいあれ…あれは…」

ゆう子「どうしたの?」

ゆう子「あっ…!」

「「金上!!(さん!!)」」



さわ子「金上というのはコミックス50巻代に登場したいわゆる悪役よ。
    極亜テレビという会社の社長で、まあ、やりたい限りの非道を行って
    結局は失脚→退場になったのよね。」

律「さわちゃん、誰に話してんの?」



金上「♪~ ♪~」

山岡「…」

ゆう子「あ、あなた…」

金上「?」

金上「お前達はっ!?」

金上「いや、もうどうでもいいことか…」

金上「一曲聴くか?」

山岡「ああ。ついでに、あんたがなぜここでこうしてるのかも…」

金上「…」

金上「わかった…」

金上「極亜を追われたあと、個人的にやっていた事業を潰し、
   俺も自己破産。くだらない転落者の末路だ。」

ゆう子(あの悪魔みたいだった人がすっかり毒気を抜かれて…)

金上「でも、このギターだけは手放せなくてな。」

金上「お前は思ってるんだろう?悪逆の限りを尽くした俺が音楽だなんて…
   しかしな、すべてを失った今こそ、やりたいことをしたくなったんだ。」

さわ子(ふふぁーあ…何この三文昼どら…)

金上「♪~♪~」

山岡「…」

ゆう子「…」

金上「家が近くなんだが、よかったら寄っていかないか?
   これも何かの縁だろう、罪滅ぼしにもならないが、茶でも出す。」

ゆう子「あなた…」

山岡「ああ、お言葉に甘えるよ。」



さわ子(なんか美味しんぼによくあるパターンね…)


6