紬「唯ちゃん今暇?」

唯「え、なになに?」

紬「外国の珍しいクッキーがあるからうちにこない?憂ちゃんと一緒に」

唯「え、いいの!?いくいく!!」



憂「お姉ちゃん、なーに? 紬さんち行こうってメールにはあったけど」

唯「ムギちゃんにお呼ばれしたんだ~。憂もおいでおいで~」

紬「憂ちゃんの都合がよければぜひ来てほしいわ」

憂「私は大丈夫ですよ」

紬「わっ、やったぁ♪」

唯「わーい! アレ? ねえねえ、他のみんなは?」

紬「あぁ、誘ったんだけどみんな用事があるって。残念」

唯「ふーん、そっかぁ。じゃあ私たちで堪能しよう!」

紬「そうしましょ~♪」

紬「あ」

唯「大切なあな~たに~って、どしたの?」

憂「何か忘れ物ですか?」

紬「うん。そういえばちょうどこのあたりで約束してたの~」

唯「約束? やっぱりみんなにも声かけて――」

男「失礼します」サッ

憂「っ?……」パタン

唯「……うい?」

紬「大丈夫、眠らせただけだから~」

唯「……ムギちゃ」

男「失礼します」サッ

唯「ねっ……む……い」パタン

紬「唯ちゃーん、これからイイ所行こうねー」



……

律「唯! 唯!」

唯「ん……あれ、りっちゃん、おはよう」

律「ノンキなこと言ってる場合か!」

唯「うーん、なんか眠い……ん?」サスサス

唯「なっ、なんじゃこりゃあああ!? よ、よよ、よだれがー!!」

憂「お姉ちゃん大丈夫?」

唯「あ、うい~」

律「その様子だと大丈夫みたいだな」

唯「りっちゃん、なんで縛られてるの?」

律「お前はマイペースだな~」

唯「ここどこ?」



唯「……なんか外からガチャンガチャンって音がする」

澪「ひぃぃっ!?」

唯「あ、澪ちゃんもいたんだ」

律「さっきからずっとこの調子……私たち、みんなムギにここに連れてこられたみたいだ」

唯「ムギちゃん……そうだ! なんかムギちゃんちに行く途中いきなりサッてやられた……ような。憂。憂! 大丈夫!?」

憂「私は大丈夫だよ」

唯「でも、口から涎が出て、大丈夫そうに見えないよ……」

憂「大丈夫だから……お姉ちゃん」フキフキ

唯「憂……」

澪「なんで、私達こんな目にあってるんだ……」

唯「澪ちゃんとりっちゃんはあずにゃんは用事があるってムギちゃん言ってた」

律「私と澪は帰りの途中でムギから電話があったんだ。それから、ムギがもうすぐ時間だとかなんとか言って、変な男に……えっと」

澪「な、なんか、紬様の御学友ですね、とか妙に固い口調だなって……」

律「そのあとは突然で……ただ、ぼんやりどっかでムギを見たような」

澪「な、なぁ、律、私達変なことされてないよな?」

律「……だと思いたい」

唯「これからされたりして」

澪「……」

唯「あっ、うそうそ!」

唯「そうだ、あずにゃん!」

律「梓はいないみたいだな」

唯「ケータイがあれば連絡が……あーん縛られてるから手が動かない!」

律「でも、たぶんケータイとられてるぞ」

唯「あずにゃん助けてー!!」

澪「……どうなるんだ、これから」

唯「Help me!」




紬「あは、元気そう。よかった~」





紬「唯ちゃん、最初すぐ寝ちゃったから心配したわ~」

律「おい、ムギ。とりあえずこの縄外してほしいんだけど」

紬「え~どうしようかしら」

律「いや、ホント冗談抜きでさ。私もみんなもなんでこんなことされなきゃなんないのさ」

紬「ん~……りっちゃん、ちょっと黙っててね♪」

律「は?」

紬「えーい♪」ギュ

律「ふぉっっ!! フハッ!」

唯「りっちゃん!」

紬「あら、ハグでもけっこうスゴイのね。今抱きしめたときにイク感触があったけど、まだ意識ちゃんとある~?」

律「はっ……んっ……」

紬「りっちゃん、部で一番美人さんなのにゴメンね? とりあえず今から予定を発表するから」

澪「予定……?」

紬「私、今までずっと隠してたんだけど、女の子に興味があるの。それもとっても」



紬「とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとっても




興味があるの」



澪「……」

紬「特にね、身体のことが知りたいの。反応とか、強さとか、うーん、あと気持ち的な部分もね!」

澪「そ、それなら、保険体育でやればいいんじゃあないかな……」

紬「わたし、くわし~く、知りたいの」

澪「は、はは……」

紬「だから、これから順番にみんなでお勉強したいと思いまーす。えっと、じゃあどうしようかしら」

紬「とりあえず、りっちゃんの続きから始めようかな」

紬「私が思うに人が本当に美しくなるのは、快楽に溺れるその瞬間だと思うの」

律「…………」

紬「ただ勘違いしないでね。私はただ人が快楽に溺れるのを見るのは好きじゃないの」

紬「りっちゃんは古代ギリシアの女流詩人のサッポーを知ってる?」

律「……」

