家に着き、私は梓ちゃんに電話をかけた。

紬「梓ちゃん、ごめんなさい」

梓「はい」

紬「本当にごめんね……」

梓「大丈夫です。怒ってないです。私こそ泣いちゃってすみませんでした」

紬「私の事嫌いでしょ?」

梓「そんなわけないじゃないですか」

紬「大っ嫌いでしょ……」

梓「私は絶対にムギ先輩を嫌いになりません」

紬「梓ちゃん……もう酷いことしないから……。絶対にしないから嫌いにならないで……」

梓「なりません」

紬「……良かった」

私は安堵して、身体の力がふっと抜けてしまい、ベッドに倒れこんだ。



次の日からは毎日唯ちゃん達が部室に来たから、私と梓ちゃんが二人っきりになる事はなかった。

私はいつも通りに振る舞う事ができたし、梓ちゃんもいつも通りに接してくれた。
バレンタインには梓ちゃんがチョコレートケーキを持ってきてくれた。
梓ちゃんは私みたいに、箱を落としたりしなかった。

私達三年生は無事に大学に合格し、梓ちゃんのために曲を作る事にしたから、残りの高校生活も消化試合にはならなかった。

梓「アンコール」

卒業式の日、梓ちゃんはその曲を聴いた後、軽口を叩いてからそう言ってくれた。

この日梓ちゃんは泣いちゃったけど、私はそれを咎めなかった。

部活を引退したあの日、私の涙を拭ってくれたのは梓ちゃん。

梓ちゃんがいくら泣いても、私がそれを叱るなんて事があるわけない。
私の役目は、梓ちゃんを叱る事じゃなくて、涙を拭いてあげる事だもん。

私達は部室を出る前に、写真を撮る事にした。

唯「どのへんで撮る~?」

さわ子「黒板があるんだし、そこに何か書いてみんなその前に並んだら?」

澪「あ、それいいですね」

律「最後の最後でさわちゃんもやっといい事言うようになったかー」

さわ子「ちょっと!私はいつもいい事言ってるでしょ!」

唯「ねえねえ、何て書く~?」

私はチョークをとり、黒板に文字を書いた。

『きっと、ずっと、いっしょ!』

それから唯ちゃんが星やハートマークを黒板にちりばめ、澪ちゃんがウサギを書き、りっちゃんは自分の立ち位置に「ぶちょう!」と書いた。

最後に梓ちゃんが放課後ティータイムのマークを書いて、私達は黒板の前に並んだ。

唯ちゃんを真ん中にして、その左側に澪ちゃんとりっちゃん。
右側には私と梓ちゃん。

誰かが言うでもなく、私達は手を繋いだ。

私は梓ちゃんの右手をぎゅっと握った。

でも、梓ちゃんは握り返してくれなかった。

唯ちゃんと繋いだ梓ちゃんの左手は、お互いにしっかりと握られている。

みんなにとって梓ちゃんは、本当に天使だった。
でも、もしかしたら梓ちゃんの目に、私は悪魔として映っているのかもしれない。

私はまた不安になった。
あの時のがっかりした梓ちゃんの顔が過る。

私はまた、梓ちゃんと二人っきりになりたいと思った。



【平成23年 10月28日】

唯ちゃんは、時々携帯電話を弄りながら甘いカクテルばかりを飲み続けていた。

りっちゃんはいつもの調子で澪ちゃんを挑発し、それに引っ掛かった澪ちゃんと飲み比べを始めた。

りっちゃんは、

律「これはウーロンハイだから!」

と言いながらウーロン茶を飲み続け、澪ちゃんはひたすらオレンジを使ったカクテルを飲み続けた。
途中でりっちゃんの不正が発覚し、りっちゃんは買い置きの焼酎をラッパ飲みするハメになった。

