岡星前到着

唯「おかぼし?」

山岡「いきつけ…というか友人がやってる店だな。
   まぁとにかく、はいろうぜ!」

律「うっし!うまいもん~」

澪(良い匂いが…)



ガラッ…

山岡「ちーっす!とりあえず腹ごしらえをした後、状況の確認を…」

岡星精一「…」(まさに天井から吊った縄目に首を入れようとしている…)

唯「え?」

梓「ええええーーーーーーーー!!!!!」

律「ちょっと!!あんたなにかんがえてんだよーーー!!!」

山岡「ちょ!?岡星のだんなぁぁーーー!!!」

ゆう子「みんなとりあえず岡星さんを抑えて!!」

律「了解!!」

紬「はいっ!!」

岡星「すぃなせてくれるえーーーーー!!!!」



岡星「し、しなせくてださいぃーー!!山岡さん!!!」

山岡「いったい何があったんだよ!」

冬美「ああああっ!!よかったぁぁぁぁぁ!!」

岡星「冬美!!」

律「誰ですかぁ?」

ゆう子「岡星さんの奥さんよ…」

冬美「私が八百屋さんから帰るまでの間にいったいなにが…」

岡星「勇一の桂剥きがぁぁ…」

律「勇一って?」

ゆう子「岡星で働いている、岡星さんの弟子みたいな子かしら。」

澪「で、では桂剥きとは…?」

ゆう子「大根のような根菜の表面を薄くむいて行くやり方よ…」

岡星「完璧すぎたんだぁぁぁ!!!」

澪「はぁ…!?」

勇一「え…え?!一体何が!??」

冬美「あなたっ!?」

岡星「死ぬっ!?おれはしぬすいかぬわいぅっ!!」

ゆう子「とりあえず、皆さんを落ち着かせて…!」



30分後

岡星「す、すいません、山岡さん…」

山岡「岡星の旦那!一体何があったんだ!?」

岡星「じ、じつは勇一に任せといた桂剥きがまったく完璧だったんで…」

山岡「いや、それは普通にすばらしいことじゃないかよ!?」

岡星「ほんの半年前には今よりもっと下手糞だったやつが…こんな…成長を…」

岡星「それに引き換えわたしときたら何の上達もせず…そんな
   そんなわたしなんて、生きて包丁を握っていても何の意味のないじゃないですかあああ!!」

勇一「ううっおやっさん…うう」

岡星「す、すまねぇー……」

冬美「あなたぁ……」

律澪紬梓憂「「「「「どよーーーーん……」」」」」

唯「みんなー!くらいよぉーー!?」



澪(なんて引き込まれそうな雰…)

澪(ん?)

澪(これは…)

澪「お、おかぼし…さ…ん」

岡星「はぃいいいいいっ!!!」

澪「ひぃぃぃいいいっっ!!!」

澪「あ…あぅあぅ…(泣)」

山岡「岡星の旦那!!若い女の子をっ!」

岡星「はっ…わたしは…じょしこうせーにぃい…」

岡星「もぉお!!!しぬしかぁぁあ!!!」

澪「ココデフンバラナイト!!」

澪「唯っ!!そこに立てかけてあるウクレレとって!!」

唯「えっ!?えっ?」

澪「このまえ練習しただろ!ユニコ○ンのデーゲ○ム?」

唯「あっ!?うん!!」

澪「ツインウクレレ、ダブルタミオでいくぞ!」

唯「うん…!」



澪「♪~」

唯「♪~」

♪~♪~(ツインウクレレ音)

岡星「こ…これは…ユニコ○ンの…」



紬「なぜかpuffyを連想して興奮するわ♪」

山岡「へぇー…さすが親父を怒らせただけあるな!」

ゆう子「こらっ!!」

ゆう子「でも…素敵な歌声ね…綺麗、というか元気をもらえる…」

岡星「…」

冬美「…」



唯「ふぅー!いええーーーいい!!」

唯「おねーーちゃん!すっごく可愛かったもう…もうもうもう…」

岡星「君達…」

澪「あ、あの…僭越だったんで…すけど…冷蔵庫にくっついて、
  坂上○郎さんの顔…にユニコー○ンの
  イニシャルがあったので…」



注 デーゲ○ムのシングル表面画は坂上二郎氏です



岡星「実はさっきの曲は私たち夫婦の…」

~以下美味しんぼおなじみのやりとりがはじまるので省略します~



律「岡星さんのご飯うまかったぁぁ!!!」

唯「ねむ…はやく…かえろーよー……」



律「とーーーちゃーーく!!てれびぃぃぽいい!!!」

う た ○ ん

律「おーーうた○んはじまるぜぇ!」

唯「ほんとぉお!?」



う た ○ ん

○橋『○井くーーーん!今日のゲストはぁ?』

○井『えーっと…U斬×B.SHOCK CLUB?』

○橋『なんだそりゃぁ?新人?』

○井『らしいっしね~』

○井『はーーーーいでは、U斬×B.SHOCK CLUBのみなさんでーす!』

U斬「ヨロシク…」

N.riv.「…」

ryozo「///」

CHIYO「FUCK!」



○橋『…』

バァッァーーーーーン!!!!!(資料を投げる)

U斬『!!』

○井『○橋さんっ!!どうしたんすか!?』

○橋『んなよぉ~いまどきよぉ、ローマ字だけのよお…』

○橋『こんなん、芸名にする奴なんている!?』

○居『えーーーー!?ちょっ!?』

○橋『○居君は、そーーーいうやつらをさぁぁぁ!?しょーじきにっ!!』

○橋『どーおもってんのぉーーー?!』

U斬「…」スク…

CHIYO「…」ドスン

○居「え…」



CM空け

U斬「というふうに古伊万里は…」

○橋「ふぁい…」

CHIYO「…」

N.riv.「ふぅ…」

ryozo「///」

U斬「…おっと、そろそろ演奏の時間ではないのか?」

○橋「ふぁい…」

○居(やっべ…おれ○ニーズでまじよかった…)

○居「とういうことで…」

○居「えっと…(なんて読むんだ…)」

U斬「ん?」

○居「ぎょ、ぎょうさんじん恋コクHONEYを…」

U斬「ぬわにぃぃっ!!??」

○居「ひっ…!?」

U斬「痴れ者めぇぇぇぇっっっ!!!!!!」

○居「え…え…アタフタ」

中川(それはぎょさんじんではなく、魯山人(ろさんじん)と…)

○居(ま、まじっすかぁぁ…!?)

U斬「貴様!?日本人と生まれてまさか魯山人先生のお名前も…」

○居「ゴメンナサイゴモメンナサイ…!!」

○橋「ふぁい…」

N.riv.(先生、ここは若者の無知ということで…)

U斬「むぅう…」



N.riv.「で、では、気をとりなおしてもう一度曲の紹介を…」

○居「は…はいぃぃ!!づぇは、U斬×B.SHOCK CLUBで…」

U斬「魯山人恋コクHONEY!!!!!!!!!!!」

○居「ヒィィィィーーーー!!!」

U斬「ナマで 淡水魚 食べるように ♪」

N.riv.「♪~」

CHIYO「HEY TRY IT COME IN YOHEYSAYIT!CARP CARDED LOVIN…」

CHIY「HISTORYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!!」

U斬「愛すら生の ままで まさに愛生… ♪」


5