紬「知らないよね? りっちゃんは世界史苦手だもんね」

紬「サッポーの名はね「サフィズム」といって女性同性愛を示す言葉の語源なの。
  あ、勘違いしないでね。女性同性愛っていうのはただ単に快楽を貪るだけじゃないの」

律「ゅ、許して……」

紬「まだ喋ることができるんだ。でも黙って聞いて。無駄な口を叩いたら……」

律「…………!」

唯「む、ムギちゃん、や、やめてよ……!」

紬「……唯ちゃん。唯ちゃんも同じ目にあいたい?」

唯「ぁ、ああ……」

紬「ふふ、わかってくれるみたいでなにより。さて、りっちゃん。お話の続きね」

紬「サッポーの女性同性愛の本来の意味はいたずらに欲望に囚われず、喜びや楽しみを噛み締めることにあるの」

律「…………」

紬「私が言うのも奇妙な話だけど、今の世の中は満ち足りすぎてると思うの」

紬「人間の本質的な美しさを損なわせるくらいにね」

澪「な、なにが言いたいんだ?」

紬「だから。私は人間の――女性の本来の美しさを見てみたい」

紬「逝くか逝かないかの瀬戸際でしか見ることのできない究極の美しさをね」

律「ぅ……あ……」

紬「さっきのりっちゃんはとてもステキだった。どうしてかわかる?」

律「……」

紬「自分の身体が意思に反してイっちゃうりっちゃん……本当にステキだった……」

律「な、なにが目的なんだ?」

紬「……無駄口を叩くなって言ったのに……さっきりっちゃん頷いたよね?」

律「う、うるさい! いったいなにが目的なんだよ!? なんでこんなことするんだよ!?」

紬「……そうねえ。ところでみんなはえっちについてどれくらい知ってるの?」

律「ムギっ、お前……!」

紬「りっちゃんはうるさいね」

紬の双眸が不意に細められる。

紬「りっちゃんはとっても優しいと思ってたのに残念。私の話も聞いてくれないなんて……」

紬の白い指が律の顎のラインをなぞる。紬の唇が三日月の形に割れた。

紬「りっちゃん、やっぱり緊張してるのかしら」

不意に紬は4本の指を突っ込み律の口を無理やり開かせた。
紬の言う通り律の口腔は極度の緊張のため渇ききっていた。

律「ぁがっ……!」

紬「喉、渇かない?」

律が答えることができないと知っていて、紬は尋ねた。
やはりその唇は笑っていた。



紬「――たっぷり聖水を飲ませてあげるね」



紬「あなたたち、りっちゃんをあそこへ案内してあげて」

紬は従えていた男に指示を出す。
男たちは律の身体を拘束していた鎖を解く。
途端に律が暴れようとしたが、男が一回抱きしめるとすぐに抵抗しなくなった。

紬「あまり変なことはしないでね」

唯「りっちゃんをどこに連れていく気なの!?」

澪「よ、よせ唯!」

唯「ねえ答えてよ! りっちゃんを――りっちゃんをどこに連れく気なの!?」

すでに踵を返していた紬が振り返った。
口許は笑っているのに目は笑顔の片鱗すらも見せなかった。



紬「天国」



呆然とする唯と澪に満足したのか、紬はもう一度だけ笑顔をこしらえると再び踵を返した。



アヒルのおまるが部屋の中央で鎮座していた。

アヒルのおまる以外他にはなにもない。部屋を照らすのは今にも切れてしまいそうな蛍光灯だけだった。
剥き出しのコンクリートの床は裸足には冷たすぎた。
もっとも身体が震えるのはそれだけが理由ではないだろうが。

律はそのアヒルのおまるをぼんやりと眺めた。これからなにが行われるのか想像できなかった。


あるいはこれから自分をなにをされるのか。


紬「りっちゃん、私はこれからりっちゃんをイヂめる。辱めることをたくさんするの」

律「……どうして?」

紬「教えてほしい?」

律は頷かない。理由を尋ねこそしたが、聞きたくはなかった。

紬「これに耐えられたら教えてあげる」

律「……これ?」

紬はアヒルのおまるを指差した。

律「なんだよ、まさかそのアヒルのおまるの中に突っ込む気か?」

紬は一瞬だけ目を見開いた。
まるで世紀の発明でもした科学者のように。

紬「りっちゃん、それ面白いね」

律「……」

紬「でもそんな醜いことはしたくないの」

二人の男に左右両方から捕まれ、身動きのとれない律は紬を睨みつける。

律「よくそんなことが言えるな……」

紬「そうかな?
  まあいいわ。私がりっちゃんにしてほしいことはただひとつ」

紬は律に近づくと、彼女の唇をなぞった。唇は渇いていた。



紬「私のおしっこを全部飲み干してほしいの」



律「え?」

呆然とした表情。
事態の深刻さを理解していない人間特有の間抜けな顔に、紬は笑みを零した。

紬「例のものを持ってきて」

紬は携帯電話を取り出し、そう言って電話を切った。

数分も経たずにまた別の男たちがやってきた。
男たちは寝台を運んで、それをおまるの隣へ置いた。

紬「ご苦労様。戻っていいわ」

男たちは一礼するとすぐに部屋を出ていった。

紬「じゃありっちゃん。始めましょうか?」


2