11時を回る頃には、みんなかなりお酒も回っていた。

澪「唯~……唯は本当にいい子だよな~……」

りっちゃんはベッドの上で寝息を立て、澪ちゃんは首まで真っ赤にしながら唯ちゃんに甘えていた。

唯「もー、澪ちゃん飲み過ぎだよー」

唯ちゃんも相当ご機嫌になっていたけど、澪ちゃんほどじゃなかった。

澪ちゃんがこのテンションになった時は、大体三十分もしないうちにトイレに直行して、泣きながら戻すパターン。

澪「唯~、私、唯とバンド組めて本当に幸せなんだぞ」

唯「私もだよ澪ちゃ~ん」

私はその二人を眺めているだけでも楽しかったけど、やっぱり自分だけ酔えないのは寂しかった。

でもそのぶん、酔い潰れたみんなのお世話ができるからいいかな。

澪「ム~ギ~」

澪ちゃんは、今度は私にひっついてきた。

紬「きゃっ」

澪「ムギはほんっとうに、いい曲書くよね~」

紬「ありがと。でも澪ちゃん、それこないだも言ってたよ?」

澪「何度でも言うよ!私はムギの曲大好きだー!!」

紬「澪ちゃん、夜遅く騒いだらお隣さんに迷惑だからもうちょっと……」

唯「大丈夫大丈夫ー。ここ防音しっかりしてるから~」

私達がお酒を飲むと、この部屋はサーカス小屋みたいになる。
今まで苦情が来なかったという事は、本当にちゃんとした作りなんだんろうなぁ。

澪「ん、ムギ~」

澪ちゃんは私の膝に顔を埋めた。

紬「もう、澪ちゃん飲み過ぎよ~。お酒嫌いって言ってたのに」

澪「えへへ」

唯「澪ちゃんは甘えん坊だなぁ~」

ツッコミ役のりっちゃんがダウンすると、本当に収拾がつかなくなる。

澪「ムギ~」

紬「なあに澪ちゃん?」

澪ちゃんは顔を上げて言った。

澪「吐きそう」

いつもより大分早く、澪ちゃんの限界がきたみたい。

紬「澪ちゃん、トイレいこっか」

澪「う、うん……」

私が澪ちゃんの手をとると、唯ちゃんがそれを制した。

唯「あ、私が介抱するよ~」

紬「え?でも唯ちゃんも酔ってるでしょ?」

唯「私はまだ大丈夫だよ~」

紬「でも……」

唯「いざというときは私も澪ちゃんと一緒に吐きます!ふんす!」

紬「うーん……」

澪「は、早く……」

澪ちゃんの顔がみるみる青醒めていったから、私は問答を終わらせて唯ちゃんに任せる事にした。

紬「じゃあ唯ちゃん、お願いね。あとこれ、お水」

唯「はーい!ありがとー!ささっ、澪ちゃんいくよ~」

唯ちゃんは携帯電話をポケットに入れると、澪ちゃんを支えながらトイレに向かった。

少しして、トイレから澪ちゃんの戻す音が聞こえた。

私は新しい缶を開け、口の中を湿らせた。

どうやったらみんなみたいに酔っ払えるのかな。

私は缶を持ったまま、窓を開けてベランダに出ようとした。

律「全く、澪はしょうがないな~」

私はベッドに顔を向けて、窓を閉めた。

紬「りっちゃん、起きてたの?」

律「ん、今起きた」

紬「澪ちゃんお酒弱いんだから、あんまり飲ませちゃダメだよ」

りっちゃんは私に背中を向けたまま答えた。

律「だってああでもしないと澪は飲まないじゃん。飲まないと酔えないじゃん」

紬「そうだけど」

トイレから澪ちゃんの泣き声が聞こえた。

澪「う、ううう……もうお酒なんてヤダ……ゆいぃ……」

唯「大丈夫だよ澪ちゃん!頑張って吐いて!」

紬「やっぱり飲ませたら可哀想だよ」

律「酔えないほうが可哀想だって」

またトイレから声が聞こえる。

唯「ほら澪ちゃん吐いて!吸ってー吐いてー吸ってー吐いてー」

澪「それはお産のときの……うっ、お、おぇ……」

りっちゃんはまだ私に背中を向けたまま、訊ねてきた。

律「ムギは平気なの?全然酔っぱらってないじゃん」

私にはその質問の意味がわからなかった。

またトイレから泣き声が聞こえた。

澪「ふっ……う、う……ムギ……りつ……」

唯「澪ちゃん、ほら吐いて」

澪「あ……ずさ…………」

りっちゃんの背中が震えている事に、私はやっと気付いた。

澪「ふっ、う、うぅぅ……梓ぁ………」

唯「澪ちゃん飲み過ぎだよ~」

澪「……梓に会いたい……」

それから澪ちゃんは、大声で泣き出した。

防音のしっかりした部屋じゃなかったら、お隣さんに怒られちゃうところね。

唯「澪ちゃん、泣いたらあずにゃんに笑われちゃうよ~」

りっちゃんは枕で顔を隠しながら、身体を震わせた。

言葉を見つけられない私は、りっちゃんの肩を撫でた。

りっちゃんは

律「ごめん、今だけだから」

と言ってから、枕をぎゅっと握り、また身体を震わせた。

私は肩を擦りながら、あやす様に言った。

紬「りっちゃん、大丈夫。きっと飲み過ぎたのよ」

しばらくして、りっちゃんはまた静かに寝息を立て始めた。

澪ちゃんは泣き止まなかった。

時計に目をやると、もう11時30分を過ぎていた。

りっちゃんが眠った事にほっとして、私は泣き続ける澪ちゃんの様子を見に行こうと思い、部屋を出た。

私がトイレのドアノブに手をかける前にドアが開いて、唯ちゃんが出てきた。

唯「お酒買ってくるね」

紬「えっ?今から?」

澪ちゃんの泣き声が止んだ。

唯「今度は平沢セレクションで買ってくるよ~」

紬「でも、澪ちゃんもりっちゃんも潰れちゃってるし……」

唯「えへへ~澪ちゃんのことよろしく~」

そう言って唯ちゃんはふらふらと外に出ていった。
私がトイレを覗くと、澪ちゃんは泣き疲れて眠っていた。

私はそのままにしておいてあげたほうがいいと判断して、部屋に戻った。

ソファーに座り、クッションの感触を確かめてから、それを抱き締めた。
それからテーブルの上の缶を取り、口をつける。
私は座椅子を倒して、身体を横たえた。
左耳のピアスがかちゃんと音を立てて床に触れた。

視線の先にある物を見て、私は呟いた。

紬「唯ちゃん、財布置きっぱなし……」


8